« 渋谷短大生バラバラ事件その12 | トップページ | 仙台市青葉区女性殺害事件その3 »

2009/09/20

栃木小1殺害事件再考、その24

残念な続報です。遺留物のDNAの一つが捜査員の物と一致しました。

栃木・茨城県警の合同捜査本部が遺体の付着物から複数のDNA型を検出し、このうち一つが捜査にかかわった当時の栃木県警幹部のDNA型と一致したことが19日、捜査関係者への取材でわかった。

現場検証など捜査過程で付着したものとみられる。捜査本部では、このDNA型が容疑者特定の手がかりになる可能性もあるとみていたが、空振りとなった。

同事件で、捜査本部は遺体や遺棄現場周辺から複数のDNA型を採取した。両県警は過去の犯罪捜査や、協力を得て住民などから採取・登録した一人一人のDNA型との照合作業を進めてきた。

そうでしたか・・・
検出した複数のDNAの一つと言う事なので、他にもDNAが検出されているのだろうが・・・
もし、一致するDNAが見つかれば、その持ち主はとっくに参考人として話しを聞かれているだろう。

そんな報道もないところを見ると、DNAの線も期待できないかもしれないな。

しかし、そうなると、未だに容疑者らしき人物は捜査線上に浮かんでこない点をどうかんがえるのか?

捜査関係者よりも慎重なタイプって事なのかな?
やはり計画的な犯行なのかな?それとも単なる偶然?

しかし、犯人のDNAと思われていたDNAだっただけに残念だな。

|

« 渋谷短大生バラバラ事件その12 | トップページ | 仙台市青葉区女性殺害事件その3 »

コメント

こんな考え方場違いだけど…。あたしは未解決の事件のことを考える時、 たとえつかまらなくても犯人は一生愛情とかとは無縁の生活をしてただ死んでゆくんだ と考えます。 気休めといわれればそうですが… 実際犯人の一生はそうだとおもいます。
捜査がこのまま行き詰まりにならなければいいのですが……

投稿: りな | 2009/09/21 09:42

その警察幹部が犯人という可能性は否定されたのでしょうか?

えん罪になった足利事件でも遺留品のDNAが捜査員の
DNAと一致したとのことですが、もしその捜査員というのが今回の
事件と同一人物なら、再犯という可能性もありますよね。

投稿: とおりすがり | 2009/09/21 12:41

 悪魔の仕業のような事件です。真犯人は今も世の中で生活していると思うと、怖いですよね。でも迂闊なことはしないような慎重な人間なんでしょうね。
 足利事件の10年前の女児殺害事件について、遺留品のDNA鑑定が行われることになったそうですが、何か手掛かりがつかめればいいですね。

投稿: 明智 | 2009/09/23 20:57

この犯人、結構神経質で慎重派、研究家ですよね。
普段は良い人柄に思われているんじゃないですか。
無抵抗の子供を狙うあたり、肝が小さいともとれるし
唯一、
連れ去る時の焦り具合は尋常ではなかったと思います。
同様に遺体を隠さなかった事実でも感じられます。
オカルトに影響された様な事件では、未成年以外
過去、カルト宗教以外では、ほぼ見当たらないし、
娯楽の少なかった時代の50代付近以上の
西洋黒魔術愛好家や猟奇事件嗜好家の匂いもします。
働き盛りの年代なので、仕事は時間も好きに使える
自営業なんでしょうか。移動するのは未成年では無理。
ルートや2箇所の現場は地元に絡んでないと無理。
世界中の猟奇事件、関連小説等、ネット、読書家&収集家でもありそうです。
現在、資料はもう処分したか、見えない場所などに保管してそうですが。
一般人以上の資産持ちで既婚なら家を2軒所持か、
特別な日以外の犯行は無理そうです。遺体を早く手放した事も引っかかります。
心やさしい子供を騙すには、体を痛がって見せて車に
乗せて病院を道案内させるのが一番自然な感じです。
もし該当をするなら、同級生や古くからの友人など
犯人に対し思い当たる節があるかもしれません。
ひょっとしたら、そういう書物を扱っている人間なのかも。

投稿: % | 2009/09/24 00:09

りなさんの仰ること、
私も 時々そう感じていました。(長い間、凶悪事件の報道に接するたび。)

昔もそうだったのかもしれないけれど、
今の方が、犯人と被害者の、「関係のなさ」が際立っていると思います。
遺族の方は、何故、よりによって今この時に、この子(人)が殺されなければならなかったのか?それを受け入れることができない。
その度合いも昔より、はっきり増していると思うんです。

ほとんど「偶然」としかいえないように事件が起こってしまう。

それは理不尽なことです。


この事件は、世田谷一家殺人事件と同ぐらい、私にとって衝撃的で、今でも重いしこりとやるせなさを感じ続けています。
とっとこハム太郎の運動靴を履いていた有希ちゃん、
犯人は遺品を自らの手で処分(または保管)している。

今からでもいいから、自首して欲しい…

と、切に願います。

草々

投稿: Mark | 2009/09/26 04:39

連投になりますが、ご寛恕願います。

前のレスを書いた後、地図を見て考えてみました。
(どのみち、情報がない以上、ASKAさんがよく使われていた言葉、「妄想」でしかありません。ご寛恕願います。)

私がこの報道に接して、一番違和感を感じたのは、プロファイリングなるものがなされて、栃木県警が拉致現場中心に捜査したことです。

最初に私が感じたのは、わざわざ県の違う常陸大宮市に遺体を遺棄したのは、捜査霍乱の意図があって、でした。要するに犯人はともかく頭がまわりはする知能犯です。そういう人が、拉致現場近くに住んでるというのは、ちょっとちがうんじゃないの?というものでした。

けれども、その内、拉致現場ではなくて、遺棄現場近くに犯人は生息しているのだ、との意見が一般に出てきます。(理由は殺害をした犯人の精神的エネルギーを考えれば、とても遠くまで長時間遺体を載せたまま運搬は、できないだろう、というものです。)
ですが、私はその意見にも違和感を感じました。

つまり、私が感じたのは、普通の人間の空間感覚は、同心円状になっているだろう、ということです。

(そうなってはいない人もいると思うんです。たとえば、外国と日本を行ったり来たりしている人。または、仕事が営業職で複数の拠点を行ったり来たりする人。
そういう生活なら、中心が複数あるような空間感覚を自然に身につけるかもしれない。けれども、犯罪を犯すようなところまでともかくも追い込まれる人というのは、具体的なことにはディテールまで考え及んでも、地のレベルでは紋切り型の思考に添って、行動してしまうと思うんです。)

だから私が最初に思ったのは、拉致現場とも遺棄現場ともほとんど等距離ぐらいに隔たった場所に住んでいる者。ということでした。(ある程度なじみの場所なんだけれども同時に遠い場所で、拉致と遺棄は行われた…。)

後になっての目撃情報で、遺棄現場から南の県道を東から西に、のろのろと徐行しながら、Uターンをして現場に向かう道に入っていった白いセダンが後続車に目撃されています。

何の根拠もないし、ちがうかもしれないけれど、この宇都宮ナンバーの車が非常に怪しいと思っています。

西進していたのなら、293号線を常陸大宮まで来て右折し目撃地点まで来たと考えられる。(別のルート宇都宮から南のルートでもその道に行き当たり、左折し目撃地点で西進することも可能ですが…。)ともかく、県警は293号線近辺を捜査範囲として重点的に、洗ってはいたようです。

で、宇都宮ナンバーなのですが、

栃木運輸支局 宇都宮ナンバー管轄区域

宇都宮市、鹿沼市、日光市、今市市、真岡市、大田原市、矢板市、黒磯市、河田郡、上都賀郡、芳賀郡、下都賀郡、塩谷郡、那須郡

に住んでいる人が割り当てられるのです。(2000年時点では違うかもしれません。)
そう思って地図を見てみると、
絶望的な気持ちになるのです…。
(余りに広範囲なので。)

拉致からドライブし、殺害地点まで、そしてその作業から、遺棄現場までの時間、は、かなり長い時間です。
ほとんど何も分からないのだけれど、

犯人は、栃木県に在住しており、拉致現場とも遺棄現場とも、ある程度はなれた距離に住んでいる(いた)者
という気が、最初からしています。

長文スイマセン。

草々。


投稿: Mark | 2009/10/01 04:31

スイマセン。訂正です。

文中、
(2000年時点では違うかもしれません。)
を、(2005年時点では違うかもしれません。)に
訂正いたします。

草々。

投稿: Mark | 2009/10/01 05:17

スイマセン。訂正です。

文中、
(2000年時点では違うかもしれません。)
を、(2005年時点では違うかもしれません。)に
訂正いたします。

草々。

投稿: Mark | 2009/10/01 05:17

Markさんの推理にうなずきました。私は、東京や埼玉のようにもう少し離れた所から仕事で頻繁に自動車で行く者の犯行を想像していました。攪乱の意味で、今市から遺棄地点まで連れ去って殺害後に遺棄して帰宅かと思ってました。遺棄現場は住んでいるところから離れるには同感です。今市からひと気のない方角は日光とか金精峠の方なんですが、この犯人は逆をついたのではないでしょうか?しかも圏外だから捜査はすぐには及ばない。やはり思慮深い犯人です。

投稿: 明智 | 2009/10/01 23:23

人里離れた地なのか。
普通の街暮らしなのか。

前者なら、移動の必要は無し。×の可能性が大。
後者なら、家内ガレージが無くては、
隣の2階からでも見られてしまいます。
慎重派の犯人には無理なのでは。

殺傷場所はかなりの%で過去を見ても風呂場が有力。

現在、風呂はユニットバスが多いですが
改装とそのままでは、どちらが良いのか
この犯人なら考えてるはずです。

ユニットバスで無ければ改装はしてるんですかね。
資材がバラバラで残らないので。
証拠が完全に隠せますね。犯人の勝ちです。
後はその時、画として残しても今では、
親指サイズで残せるので。

使用車の割り出しは月日が経ち過ぎなので
もう無理かと。

栃木県警は過去の通報を%が無くても
もう一度、
洗い直す事しかもうない。やるしかない。
ここは見てますか。


投稿: % | 2009/10/02 00:12

DNAが無理なら、手掛かりは凶器しかない。(加古川の事件と同じもの)

それにしても、凶器の特定に時間かかりすぎ!

投稿: joker | 2009/10/02 11:26

改めてこの事件、用心深い犯人がなぜ死体を見つかりやすい状態で遺棄したのだろうか?血液を抜いたことなど自分の猟奇性を見せたかった?前歴もない人なんでしょうな。何かのきっかけで犯人が逮捕されればいいですね。

投稿: akch | 2009/10/04 00:39

みなさん、今晩は
akchさんへ
>死体を見つかりやすい状態で遺棄したのだろうか?
この点は見方が分かれると思います。

つまり、犯人が「見つかりやすい状態」と考えていた場合と「見つからない状態」と考えていた場合ですね。

私はどちらも有りだと思うのですが・・・

それについては栃木小1殺害事件再考その17
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2007/05/117_06fd.html
を参照願います。

こちらの方が犯人の生活圏を推測しやすいかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2009/10/05 01:05

神奈川男性殺害事件のような事件もあったんですね!
やはり宝物堂です、こちらの事件簿は。
神奈川の件での遺棄はどういうものだったのでしょうね。
(1)斜面上から転がしたのか
(2)びくびくしながら限界まで運んで放置したのか
(3)いったん他方に運びながら逡巡して戻り
見える所に投げるではなく置くという動作をしたのか。
栃木の件は(3)と発表されていましたね。

>犯人は一生愛情とかとは無縁の生活をしてただ死んでゆく
まさに。誤解をおそれずに言えばなんだか犯人が可哀想で。
おこがましい、と笑われそうですが。

友人が「この事件は昭和三億円事件に似てるんだよ」なんて
言うんです。同じように迷宮入りするんだ、と。
確かに共通する部分は多々ある。それでも、
この事件は誰にも経済的打撃を与えてない窃盗事件ではなく、
あんな可愛い我が国の女の子が
いわれのない仕打ちを受けた殺人事件で。

平塚八兵衛刑事がもしこの事件の担当だったら
亡くなるその瞬間まで役を降りようとはしなかったと、
私はそう信じていたいです。

投稿: @ | 2009/10/05 04:03

遺体を隠す理由は、遺体に証拠があるとか、遺棄した場所が知られたくないなどの理由があります。でも、遺棄しているところや向かうところを目撃されたらもっと不都合ですよね。アプローチする山道はそこそこの通行量があり、走っていても怪しまれず、一つ曲がってそれてしまえば誰も来ないような場所が好都合。遺棄場所はどんなところだったのか?
私なら、死体を車に乗せて走っていることが怖くて耐えられないですから、穴を掘るとか余裕ないです。犯人もきっと同じです。

投稿: 明智 | 2009/10/05 22:52

みなさん、こんばんは
@さんへ
神奈川男性殺害事件では、動機が怨恨で事前に凶器を準備して車でドライブしようと誘い出し、隙をついて被害者の首を刺して殺害しています。
遺体が道路脇から2mの場所に放置されているので、車から降ろして、そのまま道路脇から転がしたんでしょうね。

明智さんへ
確かに、最後は体力、気力も限界だったかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2009/10/05 23:37

研究をするというのは、
それなりの年数や月日が必要です。
更に、
自ら実行したいなどと思う様になるには。
今回はその期間で、
練りに練って出来たシナリオではないでしょうか。
ただ、働き盛りにはその時間はありませんよ。
マーダーライセンスケースブックのコンプリート。
儀式や生け贄等の関連本等。
本棚に手放した物を含めビッシリと部屋に揃って
いればどんな趣味なのと思われる事でしょう。
店舗に少数ずつ置いたり、倉庫に山積みしての保管が
一番自然ですかね。 
読みながら店番とかが始めに頭に浮かびました。
後は、拉致した現場からは1秒でも早く立ち去るはず。
剣を使う場所のまえに何処かに一旦駐車が必要では。
近くにもっと人の通らない
寂れた都合のいい場所などがあったという事なのでしょうか。


投稿: % | 2009/10/06 22:35

…案外、事のなりゆきを素直に受け止めてみるのも手かもしれません。
どうしても異常な性癖の男の快楽殺人というイメージから離れにくいですが。
現状、DNAは振り出しに戻り、警察(プロファイルもしているはずですが)が
犯人を男と決め付けてないのなら、
素直に女性の犯行の可能性を想定してみるのも手かも知れません。

この事件の犯人が女である要素を考えて見ます。

1.裸にしているのに性的なイタズラがない事。
(この場合、女児を裸にしたのは犯人が被害者を車にまねく際に
素手で被害者の服に触れたと言った経緯があったのかも。
また女児の衣服などを後で処分するのも自身に同年代の子供がいた方がやりやすいかも)
2.ナイフで数回刺している事。
(男の犯罪者の様に素手で絞殺するには非力だったため)
3.遺棄現場で斜面に放置した事。
(運ぶ事は出来たが埋めるまでの体力がない。また、遺棄現場が60kmと遠いのは
かついで運べる範囲が狭いので、せめて車で運べる範囲は遠くにしたかったから)
4.短時間でタイミングよく女児を車に乗せられた。
(犯人と被害女児との関係が、友達の母親なら女児も比較的安心して車に乗りそうですし。
普段から同じような時間帯に自分の子供を送り迎えしていれば犯行のタイミングも狙いやすかったと思います)

…事件は想定するより、本来はもっと単純だったのかも知れません。
犯行自体の計画性もそこまで完璧ではなかったけれど
間の悪い事に警察のDNA鑑定が誤って「男」と出たので当人が容疑の対象からはずれ、
その誤りが訂正されるまでの間に証拠も完全に無くなってしまったとか?

動機はよくわかりませんが。
秋田の児童殺害事件、滋賀の園児殺害事件、文京区幼女殺人事件など、
児童が友達の母親に殺害される事件の前例はいくつか存在しています。
最近でも大阪で女児が友達の母親にナイフで刺される事件がありました。
理解は出来ませんが、母親に自分の子供の友達を殺害する心理が生まれる可能性はあります。

この仮定の問題は、もし本当に犯人に同年代の児童がいる場合に
その児童や旦那に犯行を気づかれないか?
時間や場所の問題を、疑われない範囲でうまくやりくり出来るのか?って所です。
…正直、ここが微妙です。
もし母子家庭なら旦那に気づかれる心配は消えますが、
たとえば自分の子供に気づかれないよう被害女児を浴室などに猿ぐつわ等で閉じ込め
殺害し、血を抜き、(子供を寝かせた後の深夜に)遺棄しに行く…はたしてこれが可能かという問題です。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/05/16 11:01

可能性がないとは言えませんが、問題は動機ですよね。
動機を考えた場合は、この事件の場合は男が犯人の確率が高くなる。女性の場合は過去の事件のように特殊な動機ですが、警察が捜査しているかどうか?

投稿: # | 2010/05/16 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋谷短大生バラバラ事件その12 | トップページ | 仙台市青葉区女性殺害事件その3 »