« 東京都国分寺市男性殺害事件 | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その3(続報と疑問点) »

2010/03/25

大分市妻娘殺傷父親自殺事件

3月19日午前4時50分ごろ、大分市望みが丘の民家から「父親が包丁を持って暴れ、家族がけがをしている」と119番通報する事件が起きている。

駆け付けた大分東署員が、この家に住む妻(47)と長女(18)が2階の夫妻の寝室で体を数カ所刺されて倒れているのを発見。病院に搬送したが、長女は死亡が確認され、妻も緊急手術を受けたとの事。

大分東署は、自宅から車で逃走した妻の夫で、学校法人職員の男性容疑者(48)が2人を刺したとみて、殺人容疑などで行方を追っていたが、同日午前9時すぎ、同市大在の大在公共埠頭(ふとう)の約270メートル沖合で、容疑者の遺体が浮いているのを発見した。同容疑者が乗っていたとみられる車も海中で見つかった。同署は自殺とみており、殺人と殺人未遂の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

同署の調べでは、容疑者と妻が寝室で口論となり、長女は止めようとして刺されたという。

同署によると、一家は5人暮らし。長女には中学生と高校生の弟がおり、うち1人が通報したとみられるという。家の中から凶器とみられる包丁が見つかった。

長女は、容疑者が勤める学校法人が運営する大分市内の私立高校を3月1日に卒業。高校関係者によると、4月から鹿児島大に進学が決まっており、容疑者も喜んでいたという。進学や家庭内での悩みは聞いていなかったととの事。

夫婦でも口論と言うのは時々あると思うけど、普通は寝室に包丁は無いでしょ?
だから、寝室で口論になった後、台所から包丁を持ち出して妻に切りつけたと言う事になると思う。
その騒ぎを聞きつけた長女が止めに入ってこちらも刺されたって事だと推測してますが・・・

口論の理由が知りたいですね。
止めに入った長女まで刺してしまうなんて、よほど感情的になっていたのか?あるいは自分自身を制御できない状態だったのか?

続報を待ちましょう。

|

« 東京都国分寺市男性殺害事件 | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その3(続報と疑問点) »

コメント

容疑者は株で失敗して数千万の借金を負っていました。「絶対勝つ方法がある。」などと言って、息子の友達の親などから金を借り、株に投資していました。それを、家族には言っていませんでした。そして、金が返せなくなり、容疑者なりに考えた結果、一家心中しようとしたが失敗、という所でしょうか。自分一人が死んでも家族に迷惑がかかる、なら、いっそ皆で死んでしまおうと考えたのでしょう。ありがた迷惑の極みというか何というか。でも結局娘は死に、母は大怪我を負い、大失敗もいいとこです。あ、ですから、口論では無いみたいですよ。妻が寝ている時に刺したんです。まぁ多少口論もあったかもですが、基本妻は夫に口ごたえなどしなかったと思います。亭主関白的な感じでしたので。で、容疑者は車ごと大在埠頭に突っ込んだんですよね。現実逃避の見本の様な方ですね。

投稿: | 2013/09/30 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都国分寺市男性殺害事件 | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その3(続報と疑問点) »