« 蛍光染料の件のまとめ | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その21(凶器発見) »

2010/01/14

福岡市東区「手かざし」殺人事件

1月13日、生後7カ月の長男が細菌に感染して衰弱しているのに、宗教上の理由から病院に連れて行かずに死なせたとして、福岡県警捜査1課などは、殺人容疑で、福岡市東区の某宗教法人職員、男性容疑者(32)と妻で同職員の女性容疑者(30)=いずれも同区唐原=を逮捕する事件が起きている。

同課は医療放棄による殺人事件として東署に捜査本部を設置し、全容解明を進める。
捜査本部によると、2人は教義に従って手をかざすことで病気やけがを治すとされる「浄霊」をしただけで、定期健診なども受けさせていなかった

いずれも容疑を認め、男性容疑者は「病院に行こうと思った時期もあったが、結果的に子供を見殺しにした」と供述、女性容疑者は「自分もそう育ててもらったので、きっと良くなると信じていた」などと述べているという。
逮捕容疑は、昨年2月に生まれた長男が、アトピー性皮膚炎などの悪化で細菌に感染し、重篤な状態だったのに、適切な治療を受けさせずに放置し、昨年10月9日午後8時ごろ、自宅で敗血症で死亡させた疑い。
捜査本部によると、長男は全身がただれ、体重も平均の約半分の4.3キロしかなかったという。

可哀想な事件です。
この手の事件は時々起こるんだけど・・・悲劇なのは加害者に悪意が無い事なんですよね。
つまり、加害者達は治療していると思っている。そしてその方法で治ると思っている。
この事件の場合は女性容疑者はかなり信じていたようだけど、男性容疑者は病院に連れて行こうと考えた時期もあったと言うから、女性容疑者が主導権を持っていたのかもしれないね。

しかし、残念なのはこの家族は社会から孤立して生活していたわけではないでしょ?
「それじゃダメだよ」って言ってくれる人はいなかったのかな?
敗血症になる直前なんて、相当酷い状況だったはずで、一目でダメだと分かると思うけどな。

亡くなった子供のご冥福を祈ります。

2010/01/15追記
捜査関係者によると、ほかの信者数人も両容疑者の自宅を訪れ、浄霊を行っていた。夫妻だけでは被害者の症状が改善しなかったため、協会の中でも「より力がある」とされる信者が加わった。

つまり、この夫婦以外にも被害者が重篤な状態だった事を知っていた人間がいたわけだ・・・
病院に連れて行けとは立場上言えなかったのか?それとも、ホントに治ると思っていたのか?

2010/01/16追記
夫妻が長男を病院に連れていくか迷いながら、信者である親族との話し合いで、信仰する「手かざし」などで治すことを決めていたことが、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は14日、夫妻が勤務していた宗教法人「新健康協会」(同市東区)を家宅捜索しパソコンなど約300点を押収した。

捜査関係者によると、逮捕された男性容疑者(32)と妻の女性容疑者(30)は、アトピー性皮膚炎が悪化し食欲もない長男を病院に連れて行くか親族を交えて話し合った。その結果、信仰を優先し、新健康協会が「浄霊」と呼ぶ手かざしなどで回復を図ることにしたという。

どんな理由にせよ、亡くなった人は生き返らない。
何を根拠に「手かざし」で治ると考えたのかそのあたりも教えて欲しいけどね。

2010/07/16追記
保護責任者遺棄致死罪に問われた宗教法人(福岡市東区)職員男性(32)、その妻(31)両被告の裁判員裁判で、福岡地裁は16日、いずれも懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役6年)の有罪判決を言い渡した。
裁判長は「結果は重大で、実刑も十分想定されるが、2人とも幼いころから教義に基づいて病院に行くことなく、手かざしで病気が治ると理解していた。医療措置を取れなかった経緯、動機に酌量の余地がある」と述べた。言い渡し後「協会以外の人と少しでも多く接触して、広い視野を持ってほしい」と説諭した。

|

« 蛍光染料の件のまとめ | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その21(凶器発見) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛍光染料の件のまとめ | トップページ | 千葉大女子大生殺害放火事件その21(凶器発見) »