« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

熊本県熊本市児童虐待事件

8月31日、2歳の長女の手のひらにライターで火をつけるなどしたとして熊本県警熊本南署は熊本市南熊本、飲食店従業員女性(21)と、同居する古物商、男性(26)の両容疑者を傷害容疑で逮捕する事件が起きている。

ともに容疑を認めているという。同署によると、長女は女性容疑者と前夫との間の子供。
体中にあざやひっかき傷があることから、日常的に虐待していた疑いもあるとみて調べている。

逮捕容疑は、2人は共謀し、24日午後8時ごろ、自宅で長女の左太ももなどを数回殴り、25日午後8時ごろには左手の手のひらにライターで火をつけ、やけどや打撲など3週間のけがをさせたとしている。

長女が発熱したため30日昼すぎに女性容疑者が119番。
診療した医師が虐待されたような跡に気付き、同署に通報した。
男性容疑者は「食べるのが遅く行儀が悪かったのでたたいた」と話しているという。
2人は昨年11月ごろから同居していたらしい。

もし、容疑の通りであるならば、行儀が悪いのを躾けていると言うには限度を超えているよね。
虐待事件では「躾け」と言う言い訳は出るんだけどね。ライターで火傷させるなんて事は躾けでは無い事ぐらい、それを行っている当の本人にも分かる事だと思うわけで・・・
それが分からないくらい、ストレスを溜めていたのかな?

それとも、ただの憂さ晴らしになっていたのか?

「人の振り見て我が振り直せ」と言う言葉もありますから、自分の子供に自分の付けた傷があるようなら、この機会に冷静に自分自身を見直すべきだろうね。

| | コメント (1)

名古屋市北区女性変死事件

8月29日午後10時40分ごろ、名古屋市北区若葉通1のマンション「第二金城ビル」で男性から「女性が負傷した」と119番通報される事件が起きている。

救急隊が駆け付けると、3階の室内で若い女性が意識不明で倒れていた。女性は市内の病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

死亡が確認された女性は、この部屋に住む女性(18)であることが愛知県警の調べで分かった。県警は30日、司法解剖したが外傷などはなく、死因は特定できなかった。県警は事故と事件の両面で調べている。

県警捜査1課と北署によると、女性は浴室近くであおむけに倒れ東側の窓ガラスが割られて室内に金づちが落ちていた

119番したのは女性の知人で、調べに「知り合いの男性から通報を頼まれた」と話しているという。
依頼した男性は姿を消しており、県警が捜しているとの事。

こんな事件ですが・・・
通報を頼んだ人物は女性が「負傷した」事を知っていたんだろうな。そしてその時は「生きていた」か、もしくは「死亡は確認されていない状態」と言う所かな。
通報を頼んだ人物が「女性が負傷した」と通報しているわけだからね。

女性が負傷しているのを知っていて、自分で通報しないのはなぜか?と素朴な疑問が浮かぶけどね。

死因が特定できないとなると、もし事件ならば難しい事件になるかもしれないね。

09/09/08追記
愛知県警は7日、女性に薬物を渡したとして住所不定、無職、容疑者(37)を麻薬向精神薬取締法違反容疑で逮捕した。県警は、容疑者が女性の死亡についても事情を知っているとみて追及するようだ。

容疑は8月28日ごろ、同市守山区白沢町のアパートで、女性に睡眠導入剤数錠を無償で譲り渡したとしている。県警捜査1課と北署によると、容疑者は女性と知り合いだった。調べに対し、容疑を認めているという。

女性は8月29日夜、マンション室内で倒れていた。窓ガラスが割られ、室内に金づちが残されていた。

北署によると、容疑者はこの直前、知人男性に救急車を呼ぶよう依頼し、姿を消していた。7日午後、北署に出頭した。調べに対し、女性方に窓を割って入ったことなどを認めているという。

司法解剖の結果、女性の血液から睡眠導入剤の成分を検出した。

09/10/08追記
少女(18)は水死の可能性が高いことが愛知県警北署の調べで分かった。現場の状況から同署は事件性は低いとみている。

同署によると、遺体を詳しく調べたところ、睡眠導入剤を服用した反応があり、薬物の影響で、誤って浴槽の水を飲んだとみられるという。

| | コメント (5)

兵庫県三田市食用牛切りつけ事件

8月27日午前9時15分頃、兵庫県三田市末の牛舎で、食肉用牛11頭が頭部を刃物のようなもので切られているのを、農家の男性(57)が見つけ110番通報する事件が起きている。

三田署員が駆けつけたところ、いずれも眉間(みけん)から鼻にかけて長さ20~10センチ、深さ約1センチの切り傷があったが、命に別条はなかった。同署は器物損壊容疑で捜査している。

発表などによると、牛舎は東西2棟あり、黒毛和牛計125頭を飼育。傷つけられた牛は東側の棟で飼われていた。

牛は農家に預託していた伊藤ハム(本社・兵庫県西宮市)の所有で、26日午後7時頃に見回った時には異状なかったらしい。

さて、兵庫県での動物虐待事件は要注意なんですが・・・
ちょっと、この事件は動物虐待事件と言うよりも、「嫌がらせ」のような印象だね。

時系列では
8/26 19時頃見回った時は異常なし。
8/27 19時15分 事件発覚

なので、犯行は26日の夜行われたと思われる。
牛は他にも125頭もいるのに、被害にあったのは11頭なんですよね。
しかも、傷は浅い。

牛は牛舎に入っていて多分、逃げる事はできないから、犯人が牛を殺そうと思えば可能だったろう。毒を飲ませるなんて方法もあるしね。

なので、子供の悪質な「いたずら」か大人の嫌がらせとか憂さ晴らしと言った所を疑ってます。

続報を待ちましょう。

09/09/11追記
11日午前7時40分ごろ、兵庫県三田市末の牛舎で、飼育係の男性(57)が肉牛4頭の後ろ足や横腹が刃物のようなもので切られているのを発見、110番通報した。うち1頭が死んだ。三田署は器物損壊事件として捜査。10日午後7時半ごろに飼育が見回ったときには異常はなかったという。

この牛舎は伊藤ハム(西宮市)が委託。8月27日にも牛11頭の頭部が刃物で切られる事件があり、同署は関連を調べている。

前の事件から15日で2度目の事件が発生、そして、2度目の事件では、牛が1頭死んでいる。
1度目の事件で逮捕されなかった成功体験が2度目の事件を起こす理由になったかな。
が、問題は2度目も同じ牛舎を選んでいる事だな。

もっと大きな事件を起こす前に逮捕してあげてください。

09/09/13追記
12日朝、兵庫県三田市末の酪農家の男性(39)が「11日に牛が足を切られ、12日朝にも牛舎の乳牛をつなぐロープが切られていた」と県警三田署に届けた。同署は器物損壊容疑で捜査。約2キロ離れた牛舎で先月27日と今月11日に伊藤ハム(同県西宮市)所有の肉用牛が切り付けられた事件との関連を調べている。

男性は11日午前2時半ごろ、牛の鳴き声で1頭の左前脚が切りつけられているのに気付き、12日早朝にも牛舎内で牛をさくにつないだ約1メートルのビニール製ロープ12本が刃物のようなもので切られているのを見つけた。牛舎には乳牛75頭がいたが、他に被害はなかったとの事。

どうやら、全く同じ牛舎で事件が連続しているわけではないようですね。
かといって、エスカレートしているのは間違いないね。
危険な方向に進んでいます。

| | コメント (0)

2009/08/29

沖縄県沖縄市女性殺害事件

8月26日午前6時頃、沖縄県沖縄市美里1のアパートで、4階に住む飲食店従業員女性(22)が倒れているのを同居する飲食店従業員の女性(18)が帰宅した際に見つけ、119番した。女性は病院に運ばれたが既に死亡していた。

県警沖縄署は27日、傷害致死事件として捜査を始めたが、同日午後、那覇署に恐喝容疑で逮捕された同居の男(24)が関与している可能性が強まったとして重要参考人として事情聴取する。

発表によると、女性は寝室に敷かれた敷布団の上に、服を着たままあおむけに寝かされていた。
死因は出血性ショックで、顔と背中、足に素手で殴られたようなあざが十数か所あり、うち数か所は内出血がひどかったという

今の所の情報ではなんとも言えないが、殴り殺されたのかな?
だとしたら、一瞬の犯行では無いと言う事なんだよね。
カッとなって刺したのなら一瞬の犯行だが、何度も殴った時間はどのぐらいだろう?
その間、犯人はどんな事を考えて殴っていたのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2009/08/25

大阪吹田市父親殺人未遂事件

8月24日午後7時55分ごろ、大阪府吹田市に住む大阪市立視覚特別支援学校の男性職員(43)宅で、長女(14)から「兄が父の首を刺した」と110番通報する事件が起きている。

駆け付けた府警吹田署員が、首から血を流して倒れている男性を発見。自宅にいた府立高校1年の長男(16)が、刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。男性は病院に搬送されたが、重傷との事。

逮捕容疑は、長男は同日夜、自宅で父親と口論になり、台所にあった刺し身包丁(刃渡り約20センチ)で父親の首付近を刺して、殺害しようとしたとしている。

府警によると、長男は「怒られて腹が立ち、殺そうと思って刺した」と供述している。

吹田署によると、男性は事件前日の23日夜、自分の車が破損していることに気付き、長男が数日前に無免許で車を乗り回して物損事故を起こしたことを知った。このため、24日夜に長男と遊び仲間の幼なじみの少年(16)を呼び出して一緒にしかったといい、長男の顔を数回殴っていた。物損事故について、長男は「自分が車を運転した」、少年は「かかわっていない」とそれぞれ話しているという。

一家は父親と長男、妹(14)の3人家族。 

長男が「一緒にしかられていた友人も父に殴られると思ったので、台所から包丁を取り出して刺した」と供述していることが25日、吹田署への取材で分かった。
長男は犯行後、凶器の包丁を玄関にあった段ボール箱の中に投げ捨てて放置しており、吹田署は突発的な犯行とみている。

逮捕された長男が、高校入学直後の今年4月に行われた担任教諭との個人面談で、「父親に厳しく育てられている」などと話していたことが25日、高校への取材でわかったとの事。

なんだろうね、全体的に子供の考え方とか感じ方が変わっているのかな?
父親が子供が無免許で車を運転し、あげくに物損事故を起こしたと知れば、子供を叱るのは当然の事だと思うんだよね。

16歳でそのぐらいの事が予測できないとは思えない・・・
自分が悪い事をして、その結果、体罰で殴られていると言う事は理解できたはず。

それなのに、「怒られて腹が立ち、殺そうと思って刺した」ってのは逆ギレだよね。
一緒にしかられていた友人も父に殴られると思ったので、台所から包丁を取り出して刺した」ってのも理解不能だ。それが父親を刺す理由になるとは思えないんだけどな・・・

なぜ、こうなってしまうのかな?
子供が叱られる事に慣れていないから?
それとも、感情を抑える事ができないの?
あるいは父親に対する反感でもあったのか?

続報を待ちましょう。

09/09/08追記
男性は31日、搬送先の病院で死亡した。府警吹田署は長男の逮捕容疑を殺人未遂から殺人容疑に切り替えて捜査を進めている。

| | コメント (9)

2009/08/23

千葉県君津市女子大生殺人未遂事件

8月22日午前1時40分頃、君津市根本の駐車場に止めた車の中で、元交際相手で同市在住の女子大学生の首を両手とシートベルトで絞めて殺そうとしたとして、交際相手の男性会社員が逮捕される事件が起きてる。

逮捕されたのは同県君津市南久保、会社員男性容疑者(31)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

大学生は意識不明の重体。男性容疑者が復縁を迫ったが、大学生に断られたらしい。容疑者は「復縁してくれないなら、殺すつもりだった」と供述している。

容疑者は21日午後11時頃から大学生の自宅近くで待ち伏せし、車で逃げた大学生を自分の車で約10キロ追跡。駐車場に止まったところで、大学生の車に乗り込んだ。容疑者は首を絞めた後、自分の母親に「人を殺した」と電話し、母親が119番した

容疑者は、大学生がアルバイトをしていた飲食店を客として訪れて知り合い、2年ほど前から交際していたという。

大学生は、今月18日未明に女性は、容疑者に肋骨(ろっこつ)を折られたとして同署に被害届を提出していた。

同署の副署長によると、18日に大学生の被害届を受けた同署は、親類の家に避難して車の置き場所も変えるよう助言するとともに、傷害事件として捜査に着手。22日には、大学生から事情を聞いたうえで容疑者の逮捕状を請求する予定だったという。同署は大学生の自宅などの警戒はしていなかったとの事。

容疑者(31)が県警君津署の調べに「事件前に果物ナイフやバールを用意した」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。同署は事前に殺害を計画した可能性もあるとみて容疑者の車や自宅を捜索する。

同署によると、果物ナイフやバールは、まだ見つかっていないという。

一方、現場の駐車場のそばでラーメン店を営む男性(30)は22日午前0時半ごろ、「やめてー」という女性の悲鳴を聞いた。約10分後、店を出た際には、駐車場にヘッドライトと室内灯をつけた軽乗用車が止まっているのを目撃。中に男女2人がおり、女性は悲鳴を上げ続けていた。痴話げんかと思って気に留めず、午前1時ごろ再び現場付近を通り掛かったが、既に悲鳴はやんでいたという。

この事件も結局、自分の思い通りにならないのなら、相手を殺すと言う論理ですね。
そして、目的達成後は自ら母親に連絡、当然、母親が通報すると予測してたんだろうね。

容疑者の気持ちは分からないけど、人生を棒に振ってでもやらなきゃならない事なのかな?

特に若い時は「この人しかいない」と思う事もあるだろうが・・・だからと言ってそれだけの為に人生の全てを放り投げても良いと思えるってのは純粋と言うのか単純と言うのか・・・

人生ってのはもっと生臭い物でさ、仮にその「この人」と一緒になれたとしても、生きていくためには仕事もしなきゃならないし、育児もある。面倒で思い通りにならない事は山ほどある。それらを乗り越えてみんな生活しているんだよな。

親の姿をみていれば、このあたりも家庭で学ぶ機会がありそうだけどね。

09/08/24記事タイトルの茨城県を千葉県に訂正
09/09/07追記
8月29日、女性が死亡した。君津署は殺人未遂の現行犯で逮捕した同市南久保、運送会社社員、男性容疑者(31)について、容疑を殺人に切り替えて捜査する方針。

| | コメント (6)

2009/08/21

東京都昭島市少年殺害事件

8月19日(水)午前2時10分ごろ、東京都昭島市中神町の都営アパート5階に住む保険外交員、女性(38)から「息子が刺された」と119番通報される事件が起きている。

警視庁昭島署員らが駆けつけたところ、無職の長男(18)が胸から血を流して倒れていた。長男には刺し傷があり、搬送先の病院で死亡した。捜査1課は殺人事件とみて捜査している。

同課によると、長男はベッドの脇に倒れており左胸を1カ所刺されていた
司法解剖の結果、死因は胸を刺されたことによる失血死。近くに血が付いた包丁が落ちていた。自宅の包丁とみられる。

女性(母親)は「悲鳴が聞こえて部屋を出たら、ダイニングで息子が見知らぬ男ともみ合っていた。男は玄関から逃げた」と説明している。

長男は母親と弟(5)の3人暮らし。普段、母親や弟とは別の部屋で寝ていた。
長男は高校を卒業し、大学進学を目指して勉強中だったという。

同じ階に住む高校3年の男子生徒(17)は「女性の『きゃー』という悲鳴で目が覚めた。悲鳴は2回で、悲鳴と悲鳴の間にドスンという音が聞こえた」と話しているらしい。

とりあえず、証言を整理すると
1)悲鳴(長男の悲鳴と推測)が聞こえて部屋を出たら、ダイニングで息子が見知らぬ男ともみ合っていた

2)長男が刺されるが刺された場所が分からない
もし、ダイニングで刺されたのであれば、長男は自室に歩いて移動しその後倒れた事になる。また刺されたのが長男の部屋である可能性もある。当然、部屋へ入る所を目撃しているはずだね。

3)ここでドスンの音
長男が倒れた音か犯人がドアを閉めた音と推測される。

4)見知らぬ男が玄関から逃亡

5)午前2時10分ごろ119番通報

と言う事になるかな。2度目の悲鳴が3)から5)の間に入ると思います。

ま、犯行時刻が午前2時頃ですから、常識的に考えて玄関は施錠されていたでしょう。
犯人を長男が迎え入れたのであれば顔見知りである可能性が高いでしょうね。
であれば、携帯電話の通話記録などが有力な手がかりかな。

あと、気になるのが被害者の傷ですね。

とりあえず、続報を待ちましょう。

09/10/11追記
10日、警視庁捜査1課が事件は自殺だったとの判断を固めたようだ。当初は母親が「息子はダイニングで男ともみ合っていた」と説明したため、捜査1課が殺人容疑で捜査に乗り出したが、室内には外部から何者かが侵入した形跡はなく、現場の状況から自殺と判断した。捜査1課は近く、捜査報告書を東京地検に送る。

捜査1課で室内の足跡など現場の状況を詳細に調べたところ、外部から何者かが押し入った形跡は確認されなかった。室内には荒らされたような跡もなかったという。

さらに、男性の胸や腕に浅い傷が複数あったことが判明。傷の状態から犯人と争った際にできたものではなく、自ら刺した「ためらい傷」とみられている。ベッドには包丁の柄を押しつけたような形跡もあった。

こうした状況から、捜査1課は男性がベッドに包丁を立て、その上に倒れ込んで自殺を図ったと判断した。

捜査関係者によると、母親は事情聴取に「(警察が自殺と言うなら)自殺なんでしょう」と話すようになったものの、「見知らぬ男を見た」という説明は変えず、「私が見た男は何者なのでしょうか」「部屋から逃げた男が(自殺の)原因を作った」などと訴えているという。

自殺でしたか・・・母親の証言はどんな理由からきているのか・・・
いずれにしても、死亡した人間は生き返らないけどね。

しかし、自殺で腕にためらい傷ね。
定番だと腕や手首の血管を切るというあたりだろうけど・・・どうして、自殺の方法にそんな痛い方法を選んだんだろうな。
こう言う書き方はへんだけど、ネットなどで自殺の方法を調べたのなら、今なら硫化水素自殺とか一酸化炭素自殺が出てきそうなんだけど・・・

しかも、最初は腕や手首を切っていて、最後が左胸か、衝動的な自殺だったのかな。
うまくいかなくて、最後に深く胸を刺す方法を思いついたと言う所なのかな。
最初から誰かに殺害されたように偽装するなら腕や手首の傷は不自然だからね。

| | コメント (3)

2009/08/19

福岡県女子高生集団暴行事件

7月16日(木)午後2~7時の間、福岡市南区のアルバイト少年の自宅で、同市内に住む高校2年の女子生徒(16)に対し、男女8人が集団で暴行する事件が起きている。

この時、S容疑者が包丁を突き付けて脅迫。M容疑者ら6人で殴るけるの暴行を加え、顔や腹などに約3週間のけがをさせた上、性的暴行を加えたらしい。

同署によると全員が顔見知りで、「(被害少女の)態度が気に入らなかった」などと容疑をすべて認めているという福岡県警南署は16日、高校2年の女子生徒に集団で暴行や性的暴行を加えたなどとして、16~41歳の男女8人を逮捕したと発表した。
8人の中には母親と次女の親子もいたとの事。

暴力行為法違反と傷害、集団強姦(ごうかん)の疑いで逮捕されたのは、
1)福岡市南区中尾1、無職、S女性容疑者(41)。

傷害と集団強姦の両方またはいずれかの疑いで逮捕されたのは、
2)同市南区柳瀬1、大学生、M女性(20)
3)同市南区折立町、飲食店店員、F男性(20)
4)同県那珂川町片縄6、パート、Y男性(20)
5)同市南区、無職でS容疑者の次女(16)
6)同県宇美町の高校3年の女子生徒(17)
7)同市南区のアルバイト少年(18)
8)同市博多区の無職少女(16)
の8容疑者。

また、理解できない事件が起きたね。
報道内容から見ると最年長41歳の女性が凶器で被害者を脅し、主導的な立場で事件がおこなわれたように見える。

それとは別に気になったのがメンバーに20歳以下の女性が多い事なんだよね。
M女性(20)、次女(16)、高3女子(17)、無職少女(16)の4人は目の前で性的暴行を受ける同性の被害少女(16)を見てどんな心境だったのだろうか?

それとこの8人はそれぞれ被害者と顔見知りとの事だが、それぞれどんな関係なんだろうね?
少し年齢が離れているし福岡市内と言うつながりでもなさそうだしね。

それからこの事件は平日の昼間起きているんだよね。無職はともかく、学生や仕事がある人間が偶然集まるって事があるのかな?
そのあたりを考えると、計画的な犯行とも思えるけどね。

ま、友人は選ぶべきだろうね。

09/10/22追記
女子高校生に集団で乱暴したとして、集団強姦(ごうかん)罪に問われた男女3人の初公判が22日、福岡地裁であり、3人は起訴事実を認めた。

3人は、元大学生女性(20)(福岡市南区柳瀬1)、解体業手伝い男性(20)(同区柏原1)、スーパー店員男性(21)(福岡県那珂川町片縄6)の3被告。

起訴状によると、3人は福岡市南区中尾、無職女性被告(41)(集団強姦、傷害罪などで起訴)らと共謀。7月16日午後、同区の知人少年宅で、顔見知りだった同市の女子高校生(当時16歳)に集団で乱暴したとされる。

検察側は冒頭陳述で、被告らが被害者の態度に因縁をつけ、包丁を突き付けたり、顔が腫れ上がるほどの暴力を加えていたりしたと指摘した。

| | コメント (0)

2009/08/18

帝京大生女性監禁事件

自宅マンションに交際していた女子大学生(20)を約12時間監禁したとして、警視庁日野署は8月17日までに、逮捕監禁容疑で、東京都八王子市大塚、帝京大学文学部4年男性容疑者(23)を逮捕したとの事。

同署によると、容疑を認め、「きれいな別れ方をしようと思ったが、応じてくれなかった」と供述しているようだ。

逮捕容疑は8月9日午後11時半ごろ、同容疑者宅で別れ話をした後、帰宅しようとした女子大生に馬乗りになり、背中などに包丁(刃渡り約17センチ)を突き付け、「帰れると思っているのか。おまえを殺すことしか考えていない」と脅迫したようだ。
約12時間にわたって監禁した疑いがもたれている。

また、しょうもない事件なんですが・・・
容疑者の言い分が理解できないな。
「きれいな別れ方」ってのはどんな別れ方なんだろうね?

ま、それは置いとくとして・・・
よく分からないね。別れようと思ったんだよね?それなのに、「相手を殺す事しか考えてない」ってどういう事なのか?

結局は別れたく無いと言う事なのかな?
もし、そうならば、馬乗りで包丁を突きつきられた相手はどう考えるのだろうか?
それで、愛情や恋心を取り戻すとでも容疑者は考えたのかな?

それに、そこまでしなきゃならない事なの?って疑問もある。
もう少し情報が欲しいね。続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

鹿児島県薩摩川内市父親刺殺事件

8月17日午後7時30分頃、鹿児島県薩摩川内市東大小路町、男性会社員(50)方の居間で、男性が長女(22)に刺される事件が起きている。
男性は胸から血を流して倒れているのを、通報で駆けつけた県警薩摩川内署員が発見した。

そばにいた長女(22)が「包丁で父を刺した」と犯行を認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕。男性がが搬送先の病院で約1時間後に死亡したため、殺人容疑に切り替えて調べているようだ。

発表によると、男性は妻(44)と容疑者(長女)の3人暮らし。包丁(刃渡り16センチ)は台所にあった物との事。
容疑者は「昼間に携帯電話のことで父と口論になった」と供述しており、動機を調べているとの事。

なんて言うか、子供が親を殺害する事件が多すぎて、親殺しがありふれた事件のように感じるなんて、嫌な時代になったなと思う今日この頃。

そして今回の動機もどうも些細な口論のように感じるが・・・人を、しかも親を殺さなければならないような口論ってどんな内容だったのかな?

殺害してしまう程の理由を本人は説明できるのだろうか?
もちろん、カッとなって刺すってのは良くある事件なんだけどさ・・・
今の報道では、昼間に口論でしょ?そして事件は午後7時30分頃に起きているわけで、口論から刺すまでの間に数時間はあったように思うんだよね。

それでも、刺してしまったんだよね。普通は時間を置いて怒りも沈静化する方向に動くと思うのだけどね。
このあたりが、この事件の最大の疑問点かな。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2009/08/08

逃亡の先には何がある?

某女性タレントが覚醒剤取締法違反で逮捕状がだされて、本人が逃亡していると思われる事件が起きている。
私としては、それほど興味のある事件でも無いけれど、「逃亡する事」について考えてみたい。

事の発端は女性タレントの夫が覚醒剤所持で逮捕された事に始まる。この時に現場に立ち会い、女性タレント自身も警察に事情を聞かれそうになったが、「子供がいるから」とその場を立ち去り、以後、連絡が取れなくなっている。
どうも子供は直後に知人に預けて、実質的な逃亡状態になっている。

犯罪者なら殆どの者は逮捕されたくないと考えるの普通だろうから、この女性タレントが逃亡と言う選択をする事もそれほどおかしな事では無いのだが・・・・

しかし、人生の選択としてはどうよ?って疑問は感じるんだよね。
理由は簡単、覚醒剤取締法違反だけど、今回が初犯だろうし、例え逮捕されても、長い懲役刑になるような事もないだろう。現に覚醒剤取締法違反で逮捕されて、その後、芸能界に復帰しているタレントもいるでしょ?

そこの所が分からない、逃亡した方が得になる事があるのかな?
もちろん、当面の罰を逃れる事ができると言うのはあるだろうけどさ。
ただ、ではずっと逃亡するつもりなのかな?ずっとと言っても時効までと言う事になるだろうけどさ。

けどね、じゃあ、時効まで逃げ切ったこの女性タレントを芸能界が諸手を挙げて歓迎するとも思えないんだけど・・・
むしろ、代わりのタレントはいくらでもいるわけで、芸能界としては敢えて火中の栗を拾う必要はないんじゃない?

反対に起用すれば、犯罪者の逃亡を増長させるような行為として社会から批判される事も予想されるからね。

そう、逃亡したとして、その先にバラ色の未来があるわけじゃないんだよね。
しかも、その間、子供とは離ればなれだし、親としての責任も果たせない。

当面の罰を受けないと言うだけで、それ以外にはメリットは一つも無いように思うね。

私としては自首を勧めたい。
上で書いたように、懲役何年と言うような重い刑にはならないだろう、早めに社会復帰する方法を選択するべきじゃないかな?親としてもさ。

ただ、一つだけ気になる事がある。
この逃亡劇は本人が望んだ事なのだろうか?
もし、この女性タレントが逮捕されると困る人間が別にいて、その困る人間の意向で逃亡しているってのも可能性としては有りだけど、どうかな?
このあたりは、本人に聞かないと分からない事だね。

| | コメント (5)

2009/08/04

宮崎延岡市乳児虐待事件

8月3日宮崎県警延岡署は、長女を虐待したとして、同県延岡市浜砂2、無職女性容疑者(26)を傷害容疑で逮捕した。

発表によると、容疑者は7月18日、自宅で長女(11か月)の肩に加熱したアイロンを押し当て、やけどを負わせた疑い。容疑を大筋で認めているらしい。

容疑者は同月21日、「長女がぐったりしている」と119番。長女は同日中に、死亡が確認された。死因は不明。

ほかにも外傷があることから、同署は虐待を繰り返していた疑いもあるとみて、傷害と死亡の因果関係の有無も調べるとの事。

容疑者は夫(29)と3人暮らし。

11ヶ月の女児に加熱したアイロンを押し当てるなんて、酷い事件だな。
児童虐待事件で思うのですが、逆の立場だったらどれほどの苦痛か?どれほど辛いか?
大人なら簡単に想像できる事を抵抗もできない児童や助けも呼べない乳児に平気でやってしまうんですよね。

母親にどんな理由があったのか、今の段階では分からない。
経済的貧困だったのか?それとももっと別の理由なのか?

突発的で発作的な犯行と言うのもあるかもしれないが、もし以前から虐待があったのであれば、周囲の人間はなぜ止められなかったのか?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2009/08/03

東京港区西新橋耳かき店女性殺害事件

8月3日午前9時ごろ、東京都港区西新橋1の女性(78)方の近くを通り掛かった人から「包丁を持った男と女がけんかしている」と110番通報する事件が起きている。

警視庁愛宕署員が駆け付けると、住宅内で女性と、同居する孫で耳かきエステ店従業員、女性(21)が血を流して倒れていた。2人は病院に搬送されたが女性は間もなく死亡、孫は意識不明の重体。室内にいた男が「自分が刺した」と認めたため、愛宕署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

愛宕署によると逮捕されたのは千葉市美浜区幸町2、会社員、男性容疑者(41)。
逮捕容疑は同8時55分ごろ、室内で女性と孫の首などを、持っていたナイフのようなもので刺したとしている。愛宕署の調べに「殺すために来た。最初に応対に出た女性では話にならなかったので、2階に上がって(孫を)刺した」と供述し、容疑を認めているらしい。

愛宕署幹部によると、孫は「客の男につきまとわれ、自宅近くで待ち伏せされている」と110番した7月19日深夜、駆け付けた同署員に、「男は昨年2月頃から店に出入りするようになり、今年4月、付き合ってくれと言われた。
断ったら付きまとわれるようになり、メールも来るようになった」と説明した。
同署は携帯電話の通信履歴などから、この男が容疑者だったとみているようだ。

愛宕署員が駆け付けたが男の姿はなかったため、異常があれば至急連絡するように伝えて引き揚げたらしい。

愛宕署の調べでは、今回の事件では容疑者は最初に応対に出た女性を1階で刺し、2階に上がって孫を刺したとみられる。
2人には首を中心に複数の刺し傷があり、室内から血の付いた複数の刃物が見つかった。女性方は5人暮らしで、当時、自宅に他に家族2人がいたが無事だった。

現場近くの会社に勤める男性(58)は「『助けて』という叫び声を聞いて外に出たら、足などから血を流したパジャマ姿の女性が、住宅の前で『110番して』などと大声を上げていた。間もなく警察官に取り押さえられた男が玄関から出てきたが、顔や手などが血まみれの状態だった」と話したとの事。

現場は東京メトロ銀座線虎ノ門駅の南東約300メートルの繁華街

容疑者(41)が「女性に交際を断られ、腹が立って殺そうと思った」と警視庁愛宕署に供述しているらしい。

屋内からは血のついた果物ナイフと包丁が発見されたほか、ハンマーの入ったビジネスバッグも見つかった。容疑者は「(刃物などは)孫を殺害するため事前に準備した」とも供述しているようだ。

こんな所だね。
酷い事件だね、しかし、私が一番驚いたのは容疑者の年齢が41歳だった事です。
高卒、4大卒だとしても普通に考えて社会に出て20年前後は経っている。
その中では少なからず恋愛経験などもあったのでは?と思うのだけど・・・
恋愛関係に限らず、一般常識的な事は相当見聞きしていると思うんですよね。
会社員だから、年齢的に見れば中堅社員でしょ?若い後輩に説教ぐらいしてもよさそうな年齢だよね。

もちろん、個人差は当然あるから、先入観で決めつけてはいけないけどさ。
そんな容疑者が、「耳かきサービス」で気に入った女性が居たとして、サービスを受けている最中には会話もしただろう。しかし、それは「サービス業特有のビジネストーク」でしょ?
20代ならそこの所を勘違いする人間も多いと思うが・・・・40代だからね。

気づいても良いような気がするけどね。

あるいは全然、違う可能性もあるかな?

どうしても欲しい物があるのだが、それを手に入れる事ができない。
手に入らないのであれば、他の人間が手に出来ないように壊してしまえ!
と言う人もいるからね。

それが物では無く、「人間」だったしても不思議じゃないよね。
児童虐待とかもそうだけど、犯行の瞬間、加害者の目には被害者は人間として映っていないのではないか?と私は考えています。

滋賀園児殺害事件では逮捕後、容疑者は刺殺した園児を「砂人形」と呼んでいたね。

真相はこれからの捜査を待たなければならないが・・・・

続報を待ちましょう。

09/09/07追記
重体だった孫が7日、入院先の都内の病院で死亡した。孫は刃物で首などを刺されており、警視庁愛宕署は同日、司法解剖して詳しい死因を調べる。

2010/11/01追記
殺人罪などに問われた常連客の無職、男性被告(42)の裁判員裁判で、東京地裁は1日、無期懲役判決を言い渡した。
検察側は裁判員裁判で初の死刑を求刑したが、判決は「一方的に被害者への思いを募らせ悩んだ末の犯行。深く後悔しており人生の最後の瞬間まで内省を深めることを期待すべきだ」と死刑を回避したようだ。

東京地検幹部は判決後、控訴するかどうかについて「遺族の意向を踏まえ対応を決める」と話したらしい。

判決はまず「落ち度のない2人を身勝手な動機で殺害した責任は極めて重大で有期懲役を選択する余地はない。遺族が極刑を望むのも当然」と指摘したとの事。

そのうえで、最高裁が83年に示した死刑選択の基準「永山基準」に基づき、死刑と無期懲役のどちらを選択するか検討。被害者殺害の動機については「強い好意を抱いていたが、来店拒否で抑うつ状態になり、愛情が憎しみに変わって殺害を決意した」と認め、「極刑に値するほど悪質な動機とは言えない」との判断を示したようだ。

祖母を執拗(しつよう)に刺して殺害したことは「被害者殺害に心がとらわれている中、顔を合わせたのは想定外で激しく動揺した結果」と指摘し、必然的結果とした検察側主張を退けたようだ。
前科がなく、まじめに生活してきた」との弁護側主張は「酌むべき要素」と述べたらしい。

被告が「恋愛感情はなかった」と繰り返したことには、「遺族が怒りを覚えるのは当然で本当の意味での反省を深めているとは認められない」とする一方、人格の未熟さやプライドの高さが原因として「遺族の声を聞いて態度に変化が見られる。被告なりの反省の態度は相応に考慮すべきだ」と結論づけたとの事。

| | コメント (0)

2009/08/02

大阪府豊中市男性殺人未遂事件

8月2日午前8時5分頃、大阪府豊中市庄内西町の路上で、自転車に乗った男が、帰宅しようと歩いていた同市内の警備員男性(62)の顔を、すれ違いざまに鉄棒のようなもので殴って逃げた。

男性は眼球破裂で左目を失明するなどの重傷で、豊中南署は殺人未遂容疑で捜査している。

発表によると、男は20歳ぐらいで、約1メートル70、やせ形で茶髪。事件直前、女性と自転車に2人乗りした男が、「にらんだやろ」と男性に言いがかりをつけ、いったん走り去った直後、1人で自転車で引き返し、男性を殴ったという。

こんな事件ですが・・・
一緒にいた女性は容疑者の事を知っているはずですよね。
知っていてなのもしなければ共犯になってしまうけど・・・
時間は残り少ないよ、警察は容疑者までたどり着くと思う。

捜査の進展に期待しましょう。

| | コメント (0)

日立ネイリスト変死事件その3

目新しい報道も無いが、事件後2年をうけて事件を振り返る報道があったので、情報を整理して起きます。

まず、時系列情報
07年05月24日
18時40分頃 友人2人と婚約者と女性の4人で2階でコーヒーを飲み談笑する。
19時00分頃 婚約者が談笑から抜けて店に戻る。
19時10分頃 友人2人が帰る。
19時50分頃 店内でスタッフミーティングが行われる。
19時55分頃 業者が来店、婚約者が店内を案内する。
20時00分頃 スタッフミーティングが終了。この頃、スタッフ数人が2階から「ドーン」と物が落ちるような音を聞いている。
21時00分頃 女性の婚約者が2階の寝室を見るとそこには女性は居なかった。出窓の窓が開いており、そこから外へコードが一本伸びていた。

直後に携帯電話で女性に電話をする、階段を下りて出窓の下を見るが人影は無い。
そのまま、隣接する隣の敷地を見に行く。

21時20分頃 隣の敷地で首に電気コードを巻いた状態で倒れている女性を発見。
直後に119番通報、首のコードを外し、心臓マッサージを行った。

現場の状況
1)2階にいたのが分かっているのは、自室で寝ていた婚約者の母親と女性の2人だけ。この間、店の階段で上がった者は誰もいないという。出入り口がある1階店舗には常に複数の従業員がおり、不審者が入店した形跡もない。

2)店の外壁には1階から2階に続く非常用はしごがあったが、誰かが使った痕跡はみつからない。

3)司法解剖の結果、香織さんの死因は首を圧迫されたことによる窒息死と判明。県警は「女性の遺体は裸足で着衣に乱れはなく、目立った外傷もなかった」としている。

4)婚約者によると、出窓の下の壁にはへこんだ穴があったという。ベッドと壁のすき間からは女性のものとみられる使い捨てタイプのコンタクトレンズも発見されている。

5)リビングには、肉を焼けばすぐに食事ができる状態まで夕飯の用意されていた。

6)08年07月に女性の父親が県警日立署に上申書を提出している。
その時の疑問は以下の3点

7)窒息死するほどの力で自分の首を絞めることはできるのか

8)寝室の壁には女性の血痕があり、コンタクトレンズやネックレスが床に散乱していたのをどう説明するか

9)遺体の右目に殴られたようなあざがあったのはなぜか

報道された警察側の情報としては
10)吉川線がない(人間の首を紐で絞めた時 抵抗して紐をはずそうとして首にできる引っ掻き傷の事、吉川法医学博士が発見した)

11)首を絞めている者に抵抗しようとすれば、つめの間に皮膚片や繊維片が挟まっていたりするはず。しかし、そういった跡がみられない。

12)「女性はメールや電話で友人らに日々の生活について悩み、相談をしていたようだ

こんな所なんだけど、警察は公式には事件と自殺の両面で捜査しているとの事だけど、どうも警察は自殺の印象を強めているように見えるね。

その理由は二つかな。
A)現場の2階に誰かが入った形跡が無い。
B)絞殺された場合の形跡が無い。

A)については、土足の跡が無いとか、不明の指紋が無いと言う事だと思うが、2階の出窓は開いていたのだから、進入が不可能と判断する材料としては弱いのではないかな?

問題はB)の方だと思うんだけどね。
普通に紐のような物で絞殺しようとすれば、紐の両端を手で持って絞めると思う。
だから、その時は犯人は両手がふさがっている事になる。
そうすると、10)と11)の内容が出てもおかしくないはず・・・・

だけど、自殺だとしたら、8)9)の疑問はどう説明するのか?
部屋を荒らして、右目にあざを作って興奮した状態で自殺した?
食事の用意をした後で?

それに自殺なら12)の友人の話はどうなんだ?自殺に繋がる理由やトラブルの話は出てないようだけどね。

いずれにしても、遺族にしてみれば女性が死んだ理由が知りたいのは普通の感情だろうね。

参考リンク
日立ネイリスト変死事件その2

| | コメント (10)

2009/08/01

名古屋市港区児童虐待事件

名古屋市港区知多2のアパートで男児(4)が頭を打って意識不明の重体になった事件で、愛知県警港署は7月31日、男児の父親でアパート1階に住む無職、男性容疑者(25)を傷害容疑で逮捕した。港署などによると「しつけでたたいた」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は28日午後5時から30日午後6時ごろまでの間、自宅で断続的に、長男の頭や胸、腹などに殴るけるの暴行を加え、急性硬膜下血腫などで意識不明の重体にさせたとしている。

港署によると、長男は全身にあざがあり、日常的な虐待があったとみて調べる。長男は容疑者になついていなかったという。

港署によると容疑者宅は妻(19)、前妻(26)、容疑者と前妻の間の長男、長女(2)との5人暮らし

30日午後7時15分ごろ、容疑者が長男と子供部屋に入った。直後に容疑者の怒鳴り声がしたため、様子を見に行った前妻がぐったりしている長男を発見、119番した。当時、妻は外出していた。

名古屋市児童相談所によると、08年11月に近所の住民から「長男の体にあざがあった」と通報があり、09年4月までに複数回、前妻と長男に面接調査したが「母子共に落ち着いていて問題ない」として虐待はないと判断したという。児相は「当時の対応を検証したい」と話している。

現場は第三セクター鉄道あおなみ線名古屋競馬場前駅から約4キロ西の住宅街。

こんな事件ですが・・・
変わった家庭環境ですよね。妻と前妻、そして前妻の子供と同居って円満な生活ができたのだろうか?
以前の事件でも
足立女性バラバラ事件その2
足立女性バラバラ事件
でも、同じ家の1階と2階に二家族が住んでいた。それは置いといて・・・

3日間も暴行を受ければ同居していた人間ならば暴行に気づくと思うけどな。
誰も気づかなかったのだろうか?

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »