« 神奈川秦野市模型店殺害事件その2 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その8 »

2009/05/09

愛知蟹江町男性殺害事件その7

驚きの続報が出てきました。

1)事件の発覚当初、県警蟹江署員が、三男を保護した際、犯人とみられる若い男が室内にいるのを目撃していたことが8日、わかった。

2)捜査関係者によると、署員が2日午後0時半頃、殺害された次男の上司と一緒に、被害者宅を訪れた際、首などを刺された三男が手を縛られた状態で自ら玄関を開けて出てきた。三男は「助けてください。中で2人死んでいます。犯人は逃げました」と訴えた。

3)署員が玄関をのぞくと、若い男が斜め後ろを向いて、上がりかまちの上にぼう然と座っていた。署員は被害者だと勘違いし、「大丈夫ですか」と声をかけると、男は無言のままだった。署員は三男を路上に連れ出して保護したうえで無線で応援を呼び、2分ほどで戻ったが、男はそのすきにいなくなった

4)署員が駆け付けた時、被害者宅の出入り口はすべて施錠されていたが、男がいなくなった後、勝手口の鍵が開いており、男はここから逃走したとみられる。県警は現場の半径8キロ圏内で緊急配備をし、男を追ったが、行方はわからなかった。

5)男は黒っぽい上着に長ズボン姿だったという。

6)けがをした三男は特捜本部に対し、2日未明に男に襲われた際にもみ合いとなり「男が持っていた包丁を奪ったら、相手の足に当たった」などと話しているという。

7)現場の脱衣場内の洗濯機に血の付いたTシャツが投げ込まれていたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。

8)室内で見つかった3つの財布すべてに紙幣が入っていなかったことも判明

驚いたね。不審人物を逃がした事ではなく、その報道が今頃出てきた事に驚いた。
このブログは警察を批判する事が目的じゃないので、これ以上突っ込まないけどね。

だけど、もう一つ、こちらは突っ込みたいのが8)の財布から紙幣が抜かれていた件です。
鍵の件もそうだけど、以前の報道内容を否定する報道ですよね?
報道現場が混乱しているのかな?それとも警察発表が混乱してるのかな?

さて、困ったな今回の報道で変な事に気づいてしまった・・・多分、三男は犯人と会話していろんな事を聞いているんだろうな。詳細は後で書く事にしよう。
書きたい事は沢山あるからね。

犯人はなんと、事件発覚時まで現場に残っていた可能性があるんだね。
時間にすると、およそ12時間以上と言う事になるかな。
コメントにもあるけど、世田谷事件を連想させるね。

素朴になぜ?
私が今考え付く可能性は3つだね。
A)目的がまだ達成されていない場合。
B)目的を達成した後でこの先どうなっても構わないと放心していた場合。
C)今後、どうするか行動に迷っている場合(途方にくれている場合)。

A)の場合、じゃあ目的は何?と言う事になるんだけど・・・他にも殺害したり襲いたい人間が家に来るのを待っていた?
あるいは、犯人はこの家の家族構成を知らずにもっと家族が居て、帰宅する残りの家族から次々にお金を奪おうと考えていた?

B)の場合、連想するのが以前の佐世保銃乱射事件でも、無差別に殺害するなら軽く二桁の被害者を出すことも可能だったが、死亡したのは2人だった。また犯人は犯行後に自殺している。この自殺するまでの時間は銃乱射から10時間経ってからでした。
でも、もうどうなっても良いと考えていたのならどうして、財布から紙幣を抜き取ったのか?が不明だね。

C)の場合、他に行くあてが無くて、とりあえず現場に留まっていた場合かな。
これも世田谷事件の仮説の中でにわかホームレス説で他に行くところが無い場合を連想しました。
この場合、財布から紙幣を抜き取った事、「金があるか?」と聞いた事などが説明できるかな。

真相は分からないけど、現場から逃走した人物が本当に帰る所が無いのであれば、今も逃走時の服装のままの可能性があるよね。
徒歩での逃走なら、多分、半径8kmの包囲網は抜けられないでしょう。

その意味で捜査範囲は絞られているので容疑者逮捕まで時間は掛からないと思いたいな。

ホントの理由は犯人の話を聞かないと分からない部分かもしれないね。

犯人逮捕に期待しましょう。

|

« 神奈川秦野市模型店殺害事件その2 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その8 »

コメント

 警察官が最初に現場を訪れた際に、不審な男がいたことを今頃になって発表の愛知県警の不誠実さには怒りすら覚えます。初動捜査のまずさにではなく、非を認めないことの不誠実さです。これでは警察を信用できなくなってしまう。公表しなかった理由が詭弁ばかりで苦しい。日本がおかしな社会になるのではと危惧もする。
 ところでこの男、三男を脅して玄関に出させたのか?他に共犯者は居なかったのか?2,3分の間に勝手口から逃げられたとのことですが、信用して良いのか?10分じゃないの?と疑りたくなります。

投稿: 明智 | 2009/05/09 00:38

現場に駆け付けた警官が、三男だけを路上に連れ出して保護した理由が知りたいですね。

その警官が家族と勘違いしたのであれば、三男と一緒に保護するはずです。

管理人さんの言われる通り、二人はいろんな会話をしてそうです。

投稿: joker | 2009/05/09 01:36

三男の関係者が犯人か…???

投稿: ??? | 2009/05/09 02:35

追伸

今日の夕方、蟹江署の駐車場は報道らしき人達でいっぱいだったのですが犯人逮捕ではなかったんですね。

投稿: ??? | 2009/05/09 02:48

勲さんの証言から犯人は日本人ではないと思われます。
犯人と勲さんは何度も会話をしているのに
犯人の日本語能力に関する報道が全く無いのが笑えます。

怨恨ではなく強盗殺人なら遺留品や犯人の指紋、血痕がでなければ迷宮入りでしょう。指紋血痕がでても検挙は困難と思われます。

犯人も怪我をし、いろんな所に自分の血痕を振り撒いた為
被害者の血痕と自分の血痕の区別がつかず、全てを洗浄する必要があり、それが長期滞在の理由と思われます。

なぜ、勲さんを○さなかったんでしょう?不思議です。

投稿: ○スカ書庫入り | 2009/05/09 04:59

アライ熊さん。何でも洗っちゃう。ただし、クマさんは仕草。こちらの犯人さんは。洗うの好きだぎゃにゃ。
蟹江市のマークは佐久間家の紋で丸に横三本線。どこかで見たことがある・・・。んだんだ、仙台のバスに付いるマークだっちゃ。すかす、仙台はだてだべ、もとい、たてだべ。丸に縦三本線。
要請されて、わざわざ行く必要があるのかを疑いながら。だったかどうだか。はー、定かではないですが。ともかく午前中無断欠勤した職人の家へ、同行した親切なおまわりさん。気の毒でした。三日も出てこない職員従業員のアパートを主任代理さんたちが訪ねるということは世の中の茶飯事だと思うのでありますが、放浪旅に行っちまったか、女といちゃついてるんだろとぐらいしか考えないですからねえ。
ところで、あのビリビリの雪見風の障子。内側にもう一枚カーテンでも?だって、外から丸見えじゃないですか。洗いクマさん、洗うのに夢中でしたか。

投稿: ナガイ | 2009/05/09 06:58

 まったく、この事件については、三男の証言が曖昧なのか、警察発表がいい加減なのか、マスコミ報道がデタラメなのか、わけのわからないことばかりですね。
 ただ、警察を庇うわけではないが、最初この家に臨場した交番勤務の警官は、事件発生だと知って駆けつけたのではなく、二男の上司と様子を見に行っただけのはず。
 それに、その時の三男の発言も、実際どうだったのか、気になる。玄関脇にいた男が犯人ならば、三男は「この男が犯人です」と警官に告げればいいだけの話だ。それに、他にも変なことがある。三男は「中で二人が死んでいます。」と話したとあるが、それなら、押入れに母親の遺体があることを知っていたことになる。
そして、それなら、なぜ母親の遺体の発見が翌日の3日なのか、さっぱりわけがわからない。
 私達に伝えられている情報には、重大な誤認があるような気がする。

投稿: ヒロシ | 2009/05/09 08:32

①「強盗です、助けてください。家の中にまだ二人います。
死んでいます。犯人は逃げました」

②「強盗です、助けてください。中で二人死んでいます。犯人は逃げました」

これは勲さんが一気に発言した言葉ではないでしょう。
巡査の職質「家の中には誰が居るのですか?」これが最初。
答えが「中で二人死んでいます。」ではおかしいでしょう。
だって直ぐに母親が見つかっていないのだから・・・。
「兄が死んでる。犯人は逃げた」 でなければおかしい。

勲さんは犯人に声を掛けたが返事がないので、逃げたと判断し行動を起こしたのでしょう。

犯人は靴を脱いでいたのだろうか?


投稿: ○スカ書庫入り | 2009/05/09 11:11

みなさん、こんにちは
ヒロシさんの疑問ですが、私も気づきました。

>三男は「中で二人が死んでいます。」と話したとあるが、それなら、押入れに母親の遺体があることを知っていたことになる。

三男は帰宅直後に犯人と接触して機を失い、玄関か次男の遺体のある1階和室に寝かされていた。
母親の遺体は押入れの中で発見が遅れたと言う事はフスマは閉じられていたはず。

そうすると、三男からは母親の遺体は見えない事になる。ここで証言に矛盾が出てしまう。

そこで私はこう考えました。
三男は犯人から母親が殺害された事を「聞いた」と。
でも、遺体の場所までは聞かなかった。

もし、三男が遺体の場所も知っていたのならば、警察に話しているでしょう。
話していれば、警察も遺体を見逃すなんて事は無かったんじゃないかな?

このあたりから、「多分、三男は犯人と会話していろんな事を聞いているんだろうな。」と言う文章が出てきたわけです。

多分、今回の事件では捜査本部を立ち上げる前に被疑者逃走と言う緊急事態ですから、警察内部も相当慌てて、指揮系統も混乱したのかもしれませんね。
で、情報も整理されないまま、マスコミにリークされていったんじゃないかな?と妄想しています。

投稿: ASKA | 2009/05/09 11:54

また興味深い事件です。
警察発表や報道が二転三転することがですが。

報道は読み方が難しい。
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090508-OYT1T00607.htm

全文を読むと微妙。
飛び出してきたときの様子を先に伝えることで、
不審な男を見たのが被害者を保護したあとかのようにみえる。
警察の発表も、勘違い情報となることもありそう。

上のソースから下の箇所だけ抜き出すと別のことを意味する……
------署員が玄関をのぞくと、若い男が斜め後ろを向いて、上がりかまちの上に
   ぼう然と座っていた。署員は被害者だと勘違いし、
   「大丈夫ですか」と声をかけると、男は無言のままだった。
   署員は勲さんを路上に連れ出して保護したうえで無線で応援を呼び、
   2分ほどで戻ったが、男はそのすきにいなくなった。

他ソースでも巡査が「覗いた」という表現があり、
開けられるのに覗くとは?妙に腑に落ちない。
チェーンが掛かっていてドアを開けられる状態ではなかったのなら腑に落ちる。
「出てください」と言ったのも中へ入れない状態だったからでは。
こう考えるとすっきりするし、警察のミスはなかったという言葉が納得できる。

鍵が外に落ちていたとか、中だったとか、はっきりしないけど
外に落ちていたのなら外から開けられたんだね。
しかしチェーンが……なのでは?

最初の警察が到着した時間と被害者が出て来た時間の幅はどれくらいだろう。
12時前に行ったとの報道もあり、12時半となっているのもある。
警察到着時間と被害者保護の時間はどうだったのだろう?

投稿: いしい | 2009/05/11 05:50

あっ、大きな間違い、鍵が外に落ちているとしたら、
それは犯人が逃げるときに捨てていく場合で、
犯人がまだ中にいたら、鍵は外にはないに決まってますね。
実は前のコメを書こうとして書かなかったことがあり、それは、
署員は鍵を開けられる専門の人を同行したのじゃないかと思ったのですが。
署員は通報の内容からして、家の中を確かめる必要を感じてとか。

午前中に被害者宅を尋ねていたケーキ屋さんのみならず
喜保子さんが新聞配達を急に休んだことを心配して尋ねた方でも、警察に通報したことが考えられる。
気になるのは、障子の尋常じゃない破れから異変を感じて。
いくらネコを飼っていてもあのような状態で暮らしているとは思いにくい。
犯行で障子に飛び散った赤い飛沫を犯人が切り取ったとか…
あのような障子の破れが事件前からあったかどうかしりたいところです。

投稿: いしい | 2009/05/11 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川秦野市模型店殺害事件その2 | トップページ | 愛知蟹江町男性殺害事件その8 »