« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

愛知蟹江町男性殺害事件その20

久しぶりの続報です。

被害者宅の1階廊下奥のトイレの前で飲みかけのみそ汁が入ったわんが見つかり、付着した唾液などの遺留物からO型の血液型が検出されたという。
殺害された母親と次男(26)、首などを刺されけがを負った三男(25)、別居している長男や四男の血液型はいずれもA型で、O型の血液は容疑者のものである可能性が高いという。
唾液からは家族以外のDNA型も検出。

捜査本部は血液型とともに事件解決につながる証拠とみているが、容疑者の特定には至っていないという。 

以前に家族以外のDNAが検出されたと言う報道があった。
今回はその情報に関連した物だろうか・・・

とは言え、犯人についての情報が極端に少ない事件なんだよね。
凶器の入手経路も分かっていない、ずいぶん絞りこんでいるだろうけどね。

問題はこの報道の意味だよね。
風化防止かな?

| | コメント (2)

千葉大女子大生殺害放火事件その7

続報です。(みなさん、情報提供ありがとうございます)
1)男がATMから引き出した現金は2万円だった。

2)JR松戸駅周辺のATM(現金自動受払機)で繰り返し引き出しに失敗していた形跡のあることが分かった。松戸署捜査本部は男が被害者の暗証番号を知らなかった可能性が高いとみている。
JR松戸駅周辺にある計3カ所のATM。このうち実際に現金が引き出されていたのは、21日の日中に2万円が引き出された1回だけだった。この時も1度操作に失敗し、2度目に引き出していた。

男は火災があった前日の21日昼から夜にかけ、被害者のマンションから約1キロ離れたJR松戸駅と、駅近くのスーパーに設置されたATM(現金自動預け払い機)2か所のほか、もう1か所のATMでも現金を下ろそうとしていたことが分かった。

3)被害者の携帯電話からは21日午前、母親あてにメールが送信されているが、現金が引き出されたのはメールの送信後だった。

4)防犯カメラに映されていた男は帽子をかぶっていたが、あまり若い年齢には見えないという。野球帽をかぶった30歳以上とみられる中年男との報道あり。
中年男について「これまでのところ、被害者と交友のあった人たちの中には含まれていなかった」とする見方を示した。

5)防犯カメラの中年男は、野球帽をかぶり、色の濃いジャケットのような上着を着ていた。

さて、こんな所だね。
しかし、引き出された現金が2万円と言うと計画的な犯行にしては額が小さいね。
それでいて、財布の現金をどうして盗まなかったのかが疑問だな。
とりあえず、今回の情報で事件の見方を見直さなければならないね。

前回の記事の段階では引き出し失敗の報道が無かったので犯人は暗証番号を知っていたと考えたが、確かに知っていたのなら何度も失敗するのは不自然だね。
その意味で犯人は暗唱番号を知らなかったか、知っていたがどのカードの暗唱か分からなかったのかもしれない

さりげない報道だけど、使われたカードが1枚とは報道されてないないからね。
口座だって一つとは限らないから、複数の口座とカードを使い分けていたとしても不思議じゃないだろう。

ATMの引き出し行動については
場所は3カ所
JR松戸駅
駅近くのスーパーに設置されたATM
もう1か所のATM

時間は「21日昼から夜

このうち実際に現金が引き出されていたのは、21日の日中に2万円が引き出された1回だけだった

時系列がおかしいよね?
引き出しに成功したのが日中ならその後の夜にどうして再度チャレンジしたの?
少なくとも日中のカードの暗唱番号は分かったはずだよね。
残高照会して全額引き出す事もできたはず。
たしか2万円は預金残高のほぼ全額だったと言うニュース報道があったような記憶がある。(ちょっち曖昧だけどね)

さて、そうなると、この行動の経緯は
A)1カ所目で1枚目のカードの現金引き出しをはかるが失敗(多分2度チャレンジしただろう。3度失敗でカードが使えなくなるからね)
それとも、ここで2枚のカードを2度ずつ試したか?でも4度失敗すると不審に思う人間も出そうだけどね。

B)日中2カ所目で再度チャレンジし1枚のカードの暗唱入力に成功し現金を引き出すが、預金全額を引き出しても2万円で犯人としては予想外に少ない金額だった。

C)夜に3カ所目にチャレンジし暗唱入力に失敗する。

D)その後の22日20時頃に出火(多分犯人が放火した)

となると、犯人はカードを今も、もう1枚持っていると私は推測しています。

問題はこのATM関連の情報をどうして警察がリークしたのか?と言う事なんだよね。
このまま犯人を泳がせて残りのカードを使った所を押さえる事もできたはずなんだけど・・・この方法はあきらめたのかな?

多分、22日の火災以降事件が発覚後、犯人はカードをこれまで使わなかったんだろう。
もう犯人はカードを使わないと見てあきらめたのかな。

しかし、犯人もどうして22日、23日に使わなかったのか?
まだ、捜査は開始されてなかったんじゃないかな?

それから、犯人像だけど、こうなると顔見知りと言うのも怪しくなってくるね。
つまり、カードの暗唱番号を犯人が知らなかったとしたら?
部屋への侵入は顔見知りでなくても鍵が無くても、被害者が帰宅した瞬間を狙ったのかもしれない。

となると、深夜、1人で帰宅する女性を狙った強盗や性的暴行犯と言う可能性もある。
この地域で同様の被害は無かったのかな?

| | コメント (16)

千葉大女子大生殺害放火事件その6

続報です。
1)捜査関係者によると、マンションの部屋からは、現金の入った被害者の財布が見つかっているが、キャッシュカードはなかった。

男が被害者の口座から現金を引き出したのは21日で、銀行のキャッシュカードを使って現金自動預け払い機(ATM)から引き出していた。

2)合い鍵を持つ人物は複数いたようだ。

さてと時系列情報を追加
20日 女性友人宅に宿泊する。23時頃就寝
21日 午前中に母親宛にメール送信される。
21日 男がATMで銀行カードを使い現金を引き出した。(時間は不明)
21日 午前10時30分開始の授業は欠席。
21日 被害者は翌昼には部屋にいなかった、その後、携帯電話で連絡がとれず。
21日 20時頃アルバイト先からの電話連絡が取れなかった。
22日 20時20分頃 被害者自宅を訪れた友人により火災を発見した。

こまったね、今回の報道で重要な情報が二つ抜けているな。
時間と・・・・場所なんだけど。

松戸市のATM地図をみると最寄りは2カ所で京葉銀行の松戸支店と矢切支店、時間は8:00から21:00、松戸支店のATMは指紋認証付きだな。

松戸市のコンビニ地図を見ると最寄りは山崎デイリー小山店と7の松戸小山店かな。
とりあえず、7にはATMがあるね。

なにしろ、場所が報道されていないので参考にしかならないけど・・・
少なくとも、ATMによって使える時間帯は限られるよね。

さてと・・・
被害者の部屋には紙幣の入った財布が残されていた。しかしカードは無かった。
今回の報道だと男がATMで現金を引き出したとされている。

つまり、この男はカードの暗証番号を知っていたと言う事なんだよね。
しかし、いくら親しくてもカードの暗証番号を教えられる相手なんて限られるよね。
ちなみに、私は家族にしか教えた事がない。

だけど、被害者を脅して暗証番号を聞き出した可能性はあるよね。
しかし・・・以前にもこんな事件は起きている。川口女性殺害事件では被害者を脅して暗唱番号を聞き出し、近所のATMで現金を引き出そうとしたが失敗して、部屋に戻っている。
部屋に戻ったのは被害者から正しい暗唱番号を聞き出す為だろう。

なので、現金の引き出しに成功するまでは被害者を殺害するのは犯人にとって得策ではないんだよね。
でも、そうだと、部屋に被害者を残す事になり、単独犯なら被害者を拘束する必要がある。複数犯で見張り役がいればこの点は問題にならないけどね。

あるいは、暗証番号を他の方法で知ったのかもしれない。
他の暗証番号から推測したとかね。しかし、この場合でも被害者と相当親しくなければ他の暗証番号も知る事ができないだろうね。

・・・動機はお金なの?
お金に困っていたのなら、財布の現金も盗むだろう。事件によっては小銭まで盗んだケースもある。
財布にある現金よりも口座から引き出せる金額の方が大きいから、敢えて財布の現金は残し、金目当ての動機を隠そうとしたと言う可能性もあるけど・・・

その方向で考えると
犯人がカードから現金を引き出した場合は被害者が犯人を容易に特定できる場合か、または警察に被害届が出されると簡単に逮捕されてしまう為。口封じの為に被害者を殺害した。

遺体が発見され殺人事件となると、金の流れも捜査される。この為、金を引き出した人物も捜査される事になる。特に被害者の死亡時刻前後に引き出した人物は事件との関連を疑われてもしかたが無いよね。

そこで、遺体はできれば事故死に偽装したいところ。
事故死なら金の流れが捜査される事もない。
そこで、火災による死亡を偽装した。
念入りに現金の引き出しは出火の前日にしている。死亡後に引き出したのなら事件性を疑われるけど、死亡前なら本人が引き出したと考えるだろうね。

更に窓を開けたのは外部の侵入者を偽装する為、密室なら鍵を持っている人物に容疑が絞られるからね。(偽装は不十分だったけどね)

もし、そうならこの事件は計画的な犯行なのかな?
全ては偽装?それとも偶然?・・・しかし、偶然にしては出来すぎだよね。
被害者が高額な報酬が期待できるアルバイトをしていた事を知っている事は犯行の前提条件だよね。貧乏学生では金は期待できない。

カードの暗証番号は脅して聞き出す事も可能なので事前に知る必要はない。
(しかし今の所、顔に殴られた跡があったとは報道されていないし、被害者が抵抗していない事を考えると熟睡した所を殺害されたとすれば、暗証番号は事前に知っていたんだろうね)

顔見知りなら被害者にドアを開けさせる事が可能なので合い鍵も必要はない。
ただし、被害者が不在の場合や就寝中に侵入したのなら合い鍵と解錠番号は入手必要。

計画的なら部屋や建物への出入りを目撃される事を嫌い、犯行は深夜や早朝に行うだろう。だとしたら、使ったATMはコンビニの物になるかな。

放火した理由は単純に部屋に残った証拠を隠滅したいと言うだけかもしれないけどね。

胸や首に複数の刺し傷・・・怨恨も疑われるけど、この点については私は少し懐疑的です。顔に傷があったと報道されていないんです。
多分、犯人は被害者が仰向けに寝ている所を刺したはずなので、殺害目的の一撃目は急所を狙うでしょうが、数度刺して死亡を確信したなら顔も刺すんじゃないかな?
このあたり感情に愛憎入り乱れたりするとなんとも言えなくなるけどね。

ここまでの情報で容疑者は相当絞り込まれているだろう。

犯人逮捕に期待しましょう。

| | コメント (10)

2009/10/29

千葉大女子大生殺害放火事件その5

続報です。
1)遺体には首を絞められた時にできる溢血の跡が無かった。

2)被害者の携帯電話の通信記録を調べたところ、21日午前、母へメールが送られたのを最後に発信が途絶えていた。トラブルや悩み事などを相談するような内容ではなかったという。

3)被害者のアルバイト先も21日午後8時頃、携帯電話で連絡を取ろうとしたが応答がなかった。

こんな所かな。時系列情報を追加
20日 女性友人宅に宿泊する。23時頃就寝
21日 午前中に母親宛にメール送信される。
21日 午前10時30分開始の授業は欠席。
21日 被害者は翌昼には部屋にいなかった、その後、携帯電話で連絡がとれず。
21日 20時頃アルバイト先からの電話連絡が取れなかった。
22日 20時20分頃 被害者自宅を訪れた友人により火災を発見した。

母親宛のメールが21日午前中だが時間が分からない。
だけど、10時30開始の授業を欠席しているので、それ以前に犯人と接触しトラブルになっていたと考えて良いだろうね。

色々書きたい事はあるけどね。
例えば、捜査は手詰まりなのか?とかね。
だけど、まだそのあたりは自重しておきましょう。

とりあえず、今回は犯人がどうやって部屋へ侵入したのか?について考えてみよう。
これまでの報道でベランダから人が出入りした形跡は無いと報道されている。

そんなわけで、今回は犯人はドアから部屋へ入った可能性を考えてみる。

ドアには鍵が2個、それにプッシュ式のオートロック、ドアチェーンがあった。

で例によって場合分けする。
A)犯人がドアを開ける方法を持っていた場合。
 つまり、犯人は鍵を持ち、オートロックの解錠番号を知っていた場合だね。
 この場合、更に場合分けできる。
A-1)犯人が先に部屋に入り、待ち伏せした場合。
A-2)犯人が被害者と同時または被害者の在宅中に部屋に入った場合。
 これらの場合は、やはり顔見知りと言う事になるだろうな。過去の事件世田谷女性殺害事件では被害者が居酒屋でアルバイト中に被害者のロッカーから部屋の鍵を盗みだして合い鍵を作った例があるけど、オートロックの解錠番号まではなかなか入手できないと思うね。

B)犯人がドアを開ける方法を持っていない場合。
 この場合は犯人は被害者にドアを開けてもうらしかないね。
B-1)宅急便等を装いドアを開けさせる。
B-2)被害者が帰宅時にドアを開けた時を狙い玄関に侵入。
 この二つの場合は玄関で被害者を襲う事になり、玄関付近に争った跡が残りそうだね。
 これらの場合は犯人は顔見知りでは無いと言う事になるかな。
(でも、顔見知りだけど既に人間関係が険悪な状態の相手の場合もありえるね)
 今の所、玄関付近に争った跡があったとの報道は無い。

B-3)被害者宅を訪問し友好的に招き入れられた場合。
 この場合は犯人は顔見知りと言う事になるね。

それから、周辺から血の足跡も発見されていないようだ。もし、土足で押し入り犯行に及んだのであれば、血の足跡がドアから伸びているはずだよね。

さらに、被害者は全裸だったけど、手足は拘束されていなかったし、猿ぐつわも目隠しもされていなかった。これは被害者は悲鳴を上げたり逃げ出したりしないと犯人が考えていたからじゃないかな?顔見知りなら目隠しをする意味もない。

このあたりを考えると、犯人は顔見知りだと思うな。

さらに、このあたりを補強する証拠はないか?と考えると、証拠は現場に残っているんじゃないかな?

例えば、友人なり交際相手が部屋へ訪ねて来たら?あなたならどうする?
そりゃ、お茶ぐらい出すでしょ?コーヒーカップやコップとか残っているんじゃない?
1人で二つのカップやコップは使わないだろう?
それから、冷蔵庫の中は燃えてないでしょ?指紋が残っているかもしれないね。

それ以外にも現場には証拠が沢山残っていたと思うな。

続報を待ちましょう。

| | コメント (15)

2009/10/28

精神科の診察室

事件を調べていくと、異常な事件にぶつかり、更に追うとメンタルの世界も調べる事になると言う流れで、メンタル関係の本も目についた物は読むようにしています。

精神科の診察室 (中公文庫)

事件の話もそうですが、知りたいのは実際の事例なんですよね。
こちらの本にも実際の症例と言うか事例が多数紹介されています。
この本は事件ではなくて心のトラブルと言った内容です。

| | コメント (0)

世田谷一家殺人事件-侵入者たちの告白

世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白

このASKAの事件簿を書き始めるきっかけとなっている世田谷事件についてかかれています。
警視庁捜査一課が内容に誤りがあると記者発表したいわくつきの本です。

私としてはそういう意見もあると言う程度で受け止めています。

| | コメント (8)

千葉大女子大生殺害放火事件その4

続報です。
1)玄関ドアの2カ所を施錠する鍵がなくなっていることが27日分かった。また、これまでの調べで、ベランダから人が出入りした形跡も見つかっていないという。
部屋のドアには四つの鍵が備わっている。遺体発見時、プッシュボタン式のオートロック機能は解除され、ドア内側のチェーンも外れていた。しかし、その他に2カ所ある鍵で閉める通常の錠前は両方とも閉まっていたという。これらを開け閉めする鍵は室内から見つかっていない

2)県警松戸署捜査本部は26日、司法解剖の結果、死因は片刃の刃物で胸を刺されたことによる出血性ショックと発表した。傷は幅4センチ、深さ約11センチで大動脈に達していた。
被害者の部屋から見つかった刃物は先端が丸いペティナイフ1本だけで、遺体の傷とは合致しないという。

3)死亡推定時刻は19日朝から22日の火災鎮火後、遺体が発見されるまでとしている

4)遺体には首にも刃物による傷があったが、致命傷となるような深い傷はなかった。

5)被害者が週2回アルバイトをしていた東京都内の飲食店の店長(29)らによると、21日に初めて無断欠勤したため、スタッフが何度も携帯電話に連絡したが電波が届かない状態だったという。

さて、こんな所かな。
しかし、3)の死亡推定時刻はちょっとアバウト過ぎない?

さて、今回は犯行時刻、犯人が被害者に接触したのは何時か?について考えてみよう。
これまでに報道されている情報がだいぶ絞れそうな気がする。

時系列情報のおさらいだけど
20日   女性友人宅に宿泊する。23時頃就寝
21日朝 被害者は翌朝には部屋にいなかった、その後、携帯電話で連絡がとれず。
21日 被害者はこの日の授業に出席するはずだったが欠席。
22日20時20分頃 被害者自宅を訪れた友人により火災を発見した。

被害者の通う大学は千葉大園芸学部
被害者の住所は千葉大園芸学部の近くですね。松戸駅まで徒歩4分182mかな。
最寄り駅はJR松戸駅、京成松戸駅
20日に外泊した友人宅は千葉市内との事、移動手段が電車ならば

始発時刻は常磐線松戸駅時刻表をみると
我孫子方面下り4:27 綾瀬方面上り4:28
取手方面下り5:30 上野方面上り6:06
快速取手方面6:26 快速上野方面上り4:35

最終時刻は
我孫子方面下り24:55 綾瀬方面上り24:17
取手方面下り24:02 上野方面上り23:22
快速取手方面24:54 快速上野方面上り24:29

京成の始発は
我孫子取手方面5:08 代々木上原4:28
最終は
我孫子取手方面24:55 代々木上原24:17

バスの時刻はと思ったが、被害者の自宅周辺にバス停は無いようだね。

友人宅の千葉市方面からの交通経路だと
松戸の最終になりそうなのが千葉_松戸間10月20日最終電車路線
千葉23:50発 JR総武線快速
松戸1:10着 JR常磐線快速 

今ひとつ、最終の時刻表と時刻が合わないのが不思議だけど・・・

とりあえず、松戸の最終に間に合うには0時前に千葉駅を出ないといけない。
これはちょっとなさそうな気がする。23時頃就寝してのであれば寝て一時間程で部屋を抜け出せば友人が気づきそうな気がするよね。

逆に松戸の始発に会わせると千葉_松戸間10月21日始発電車路線
千葉4:31分発 中央総武線各駅
松戸5:33分着 常磐線各駅

と言う事になる。(でも、朝4時に起きるってどうやったのかな?目覚ましだと友人も目を覚ましてしまうかもしれないね)

さて、前置きが長くなったね。
被害者が自宅で殺害されたならば、自宅に到着後に襲われた事になる。
そして、被害者は21日の授業に出席する予定だったので、授業に出る前に襲われていると言う事でしょ?

問題は授業の時間が分からないのだけど、昼に友人が起きた時に居なかったと言う事は午前中に授業があったんじゃないかな?10時ぐらいだと仮定すると

最終なら
21日1時15分から10時ぐらいまでの間に犯人と接触したんではないだろうか?

始発なら
21日朝5時40分頃から10時ぐらいまでの間に犯人と接触したんではないだろうか?

次に施錠の件だけど、20日は外泊しているので、当然、被害者は自宅に施錠しているはずで鍵も持っているはずだよね。

つまり、犯人が鍵を持っていなければ、先回りして部屋で待ち伏せは難しいだろうな。
窓を破って侵入する事も可能だけど、その報道は今の所ない。

電車を使わずに誰かの車やタクシーで移動した可能性もありだけど、この場合は時間は自由になるけど、タクシーはちょっと高額で学生には難しそうな気がする。
誰かの車だとしたら、その誰かは今の所名乗り出ていないと言う事になるね。

さて、被害者が全裸らだった事を考えると、最終かな?
しかし、あえて全裸にして容疑者の性別をミスリードする手も有りだけどね。

犯人が被害者の持っているはずの鍵を持ち去った事は当然、意図していたはずだよね。
財布を盗まなかったのは強盗に偽装する事を断念しているわけで、しかし、金銭的に価値の無い鍵は持ち去っているからね。
素直に考えれば、現場に被害者の鍵が残っていると犯人には都合が悪いんだろうね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (9)

2009/10/26

死体は告発する-毒物殺人検証

死体は告発する―毒物殺人検証 (角川文庫)

和歌山砒素カレー事件で毒物での事件を調べてみようと思って読んだ本です。
主だった毒物について実際の事例を元に紹介されています。
初心者には法医学ノートより薄くて読みやすいと思います。

| | コメント (0)

犯罪の通路

犯罪の通路 (中公文庫)

終戦時に検事総長だった著者の捜査体験記です。
捜査関係者の感想や情報を交えた読み物と言う感じでしょうか。
実際の捜査に関わった人の書く内容にはそれなりに得る物が多いですね。

| | コメント (0)

千葉大女子大生殺害放火事件その3

続報です。
1)被害者の遺体には、刃物による傷が胸や首に複数あったが、左胸の3カ所の刺し傷は特に深く、心臓付近まで達していた。

2)被害者は友人に「21日は大学の授業がある。単位のこともあるので行かなければいけない」と話していたが、21日の授業は欠席していた。

3)被害者の部屋は、道路に面して出窓がある居間と、台所がある。捜査関係者によると、被害者は発見時、居間のマットレス上で頭から布団のような布をかぶせられ、あおむけに倒れていた。顔は識別できる状態で、頭は出窓のほうを向き、足はマットレスからはみ出ていたという。台所に比べ、居間が激しく燃えていた。

4)抵抗する際にできる防御創は腕などになかったという。

こんな所だね。まだ、司法解剖の結果は報道されていないのが残念だけど・・・
さて、ここまでの報道で報道されていない情報があるね。

それは「足跡」なんだけどさ。
ベランダから逃げたか、玄関から逃げたか分からないけど、裸足じゃ逃げないだろう。

被害者は胸や首を複数刺されている。そして心臓近くまで達する傷まである。
犯人は凶器を振り上げたはずだし、相当出血したはずだよね。
もし、犯人が土足で被害者を殺害したのなら、血を踏んでいると思うわけです。

事件発覚が22日夜だから丸3日も経って現場周辺の捜査が終わっていないはずが無いでしょ?
もし、犯人の足跡が発見されていれば発表されそうなもんだよね。
しかし、捜査の結果をいちいち発表する必要は無いので敢えて伏せている可能性もある。

千葉船橋市の10月の気象データを見ると、被害者の最後の目撃情報の20日、21日、22日、23日は降水量は0だ。
(船橋市と松戸市は約11kmぐらい離れているが参考になるだろう)

微妙なのが24日には雨が降っているので、遺体を発見した22日中に殺害の可能性を警察が疑っていれば、23日に周辺を捜査した可能性はあるよね。

とりあえず、ここで場合わけしましょう。
A)犯人が土足で殺害し逃亡した場合。
 土足ならやはり、服も着ていたと言う事になるだろうな。靴を履いて全裸なんて事は想像できない。
 だとしたら、当然、服も返り血が付着しているだろう。犯人は返り血を浴びた姿で現場から逃亡したの?そんな不審な人間ならすれ違いざまに気づく人間もいると思うけどね。
ま、中央大学教授刺殺事件では黒っぽい服を着た容疑者の返り血に気づいた人は居なかったようだけどね。でも足跡は残るだろう。

B)犯人は土足では無い状態で殺害し逃亡した場合。
 日本家屋では一般的に土足で生活する習慣は無い。だから訪問者も通常、靴を脱いで部屋に上がる。だから、殺害時に返り血を浴びても靴は履いていないから血を踏む事もない。
それならば、現場周辺に血の足跡を残す事もないだろう。

更にここでもう一つ場合分けしよう。
犯人は犯行時、服を着ていたのか?
あ)犯人は服を着ていた場合。
 服には大量の返り血が付着している。部屋は女性の部屋なので普通に考えれば女性物の衣類しかないだろう。犯人が女性なら被害者の服を着て逃亡と言う線も有りなんだけどね。
しかし、これも場合によっては川口女性殺害事件のように、女性の上着を着て男性が変装した場合もあるかもしれない。

い)犯人は服を着ていない場合。
 さて、被害者を殺害した犯人はその後どうしただろうか?全裸の犯人だが当然返り血を浴びているだろう。そのまま、服を着て逃亡するだろうか?
犯人にとっては一刻も早く逃亡したい所だが、凶器を持ち去る程度の落ち着きは持っていた。
特に、殺害が昼間ならやはり人の目は気になるだろうな。振り上げた凶器で顔面から頭部にかけて返り血を浴びているだろう。

私は現場で犯人はシャワーを浴びた可能性があると考えています。
これは服を着ていたあ)の場合も同じです。
出火は遺体のある居間だった可能性が高いようなので、バスルームはそれほど燃えていないのではないかな?だとしたら、排水溝に犯人の毛髪が残っている可能性は十分あるよね。問題はそこからDNAが出るかどうかが問題だけどね。

DNAは他の物からも検出できるかもしれないので、証拠としてはそちらの方が証拠として強力かもしれない。

続報を待ちましょう。

| | コメント (3)

2009/10/25

完全犯罪と闘う-ある検死官の記録

完全犯罪と闘う―ある検死官の記録 (中公文庫)

古い本ですが、検死官の仕事が理解できる本で、遺体の状況から事件の本質に迫る検死と仕事のノウハウが事件推理の参考になります。

| | コメント (0)

女の法廷

女の法廷 (中公文庫)

目についた事件物の本は読む事にしています。その中の1冊ですね。
著者の女性弁護士が女性にまつわる、いろんな事件が紹介しています。
男女問題、親子問題、老後など・・・

| | コメント (0)

千葉大女子大生殺害放火事件その2

続報です。
1)24日被害者の首にストッキングとみられるもので巻かれた跡があることがわかった。

2)被害者の遺体は黒こげの状態で、ストッキングが溶けたとみられる物質が首を巻くように付着していた。(付着していた物質の解析はこれから行うとの事)

3)被害者は煙を吸った形跡がない。

4)被害者はベッド代わりに使っていたマットレスの上にあおむけに倒れていた。

5)室内から携帯電話は発見された。

6)被害者は21日に行われた園芸学部のゼミナールの授業も欠席した。

7)被害者は独り暮らし。

8)2階にある被害者の部屋の玄関は施錠されていたが、ベランダの窓と出窓の2カ所が開いていた。被害者の部屋は角部屋で道路に面しており、隣家との境にある塀を足場にすれば、ベランダに侵入できる。捜査本部は何者かが、ベランダから室内に押し入った可能性もあるとみている。

9)衣服は身に着けておらず、上から布団が掛けられていた

10)室内に灯油などがまかれた形跡はなかった。

11)被害者は園芸科に在籍し、成績はトップクラス。陸上部の主将として活躍し、体育大会で応援団長を務めるなど、活発な生徒だったという。努力家で、都市緑化と温暖化防止について研究したいと千葉大に推薦で入学。今年6月には教育実習生として母校で2週間、教壇に立ち、草花や果樹など園芸科の授業を担当した。

実習で授業を受けた女子生徒(17)は「教室で騒ぐと『うるさい』と注意し、自分の意見をはっきりいうしっかりとした人だった」と語り、「ついこの間まで彼氏の話とかして笑っていたのに」と肩を落とした。

12)現場は松戸市松戸のマンション「ウィンベルデュエット松戸」の204号室

13)現場から現金数万円の入った財布が発見された。

さて、だいぶ情報が出てきたね。
遺体が煙りを吸った形跡が無い事から被害者が死亡後に放火されたと言う事になるよね。

そして、殺害方法が気になる所ですね。
A)首や胸には複数の傷があり、致命傷となったと見られる深い傷もある。
B)首に絞められたような跡(ストッキングで絞められたのかもしれない)

さて、順番は二通り考えられる。
A)->B)の順の場合
 刃物で刺したが、被害者が死亡しない為、首を絞めた。あるいは被害者が悲鳴を上げそうだったので、首を絞めた。
 だけど、ちょっと無理があるよね、それなら最後まで刃物でしょう。

B)->A)の順の場合
 首を絞めて意識不明の状態にした上で刃物で殺害、あるいは、首を絞めて悲鳴を出せない状態にして刃物で殺害。
 こちらの方が説得力を感じる。だとしたら、防御創の有無が気になる所だね。

ストッキングは部屋に有った物で被害者の物だろう。では凶器はどうなんだろうな?
これも被害者の部屋の物なら、現場に残しても問題ないよね?
だとすると、凶器は犯人が持ち込んだ物なのかな?

でも、それでは殺そうと凶器を持ち込んでいるのにそれを使わずに現場のストッキングで首を絞めた事になる・・・

それから、どうして、被害者は全裸だったんだろう?
普通に考えれば、二通りだよね。全裸の時に殺害したか?または、服を着ている所を殺害して、殺害後に服を脱がせたか?

わざわざ、遺体の衣服をはぎ取る必要も無いだろう。自宅に放置したままで身元を隠す意味もないだろうしね。

つまり、被害者は全裸の所を殺害されたと思うのだが・・・

それも、自分の寝床の上でね。

そして、遺体の上に布団が掛けられていた。なぜか?

もし、被害者が寝床意外の場所で殺害されたのなら、犯人が寝床まで遺体を運び、布団を掛けた事になるよね。
でも、そんな事をする意味があるだろうか?
被害者は社会生活をしているわけで、連絡がとれなくなればいずれ誰かが発見するだろう。

その時、布団を掛けたぐらいでは遺体を隠した事にはならないだろう。
なにしろ、現場はワンルームなので、隠す場所は無いだろうね。まだクローゼットの方がましなくらいだろう。
布団は遺体を隠す意図だったんじゃないと思うな。

遺体を隠せないと考えた犯人は遺体ではなく、事件を隠す事を考えた。
放火して火事で被害者が死亡したと偽装しようとしたのかな。

全て焼けてしまえば、事件にはならず、自分が疑われる事もない。
殺害の痕跡となる、ストッキングを首に巻いたままだったのは、燃えてしまうと考えたんだろうな・・・

でもそうすると、凶器はどうなんだろう?

まあ、容疑者が逮捕されれば更に詳しい事もわかるだろう。
続報を待ちましょう。

| | コメント (3)

うつから帰って参りました

うつから帰って参りました (文春文庫)

出張の移動中の車中で読もうと売店の本棚を見ていて偶然見つけた本です。
事件を考える上でメンタル系の知識も必要になり、うつ病、摂食障害、共依存などにも関心があってできるだけ読もうと思っています。

こちらの本はタイトルからわかる通り、うつ病から回復するまでの自伝的闘病記と言う事になりますね。
著者は一色伸幸さんで誰かと思えば、「私をスキーに連れて行って」など私も見たことのある映画やドラマのシナリオライターの方でした。
ご自身の闘病記を書いているわけですが、さすがにプロの文章は読みやすいです。

飛行機の中でも読み進める事ができました。

うつ病の患者周辺の方にはお勧めの一冊だと思います。

| | コメント (0)

脂肪と言う名の服を着て 完全版

脂肪と言う名の服を着て 完全版 (文春文庫 あ 57-1)

マンガです。こちらも出張の移動中に読んだ本です。
ジャンルはダイエットコミックと言うジャンルだそうです。(そんなジャンルがあるとは知りませんでした)

メインテーマは摂食障害になるのかな。それ以外にもメンタル面から見ると面白いキャラクターが脇を固めています、あまり期待していなかったのですが、結構面白いですね。

| | コメント (0)

千葉大女子大生殺害放火事件

10月22日夜、千葉県松戸市松戸で、5階建てマンションの2階の1室から出火し、焼け跡から女性の遺体が見つかる火災が発生している。

県警松戸署は23日、女性はこの部屋に住む千葉大園芸学部4年、女性(21)と発表した。

ところが遺体の首と胸に刃物によるものとみられる傷があったことが24日、県警捜査1課の調べで分かった。
県警は女性が何者かに殺害され、その後部屋を放火されたとみて同日、松戸署に捜査本部を設置した。26日にも司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

関係者によると、女性は火災2日前の20日夜、友人の女性宅に宿泊しした。
2人は同日午後11時ごろ就寝したが、翌朝、女性が目を覚ますと女性の姿が見えなくなっていたという。女性はその後、携帯メールや電話で連絡を取ろうとしたが、女性から応答はなかったという。

この為、友人女性は22日、自身の交際相手で女性とも親しい会社員男性と一緒に女性宅を訪れるた。
午後8時20分ごろ、先に着いた男性が部屋の窓から火が出ているのを発見したらしい。

捜査本部によると、女性が住むマンションの入口はオートロック式。出火当時、2階にある女性の部屋の玄関は施錠されていたが、ベランダの窓には鍵がかかっていなかった。

女性の首と胸には、刃物でつけられた刺し傷が数カ所あったが、凶器とみられる刃物は残されていなかった遺体の近くにはライターが落ちていたとの事。

とりあえず、時系列情報は
20日   女性友人宅に宿泊する。23時頃就寝
21日朝 被害者は翌朝には部屋にいなかった、その後、携帯電話で連絡がとれず。
22日20時20分頃 被害者自宅を訪れた友人により火災を発見した。

さて、問題は死亡推定時刻と火災のタイミングになるかな。
現在の情報だと、最後の生存確認は20日の夜と言う事になる。
となると、殺害のタイミングは20日23時から22日20時20分までの間になるけど、解剖の結果死亡推定時刻はもっと限定されるだろう。

で気になるのが出火のタイミングだね。
火をつけて燃え広がるまでに24時間もかかるとは思えない。
私の推測でしかないが、火をつけて燃え広がるまでの時間は30分も掛からないだろうと思う。

で死亡時刻と出火のタイミングが気になる所なんだよね。
それはつまり、21日の段階で既に被害者は携帯電話に応答していない事になる。もし21日中に殺害されていたのなら、どうして出火が22日の夜なのか?と言う事なんだよね。

ここで場合分けすると
1)死亡時刻と出火時刻が接近している場合
 21日中に被害者はトラブルに巻き込まれていたが監禁状態で生存していた。
出火の直前に殺害され放火される。この場合の疑問は現場に「凶器が残されていない」点だね。放火して殺害の痕跡を消そうとしているのだから、凶器も現場で発見されてもおかしくないと思うけどな。

2)死亡時刻と出火時刻が離れている場合
 21日中に被害者が殺害されていたとしたら、どうして出火が22日夜なのか?
犯人は遺体と一緒に現場に残っていた?何の為に?
それならば、21日中に現場で被害者を殺害して遺体を残したまま、逃亡するが、遺体が発見されれば犯人にとって都合が悪い事があって、22日の夜になって現場に戻り、放火して事件の隠蔽を狙ったと言う所かな。

あるいは、別の場所で殺害して遺体を部屋に運び、放火して事件の隠蔽を狙ったと言うのもありだと思う。

いずれにしても、21日の朝に家主の友人に声もかけず、メモや書置きも無しに部屋を出ているあたりは、犯人から呼び出しがあった可能性もあるよね。

携帯電話の通信記録や位置情報は警察が既に調べているだろう。

オートロックのマンションなので防犯カメラも設置されているかもしれないね。
映像を分析すれば被害者が帰宅した時刻を特定する事ができるかもしれないし、犯人の映像も残っているかもしれない。

私としては比較的早い時期に容疑者は絞り込まれると思うのだが・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2009/10/21

異常の心理学

タイトルに惹かれて読んでみました。
異常な事件について考えると、やはり異常って何?って事になるんですよね。

異常の心理学 (講談社現代新書 184)

目次を書くと
・魔女狩り
・悪霊を追求した人たち
・凶器の人間集団
・心の闇を操作する
・記憶を拒否する心
・知覚のおとし穴
・異常と正常のわかれ道
・異常心理は作られる
・人間の心をあぶり出す

結構古い本なので、学説とかについてはあまり期待しない方が良いでしょうね。

| | コメント (0)

毒物雑学辞典-ヘビ毒から発ガン物質まで

毒物を使った事件も時々ありますね。
砒素、タリウム、農薬、トリカブトなど・・・
それら毒物全般について軽く読んでみようと思ったのがこの本です。

毒物雑学事典―ヘビ毒から発ガン物質まで (ブルーバックス (B‐569))

| | コメント (0)

法医学ノート

法医学ノート (中公文庫 (R・32))

薬物系を中心に書かれています。少々専門的な本です、事件推理の参考になると思います。
若干文章は読みにくいかな。小説を読むような感じとはいかないですね。

| | コメント (0)

兵庫県伊丹市中2男子集団暴行死事件

10月4日、中2の男子生徒(14)が伊丹市内の古墳公園で、同じ学校に通う中学3年の男子生徒(15)ら4人=いずれも傷害容疑で逮捕=に、殴るけるの暴行を受け、病院に搬送されたが17日、入院先の病院で死亡する事件が起きている。

捜査関係者によると、暴行は最初、被害生徒と同じ学校の3年生徒による1対1のけんかから始まった。別の中学校の数人の男子生徒は列を作って見ていたという。

しかし、3年生が優勢となり、馬乗りになって殴るなど一方的な暴行が1時間近く続き、被害生徒がふらつくようになると、傍観していた生徒たちも周辺から暴行に加わり、けんかを続けるように要求した
被害生徒はその数十分後、ぐったりと倒れ込んだ。

ここで加害生徒たちは被害生徒の反応がなくなくなった事に気づき、放置して逃走。約400メートル離れた公衆電話から「ハヤシ」という偽名を使って119番したようだ。

こんな事件ですが・・・函館高校生リンチ殺害事件を思い出しました。
今回の事件でも傍観者がより暴行をエスカレートさせたように思えるね。
最初のタイマンで1時間近くも暴行したのも、「やり過ぎ」だと思うが、もしかするとこの時点で手当していれば助かったかもしれない。

被害者が「ふらふら」になってから暴行に参加した人間は、これなら「自分は殴られない」「反撃されない」と言った確信があったんだろうが絵に描いたような「卑怯者」ぶりです。

人1人が無くなったこの事件、「やり過ぎ」では済まされない。

学校や市教委などによると、被害生徒が今年9月ごろ、この生徒を名指しした上で「けんかしたらおれの方が強い」などと発言したのをきっかけに2人の関係が悪化したとの事。

しかし、タイマンとは言え1時間も暴行してたら、被害者の顔はアザだらけになっていただろうし、これは後で問題になると思わなかったのだろうか?
普通はそんな顔みたら被害者周辺が騒ぎだして、いずれ学校にも知られる。
そうなれば、真相の追求が始まると言うのは想像できそうなんだけどね。

時代が変わったと言う言葉で片付けたくはないけどね・・・・

| | コメント (0)

黒のトリビア

なんて言うか、犯罪雑学辞典と言った感じの本で、一見酒のつまみぐらいにしかならないかな?と思って読んでみたいのですが、意外に鑑識編は推理に役立つ知識が多いですね。

黒のトリビア (新潮文庫)

| | コメント (0)

高度マネー犯罪

事件の影に女と金と言うのが世の常と言うわけで、殺人事件の裏にはお金のトラブルが多いわけです。
そこで、マネー犯罪と言うかお金にからむ犯罪はどん物かと読んでみたのがこの本です。

高度マネー犯罪 (中公文庫)

古い本なので、最近の手口は書かれていません。現在となってはオーソドックスな手口と言う所でしょうね。

目次を書くと
・カード犯罪
・保険犯罪
・手形犯罪
・ローン犯罪
・銀行襲撃事件
・国際犯罪
・高度犯罪列島

| | コメント (0)

2009/10/20

猪苗代湖水上バイク3人死亡事故

10月19日、男性3名が猪苗代町の天神浜から水上バイクに乗り、猪苗代湖に出たが、夕方になっても戻らず、キャンプ場の管理人が警察に届け出る事件がおきている。

警察と消防が夜を徹して捜索を続け、20日午前7時過ぎ、天神浜の沖合などで相次いで水上バイクと3人の遺体が見つかった。警察は、詳しい死因と事故原因を調べている。

さて、この事故なんですが、少々気になります。
なぜか?と言うと別々に行動している3名が同時に事故に会う事があるだろうか?
交通事故ならば玉突き事故なども考えられるが、水上ならば道路と違って進路の自由度が広いでしょ?
先行したバイクに事故が起きても、後続のバイクは避けられると思うんだよね。

丸太などの漂流物に3台が衝突したとしても、3人が同時に死亡するだろうか?

あるいは、一人が溺れて、助けようとした二人目が更に溺れ、それを助けようとした三人目も一緒に溺れてしまった?
ライフジャケットを装着していれば、この可能性は低いと思うが・・・

3人の死因が気になりますね。

| | コメント (9)

2009/10/18

ネット心中

ネット心中 (生活人新書)


一時期「ネット心中」と言うような集団自殺が頻発していました。
その流れは現在も途絶えていません。

なぜ、彼らはネットで知り合い、そして死んでいくのか?
そのあたりを知りたいと思って読んだ本です。

いろいろな事例が紹介されています。

| | コメント (0)

パニックの心理

パニックの心理―群集の恐怖と狂気 (講談社現代新書 364)

最近も大阪難波の個室ビデオ店火災で10名が死亡、10人が病院に搬送される火災が起きていますよね。
都会のビルでおきる火災でなぜ、多くの人が逃げ送れて犠牲になっていますのか?
そのあたりを調べてみようと思って読んだ本です。

| | コメント (0)

死角-巨大事故の現場

死角―巨大事故の現場 (新潮文庫)

日航ジャンボジェット墜落事故をきっかけに、事故について調べてみようと思って読んだのがこの本です。
2重、3重の安全システム設計を取り入れたジャンボジェットが落ちた日航ジャンボ墜落事故を中心に事故についてかかれています。
それ以外の事故の事例もかかれていて、大変参考になりました。

| | コメント (0)

黒い報告書

実際の犯罪をモチーフにした短編小説集です。

黒い報告書 (新潮文庫)

なかなか、殺人事件のルポなど無いので、小説と言う形で事件の内容を紹介してもらえるのは助かりますね。
・・・大人向けの読み物だと思います。良い子のみんなは読んじゃダメだよ。
って書いても無駄だろけど。

| | コメント (0)

2009/10/17

家族パラドクス

児童虐待がなぜ起こるのか?と言う点を私なりに調べていく過程で読んだ本です。
家族パラドクス―アディクション・家族問題・症状に隠された真実 (シリーズCura)

児童虐待については触れられていませんが、実際の12のケースを紹介しています。
依存症、DV等、家庭内で起こるトラブルの参考になると思います。

| | コメント (0)

福井県おおい町ドラム缶殺人事件

10月16日死体損壊・遺棄容疑で逮捕された横浜市出身の無職、I田容之容疑者(31)が殺害を認める供述をしているとの事。

捜査本部は同日、同容疑で滋賀県東近江市の無職、南B容疑者(27)を逮捕した。逮捕者は5人目で、ほかに共犯者が数人いるとみて調べる。

また、犯行の発覚は主犯格とみられるI田容疑者が、福島県警に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された際、「(遺棄した2人が)夢に出てくる」と話し、関与を認める上申書を書いたことがきっかけだったことも捜査本部への取材で分かった。

N島容疑者と無職の米T容疑者(27)=大阪府泉佐野市長滝=ら3人は泉佐野市内で軽乗用車を盗んだとして、8月下旬から9月下旬にかけて窃盗容疑で逮捕された。

勾留期限が近づき、「最後に何か言うことはないか」と問いかける取調官。N島容疑者は遊び仲間だった被害者男性=当時(19)、大阪府和泉市鶴山台=の殺害を突然打ち明けた。

被害者が夢に出てきてよく眠れなかったという2人。ともにせきを切ったかのように犯行の一部始終を話し始めた。

4月26日、大阪府泉南市内の駐車場に被害者を呼び出し、集団で殴るけるなど激しく暴行。被害者が意識を失ったため、米T容疑者宅に運び込んだが、病院にも連れていかず、3日間放置して死亡させた。

このため、4月29日には遺体の処理方法を互いに相談。ドラム缶に入れて福井県の海に捨てることに決め、その日のうちに、N島容疑者がドラム缶を勤務先から調達。この日深夜、車2台に分乗して福井県おおい町へ向かった。

人目のつかない同町内の雑木林で、遺体のひざを折り曲げてドラム缶に押し込んだうえ、つっかえ棒数本を横に差し、ふたを針金で固定して遺体を封印。ドラム缶の側面には中の空気を逃すための穴を数カ所開け、重しの石や土嚢(どのう)も詰め込んだうえ、小浜湾に架かる「青戸の大橋」(全長743メートル)から、ドラム缶を海に投げ捨てた。

暴行した理由についてN島容疑者は「貸したバイクやゲーム機を返さないので、お仕置きのつもりで殴った」と供述したという。

遺体が見つかったため捜査本部は今月6日、死体遺棄容疑で、N島、米Tら3容疑者を逮捕。さらにいずれも17歳で、府立高校3年の少女2人と無職少女も逮捕した。

このうち、無職少女は「意識を失った被害者を病院に運ばなかったのは、警察にばれるのがいやだったから。殺人犯として捕まりたくなかったので遺体を捨てた」と容疑を認めた。

これに対し、女子生徒2人は「遺体を運んだ車では眠っていたのでよくわからない」と一部否認しているものの、捜査本部は2人は被害者が集団で暴行された際、現場で立ち会っていたとみている。

女子生徒2人が通う府立高校の校長によると、被害者が集団暴行された4月26日は健康診断が午前中にあり、2人とも出席。逮捕前日の今月5日は高校で体育祭があったが、2人は元気に走っていたという。

2010/09/01追記
傷害致死や死体遺棄などの罪に問われた同府泉佐野市、無職米T被告(28)ら3人の裁判員裁判で、大阪地裁堺支部は1日、米T被告に懲役14年(求刑懲役15年)を言い渡した。
また、同府泉南市、配管工N島被告(27)に懲役13年(同14年)、住所不定、無職E崎被告(25)には懲役12年(同13年)を言い渡した。

裁判長は「無抵抗の被害者を一方的に暴行したことは極めて悪質」と指摘し、「人間性のかけらも感じさせない」と非難したらしい。
判決によると、米T被告らは共謀の上、昨年4月26日、泉南市新家の駐車場で被害者を殴るけるなど暴行した上で、米T被告の自宅に放置。29日ごろに死亡させ、遺体をドラム缶に入れて小浜湾の海中へ投棄したとの事。 

| | コメント (0)

2009/10/16

広島女児殺害事件の謎!その22

10月16日上告審判決で、最高裁第2小法廷は1審の無期懲役を破棄した2審・広島高裁判決(08年12月)を改めて破棄し、審理を高裁に差し戻した

広島高裁は、1審・広島地裁の裁判手続きの違法性を指摘し、審理を差し戻す判決を言い渡していたがこれに対し小法廷は「地裁の訴訟手続きに違法はない」と判断した。
差し戻し後の高裁は、事実関係を巡る争いや量刑などについて判断することになるとの事。

2審判決が1審の審理で問題視したのは、検察官作成の被告の供述調書の取り扱いで
事件現場が被告宅の室内か屋外かが争われたため、検察側は1審の被告人質問で、調書に「(女児の毛髪が付着した)毛布を部屋から外に出していない」との記載があることを示した。

しかし、弁護側は任意性を争ったため、地裁は「任意性を立証してまで調べる必要はない」と証拠調べを却下し、現場も「被告のアパート及びその付近」とした。

これについて高裁は「現場の特定は判決に影響を与えるが調書を調べれば解明できる可能性があった。証拠調べを却下したのは不可解」と指摘していた。

小法廷は、1審の裁判手続きについて「検察官に調書の任意性を立証する機会を与えるなど、必要な措置をとる選択肢もあり得た」と2審判決に一定の理解を示した。

しかし、刑事裁判が検察、弁護側の主張を基に審理を進める「当事者主義」を前提としていることを指摘。
検察側が調書の証拠調べ請求の目的に「現場を立証するため」としていなかったことなどを踏まえ、「被告人質問の内容にまで着目して、調書の内容やその証明力を推測して、任意性を立証する機会を与えるなどの措置をとるべき義務はない」と判断し、「2審は訴訟指揮などの解釈適用を誤っている」と結論付けたとの事。

難しい事はよく分からないが、とにかく、もう一度やり直しと言う事ですね。
遺族の為にも結論は早めに出して欲しいですね。

2010/08/11追記
検察、弁護側双方は11日、上告しないと発表した。上告期限の12日午前0時で無期懲役を言い渡した広島高裁判決が確定する。初公判から裁判終結まで4年以上が経過した。

検察側は1審から死刑を求刑していたが、広島高検の次席検事は「判決内容を検討したが、適切な上告理由を見いだすことができなかった」と説明。遺族が上告を要請していた点については「無念な気持ちは伝わってきた。検察としても残念に思う」とした。

この事件をめぐっては、差し戻し前の広島高裁が平成20年、1審の訴訟手続きを審理不十分として地裁に差し戻し、弁護側が上告。最高裁は21年10月、2審判決を破棄、高裁に審理を差し戻していた。

| | コメント (0)

ニートの心理学

ここ数年、ニートと呼ばれる人達の起こす事件も増えているように感じていました。
そこで、軽い気持ちで読んだのがこの本です。

ニートの心理学〔文庫版〕 (小学館文庫)

内容としては
・ニートと引きこもりの心理分析
・アダルトチルドレンの心理分析

私としてはアダルトチルドレンと言う言葉の使い方に少々お違和感がありますが、豊富な実例の紹介は参考になりました。

| | コメント (0)

千葉県君津市列車事故偽装事件その2

続報です。

1)頭に殴られたような傷があり、男性は両肩の骨が折れていて、司法解剖の結果、脳挫傷と出血性ショックのため死亡したとみられている。

2)線路の上の陸橋からは血痕が見つかっており、警察は自殺と事件の両面で調べている。

3)現場近くにある男性が寝泊まりしていた住宅の居間に、血痕がふき取られた跡があったことがわかった。

警察は男性が室内で暴行を受けた可能性があるとみて、民家の中を検証するなどして調べている。

現場付近の航空写真と地図

ちょっと表示がずれているかもしれないが、久留里線が南のトンネルに入る直前の陸橋の下が遺体発見現場らしいね。

そしてその近くの家に血痕があったと言う事のようだ。

状況を整理すると、突発的な事件だったんだろうね。
計画的な犯行なら靴を忘れるとは思えないからね。

久留里線平日上り時刻表を見ると、上総亀山駅の上り線始発電車が遺体を発見したんだね。

この路線の最終電車は上総亀山着23:33のようだから、電車の運行情報からみると犯行時間は13日の夜23:33から発見された14日の朝5:10までの間と言う事になるね。

この間に被害者に何があったのか?周辺は民家も少ない、関係者は少ないと思うな。

続報を待ちましょう。

09/10/20追記
千葉県警は19日、死体遺棄の疑いで君津市大戸見旧名殿、無職、男性容疑者(51)を逮捕した。容疑者は「自分は関係ない」と容疑を否認している。
県警の調べによると、林さんは、鈴木容疑者が住む民家に同居していたとみられ、他にも数人の同居人がいたという。

被害者は頭部に殴られたような傷があり、司法解剖の結果、死因は脳挫傷と出血性ショックと判明。県警が捜査を進めていた。

| | コメント (0)

2009/10/15

累犯障害者 獄の中の不条理

東金事件の容疑者について考えてみようと思って読んでみました。

累犯障害者 獄の中の不条理 罪を犯さねば、生きられない

ここには私が想像すらしなかった現実が書かれています。

実際の事件についても触れられています。
ろうあ者暴力団やレッサーパンダ事件、宇都宮冤罪事件など、不可解な事件を考える参考になると思います。

千葉東金市女児殺害事件の謎!はこちら
宇都宮知的障害者冤罪事件はこちら

| | コメント (0)

千葉県君津市列車事故偽装事件

10月14日朝、千葉県君津市のJR久留里線で普通列車にひかれた男性の遺体に、事故以外でできたとみられる不審な外傷が見つかったことが15日、捜査関係者の話で分かった。千葉県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、捜査を開始したとの事。

県警によると、男性は住所不明、職業不詳、男性(62)。

10月14日午前5時10分ごろ、列車が君津市大戸見の上総亀山-上総松丘駅間を走行中、運転士が線路内に倒れている男性を発見した。

急ブレーキをかけたが間に合わず、男性をひいた。男性は発見時、Tシャツ姿で靴は履いていなかったとの事。

木更津の10/14の気象情報
木更津の10/13の気象情報

これらを見ると、事故発生前の気温は15度程度だろうね。
Tシャツではさすがに寒いと思うし、靴も履いていないと言うのは不自然だね。

もし、事件だとしたら
遺体の傷を隠す為に列車事故に偽装したと言う所かな。
・・・しかし、生前の傷か死後の傷かは判断できると思うのだが・・・
そのあたりが判断できないような状態だとしたら、死亡直後に遺体を線路に放置し、轢かせたたと言う事なんだろうね。
そうなると、殺害現場は遺体発見現場の近くと言う事になる。
現場に残された血の跡が気になるね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2009/10/14

ツレがうつになりまして。

川崎男児投げ落とし事件では容疑者がこの病気だったとの報道がありました。
どんな病気なのかを知りたいと思い、マンガなので軽く読めるだろうと思って読んだのがこの本です。

ツレがうつになりまして。(アマゾンのリンクです)

漫画家の著者とうつ病になってしまった旦那さんの実話です。それぞれの立場でその時の気持ちなどがかかれていて、非常にわかりやすいと思いました。

川崎男児転落事件の謎!はこちら

| | コメント (0)

香川3人不明事件その13

続報です。控訴審判決も死刑でした。
殺人や死体遺棄などの罪に問われた被害女性の義弟の無職、男性被告(63)の控訴審判決公判が10月14日、高松高裁で開かれた。
裁判長は求刑通り死刑とした1審高松地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。
弁護側は即日上告した。

弁護側は事件当時、被告は心神耗弱状態だったと主張していたが、裁判長は完全責任能力があったと認定。
そのうえで「強固な殺意に裏打ちされた執拗(しつよう)かつ残虐な犯行」として、極刑が相当と結論づけたとの事。

責任能力に問題がなければ、極刑は当確でしょうね。

参考リンク
香川3人不明事件その12

| | コメント (6)

2009/10/13

殺人全書

殺人全書(アマゾンのリンクです)

古い本ですが、殺人全書とうたうだけあり、さまざまな殺人事件を紹介しています。
全8章879ページは圧巻です。
正直なところ本を読んでいて気分が悪くなったのはこの本がはじめてでした。

| | コメント (2)

栃木小1殺害事件再考、その27

今回もこの事件の疑問について書いてみます。
今回は、「犯人は遺体を発見させたかったのか?」についてです。

事件発覚当初の報道で
・女児失踪翌日に全裸の遺体が発見された。
・遺体は斜面に放置されて隠されてはいなかった。
・遺体発見現場は狩り場で翌日が狩猟解禁日だった。
・遺体を発見した人物は狩猟の下見に来ていた。

これらの事から、犯人は遺体を発見させようとした、警察に対する挑戦的な行動と考えていました。
今も可能性の一つとして考えているのですが、この点にも疑問があります。

素朴な疑問なのは、「遺体を発見させるならば、もっと適した場所があったのではないか?」と言う点です。

確かにタイミング良く発見されているのですが、本当にあの場所で遺体は必ず発見されるのだろうか?
確かに、現場は狩り場のようだし、翌日は解禁日で実際に発見した人たちも狩猟の下見に現場に来ている。

だけどね、必ず現場に誰かが狩猟に来ると言う確信があったのかな?
例えば私自身について考えてみると、自分の住んでいる場所から一番近い狩り場が何処なのかすら知らないし、狩猟解禁日も知らない。

そのあたりの事を考えると、遺体が発見されたのは偶然ではないか?とも思えるでしょ?

それともう1点は相対的に比較してもっと、発見されやすい場所もあったはずだよね?
例えば学校とかね、かならず、職員や生徒が登校してくるでしょ?
女児失踪が12/01(木)で遺体発見が翌12/02(金)だからね。
これはあの、酒鬼薔薇事件を参考に考えたわけですが・・・

もちろん、遺体を遺棄する現場を目撃されないように人気の無い所で、更に必ず人が来る場所と言う条件から現場を選択したのであれば、犯人は狩猟の知識があったと言う事になると思います。
もちろん、その可能性は否定できないけどね。

ただね、遺体を発見させる事が警察に対する挑戦だったり、あるいは世間を騒がせる為だとしたら、どうして、犯行声明などが出ないのか?も疑問ですよね。
犯行声明とは違いますが、あの奈良女児殺害事件では容疑者(被告)は事件後に遺体の写真を携帯メールで遺族に送ったり、「妹も狙う!」と言ったメールを送ったりもしています。

この栃木の事件ではそういったアクションを犯人が起こしていない点も遺体を発見させようと言う意図が無かったのではないか?と考える理由の一つです。

しかし、犯人の意図は「捜査の攪乱」だったと言う可能性もありますね。
この場合はマスコミや遺族に対するアクションも必要無い。しかし、そうするとやはりホントに全て計算された犯行と言う見方になるけど・・・

私は今のところ、どちらだったのか?答えが出せないでいます。
例によって、疑問は疑問のまま全体を考えると言う方針です。

| | コメント (80)

2009/10/12

死者からの告発 法医学者の事件ファイル

事件推理の基礎知識として法医学者や検死官の書いたノンフィクションは読むようにしています。
この本はそれらの中の一つです。

死者からの告発―法医学者の事件ファイル(アマゾンへのリンクです)

実際の事件について30編書かれています。事件現場でのご苦労もかかれいて、法医学者を目指す人にはどんな仕事なのか?参考になると思います。

| | コメント (0)

栃木小1殺害事件再考、その26

事件からだいぶ時間が経過しましたが、今、私が感じている疑問を書いてみようと思います。

それは、この事件が快楽殺人なのか?と言う事です。

私も事件発生当初の
・被害者が小1女児
・全裸
・胸に複数の傷
・遺体に血液が殆どない

と言った報道内容から、快楽殺人の可能性は疑っていました。
今も可能性の一つとして考えています。

だけど、快楽殺人と考えた場合に一つだけ疑問があるんですよね。
2005/12/01の事件発生からあと2ヶ月足らずで4年が経過する。
その中で新たな疑問として「快楽殺人ならどうして、犯人は同様の事件を起こさないのだろうか?」と疑問が浮かんできました。

過去の快楽殺人事件を見てもわかるけど快楽殺人は殺人行為自体から快楽を得ているわけで、犯行を重ねる場合が多い。

その意味でここまで約4年間も犯行を起こさない事、つまり快楽を求める欲望を抑える事が犯人に可能なのかな?

と言う事なんですよね。

最近、私は疑問について無理に答えを出さなくても良いだろうと考えています。
疑問は疑問のまま全体を考えれば良いのかなと・・・・

| | コメント (2)

滋賀児童暴行事件

10月11日午後3時40分頃、近くに住む男性(22)が近くの児童公園脇の路上で、小学2年の男児2人(7歳と8歳)と、幼児園に通う女児(6)の顔をけるなどし、いずれも1週間のけがをさせる事件が起きている。

遊んでいた子ども3人をけるなどして、けがを負わせたとして、滋賀県警草津署は11日、同県栗東(りっとう)市の無職男性容疑者(22)を傷害容疑で緊急逮捕した。

住民が泣いている子どもたちに気づき、110番。駆けつけた署員が近くにいた容疑者を問いただしたところ、犯行を認めた。調べに対し、「何もうまくいかず、イライラしてやった」と供述しているという。

同じ時期に2件も似たような事件が起きましたね。
これより更に景気が悪くなると、こんな事件が頻発するようになるでしょう。
今年の年末年始はみなさん、注意した方が良いでしょうね。

| | コメント (0)

大阪府吹田市男児監禁事件

10月10日午前11時50分ごろ、茨木市松ケ本町のスーパー「マイカル茨木」1階男子トイレの個室に、小学5年の男児(10)を閉じこめ、監禁される事件が起きてる。

スーパーのトイレに男児を閉じこめたとして、大阪府警茨木署は12日、監禁の疑いで、同府吹田市新芦屋下、土木作業員、男性容疑者(51)を逮捕、大阪地検に送検したと発表した。
容疑者は「不景気で生活が苦しい自分と楽しそうに買い物をする子供の境遇を比べて腹が立ち、怖がらせてやろうと思った」と供述しているらしい。


茨木署によると、男児は友達と3人でスーパーの催し物会場を訪れていた。容疑者は3人のそばで「うるさい」と何度かつぶやいた後、男児だけに「ちょっとこい」と声をかけ、トイレに連れ込んだらしい。

男児がいなくなったのに気づいた友達が店内を探し、トイレの中から男児の声がするのを発見、買い物客らに助けを求めた。駆けつけた警備員が、男児と一緒にトイレにいた容疑者を取り押さえたらしい。

容疑者は調べに対し「この1カ月間思うような仕事がなく苦しかった」と供述しているようだ。
男児は「逆らうと怖そうなのでついて行った」と話しているという。

この事件は社会の末期症状なんだろうか?
たまたま、今回は誰も死傷者はでていないが・・・
あの、秋葉原通り魔事件を思い出しました。

誰でも苦しい時、その原因が例え自分にあったとしても、他の物に責任転嫁したくなる気持ちは分かりますし、精神的に凹んでいる時に他人が妬ましい気持ちも分かります。

だけど、間違ってますよね。
どうすればこの事件は防げたのか?あるいはこんな事件を起こさないようにできるのか?
考える時に来ていると思います。

| | コメント (0)

2009/10/10

狂気の偽装

最近起こる、動機が想像できない殺人事件では決まって「精神鑑定」の話が出てきます。
そのあたりを少しでも知ってみたいと思って読んだのがこの本です。

狂気の偽装(アマゾンのリンクです)
精神科医の臨床報告 その「心の病」は大ウソだ!

ちょっとタイトルに惹かれました。内容としては
PDSD、トラウマ、摂食障害、鬱病、アダルトチルドレンなど。

私が読んで良かったと思ったのは
ゲーム脳とかアダルトチルドレンとかフロイトなんかについて否定的な意見が書かれていた事。解説本を読むとどうしても肯定的な内容が書かれている事が多くそれに対する否定的な内容はあまり書かれていないので、いろんな見方をするには否定的な意見も知っておきたいですよね。

それと、殺人事件に発展した精神科医の話が紹介されていました。
ボーダー系とよばれる症状の患者とのトラブルのようです。
それ以外に数件の事件関連の話も書かれています。

アマゾンの書評など読むと、この本に対する否定的な意見も書かれています。
なので私としては「こんな見方もある」と言う程度で受け止めておこうと思っています。

| | コメント (0)

2009/10/06

栃木小1殺害事件再考、その25

行き詰まったこの事件、ちょっと視点を変えてみよう。
もし、この事件で遺体が発見されなかったらどんな展開になっていただろうか?

遺体の遺棄場所のコメントなどを見ていてふと思いつきました。
そこに、犯人の理想像があったのではないかな?
ま、妄想だけどね。

この事件では下校途中の女児が行方不明になり、その日の夕方には捜索願いが出されて捜索活動が行われている。
そして、翌日に遺体が発見され、一気に殺害事件となったわけなんですが、もし遺体が発見されなかったら?どうなっていただろう。

当然、遺体が発見されないので事件は女児の行方不明事件のままだっただろうね。
その場合の捜査態勢はと言うと、殺人事件よりもずっと規模の小さい物だったろう。
この事件は行方不明の当日の夜には捜査状況などがニュース報道されていたので、公開捜査になるのに時間は掛からなかっただろう。

だけど、それでも捜査範囲は栃木県内の旧今市市を中心とした範囲になっただろうね。

そう考えると、犯人が捜査範囲の外に住んでいたのであれば、ひとまず「安心な状態」になっていただろうね。

だけど、捜査範囲内に住んでいたとしても、遺体は手元には無いから、例え捜査されても決定的な証拠は無い・・・だけど、遺留品はまだ発見されていないんだよね。
もし、遺留品が手元に残っていればかなり心配な状態だと思うけどね。
そう、警察にマークされるような事態になれば、女児を拉致し遺体を運んだ車は心配な存在になる、目撃されているしね。

こんな感じかな?
犯人が遺体が発見されない事を狙ったのなら、やはり、捜査範囲外で安心したい所だろうね。
そこまで考えていたかどうか?は分からないけどね。

| | コメント (6)

2009/10/05

岡山県津山市乳児殺害事件

10月5日、生後1か月の長男の頭を殴って死亡させたとして、岡山県警は母親の無職女性容疑者(29)(岡山県津山市一色)を傷害致死の疑いで逮捕する事件が起きている。

発表によると、容疑者は今年8月21日(金)午後2時頃、自宅で長男の頭を平手で約2回殴るなどし、約2時間後に脳内出血で死亡させた疑いが持たれている。
「この日、乳を飲ませたが長男がぐずったため、たたいてしまった」と容疑を認めているらしい。

容疑者は相談した夫(29)の指示で119番し、長男は、搬送先の病院で死亡が確認された。病院側が同日、県警に「虐待の疑いがある」と通報。容疑者は「育児に疲れ、イライラした気持ちを、たたくことで発散していた」と供述しているらしい。
長男の双子の次男も同日、頭に大けがを負って重体となっており、県警は関連を調べるとの事。

別の報道では怪我をした双子の他にも小さい子供がいて、育児疲れが募ったようだ。
子育ては大変ですからね気持ちは分からなくもない。
家族構成が分からないけど、平日に一人で小さい子供3人を育てていたら大変だろうな。
乳児なら3時間毎にミルクをあげるわけで、それが二人だもんね。睡眠不足もあっただろうし、大変ですよね。

だけど、子供に罪は無いんだよね。
周囲の人間が容疑者の悩みや苦しみに気づいてあげられなかった事が残念でなりません。
無くなったお子さんの冥福を祈ります。

| | コメント (1)

派遣のリアル

派遣のリアル (宝島SUGOI文庫)(アマゾンへのリンクです)

この本は秋葉原の通り魔事件を考えるとき、派遣と言う仕事について調べてみようと思って読んでみました。
歴史的な事、法律的な事、否定的な事、肯定的な事など広く書かれています。

これを読めば秋葉原事件を理解できると言う物ではありませんが、派遣の基礎知識を得るには十分だと思います。

私としては、正社員、派遣社員に関わらず、同じ仕事をするのなら、同じ賃金が支払われるべきだと思いました。

| | コメント (0)

2009/10/04

北海道森町遺体遺棄事件

3日午後8時25分ごろ、北海道渡島管内森町砂原西4の公園「さわやかパーク」敷地内で、女性の遺体が埋められているのが発見される事件がおきている

北海道森町の水産加工会社に技能実習生として勤務する中国人女性(28)が1日から行方不明になり、道警は3日、女性が住む会社の寮から約3キロの同町尾白内町の草むらで女性のものとみられる自転車を発見、数百メートル離れた公園で女性の遺体を見つけた。

遺体は埋められていた。道警は、女性の可能性があるとみて死体遺棄事件として捜査している。

発表などでは、女性は1日午後6時頃、自宅の寮から同僚の中国人実習生の女性と自転車で外出。途中で「寄る所がある」と言って女性と別れたという。2日朝になっても姿が見えないことから勤務先の水産加工会社が届け出た。

女性は外出時、同公園のある砂原地区へ向かうと話していたため、3日は同社の日本人役員や中国人同僚ら数人が付近を捜索。午後5時25分ごろに公園内で土が盛り上がっている場所を見つけ不審に思い、通報したという。駆け付けた署員が遺体を確認し、約3時間後に収容した。遺体はあおむけに埋められていたという。外傷の有無などについて調べている。また、近くの海岸で女性の自転車が見つかった。

女性は08年8月、同社の研修生として来日。1年間の研修を終え、実習生として水産加工の技術などを学んでいたとの事。

さて、こんな事件なのですが・・・
遺体が行方不明の女性だと仮定して考えてみる。
女性は自ら遺体が発見された公園方面に向かっている事になる。
問題は何の為なのか?だね。

もし、公園付近でトラブルに巻き込まれたのだとしたら、女性が死亡後、遺体を公園に遺棄しその自転車を数百メートル離れた場所に運んだ事になるね。

現場付近の航空写真を見ると、住宅地と森がはっきり分かれている所のようですね。
問題の公園がどこなのか?わからないのですが、「土が盛り上がっている」と言うあたりからみても、慌てて隠したんだろうね。
もし、犯人が落ち着いていて、移動手段を持っていれば、もっと遠方やあるいは、もっと発見されにくい方法や場所に遺棄しただろうな。

続報を待ちましょう。

09/10/04追記
4日、道警捜査1課と森署の調べで、同町尾白内町、中国人技能実習生(28)と確認された。遺体を司法解剖した結果、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。道警は殺人、死体遺棄事件として捜査を始めた。

09/10/05追記
道警は殺人・死体遺棄事件とみて、女性と交際関係にあった同町内の別の水産加工会社で実習生として働く中国籍男性が何らかの事情を知っている可能性があるとみて、事情を聴いている。

地元の水産業関係者らによると、女性は最近、別の会社に勤める実習生で、交際相手の中国籍男性と口論する姿を目撃されていたという。

09/10/22追記
道警森署の捜査本部は21日、被害者と交際していた中国人技能実習生の男性容疑者(24)を死体遺棄容疑で逮捕した。

容疑は、1日午後7時ごろ、町内の「さわやかパーク」敷地内に被害者の遺体を埋めて遺棄した疑い。容疑を認めているという。

容疑者は被害者から数十万円の借金をしていたという。道警は遺体発見の直後から、容疑者から任意で事情を聴くとともに自宅を同容疑で家宅捜索していた。

| | コメント (3)

2009/10/03

千葉県千葉市母子心中事件

10月3日(土曜)午前11時40分ごろ、千葉市緑区鎌取町、会社員、男性(38)方から「娘が血を流して倒れている」と110番通報する事件がおきている。

県警千葉南署員が駆けつけると、2階寝室の布団の上で県立袖ケ浦特別支援学校小学部1年の長女(7)が倒れており、病院で死亡が確認された。

近くに凶器とみられるハサミが落ちていた。同時刻ごろ、自宅近くのマンション前で妻(36)が倒れているのが見つかり、間もなく死亡した。
同署は妻が女児の首をハサミで切り付けた後、飛び降り自殺を図ったとみて調べているようだ。

同署によると、会社員宅は3人家族で、同日朝、妻が2階から降りてきて「ごめんなさい。娘を殺しちゃった」と言い、寝室に行こうとする会社員を遮ったという。
会社員は妻を病院に連れて行くため車に乗せたが、途中で妻は車を降りて走り去った。女児には生まれつき知的障害があり、手足も不自由だったとの事。

お母さんは悩み苦しんだんだろう、凶器がハサミなので衝動的に刺してしまったんだろうね。

それで事件の流れを整理すると
1)朝、妻が2階から降りてきて「ごめんなさい。娘を殺しちゃった」と告白
2)寝室に行こうとする、夫をさえぎる。
3)妻を病院に連れて行くために車に乗せる。
4)途中で車を降りて走り去った。
5)自宅近くのマンションの前で妻が倒れており、まもなく死亡。
6)午前11時40分ごろ、娘の件を通報。

報道内容からするとこんな感じだと思うんだけどね・・・
娘の通報の順番が気になるけど・・・
朝からそんな話を聞いたら、そりゃ、慌ててしまうかもしれないな。

女児とお母さんの冥福を祈ります。

| | コメント (0)

奈良県奈良市鎌通り魔事件

10月2日、奈良市東九条町の路上で男性2人が男にカマで切りつけられる事件が起きている。

奈良県警は同日、近くに住む無職の男(22)を殺人未遂容疑で逮捕した。県警は男を精神が不安定な状態として釈放、県は男を措置入院させた

逮捕容疑は、同日午前10時半ごろ、JAならけん(奈良県農協)職員、男性(26)の頭を後ろからクワで殴り、止めようとした無職、男性(75)の胸などをカマで切りつけ、軽傷を負わせた疑い。

男は凶器を現場に残し、奇声を発しながら自転車で逃走。県警は聞き込み捜査で浮上した男が自宅にいるのを見つけ、午後1時40分に奈良署に任意同行を求めて調べていた。

県警によると、クワは刃の部分が18センチ、柄の長さが32センチ。カマは刃渡り約21センチ、柄は約1.3メートル。いずれも、無職男性(75)宅の向かいにある男の親せき宅から持ち出したらしい。
県警によると、男は大学受験に失敗して予備校に通っていたが、自宅に引きこもりがちになり、約2年前から精神的に不安定な状態になったようだ

同JA柏木支店によると、農協職員は集金のために無職男性(75)方を訪れていた。呼び鈴を鳴らした直後に切りつけられ、男とは面識はなかったらしい。

現場はJR奈良駅の南約2.5キロの住宅街との事。

さて、誰でも病気になるので病気になる事は仕方がないと思うのだが・・・
問題は事件を起こす程悪化している状態なのに治療を受けさせていない点にあると思う。
一人暮らしだったのならばこれも難しいと思うがこの容疑者は一人暮らしだったわけではないだろう?
世間体などあるだろうが、本人の幸せの為にも治療を受けさせるべきだと思います。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »