« 千葉県大多喜町父親刺殺事件 | トップページ | 大阪市此花区パチンコ店放火事件その2 »

2009/07/09

千葉県野田市女性焼殺未遂事件

7月8日午前8時5分ごろ、千葉県野田市山崎の東武野田線梅郷駅西口駐輪場付近で、野田市のハローワークに勤務する女性(40)に女が火を付けているのを通行人が見つけ、110番通報する事件が起きている。

野田署員が殺人未遂の現行犯で、近くに座り込んでいた自称、柏市北柏、無職、女性容疑者(45)を逮捕した。調べに対し、「私は日本人だ」などと話しているという。

容疑者は女性が勤務するハローワークに職を探しに行っており、面識があった。「仕事がなく、自暴自棄になり、(女性を)脅かしてやろうと思った。自分も死のうと思っていた」などと供述しているという。

女性は上半身に大やけどを負ったが、火はすぐに消し止められ、重傷。意識はあり、野田市消防本部が要請したドクターヘリで茨城県の病院に搬送された。

現場付近には、油のような液体が入った容器が2つと、ライターが落ちていた。容器の1つは熱で変形していたという。

被害者の救助にあたった近くの理髪店の女性店員(61)は「背中に火がついたまま助けを求めてきた。着ていた服は燃えてしまっていた」と驚いた様子で話した。女性店員の呼びかけに被害者は「うちのハローワークに通っている女性にやられた」と話していたという。また、別の男性(47)は「火をつけた女は、燃えている女性の靴を拾い上げ、火だるまになっている女性めがけて投げつけていた。強く恨んでいるようだった」と話していた。

なんだろうな・・・この不景気のさなか、仕事が見つからないのは容疑者だけじゃないだろう。
不当な扱いを受けたと被害者意識があったのか?それとも、同じ女性なのに仕事をしている被害者を妬んだのか?

理由は分からないけど、逆恨みとはどんな状況でもかう物ですね。
同じ扱いをしても恨む人もいれば恨まない人もいる。

だけど、この事件では事件前に前兆行動はあったわけで、やはりもう少し、注意するべきだったのかもしれないね。
こう書くと、被害者に非があるように聞こえるが全くそんな事はありません、事件を防ぐと言う意味での一つの方法と言う事です。

|

« 千葉県大多喜町父親刺殺事件 | トップページ | 大阪市此花区パチンコ店放火事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県大多喜町父親刺殺事件 | トップページ | 大阪市此花区パチンコ店放火事件その2 »