« 福岡市博多区女性変死事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 »

2009/12/06

兵庫県加古川市女児殴打事件

12月6日、小学1年の女児(6)を殴り重傷を負わせたとして、兵庫県警網干署は傷害容疑で同県加古川市平岡町新在家のアルバイト工員、男性容疑者(30)を逮捕した。

同署によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は9月19日午後0時25分ごろ、同県姫路市網干区興浜の市道で、近くに住む女児の腹部を2回殴り、肝臓から出血する重傷を負わせたとしている

容疑者は自宅前で遊んでいた女児の腕を引っ張り、女児が逃げたため約50メートル追いかけて殴った。女児との面識はなかったという。

同署によると、姫路市などでは9~10月中旬にかけて、別の女児ら3人が腹部を殴られる同様の事件が起きており、関連を調べるとの事。

殺人事件ではないがちょっと、気になる事件です。
なにしろ、場所があの加古川ですからね。

続報を待ちましょう。

|

« 福岡市博多区女性変死事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 »

コメント

 残忍な犯行を起こす犯人ですね。加古川といえば例の謎めいた女児殺害事件があったので、関連についてもしっかり押さえてほしいものです。
 弱者を傷つける卑劣な犯行を許してはいけない。
それと、刑期を終えた後の再犯を何とか防げないものでしょうか?松戸女子大生事件も再犯でした。人権も大事だが、被害者は浮かばれない。

投稿: 明智困五郎 | 2009/12/08 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡市博多区女性変死事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 »