« 愛知蟹江町男性殺害事件その14 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その16 »

2009/05/15

愛知蟹江町男性殺害事件その15

今回は三男の拘束状態について考えてみたい。
前提条件は「犯人は三男の知らない人間だった」と言う事ね。

さて、情報をもう一度確認すると
・三男は帰宅直後に玄関で襲われ、犯人と格闘して凶器を一時奪うが、気を失ってしまう。
・気がつくと、手は体の前で電気コードでぐるぐる巻きにされていた。
・足は縛られていない。
・翌日の昼に警察が来た時には自分で立ち上がり、玄関の鍵を開けて外に出た。

とこんな事だね。
ポイントを整理すると、手は縛られていたが、足は縛られておらず、自分で立ち上がって鍵を開けて外にできる事ができる状態だった。

と考えると、犯人には相当不利な状況だったと考えてよいだろう。
なぜか?
犯人が三男から目を離した隙に三男が玄関から逃亡する事が可能と言う事でしょ?
つまり、犯人は三男から目を離す事ができない。

これが1時間程度なら問題ないだろうが、午前2時から12時ですから、約10時間となると犯人の行動を制約する項目になる。

犯人は三男が視界から外れるような場所に長時間、行くことができない。
例えば、2階の部屋を物色する事はできないだろうし、茶の間も同じ、台所で食事も駄目。
犯人が行動できたのは多分、玄関を見通せる廊下ぐらいだったんじゃないかな?

その意味ではトイレが廊下の突き当たりだったのは犯人にとってラッキーだったね。
ドアを開けたままなら、トイレもできる。
廊下に置かれた、味噌汁のお椀も犯人が三男を監視しながら、飲んだんじゃないかな。

・・・けれど、この犯人にとって不利な状況も犯人が自ら変える事ができたのも事実なんだよね。
三男は手を縛られて戦闘力では圧倒的に不利だから、その状態で抵抗する事は難しいでしょう。何しろ、命がけなんだから。

だから、犯人が三男の足を縛る事も可能だったはずだよね。
三男を殺害してしまう事もできた。

靴の片方だけについた血を洗おうとする程神経質で冷静な犯人がこの10時間に何を考えていたのかな?

朝、近所の人や次男の同僚などがチャイムを鳴らした時に三男を制止していたと言う事は少なくとも、朝から昼にかけて犯人はずっと玄関の近く、三男のそばに居たと言う事だよね。

私は犯人がこの一連の犯行の流れの中で途中から意識を変えていったんじゃないか?と疑っています。

ただ、それを判断する材料が無いので、妄想なんですけどね。

|

« 愛知蟹江町男性殺害事件その14 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その16 »

コメント

世田谷似。か否か。世田谷はちょいインテリぽかった。蟹江町は。なんか、汗っぽい。で、ぼくには似ているように感じられないのでございますよ。名古屋駅からの距離でいうと、東京なら船堀とか春江町の感じですか。

記事の15の >神経質で冷静 説。そうかなあ……と口をだらしなく開けて上目横目で考えました。言い方に問題あるかもしれませんが、イカレてるお方とか、ただのうどんじゃなかった愚鈍君のお方が神経質で理知的に見えることって確かにあると、ぼくは思うんだ。

犯人さんの目的は強盗だけでなかったかも。強盗には複合犯行が多いでしょ。後ろから襲うのも、その手の犯人さんに多いし。最初は頭攻撃でしょ。逆上したかな。
犯人さんは屈強だけど武は心得がない(だから危険)。金をたかれるオンナもいない。奪った金が全財産だろうから遠くには逃げられないし。どうするんだろ。再犯に出ないといいけど。と、ビクビク心配中です。

投稿: ナガイ | 2009/05/16 12:05

そうですね。世田谷事件とは違う犯人かもしれません。
だた、共通点といえば、死体好きで、自己中心的な、いかれた人間だということです。

投稿: korekoma | 2009/05/16 13:26

3男は、まだ全てを話してないんでしょうか?
飲んで帰ったのなら絶対にトイレに行きたくなるはずです。
深夜の2時から次の日の昼まで持つわけがありません。
したがって

玄関先で帰宅後すぐに後ろから襲われたが嘘か。
(トイレは済ませて出てきてから犯人に会った)
前手で縛られていたのはトイレにいけるように、犯人から配慮があったか。
(相当の時間があったので犯人と会話はあったはず)

まだまだ不明で納得出来ない時間経過が多いです。

3男は相当の動揺と恐怖と悲しみがあるかもしれませんが
もしも親兄弟を殺されたなら一刻も早く犯人逮捕を!と
願うでしょうから、自分の酔っ払ったにせよ曖昧な記憶を
振り絞って当日の事件の流れを全て話してもらいたいです。

投稿: ○○○ | 2009/05/16 15:14

○計画性について。

・犯人は事前にスパナを所持し、手袋をしていたことから
 何かしらの犯罪行為に及ぶ意図はあったはず。

・スパナは相手を脅すための凶器としては不適格であり、
 少なくとも危害を与える意図はあったと思われる。


○動機について。

・金品目的であれば、家中をあちらこちら物色するのが普通だが、
 15時間近く滞在していた割に、そのような形跡はなかった。
 そのため一般的な意味での強盗殺人とは考えにくい。
 財布から抜き取った金は、事のついでか偽装の可能性がある。

・被害者たちの性別、年齢などから見て、性犯罪目的とは考えられない。
 また三男が生かされており、いわゆる快楽殺人にも見えない。
 性犯罪も快楽殺人も、対象は若い女性か子供であるケースが多い。

・もし怨恨による犯行であれば、少なくとも三男はターゲットではないはず。
 三男は、母親・次男の殺害から4時間以上もたって帰宅している。
 刃物で首や背中を刺したものの、実際に殺害まではしてはいない。

投稿: 蝉丸 | 2009/05/16 16:19

TV報道・週刊誌の情報を総合
単純・残虐な物盗りと推理
8年前、亡夫の田んぼを売却、2千2百万の現金で家を新築
ニートが多い昨今、被害者宅は4人の子・全員が働き独立した子でさえ家に金を入れてた
母は近所に息子自慢してた
取材されたとはいえ近所の人達はペラペラ喋ってる
悪気は無いのでしょうが平和○ケと思ってた
この調子で近所の焼鳥屋でも「あの家は金ある」位は噂してたのでは?
愛知県には豊田市あり
派遣切りされムシャクシャしてる流れ者が聞きつけた?と推理してた矢先
母親は新聞配達以外に自動車関連工場でも働いてたと報道
工場で顔見知りだった?
4人も子が居れば子の将来の為、貯金に励む
都会と違って警戒心が少なそうな地域(被害者が、という事でなく)
恨みは無くとも残虐な殺し方をした
噂や想像だけで金があると思い込み一家皆殺しにした割に見入りは少なかった
過去にもこの手の事件はあった

三男の拘束のされ方
後ろ手に縛られた後、着ていた服を持ち上げ、更に縛りあげガムテープも使われ視界は奪われてた
警官が訪ねる直前位にようやく筒状の衣服から抜け出せた
最初、軽傷と報道された三男の傷は深く自分では届かない所にあり少しでもズレてたら神経が集中した所なので致命傷になってた
三男は酩酊状態で帰宅後、玄関で靴を脱いでる時、襲われもみ合いになった際、犯人は足にケガをした
三男の靴が無くなっている
犯人が持ち逃げしたらしい
つまり犯人の靴は壊れた?
この状態で三男は敵にならない
宝物があると思い込んでる犯人が三男に場所やキャッシュカードの暗証番号を吐かせる為、生かした
パニックで悲鳴を上げた母(最新の建築技術で建てられた家、近所の人が悲鳴を聞いてなくて当然)やシラフで帰宅した二男が殺され三男も用が済めば・・・
長時間居座ったのも行く当てが無い
母が作り置きしてた夕飯を食べたのを異様とマスコミは報道
空腹状態が続いてた人なら「俺って残酷だなぁ」等とは考えず取りあえずかぶり付くのでは?
ただ被害者の喜保子さん
猫好きで野良猫にまで餌を上げてた
犬の仇打ちで厚生省の役人を殺害した小泉みたいなヘンな人もいる
猫を巡るトラブルが無いとは言い切れない?

投稿: p川 | 2009/05/16 18:03

猫を巡るトラブル…
可能性はあります。
これは盲点でしたね。
私にこの発想は無かった。

投稿: joker | 2009/05/16 18:33

私の近所の家でも猫を放し飼いにしてる飼い主がいるのですが、この家ではどうなのですかね?気になりますね。

投稿: joker | 2009/05/16 18:45

p川さん。三男が縛られていたのは後ろ手ではなく、前ですよ。

投稿: | 2009/05/16 19:45

犯人が一連の犯行の途中で意識を変えていったとしたら、亡くなった母親が作った食事がおいしくて、心が温かくなったのかも‥。

若しくは、三男と話をしているうちに、三男の人柄にホッとする面があったとか。

人間、空腹時と、お腹に何か入った時では、気持ちも変わると常々考えている私でした。
特にお母さんのお味噌汁は格別の力を持っていると。

ならば、ついでに、自主しようと思ってくれないかなぁ。

投稿: Marple | 2009/05/17 00:16

エロサイトの宣伝の為、削除しました。

投稿: ジュブズブすぽ | 2009/05/17 05:05

例えば犯人がこのサイトを読んで、事件の核心をつかれた場合、上記のような下劣なコメントを書き込む可能性がある。

投稿: korekoma | 2009/05/17 08:11

本当に猫を巡るトラブルなら、警察も絞り込み易いので楽かもね。犯人も怪我してるし。

ただ、DNAの採取に時間かかるかもしれないけど。

投稿: joker | 2009/05/17 11:18

>例えば〜
なきにしもあらずですね。
そうしたところで、その効果は
1)このブログの閲覧者・心酔者を爆発的に増やす
2)このブログの清廉な女子中学生や女子高生の閲覧者を減らす
ぐらい。

逆にサイバーポリスや物好きな人に
いちいちアクセス経路をたどられて面倒なだけです。

賢明な犯人なら百害あって一利無しのことはしないと思いますが。。
まぁ十人十色ですからどうでしょうね。

投稿: 333分 | 2009/05/17 12:47

○三男の生存について

・もし犯人に「三男を殺してはならない」という意思があったのなら、
 小刀にて首・背中に6箇所も深い傷を負わせたりはしないはず。
 結果として生きてはいたが、致命傷になるケースも十分に考えられた。

→もし犯人が際どいところで急所を上手くはずすなどして、
 つまり三男を絶対に殺さないという前提でこのような行為に及んだのなら、
 かなりの“凄腕”の持ち主ということになる。 
 だが他の現場の状況なども合わせてみるに、あまりプロ性は感じられない。
 よって三男の生存は、犯人が確実に意図したものとは考えられない。

→三男が「殺してはならない」相手で、単なる拘束を目的とするのなら
 小刀を使用せず、持参のスパナで殴打し
 動けなくなったところを捕縛する、といった手段をとるほうが
 成功の確率は高いと思われる。


・もし犯人に「三男を殺さなければならない」という意思があったのなら、
 玄関で攻撃して倒れた後、母親に対してしたように
 首を絞めるなど執拗な追い討ちをかけて確実に殺害していたはず。

→最後は殺すつもりで、三男を一時的に生かしておいたのなら、
 10時間も一緒にいた挙句、逃がすなどという「ヘマ」を犯さずに、
 どこかで殺害しようとするのではないか?
 
 もし確実に「殺さなければならない」相手であれば、
 一時的に生かしておく行為とは、無駄やリスクが大きいと言える。
 この犯人は母親・次男をあっさり殺してしまうのだから、
 明確な殺意のある相手を、10時間も生かしておくとは思えない。

→はじめは殺すつもりで襲ったものの、結果として生きており
 (理由はともあれ)方針が変わって生かすことにしたのなら、
 そもそも「殺さなければならない」ほどの相手ではないことになる。
 

・以上のことから犯人にとって三男とは、本来的に
 「殺さなければならない相手」でも
 「殺してはならない相手」でもなかったと思われる。

投稿: 蝉丸 | 2009/05/17 13:24

蝉丸さんの言われる通り、三男を「殺す」「殺さない」どっちでも良かったのでしょうね。
でも、これは最終的な話しですが。
少なくとも、三男を襲った時は殺意はあったかもしれません。母親や次男と同じ様に後ろから襲ってますから。


この辺りの心境の変化は、被疑者を逮捕してからの供述で明らかになるでしょう。

投稿: joker | 2009/05/17 15:08

>三男が縛られていたのは後ろ手ではなく、前ですよ

事件発覚直後の報道は前
犯人と思しき男を取り逃がしたと地元の中日新聞が8日付けでスッパ抜いた後のTVの特集でこの点を解説
「当初、前との警察発表だったのが後ろ、更に厳重に縛った。情報が錯綜してますね」と女子アナがコメ
一旦、縛った後、着衣をたくし上げ衣服の上からも縛るという念の入れよう

>足は縛られてない
P川は足は縛られてないの報道は見てないんですよ~
ここまで念入りに縛った割に足は縛らなかった・・・
相手が酩酊してたから油断したか

金品は盗られてないの発表も被害者3人の財布からそれぞれ札を抜かれてるに変化
週刊現代は5月30日号は帰省予定の4男を待ち伏せてたのではと推理
三男と四男は双子なので見分けが付く位、親しい間柄?

>猫を放し飼いにしてる飼い主がいるのですが、この家はどうなのですかね?
飼い猫を放し飼いにしてたかどーかは報道されてないみたい
家の敷地内に集まる野良猫(5~10匹と報道によりマチマチ)にも餌をあげてたとしか報道してないみたい

犯人らしき男を逃がしたとの報道後、警察犬を使って捜査、犯人の遺留物と思われる物をパトカーに運ぶ映像を見たけど・・・
一週間も過ぎて警察犬を導入しても・・


投稿: P川 | 2009/05/18 16:20

買い被り。
知が先立ったか。打算が習いか。談合に出れば、足元見られるね。ふん。

投稿: ナガイ | 2009/05/18 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知蟹江町男性殺害事件その14 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その16 »