« 中央大学教授刺殺事件その11 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その12 »

2009/05/24

長野ホテル女性殺害事件

5月23日(土)午後6時25分ごろ、長野市南千歳町のホテルの4階客室で女性が倒れていると119番通報する事件が起きている。
救急隊員が駆け付けたところ、女性がソファにあおむけで倒れており、市内の病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。

長野中央署によると、女性の首にはひものようなもので絞められたあとがあった
同署は24日午前1時に捜査本部を設置。殺人容疑事件として110人態勢で捜査している。

同署などによると、女性は20-40代ぐらい。花柄の長袖シャツ、ジャケットを着て、ジーンズをはいていた。身長は160-165センチ。身元が分かる物は現場になかった

捜査本部によると、女性は23日正午ごろ、男とともに入室したとみられる。ホテル従業員が午後6時ごろ、男がホテルから出るのを確認したため、清掃のため部屋に入り、女性を発見した。同署は女性の身元を調べるとともに、この人物が何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。

ホテルは10階建て。関係者によると、入り口は複数カ所あり、そのうち1カ所は従業員に会わずに出入りすることができる。精算はそれぞれの客室内で行う方式という。

死因は首を絞められたことによる窒息死

こんな事件ですね。
被害者の身元が分かる物が無かったのはやはり、一緒にいた男が持ち去ったんだろうね。

男にとって、女性の身元が分かる事はとっても都合が悪かったんだろう。
でも、身元が分かるのは時間の問題だろう。
家族がいれば、家に帰らない女性を心配して捜索願いが出る。
家族に遺体を確認してもらえば一目で分かるだろう。

今時の女性なのでやはり、携帯電話も持っていただろう。
通話履歴から交際していた、あるいは直前に連絡を取った相手もわかる。
ホテルに防犯カメラがあれば、その映像が残っているかもしれないし。
部屋やその他からDNAが出るかもしれない。

逃げられないだろう。やはり自首すべきだと思うな。

09/05/25追記
長野県警長野中央署の捜査本部は25日夜、住所不定、無職、容疑者(45)を殺人容疑で逮捕した。

容疑は23日午後0時15分~午後6時ごろまでの間、ホテル4階の客室で、同県軽井沢町軽井沢、無職、女性(45)の首をひも状の物で絞めて殺害したとしている。

県警によると、容疑者は「5月になって携帯電話サイトで知り合った。会ったのは23日が初めて」と供述。「かっとなって首を絞めた」とも話しており、部屋でトラブルになったらしい。

女性は23日朝、車で自宅を出たまま戻らず、家族が24日に軽井沢署に捜索願を提出した。手配を受けた三重県警の捜査員が25日午後、同県桑名市内の駐車場で女性の車を発見。乗っていた容疑者が容疑を認めたという。

|

« 中央大学教授刺殺事件その11 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中央大学教授刺殺事件その11 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その12 »