« 奈良県桜井市高校生刺殺事件 | トップページ | 和歌山県乳児熱湯虐待事件 »

2009/07/05

群馬県藤岡市男性殺害事件

6月5日午前5時50分ごろ、群馬県藤岡市東平井の矢場池で、「車が沈んでいる」と、池の管理人から110番する事件が起きている。

駆け付けた消防のレスキュー隊が軽自動車を発見。
中から両手を縛られ、毛布にくるまれた男性の遺体が見つかり、県警藤岡署は事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査を始めた。

同署によると、男性は上半身裸の状態で、車内後部から発見された。池は農業用のため池で、管理人によると、前日は車はなかったという。

遺体の手を縛る必要は無いだろう。
手を縛るのは生きているうちに行われ、死亡した後に遺体を車に乗せて池に沈めたんだろうな。

被害者の身元の特定が最初だね。

09/07/06追記
死因は棒状のもので殴られた外傷性ショックの疑いが強いことが6日、県警の調べで分かった。県警捜査1課は殺人、死体遺棄事件として藤岡署に捜査本部を設置した。
捜査本部によると、死亡推定日時は遺体が発見された5日早朝より2~3日前。両手は電気コードで縛られ、車ごと池に突き落とされており、犯人は複数とみられる。

09/07/10追記
捜査本部などによると被害者は、さいたま市北区日進町2のアパート2階に1人暮らし。
室内に荒らされた形跡はなかったが、部屋の玄関を出た場所から、階段にかけて数カ所、血痕が見つかった。
屋外には、雨などの影響で血痕は残っていなかったという。被害者の血痕の可能性もあるとみて、DNA鑑定する。

被害者の死因は、6日に司法解剖した結果、暴行による外傷性ショックの可能性が高いことも分かった。
被害者は両手を電気コードで何重にも巻かれ、自由を奪われた状態で暴行されたとみられる。
特に背中や頭、顔面への暴行がひどく、棒状の物を用いて殴ったような跡も残っていたという。

捜査関係者などによると、矢場池で発見された車内から被害者の衣服は発見されていない
車のエンジンは切られた状態だったことや、全開だった運転席の窓をはじめ、他の窓も少しずつ開いていたことから、何者かが車を押して被害者の遺体ごと池に沈めようとしたが、池の水深が約1・5メートルと浅く、沈み切らなかったとみられる。

ちょっと情報を整理すると
1)遺体は上半身裸で、衣服は車の中から発見されていない。
2)死因は外傷性ショックの可能性が高く、顔面、頭部の暴行が酷い。
3)被害者はさいたま市北区のアパートに一人暮らし。
4)7/5 5:50分頃、車が発見される。死亡推定日時は発見の2,3日前
5)遺体が発見されたのは群馬県藤岡市東平井の矢場池
6)遺体の両手は電気コードで何重にも縛られていた。

遺体発見現場(矢場池)周辺の航空写真
周辺は田畑が多いね。それでいて、近くに県道もあり交通の便は悪くなさそうだ。

さて、住所のさいたま市北区から遺体発見現場へ車で移動するとしたら、ナビで見ると高速道路を使うのが早そうだね。
時間にして1時間30分程度だ。幸い遺体の発見時間はそれなりに限定されているので高速道路を使っていれば手がかりが残っているかもね。

車で遠方に運んだのは都市部で遺体の処理に困ったんだろう。死後2,3日経ってやっと遺棄方法を思いついたんだろうね。
両手が電気コードで縛られていたのは、計画的な拉致殺害事件ではなく、トラブルから咄嗟に拉致してしまったんだろう。

被害者周辺のトラブルから容疑者が浮かんできそうだね。

09/07/15追記
車内から、さいたま市北区日進町2、元電気工事業、男性(当時30歳)が遺体で見つかった事件で、群馬県警は15日、さいたま市などに住む男女3人を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。県警藤岡署捜査本部によると、3人は「(被害者を)遠方の湖に捨てようと思った」などと供述し、大筋で容疑を認めており、殺人容疑でも事情を聴く方針。

捜査本部によると、逮捕したのは以下の3容疑者。
住所不定、塗装業、男性(30)
さいたま市緑区上野田、塗装工、男性(24)
同市岩槻区諏訪2、無職、女性(34)

逮捕容疑は、今月5日ごろ、藤岡市東平井の矢場池に被害者の遺体を車ごと遺棄したとしている。

捜査本部によると、被害者と3人は知人同士で、何らかのトラブルがあったとみて調べている。

2010/05/22追記(1審判決)
傷害致死と死体遺棄の罪に問われた住所不定、塗装業、男性被告(30)の裁判員裁判の判決公判が21日、前橋地裁で開かれた。
裁判長は「暴行の態様は執拗(しつよう)かつ残酷」などとして懲役8年(求刑懲役12年)を言い渡した。

判決理由で、裁判長は「犯行に至る契機を作ったばかりでなく、自ら暴行を加えて遺体を池に沈めるなど、一連の犯行で必要不可欠の役割を果たした」と指摘。一方で、被害者に対する暴行の大部分は共犯者が行ったと認め、「主導的立場でなかった」とした。

判決によると、被告は平成21年7月、知人の男性被告(37)ら=いずれも傷害致死罪などで起訴=と共謀し、金銭トラブルなどがあった被害者に集団暴行を加えて死亡させた上、矢場池に軽ワゴン車ごと遺体を遺棄した。

|

« 奈良県桜井市高校生刺殺事件 | トップページ | 和歌山県乳児熱湯虐待事件 »

コメント

殺害された男性…
10年前の知り合いでした。

投稿: シャム | 2009/08/26 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良県桜井市高校生刺殺事件 | トップページ | 和歌山県乳児熱湯虐待事件 »