« 愛知蟹江町男性殺害事件その10 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その12 »

2009/05/12

愛知蟹江町男性殺害事件その11

今回は母親殺害の状況について考えてみたい

犯人の侵入時の状態はどうだったのか?
例によって場合わけします。母親が起きていたのか?と動機が窃盗(A)か殺人(B)です。

1)母親が起きていた場合。
母親が茶の間で襲われたとすると、当然夜の9時過ぎですから、母親が起きていたのであれば、「茶の間の明かりは点いてたはず」ですよね。
犯人は家人が在宅であるのにもかかわらず、侵入している事になります。

窃盗目的ならば、家人が留守の場合か、寝静まった深夜を狙うはず・・・在宅中に狙うのであれば、家人に発見される場合も当然、考えていたはずですよね?

1-A)
発見されたら?・・・逃亡する?しかし、この犯人は襲っていますから、最初から強盗をする事を決めていると言う事になります。

だけど、もう一つの可能性もありますね。
2-A)
母親は下着姿だったようなので、既に就寝中だったとしたら?家の中の明かりは消えている。
犯人が留守宅だと思ったか、あるいは就寝中だと判断して侵入したと言う事も考えられます。

この場合は、茶の間でごそごそする音に気づいた母親が猫がいたずらでもしているのか?と思って茶の間に行った所を犯人と鉢合わせして、あせった犯人がスパナで殴打して、騒がれそうになって殺害と言う場合かな。

では最初から殺害する目的の場合はどうか?

1-B)母親が起きている場合。
家人が在宅である事を確認してから侵入した。殺害が目的だから当然ですね。
多分家の中には母親しか居ないわけですから、明かりが点いていたのは母親の居る茶の間だけだったでしょう。

犯人は明かりを目指して侵入し、一気に殺害したと言う事ですね。
しかし、それでは、どうして殺害方法が一つではないのか?

「母親の遺体には頭を複数回殴られた跡のほか、背中と顔に打撲の跡、首に絞められた跡もあった。」

この犯人は血の処理に大変こだわっていますよね?床の血や凶器の血をぬぐい、返り血を浴びた衣類も洗濯していたりするでしょ?
そんな犯人が最初から出血する事が分かっている、スパナで撲殺を選ぶでしょうか?
それなら、最初から首を絞めて殺害するんじゃないのかな?

相手は57歳の女性ですから、最初から絞殺でも十分殺害する事ができたでしょう。
もちろん、抵抗されて証拠を残してしまう可能性もありますが、それなら手袋やロープなどを使えば良い事ですからね。

2-B)母親が就寝中の場合。
家の明かりが消えている事から犯人は家人が就寝中であると判断した。
侵入し、殺害する事になるが・・・もし、母親が就寝中なら襲ったのは茶の間では無く、寝室のはずだよね?

と言うわけで
強盗の場合1-A)はちと凶器がスパナは弱いかな、殺人が目的だとしたら、2-B)は状況に矛盾がありますよね?(この部分、ちょっと文章修正しました)

1-B)も血液の処理についての方針に矛盾があるような気がします。
ただ・・・本当に強い怨恨だったとしたらどうか?って事なんですが・・・
過去の事件では愛知一宮社長殺害事件では顔面を殴打し瀕死の状態で首にワイヤーを掛けてクレーンで吊るし窒息死させた例がある。

山形民家襲撃事件ではブラック忍者ソード(この事件をキッカケに規制された)を持って、昔いじめられた相手に復讐する為に深夜に被害者宅に侵入、復讐相手とその両親を襲い二人が死亡、一人が重傷の事件がある。

なんとも言えないが、やはり凶器がスパナと言うのが弱いような気がするけどな・・・

犯人逮捕に期待しましょう。

|

« 愛知蟹江町男性殺害事件その10 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その12 »

コメント

母親は新聞配達をしていたんですよね。
配達先でトラブルはなかったんでしょうか?
(集金時のトラブルとか‥あ、集金は別の人かな)

母親が顔を殴られているのは、一撃した後に顔を見られて恐くなったのかな‥?って、考えました。
その直後に次男の犯行なので、そちらも勢いづいて同様に顔を殴った‥。

三男の犯行までは時間があったから、だんだんと落ち着いてきていたから、一気に殺さなかった。

“やること”が何かわからないけど、何かを探していたのなら、生存している三男がいた方が、聞き出したりするのに都合がよかったとか。

犯人になりきって考えようとしても、犯人の思考回路がさっぱりわからないですね。

神経質な潔癖症みたいに、血の始末をしていたかと思えば、遺体のある家で食事して、その痕を残していたり‥。
気分にむらがあるのでしょうか?

早く犯人が捕まってほしいですね。

警察も、広く情報を呼びかけて、市民の協力を仰げばいいのに。


投稿: Marple | 2009/05/12 22:26

複数の殺害行為
複数の隠蔽行為

複数の人間の意図

これらが織り成した結果は、非常に複雑に見えるものです。

投稿: 迷探偵にゃんこ | 2009/05/12 22:31

お久しぶりです。この事件、全くの推測ですが。
最初から「三男だけが殺されなかった」ことを
警察が重視して、初動を怠ったのだと想います。
一般的に「人を殺す」動機があるのは、濃密に
接触している人ですからね。(つまり「家族」)

まあ、ネットあたりで盛んに出回ってるような
「三男犯人説」を、予断として、捜査してたら。
結果として。玄関にいた、黒い服装の若い男を
《警官が見た》のに、軽視して、取り逃がした。
「大失態」を演じてしまったとしても,頷ける。

犯人かは別にして、少なくとも「誰か」はいた。
母親と次男を殺したのに、三男を殺さなかった。

理由は不明だけれど。一見不可解だが。例えば、
殺人事件の《量刑相場》では。一人は無期懲役。
二人は状況で無期か死刑。三人は無条件に死刑。
...と言うことを「考える」犯人なら、あり得る。

カネがなく、餓えていて、凶暴になっていたが。
何かを食べて満たされ、理性を取り戻したとも。

逆に、三男に共犯者がいたという可能性もある。
母親を次男が殺し、次男を三男が殺したという
妄想だって作れる。(更に、三男を殺すはずの、
別の男が躊躇って逃げた、という妄想も可能。)

無責任な推測は、いくらでもできると思います。
要は「物証」でしょう。

投稿: あんぐら〜 | 2009/05/12 23:05

あんぐら~さんのコメントを見て思ったのですが、犯人はお腹がいっぱいになったら、ウトウト眠ってしまったのかもしれないですね。

最初は、忙しく動き回り、三男に使ったガムテープも見つけたりしていたけど、三男を動けない状態にして安心して、お腹が満たされて眠くなったのかも。

警官が来た時にも、まだ眠ってて、三男が玄関に出るのを止められず、一足遅れて玄関に行ったとか‥。

10時間も何かをしていた訳ではないのかもしれない‥と、妄想は暴走してます。

投稿: Marple | 2009/05/12 23:37

そうなんですよね
私も血液の処理などが気になっています。
凄く力を入れている。
それに血液などの処理は、いつしたのか…等も…

三男が帰宅し 朝 警察が訪れ やむ無く現場を離れた犯人。

遺体や現場の状況を本当は どうするつもりだったのかな?と。

もし怨恨ならば 尚更 殺害した後 どうするか も 考えそうですが…

とにかく 少しでも早く逮捕される事を願っています。


投稿: Kurousa | 2009/05/12 23:46

凶器を洗ったりして。
犯人は手袋をしていなかったんじゃないかと感じます。
猥褻犯ですら手袋をしての犯行が増えた昨今なのに。
顔見知りの衝動的殺人の線も捨てきれません。

投稿: 333分 | 2009/05/13 01:35

殺害犯人は1人。
隠蔽を意図する

死体の処理·運搬助成に、知人男性に依頼?
その男性が警官が目撃した若い男。
積極的な目的で犯行現場に居た訳で無い為、警官が話し掛けるまで逃亡していない。
と言う事は、主導的な人物が近くに居た
逃亡する許可がてていない。工作の真っ最中だったのか?


予想外に警官が家に来た為、犯人も若い男も冷静な行動ができなかった。

そう犯人は、母と次男の遺体を遺棄し、血痕を拭い、2人が家出でもしたように偽装工作しようとしたのだ。
若い男は呼び出された知人。
偽装工作は間に合わなかった。それが結論!

投稿: | 2009/05/13 02:19

なんか世田谷の一家皆殺し事件にも酷似してますね、遺体のある中で平然と飲食している点とか

投稿: ニセ探偵 | 2009/05/13 04:08

もし世田谷事件の犯人であれば、手に刃物傷があり、足にきずのある人物を捜しましょう(男性とはかぎりません)

投稿: korekoma | 2009/05/13 06:56

近頃ASKAさんの文章は慎重に慎重を重ねたものなったと感じられます。そのせいだと思うのですが。長文化し、長くなるほどに難解さも増してきました。
初期の頃も長かったですが、つるつると啜りこめる揚げたて・太さ加減であったことを懐かしく思い出しておりますですよ。
本記事11は。ぼくの雑多な頭では大意要旨が掴めず、何重かの要約を重ねて、何を疑問とするのかをようやく知った次第です。一意性がどうのということではなくて、原因と結果をどの糸で繋ぐか。そこのところの(逡巡しつつの)選択の記が、補助線が多い答案を見るようだといえばむっとされちゃうかな。
しかし。当たり前のようなところに疑念をはさみ、それを追求するということになれば。舌触り歯ごたえ喉越し良ければそれでよいのだというわけにもいかないことです。誰にでも納得できる答えが正解だ。というわけではないことでありますからねえ。
そのあたりを反省しつつ、長文読解に勤しむ今日この頃でございます。

投稿: ナガイ | 2009/05/13 08:39

三男は帰宅後すぐに後ろから襲われて気絶したはずですよね。それでは犯人の刃物を奪って犯人の足に怪我をさせたのはいつなのでしょうか?
警察官が見た不審人物も なぜわざわざ玄関にいたのでしょうか?
靴を取りに?

投稿: とよさん | 2009/05/13 10:06

家はかなり住宅街ですよね 襲う時間帯が早い気がします 音や悲鳴あげたら近所が異変に気づく時間だし‥動物を殺す人は幼い時に親からの愛情がないまま成人した男性が多いみたいです 母親と猫を一緒に隠す心理はどうなんでしょうか?毛布を掛けるのもなんだか顔見知りな感じがします
最近ニュースは政治が主なのでアスカさんまた情報教えてください

投稿: モモ | 2009/05/13 15:50

なぜ猫を殺したか推測しますと
1)猫が邪魔だった為、思わず殺害した。
2)日頃から、その猫に恨みをもっていた。
3)坊主憎けりゃと同様、被害者への恨みを猫に向けた。
4)猫好きの犯人と思われたくないので偽装でやむなく殺した。

投稿: korekoma | 2009/05/13 21:17

客観的状況を列挙すると。愛知県蟹江町は、名古屋市の西に隣接。
愛知県は、輸出企業トヨタの業績悪化で、大量解雇が出ています。

凶器の「モンキースパナ」も、製造業を暗示してるともいえます。
解雇され、住まいを失い、強盗に入ったのなら、それなりに通る。
しかし、なぜその家を選んだかは、無茶苦茶でも理由があるはず。
「流しの強殺犯」が特定できるとすれば、その線あたりですかね?

一般に、同一犯なら「殺傷の凶器(手口)は共通する」ものだが。
この事件は「被害者を、後から襲う」という手口は共通してるが。
凶器は、スパナ(母親)庖丁(次男)小刀(三男)と、バラバラ。
凶器が違うのは「同一・単独犯を、否定している」とも見えます。

もちろん「凶器としてバージョンアップした」とも考えられます。
この場合、凶器として「庖丁」や「ナイフ」を入手出来なかった
ナイフはともかく、庖丁もないのは「自炊してない」んでしょう。
最近は、社宅や寮に住んでいたとか、故郷では、実家にいたとか。
犯人が「見知らぬ男」だった場合《怨恨》とは考え難いでしょう。

ネコを殺したのは。犯人が母親を殺したときに、引っ掻いたとか
母親に懐いていた「忠猫」で、犯人に飛び掛かったとも考えられ、
怪猫でない限り、特に理由があったとは、考えられないでしょう。

投稿: あんぐらー | 2009/05/14 00:03

初めての殺人で猫まで殺せる精神てあるでしょうかね

前科があるようにおもいます
通院もしていたのでは

殺して隠滅したいケースなら火をつけたりするのではないかなと

念密な計画ではないような
異性関係はなかったのでしょうか

母親は隠したい、つまり後ろめたい、見たくはないとか

投稿: | 2009/05/14 00:44

最近、この事件の報道が減りましたね。
愛知県警、未解決事件や失態が多いけど大丈夫なのかな…。まさか迷宮入り…ってことにならなきゃいいですけど。
愛知県と言えば、まだ未解決の豊明市母子4人殺害放火事件がありましたね。凶器が違ったりする点が、今回の事件と似てるように思います。まさか同一犯?
今回の犯人も、最後は火をつけて証拠隠滅するつもりだったんじゃ?
同じ愛知県内の事件なので、ちょっと怖くなりました。

投稿: a | 2009/05/14 02:03

猫を殺すという点にひっかかりを感じています。猫を殺すのが日常的にあるのではないかとその犯人は。
かなり異常者かなと。
火をつけてしまわないのは、自分の成し遂げた結果を消したくないからとか。
じゃあ三人全部 と思いますが。時間からして寝てしまっていたとか。
薬物の作用でその時間は思考が停滞してしまったとか。

でも実際は家に入れてもらっているんですよね。

投稿: | 2009/05/14 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知蟹江町男性殺害事件その10 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その12 »