« 千葉大女子大生殺害放火事件その7 | トップページ | 名古屋市中区金属バット殺人未遂事件 »

2009/10/31

愛知蟹江町男性殺害事件その20

久しぶりの続報です。

被害者宅の1階廊下奥のトイレの前で飲みかけのみそ汁が入ったわんが見つかり、付着した唾液などの遺留物からO型の血液型が検出されたという。
殺害された母親と次男(26)、首などを刺されけがを負った三男(25)、別居している長男や四男の血液型はいずれもA型で、O型の血液は容疑者のものである可能性が高いという。
唾液からは家族以外のDNA型も検出。

捜査本部は血液型とともに事件解決につながる証拠とみているが、容疑者の特定には至っていないという。 

以前に家族以外のDNAが検出されたと言う報道があった。
今回はその情報に関連した物だろうか・・・

とは言え、犯人についての情報が極端に少ない事件なんだよね。
凶器の入手経路も分かっていない、ずいぶん絞りこんでいるだろうけどね。

問題はこの報道の意味だよね。
風化防止かな?

|

« 千葉大女子大生殺害放火事件その7 | トップページ | 名古屋市中区金属バット殺人未遂事件 »

コメント

パーカーのフード用の紐で足を縛ったようですね。
縛らなくても運べるものを、なぜ縛ったのでしょう?
金を持ち去ってもいないし。馬鹿な犯人でしたね。

   千葉県松戸市松戸1649-1の部屋情報

部屋には消火器が設備されています。
犯人はこの消火器を見て放火を思いついたのでしょうか?

被害者は一階から階段を登り右周りで自室に向かいます。
ドアの右方向(線路方向)は行き止まりとなります。
204号室のドアは左開きです。

投稿: ○スカ書庫入り | 2009/11/02 06:16

ちょっとこの情報を見落としていました。率直な感想として、やはりO型の血液か・・想定していました。おそらく
唾液も残っているはずです。この事件は間違いなく世田谷一家の犯人がおこしたものです。あれ?血液型が違うじゃん。
そうお思いになられるでしょう。いやこの事件の目的が違います。決して、強盗、恨みではありません。犯人の性格が引き起こした事件であると確信しております。簡単に言えば
真実をかわすために、新たな事件を引き起こす犯人特有の
行動だと考えます。その理由はまた、後日・・・

投稿: nobuo | 2010/01/09 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉大女子大生殺害放火事件その7 | トップページ | 名古屋市中区金属バット殺人未遂事件 »