« 岡山県津山市乳児殺害事件 | トップページ | 狂気の偽装 »

2009/10/06

栃木小1殺害事件再考、その25

行き詰まったこの事件、ちょっと視点を変えてみよう。
もし、この事件で遺体が発見されなかったらどんな展開になっていただろうか?

遺体の遺棄場所のコメントなどを見ていてふと思いつきました。
そこに、犯人の理想像があったのではないかな?
ま、妄想だけどね。

この事件では下校途中の女児が行方不明になり、その日の夕方には捜索願いが出されて捜索活動が行われている。
そして、翌日に遺体が発見され、一気に殺害事件となったわけなんですが、もし遺体が発見されなかったら?どうなっていただろう。

当然、遺体が発見されないので事件は女児の行方不明事件のままだっただろうね。
その場合の捜査態勢はと言うと、殺人事件よりもずっと規模の小さい物だったろう。
この事件は行方不明の当日の夜には捜査状況などがニュース報道されていたので、公開捜査になるのに時間は掛からなかっただろう。

だけど、それでも捜査範囲は栃木県内の旧今市市を中心とした範囲になっただろうね。

そう考えると、犯人が捜査範囲の外に住んでいたのであれば、ひとまず「安心な状態」になっていただろうね。

だけど、捜査範囲内に住んでいたとしても、遺体は手元には無いから、例え捜査されても決定的な証拠は無い・・・だけど、遺留品はまだ発見されていないんだよね。
もし、遺留品が手元に残っていればかなり心配な状態だと思うけどね。
そう、警察にマークされるような事態になれば、女児を拉致し遺体を運んだ車は心配な存在になる、目撃されているしね。

こんな感じかな?
犯人が遺体が発見されない事を狙ったのなら、やはり、捜査範囲外で安心したい所だろうね。
そこまで考えていたかどうか?は分からないけどね。

|

« 岡山県津山市乳児殺害事件 | トップページ | 狂気の偽装 »

コメント

近年、身代金目的の誘拐や
性的対象としての誘拐等がありますが、
儀式を感じさせる事件では、
未成年の犯罪とカルト教団以外はありません。

今回、
性的目的に遺体に執着したり、
誘拐現場付近に安直に放置した訳でもありません。

あきらかに過去の事件とは異質です。

性的な目的でもなく、
金銭目的でもない。
集団のカルトならこんなに早く遺体を手放す事ない
と通常思えます。

犯人の目的は?

犯人は遺体から短時間で血を抜き取る作業をしています。
相当の知識と準備、そして研究、学習の時間が必要なのでは。

なので性的対象やカルト、
日々生活に追われた生活をしている社会人も
対象からは、はずれる様に思えます。

自分の時間と資産に余裕がなければ、
出来えない事件なのではないでしょうか。
サラリーマンではまず無理な事件だとも思えます。
2大理由以外の発想も生まれえないと言えます。

たとえ上手く犯人が逃げても、確立を屈指して事を判断すれば、
捜査対象の地域や人物像はかなり絞れる様に思います。
対象人物の特殊さが逆にアダとなり、足がつく展開になる事を期待します。


投稿: % | 2009/10/08 01:50

夜速報を聞いたときは,森の中の穴に落ちたか交通事故を隠すために拉致された・・とか思っていました。
茨城に遺棄したのは茨城に住んでないからでしょうね。
ご遺体は大き目のクーラーボックスに入れたのかな、と。
茨城方面に夜釣りに行く人も多いし。

投稿: 宇都宮市民 | 2009/10/08 15:08

確立→確率でした。^^

投稿: % | 2009/10/08 18:28

%さんのコメントを読んでると、勤め人には無理だろうなと頷けます。血を抜く仕業は井の頭公園の事件と共通。まさか同じ犯人?
それはさておき、やはりこの事件は、数ある殺人事件の中でもかなり特異です。どなたか指摘されてますが、過去の特異な事件を振り替えると、犯人は勤め人ではなく未熟な大人や未成年者が多い。大久保清 宮崎勤 てるはくのる や 神戸の少年などなど。
今回の事件も確率で絞り込めないものでしょうか?

投稿: 明智 | 2009/10/08 23:14

遺体を置いた場所も、犯人が一人なら、
もし人が来た時に車を簡単に見られてしまいます。
ここも1秒でも早く立ち去りたい場所な訳で
ただ遺体を放置しただけなのも納得が出来ます。
だけど
そんな場所を好んで選びますかね?
これは犯人が市街に住み、それでも一番安全である
場所を選んだ結果なのだと思えています。
短時間の間で血を抜いて、遺体を即手放したり、
2点を結ぶルートの安全な選定も、地元の熟知が必要で、
他県から行き来するのには時間的にも無理があるかと思います。
2点の中間地点は宇都宮駅付近です。
そこから2点に向かい総動員で
(DNA鑑定が可能でしたら)
捜査線に浮ばなくとも綿棒使用の唾液捜査協力を
かければ犯人を追い込める可能性があるのでは。
後は、ここでは書きませんが
犯人には捨てられない物が必ずあります。
風呂場の血液反応も残っている可能性は高いと
言えます。
自分が地元ならこの事件に対し、綿棒の協力など惜しみません。

今回、自分でも予想外の連投をしてしまっています。
以降、自粛を致しますので、不快になられた方がおられましたら
お許し下さいませ。

投稿: % | 2009/10/09 00:55

山道に慣れた職業の人は、その手の場所へ通じる道は勘でわかると言う。土地勘がある人間に絞っていいのだろうか…

投稿: | 2009/10/11 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡山県津山市乳児殺害事件 | トップページ | 狂気の偽装 »