« 怪しいPTSD 偽りの記憶事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その93(犯人の服装と染料) »

2010/02/02

名古屋市熱田区3人ひき逃げ事件その2

続報です。
1)歩道に突っ込んだ乗用車の車内から特殊工具が見つかったことが2日、愛知県警への取材で分かった。特殊工具は車のガラスを簡単に割ることができ、車上荒らしなどの犯行に使われることが多い。車内からはバールやレンチも発見され、県警は、車を残し逃走した数人が窃盗事件にも関与していたとみて行方を追っている。

2)車内の座席部分に毛髪と血痕が残されていたことが愛知県警熱田署特別捜査本部の調べで分かった。特捜本部は毛髪などを採取して鑑定するとともに、現場から逃走した外国人風の男女3~4人の中に負傷者がいるとみて、周辺の医療機関などを調べている。

3)特捜本部によると、車は事故直前の1日未明、不審車両として熱田区内でパトカーに追跡され、約10分間、同区内や隣接する同市瑞穂区を回った後、突然速度を上げてパトカーを振り切った。

4)車内から見つかった携帯電話などから、愛知県内に住むブラジル人の男が車に乗っていた可能性があることが1日、県警熱田署捜査本部への取材で分かった。

携帯電話が発見されたのは大きいな。
通話先から交友関係も割り出せるし、逃亡している中に怪我人がいれば、行動も制約されるだろう。
とにかく海外逃亡はなんとしても防がないとね。
病院関係だけでなく、薬局薬店の方も注意して欲しいですね。

犯人逮捕に期待しましょう。

|

« 怪しいPTSD 偽りの記憶事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その93(犯人の服装と染料) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪しいPTSD 偽りの記憶事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その93(犯人の服装と染料) »