« その後のツレがうつになりまして。 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その8 »

2009/11/25

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その7

続報です。
1)捜査関係者によると、屋外に放置した場合に生じる遺体の傷み方の特徴から、遺棄されてから11月6日に頭部が発見されるまでに、約1週間は経過していることが推定されるという。このため、遺棄時期も死亡推定時期と同じ10月26~31日の可能性が高いという。

2)合同捜査本部は24日、19日に発見されたつめ1枚につづき、つめのかけら4片のうち1片がDNA型鑑定で、被害者のものと確認されたと発表した。他のつめのかけら3片と約1.5センチ大の肉片は小さすぎたり状態が悪く、DNA型が検出できなかった。
また、同時に見つかった約1センチの骨片は鑑定中だという。

とこんな所だね。
あいかわらず、情報がすくないね。

それでも、考えなきゃね。と言うわけで今回も考えます。この事件の流れを考えると
被害者と接触->拉致->暴行->殺害->遺体損壊->解体->遺棄
大きくこんな流れだろうね。

さて、問題はそれぞれの場所です。
普通に考えれば、接触、拉致は被害者がアルバイトから帰宅する途中で行われているだろう。

遺棄の場所も遺体が発見された臥龍山でしょうね。

私が気になっているのは
暴行->殺害->遺体損壊->解体
これらの場所です。

もし、この犯行が計画的な物であるなら、これらの場所は1カ所ではないか?と考えています。移動の手間やリスクを考えれば1カ所で行う方がメリットがあるでしょ。

ではその場所はどんな場所なのか?いろいろ条件はあるけど単純に考えていくと
A)暴れてもご近所さんが不審に思わない。
B)遺体を焼いた時の煙や臭いをご近所さんが不審に思わない。
C)遺体の解体時に出る血液の処理が簡単にできる。

それから、頭部の切断については
「頭部は6日に見つかり、約70メートル北側の斜面で胴体が8日に発見された。司法解剖で損傷状況を詳しく調べた結果、大型で鋭利な刃物で、一気に切断した可能性があるという。」

これは、オノ、ナタと言った重量級の刃物で思い切り振り下ろしたと言う事なんじゃない?
そんな事を屋内でやれば、床に凶器が食い込むでしょ?
そう考えると、屋外、屋内なら広い土間や倉庫、廃屋といった所。

普通に考えれば、人気の無い郊外の廃屋や倉庫と言った所かな。
遺体の解体場所に繋がる情報は遺体から出なかったのかな?

|

« その後のツレがうつになりまして。 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その8 »

コメント

まず、大型で鋭利な刃物ですが、使い慣れていない人間が、
簡単に斧などで、一気に切断することができるでしょうか?なんだか狂気的ですから、ギロチンみたいな物を作って、
それを使用したような気がします。そして、肉を削いだり、爪を剥がしているので、それなりの工具を使っています。
場合によっては、鍋で煮込んでいる可能性も考えられます。
そう言った事を考えると、ASKAさんと近い意見ですが、自分で所有している工場とか倉庫、作業場ではないでしょうか?

投稿: ヒロ | 2009/11/25 09:47

計画的であれば犯行は拉致当夜から急ぎ進めた。その為、拉致後すぐに犯行場所に移動した。水を大量に使用したのではないか?電源も。であれば野外なら限られる。一ヶ所での犯行説に同意です。
やはり浴室が都合よいか?窓のないマンションの浴室が犯人には都合よい。ってな臆測をしています。計画的でなければ、色々な遅延がありそう。でも私は最速27日の夜には臥竜山に遺棄したんではないかと。遅くなればなるほど警察の捜査が厳しくなり犯人は動きにくいのですから。

投稿: 明智困五郎 | 2009/11/25 20:48

我が家は薪ストーブがあり、ナタも斧もあります。
薪用の斧は木を裂くためにあり、ナタは余分な枝を払うためにあるので、物を切るのには不適切だと思います。普通のストーブユーザーの家にあるものでは、スパッとは切れないと思います(猫や赤ちゃんの首なら切れるかもしれませんが)。
金太郎が持ってるようなマサカリなら切れるかも・・でも未だに使ってる人いるのでしょうか。
林業やってる人はチェーンソーや薪割機を使ってるでしょうし。

投稿: 栃木県民 | 2009/11/25 21:09

バッサリいけそうな凶器。。
身近なものだと中華包丁とか
どうでしょう?
そういえば、太ももは
煮込まれたんでしたっけ。。?
調理場も殺害場所の候補に
入るんじゃないでしょうか。。

投稿: 名乗る名も無い | 2009/11/26 02:36

1)について
 この警察発表は変。そもそも行方不明報道の翌日に遺体が発見されたことができすぎ。今回の報道は、それが「単なる偶然なんだ」と、警察が主張しはじめたということだね。警察はどんどんつじつまが合わなくなってきたぞ。
2)について
 胴体を鋭利な刃物で一気に切断なら、まず最初に思い浮かべるべきは「日本刀」でしょ。試斬のために、首・胴体・四肢を切り落としていったと考えるのが妥当。どこをどう考えたらナタで胴を一刀両断出来るのか・・・よほど広い刃かよほど細い胴だな。
 日本刀とすれば、手の内の締まったかなりの遣い手だ。

投稿: あすなろう | 2009/11/28 13:17

人間の首を一刀の元に切断するのは難しく、かなりの熟練を要すると聞いたことがあります。有名な三島自決事件のときも、介錯人が何度も失敗したそうです。

この事件は、被害者の足の関節を外していることから、犯人は人体の知識があるものといわれています。

しかし首を一刀で切り捨てたとなると、単なる書籍などから得た知識だけでは難しいかもしれません。
職業・趣味などで、そのような技術が身につくもの…。あえて書きませんが、幾つか思い当たるものがあります。そうだとすると、犯人を絞り込みやすくなります。

この手の事件は連続する可能性があると思います。被害者が最後に歩いていてた場所が国道沿いであることから、意外と遠征してきた可能性もありますね。

投稿: 蝉丸 | 2009/11/28 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その後のツレがうつになりまして。 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その8 »