« 大阪富田林市高1男子殺害事件 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その14 »

2009/06/12

滋賀県米原市女性殺害事件

6月12日(金)午前6時ごろ、滋賀県米原市伊吹の「米原市し尿中継槽」で、汚泥をくみ取っていた作業員が、槽内で同県長浜市今川町の女性会社員(28)が亡くなっているのを見つけ警察に届ける事件が起きている。

女性の左後頭部に陥没骨折があり、県警捜査1課と米原署は殺人・死体遺棄容疑事件として同署に捜査本部を設置した。

県警捜査1課などによると、各家庭の浄化槽で汚物を処理した際に出る汚泥を一時的にためるコンクリート製の雑排水槽(縦2.9メートル、幅4.4メートル、深さ2.2メートル)で地中に埋設されている。

湖北環境協同組合(長浜市)の収集車が汚泥くみ取り中の同日午前5時50分ごろ、汚泥の中に遺体を見つけた。
骨折した後頭部には鈍器で殴られたような裂けた傷があり、顔にも殴られた跡があったという。

調べでは、女性は現場から約14キロ離れた同県高月町内の工場に勤務。10日午後8時ごろに退社したが、翌日になっても帰宅しないため、家族が捜索願を出していた。
普段はマイカー通勤で、10日朝もマイカーで家を出たが、「車が故障した」と徒歩で帰宅し、母親が車で工場へ送ったという。

遺体は作業服姿で、女性は工場付近から何者かの車で現場を訪れ、争った末に殺された可能性があるとみて調べている。

雑排水槽上部には4個のふたがあり、使用されていたのは1個(鉄製、直径65センチ、約5キロ)で鍵はない。現場は田園地帯で、ふたのある場所は植え込みで農道と隔てられ、周囲から見えにくくなっている。

司法解剖の結果、死因は汚水を吸引したことによる窒息死で、死亡時刻は11日午後8時ごろと推定される。
女性は水色の作業服を着ていたが、靴は履いていなかった
付近には20センチほどの茶色の髪の毛やマスカラなどが落ちていたという。

こんな事件ですね、しかし可哀相な事件だね。
汚水を吸引した事による窒息死って事は瀕死の重傷で生きたまま、汚水槽に投げ込まれたって事だろ?

逮捕されてないけど、ホント極刑以外ないといいたくなるような事件だ。

とりあえず、そこは置いといて、 このタンクの中に隠したのは偶然か?必然か?がポイントになりそうだね。失踪時の足取りで犯人は浮かんでくるじゃないかな?

参考リンク
滋賀県米原市女性殺害事件その2

|

« 大阪富田林市高1男子殺害事件 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その14 »

コメント

伊吹ってどこだ。
 古城にひとり 佇めば
 比良も伊吹も 夢のごと
これか。

蓋が5kg?
素手では開けられないと思うんだ。工具がないと。

投稿: ナガイ | 2009/06/13 03:06

danger僕は、この事件の容疑者と同じ字(町)に住んでいます。
こぇ~

投稿: 甲斐 | 2010/09/23 16:18

不可思議な事件でもありました。
容疑者は逮捕されたんでしたか?
不倫が絡んでの殺人は他にもたくさんの例があります。
殺さなきゃならんもんでしょうかね?
非常にかわいそうな殺され方。

投稿: 明智困五郎 | 2010/09/23 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪富田林市高1男子殺害事件 | トップページ | 中央大学教授刺殺事件その14 »