« 鹿児島霧島市女性刺殺事件 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その3 »

2009/05/04

東京羽村市老婦殺害事件

5月3日午後1時25分頃、東京都羽村市神明台4の住宅から「妻をなたで殴った」と119番する事件が起きている。

警視庁福生署員が駆けつけたところ、1階居間で無職女性(67)が頭から血を流して倒れており、間もなく死亡した。

同署は、通報した夫の男性容疑者(72)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、居間の床にあった、なた(刃渡り18センチ)を押収、殺人容疑に切り替えて調べている。

発表によると、容疑者は、3日昼ごろ、自宅で妻をなたで切りつけるなどして殺害した疑い。「夫婦間のいざこざが原因で殺した」と供述しているという。

72歳になって、殺害する事でしか解決できない問題が夫婦間にあったのかな?
それとも、理屈ではなく感情が爆発するようなトラブルがあったのかな?
続報を待ちましょう。

|

« 鹿児島霧島市女性刺殺事件 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その3 »

コメント

老いた夫婦の間に生じた出来事。世間が関心を寄せることもないでしょうなあ。
昔昔。奥多摩の材木は筏で多摩川を下りました。羽村は筏流しでも、その帰路の筏ロードでも。要衝であったようです。要衝とは。要するに、金を巻き上げるというか…
高齢化社会の今日。老いは事実以上に美化されていないでしょうか。老いなどは面白くも何ともねーよというようなことをズケーッと仰った方がいました。確か、癒し系爺と勘違いされたこともある某大学親方の先輩の方だったと記憶します。記憶違いでしたら、お詫びを。
老いはおもしれくねーし。夫婦などというものも銀婚式を過ぎれば(沈黙)……ってなものでしょうか。形式に従い形式で淡々と過ごせば。そのまま形式で終わり。それはそれで。静かで侘び寂びの美というものでありますが。婦の勝気。夫の・・・えーと、なんだったけ、あ、行間の人生観。ちとすりかえちゃったかな・・・突然ですが、これで終わります。

投稿: ナガイ | 2009/05/05 17:16

誰でも老いはきますから、私も人事とは思えません。
私は何か病気などが犯行のきっかけになっていないか?とか気になっています。

夫婦の仲は夫婦にしか分からないと言いますからね。
我々の想像もできないような理由だったのかもしれないですが…

投稿: ASKA | 2009/05/06 15:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿児島霧島市女性刺殺事件 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その3 »