« 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 | トップページ | 愛知県豊川市一家殺傷事件その2 »

2010/04/18

愛知県豊川市一家殺傷事件

4月17日午前2時15分頃、愛知県豊川市伊奈町前山、会社員(58)方で人が刺されたと、近所の人から110番通報する事件が起きている。

県警豊川署員が駆けつけたところ、会社員方は2階部分が焼け、1階玄関付近で会社員の男性(58)が倒れていた。
男性は首など数か所を刺されており、病院に搬送されたが死亡した。男性は7人家族で、ほかに4人が刺されるなどしており、女児が死亡、3人が負傷したとの事。

男性(58)方に隣接する葬儀場の敷地内にいた、男性の長男の無職男性容疑者(30)が「父親にインターネットの契約を勝手に解除されたため腹が立ち、家族を襲い、火をつけた。殺そうと思った」、「殺してやろうと思い、5人を刺した。家も燃えてしまえと思った」と認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、殺人容疑に切り替えて調べているようだ。

同署によると、けがをしたのは男性の妻(58)、三男(22)、三男の内縁の妻(27)。
死亡した女児は三男の長女(1)とみられ、額や腕などを刺されていた。男性(58)の妻と三男の内縁の妻(27)は顔などを刺されて重傷。男性(58)の次男(24)は仕事で留守だった。

容疑者の供述によると、台所にあった包丁で、2階で寝ていた母親(男性(58)の妻)と女児(1)を刺した後、1階で男性ら3人を刺した。さらに2階の自室の布団にライターで火をつけたらしい。
付近の住民らによると、容疑者は約15年前からほとんど外出しない状態だったとの事。

現場はJR東海道線西小坂井駅の南東約100メートルの住宅街。

今月13日には父親名義で銀行口座を開こうと父親の身分証を取り上げて口論になった。15日には次男(24)とけんかをした。いずれも家族では抑えきれず、110番で警察官が出動する騒ぎになった。

同署によると、死亡した父親には顔や首、胸などに4カ所、容疑者のめいに当たる女児(1)には顔や腕などに3カ所、それぞれ包丁によるとみられる刺し傷などがあったという。
負傷した母親(58)と三男(22)にはそれぞれ10カ所、三男の妻(27)には17カ所の刺し傷などが確認された。凶器の包丁は自宅敷地内で見つかったという。
5人を刺すなどした傷跡が計44カ所にも上るとの事。

容疑者は現行犯逮捕された際、服に多量の返り血を浴びていたらしい。

発見時、父親は心肺停止状態で、女児は死亡していた。司法解剖で父親の死因は出血性ショックだったようだ。

父親は事件直前、県警豊川署に「長男が自分のクレジットカードを勝手に使い、ネットオークションなどで200万~300万円の借金を作った。どうすればいいか」と相談していたことが17日、分かった。
捜査幹部が明らかにした。父親はその後、自宅の電話を止めてインターネットを使えなくしたという。同署は長男の男性容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=がこれに激高して家族を襲ったとみて調べている。

捜査幹部や親族によると、容疑者は引きこもり状態にあった事件前、ネットに一日中没頭したうえ、ゲームなどをオークションなどで購入しては父親名義のカードで支払っていた。父親ら家族は12~15日に計8回、購入などに関するトラブルを巡って110番したり「これ以上エスカレートさせないためにはどうすればいいか」と同署に相談していたようだ。

さて、またまた悲惨な事件が起きてしまったね。
家族が家族を殺傷する事件はこれが始めてでもないし、引きこもりの人が事件を起こすのも初めてではない。
そう言った意味では、珍しい事件ではないんだけど・・・・

しいてあげれば、引きこもりで借金トラブルがあったと言うのがちと気になる点ですね。

これまでの報道をみると、容疑者の家族関係は破綻していたんでしょうね。
同じ家に住みながら容疑者だけは別の世界で生きていたような印象です。
インターネットでのクレジット決済だから、財布から現金が消えるわけでもなく、使用明細が届いて「あれ?」と思ったでしょうね。
でも、最初は小額だったから見逃していたんだと思います。(推測です)

しかし、容疑者にすれば黙認された事を「許可された」と受け取ったのかもしれません。
これを発端にエスカレートしていったんだと思います。

だけど、問題の本質はもっと別のような気がします。
インターネットを取り上げられた事で家族を殺害してしまうと言うのは、やはりちょっと異常ですよね。
逆に言えば、「インターネットをする為には家族を殺しても良い」と言う事ですから、私の勝手な推測ですが、容疑者は「依存症」だったのではないのかな?

これは、アルコール依存症やギャンブル依存症、セックス依存症と同じです。
「インターネット依存症」と言えるかもしれませんね。

アルコール依存症などでは、持っているお金は全部、酒を買う事に使ってしまうし、お金が無くなれば、見え透いた嘘でお金を無心したりもします。
このあたりから、依存症を連想してしまうのですが・・・

もし、そうだとしたらちょっと家族としては発見するのが難しいかもしれませんね。
なにしろ、引きこもりで家族とのコミュニケーションすら無いわけですからね。

そう言った意味では、引きこもりが多い日本では注意しなければならない事かもしれませんね。

参考リンク
愛知県豊川市一家殺傷事件その2

|

« 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 | トップページ | 愛知県豊川市一家殺傷事件その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 | トップページ | 愛知県豊川市一家殺傷事件その2 »