« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その19 »

2009/12/08

東京都武蔵村山女性殺人未遂事件

東京都武蔵村山市で8月、道路に張られたロープに原付きバイクの女性が引っ掛かり重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された米軍横田基地所属米兵の子供4人(15~18歳)のうち、高校1年の少年(15)が「車やオートバイを運転する人のびっくりする顔が見たかった」と供述していることが、警視庁組織犯罪対策2課への取材で分かった。

組対2課によると、4人は基地内にある高校の在学生と卒業生で、少年3人と少女1人。警視庁は11月24日に逮捕状を取り米軍側に少年らの引き渡しを求めていたが、今月5日に逮捕した。横田基地側は「上官の承認を得るのに時間がかかった」と説明しているという。

今年6月以降、現場付近で同様に道路にロープが張られたり、工事用のカラーコーンが置かれたりするいたずらが5、6件確認されていたことがわかった。

けが人は出ていないが、警視庁は関連を調べている。

同庁幹部によると、同庁がこれまでに確認したのは、女性会社員が重傷を負った事件同様、道路をふさぐようにロープが張られたケースや、道路の中央部にカラーコーンが置かれたり、道路に鉄くずがまかれたりしていた事案という。

発表によると、逮捕されたのは、同基地内在住の無職少年(18)と男子高校生(15)、同市在住の女子高校生(17)と男子高校生(15)の姉弟。

無職少年は基地内の米軍家族向け高校の卒業生で、ほかの3人は同校に在学する遊び仲間だった。調べに対し、4人は現場にいたことは認めたうえで、無職少年は「4人で相談してロープを張った」と、男子高校生は「無職少年が張った」と供述。姉弟は「自分たち以外の2人がロープを張る様子を一緒に見ていた」と、それぞれ食い違った説明をしているという。

15歳から18歳なら、普通にケガをする事ぐらい予想できるはずだよね。
「びっくりする顔が見たかった」と言われても、「本気で言っているの?」と聞き返したくらいだ。

逮捕に時間が掛かっていたので、逮捕できないのではないかと少々心配してましたが、逮捕できてよかった。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その19 »

コメント

いつも拝見してます。初コメですが…やっぱり今の時代、外交を一歩踏み出すためにはアメリカと本当の意味で【対等】にならなきゃダメですよね。


日本×アメリカじゃなかったら国際問題レベルですよ

投稿: 緋燕 | 2009/12/08 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その12 | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その19 »