« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その21(犯人のある変化) | トップページ | 愛知県蟹江町強盗傷害事件 »

2010/03/03

宮崎市花ケ島家族3人殺害事件

3月1日午後9時20分ごろ、宮崎市花ケ島町の建設会社員の自宅で、20代と50代の女性が頭から血を流して死んでいるのが発見される事件が起きている。
また、自宅から約800メートル離れた建設資材置き場の土中から、生後6カ月の男児の遺体が見つかったとの事。

宮崎県警宮崎北署は2日「自宅で妻と義母が倒れている」と通報した男性容疑者(22)を男児の死体遺棄容疑で緊急逮捕した。同署は3人の殺人容疑でも関与を追及する。

同署の調べでは、女性は同容疑者の妻(24)と妻の母(50)。乳児は長男(6ヶ月)。

逮捕容疑は1日午後9時ごろ、宮崎市村角町にある自身が勤務する会社の資材置き場の土中に長男の遺体を埋めたとしている。容疑者は「大変申し訳ないことをした」と容疑を認めているという。

妻と、妻の母は自宅の別々の部屋でうつぶせの状態で布団を掛けられ、頭から血を流して死亡していた。頭には何かで殴られたような跡があったという。

容疑者の通報があり、駆け付けた署員が妻と義母の死亡を確認した。長男の行方を捜索する一方で容疑者から事情を聴いていたが、説明があいまいだったため追及したところ「長男を埋めた」と供述した。自供に基づき捜索し、長男の遺体を発見したとの事。

こんな事件は以前にも起きている。ただ、原因がはっきりした事件は少ないような気がするね。
この事件では容疑者になぜこうなったのか?理由を話して欲しいですね。

私が気になっているのは、3人の遺体が別々の場所で発見されたと言う点です。
特に長男ですが、3人が同じタイミングで自宅で死亡したのであれば、長男だけ離れた場所に遺棄する理由が無いような気がします。
通報は「自宅で妻と義母が倒れている」なので妻と義母の死亡時期とはずれたタイミングで長男は死亡したのかもしれないね。

無くなった3人のご冥福を祈ります。

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その21(犯人のある変化) | トップページ | 愛知県蟹江町強盗傷害事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その21(犯人のある変化) | トップページ | 愛知県蟹江町強盗傷害事件 »