« 千葉大女子大生殺害放火事件その13 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その14 »

2009/11/14

ASKAの事件簿って何?

みなさん、こんばんは
辛口ご免テーターさん、#さん、こんばんは

ASKAの事件簿を初めて読んだ方の中には、このASKAの事件簿ってどんな所か?と疑問をお持ちの方も居られると思います。

その疑問について、「ナガイ」さんと言う、このブログの古い常連さんの中のお一人の表現を紹介しましょう。
***ここから***
事件簿という名のブログ。
まあ、ASKAさんが縁台でしんぶん記事切り抜いて貼り付けて余白に鉛筆なめなめ感想をお書き込みになっている。

それをお通りのおあにいさんおあねえさんがたが覗き込んで、ああでなしこおでなし・・・の、ネット時代の浮世草紙。ウオームアイで見るか。バーズアイでみるか。
そこのところはいろいろでございましょうが、庶民時代に庶民の庶民らしい関心の持ち方というものがあってもよございませんかねえ。

***ここまで***

言い得て妙というか、妙に納得した例えですね。

ネットと言うのは不思議なところだけど、実社会と同じ部分もありますよね。
違うのはそれが匿名であるところかな。

縁台に座るASKAに誰でも声を掛けられる。それは裁判官かもしれないし、弁護士かもしれない。サラリーマンや学生もいるでしょう。女性もいれば男性もいる、日本人だけでなく外国人もいる。

その人達は自分の人生の経験や知識を下に、同じ事件の話題で気軽に話し合う事ができます。

そう、ASKAの事件簿にくれば、事件に興味のある人同士が気軽に話しができるんですよね。その点がASKAの事件簿と言うブログの魅力の一つだと思います。

私自身もその点は大事にしていきたいと思っています。
なぜなら、私一人では発想できないようなアイディアを教えてもらえるからです。
その中には、実は近所の住人の方とか、親切に現場の様子をレポートしてくれる方なども居られます。

自称、時々インターネット探偵の私は現場はテレビの画面越しか週刊誌、新聞の紙面で見る事しかできません。そんな私にとっては貴重な情報です。

ネットの世界も現実の世界と同じです、話相手の事はお互いに尊重しましょう。
ネットの世界でも「おもいやり」や「気遣い」は大事だと思います。

そのあたりの事をふまえてコメントをお願いします。

最後にネットの世界は不思議なところなんだけど、長くいると、いつの間にか、自分に居心地の良いところへ落ち着いてくるんだよね。

あちこちのサイトや掲示板に参加してみても、居心地の悪いところには足が遠のきます。
逆に居心地の良いところは、無意識に足が向いてしまう。行くも行かないも自分の自由ですからね。

私はたまたま、このASKAの事件簿を作る側にいますが、そうでなければ、みなさんと同じように、読者の側で別のブログや掲示板に参加していたでしょう。

|

« 千葉大女子大生殺害放火事件その13 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その14 »

コメント

ナガイさん、例えの名人。
比喩の名人。

ダジャレは判りやすいけど、
コメントは解る方だけ判るようなトンチでありました。

粋でしたねぇ。

このプログを覗くたびにコメントが無いか、
気にしたりしています。

もどってこないんかなぁ。

とても長くってどのくらい長く?

名前が「ナガイさん」だもんなぁ。
※すみません。

投稿: ケロ | 2009/11/14 12:56

初めてコメントさせていただきます。二、三年前に世田谷事件のことでたどり着いて以来、時々覗かせてもらっています。あまり発言する方じゃないですが、ちょっとだけ。
「情報の少ない一般市民では事件を完全に推理できない」って、そんなことはわざわざ言われなくても分かってんですよ、大体の人は。でも知りたい、考えたいんですよね。
私はこういうサイト、嫌いじゃないですよ。皆さんちゃんと報道機関の記事をちゃんと読み込んだ上で一生懸命考えた上で丁寧に書いていらっしゃるのが伝わってくるし、被害者を不必要に貶めるようなこともしてないですし、それが保たれていればOKと思います。
(「*ちゃ*ね*」の事件関連スレはその点、遊びとしても存在価値ゼロですね。ろくに新聞記事も読んでないし、すぐ「被害者に落ち度があったから当然」という流れになる。遊びだって真面目にやらなきゃ面白くないんですけどね)
「辛口…」さんって多分、飲み会などの席で誰かが軽く口にした「幽霊を見た」「死後の世界はある」というような話に真正面から反論して再反論をねじ伏せようとして、他の皆がすっかり白けてるのに顔を真っ赤にして延々と話し続けるような、そんな人なんじゃないですか。私も学生の頃そんなタイプだったので、よく分かります。私は他人の管理している談話室にいきなり入り込んできて「レベルが低い」なんていうことを蕩々と話すような人には我慢ができないので、どういうことになるかと注視していたのですが、皆さん大人ですね。余裕の応対、感服いたしました。
約束を守っているならもう見ていないでしょうが、「辛口…」さんも人のことに口を出す前に、自分の文章のチェックくらいした方がいいですよね。「ASAKA」さんって誰ですか?人の名前を間違うのは失礼だということは、「辛口…」さんの勤め先では教えてくれませんでしたか?

投稿: ふぉるもさ | 2009/11/15 00:22

ふぉるもささんこんばんは

まあ、柳に風がここの流儀です。

いろんな人がいますし、これまでもちょっと感情的な流れはありましたが、ASKAさんの冷静な対処で事を治めています。

あまり辛口さんのことを言うのはやめましょう。彼も彼なりに言いたいことはあったのでしょう…

それにしてもナガイさん、最近見ないけど、どうしちゃったのかな。

投稿: 迷探偵にゃんこ | 2009/11/15 00:44

 私は自分の中に殺人犯や強盗で逃げ伸びている者が許せない気持ちがあり、また、被害者や遺族に対し惻隠の情を感じ、犯人検挙を願い、ここに来ています。また、真実を知りたいという気持ちもあります。これまでで一番強く感じたのは光市母子殺害事件です。
皆様の考えが凄く参考になり、熟読させていただいております。ニャガイさんもそろそろ出てきてくれにゃいですかね、にゃんこさん。

投稿: 明智困五郎 | 2009/11/15 02:21

ああでなしこおでなし、常連の輪に、突如得体の知れぬ来訪者。犯人か否か、推理ゲームに乗ってみるのも一興か…

投稿: | 2009/12/05 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉大女子大生殺害放火事件その13 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その14 »