« 北海道北見市両親殺傷事件 | トップページ | 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 »

2010/04/12

名古屋市南区女性集団暴行殺害事件

4月8日夜から9日未明にかけて約5時間に渡り断続的に、女性の住む市営アパート2階で女性の頭部や背中などを角材(長さ約76センチ)や金属バットなどで数十回殴り、外傷性ショックで死亡させる事件がおきている。

死亡したのは名古屋市南区西又兵ヱ町、職業不詳女性(42)。
女性の様子がおかしいと容疑者らが9日早朝に通報し、発覚したとの事。

逮捕・送検されたのは、女性の弟で、同市昭和区御器所、職業不詳H容疑者(36)と内縁の妻・M容疑者(35)。女性の別居中の長女(18)の友人で、同市東区白壁、職業不詳A容疑者(20)、同市北区の少年(19)、同市中川区の少女(17)の計5人。

5人は「昨年から集団で殴っていた。最初は悪ふざけのつもりだった」などと供述し、犯行を認めているという。

女性は、養護学校1年の長男(15)と中学1年の次女(12)の3人暮らし
長男と次女は犯行時、寝ていたという。A容疑者ら3人は、1年ほど前から女性の部屋に入り浸っていたという。

調べに対し5人は、「子供の寝かし付け方やしつけが悪かったので、殴った」などと供述しているという。

同署は、女性がH容疑者らから日常的に暴行を受けていた可能性があるとみて、10日に司法解剖する。

アパート付近の住民によると、女性の部屋には、夜間、複数の少年らが出入りしてたまり場のようになっており、音楽やテレビの騒音がしたという。同じアパートの女性(49)は、「1か月くらい前から、どたんどたんという、引っ越しの時のような音が響いていた。事件当日の夜には、女の人の『うわあ』という声が2回聞こえた」と話しているようだ。

女性のほぼ全身に打撲痕があったことが10日、南署の司法解剖の結果でわかった。
女性の死因は、外傷性ショックだった。顔に傷は無かったが、頭部や背中、でん部など、ほぼ全身に打撲痕や出血を伴う傷があったとの事。

調べに対し、5人は8日夜の状況について「(女性が)『寝る』と言って、自分で布団に入った」「殴ったらばたっと倒れたので、布団まで移動させた」と食い違う供述をしているという。金属バットは、H容疑者が持ち込んだものだったといい、同署は、5人から動機や経緯について、さらに事情を聞いている。

同署や付近住民によると、女性は、以前は週3回清掃業のパートなどをしていたが、現在は生活保護を受給。部屋には、複数の少年らが出入りしてたまり場になっており、音楽やテレビの大きな音が外まで聞こえることもあったという。

近所の女性は「毎月の生活保護支給日には、部屋を出入りしていた少年らが、近くのコンビニで大量に買い物をしていた。たかられていたのかも」と話しているらしい。

報道はさりげなく書いているけど、絶望的に酷い事件です。
身内である弟夫婦、さらに娘(長女)の友人に殴り殺されるなんてちょっと想像できない。
それもさ、養護学校に通う子供と中1の次女を女一人で育ててるわけでしょ。
その上、生活保護を受けていると言う点を見ても生活がかなり苦しい事は誰にだって分かる事だよね。

身内なら支援なり援助なりすべき状況でしょ?

それに、長女はこの状況を知っていたのかな?
母親から相談は無かったのか?友人が暴行した話をしなかったのか?

そしてさ、母親が殺されて残った、2人の子供達は大丈夫なのか?と心配です。

久しぶりに怒りがこみ上げてくる事件です。

2011/01/18追記
傷害致死罪に問われた被害者の弟で同市昭和区、トラック運転手男性(36)、その内縁の妻(36)両被告ら3人の裁判員裁判の判決が18日、名古屋地裁であった。

裁判長は「陰湿で非人間的な犯行。面白半分やストレスのはけ口として暴行したという動機は理不尽極まりない」と述べ、「主導的役割を果たした」として女性被告(内縁の妻)に懲役9年(求刑・懲役12年)、男性被告(弟)に同7年(同・同10年)、住所不定、無職男性被告(20)に同6年6月(同・同10年)の実刑を言い渡した。

こんな酷い事件でも主犯に懲役9年ってのは軽すぎではないのかな?

|

« 北海道北見市両親殺傷事件 | トップページ | 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 »

コメント

同感です。集団で暴行して殺害したのですから厳罰にして欲しいです。たかっていた人間が子供の躾云々と言うのも納得いきません。

投稿: オヤジ | 2010/04/14 00:18

世の中色々な不可思議なことがあるものですね。
なぜ、このような事件がおこるのでしょうか?
被害者がとてもかわいそうです。
加害者は殺意がなかったりして、大した刑罰を食らわないだろうから、悔しいですよね。

投稿: 明智困五郎 | 2010/04/14 07:42

長女は別居してるのにその友人が入り浸ってるってるのも何か凄いですね。そして友人の親にたかったり暴行したりって・・・・・はっきりした動機はまだ分からないけど想像すると軽く絶望感が。

投稿: あた | 2010/04/14 08:10

生保マネーに集ったんでしょうね・・弟夫婦も長女達も。世帯も酷い話。

投稿: | 2010/04/14 17:11

実弟夫婦、別居長女の友人3人。

私の周辺でも、タカリの案件は沢山有ります。
サラ金総量規制以降、金の無心からの異常付きまとい、生活妨害、
暴力団を使ってまでの恐喝、
売春させ暴力など数々。
よくそこまで他人に依存出来るなというような時代になったのを身近に感じています。
実弟はいい歳ではあるが、姉弟という事で、百歩譲って身内の甘えとします。
3人の長女の友人は他人です。
入り浸っていたのも、生活保護にタカっていたのも異常です。
プライベートとはいえ、長女の別居事情を知らないと、
この3人の関わりが理解出来ません。
暴行という言葉が、合意性交の後日被害届に乱用されている為に、
このような凄惨な事件までも、メディアはあまり大きく扱いません。
暴行という言葉がニュース的には頻繁に有り過ぎるので、イメージ的にもインパクトが弱くなっているのもあるでしょう。
苦労している人が、それを知る者に良いように使われ、果てに殺されたのはいたたまれません。
メディアにはしっかりと報道を続けて頂きたいです。

投稿: | 2010/04/15 10:58

>身内なら支援なり援助なりすべき状況でしょ?

私もそう思います。が、生活保護者への援助は禁止されているかと思います。私の親戚が身体が不自由になり、生活保護を受けているのですが、本当にものすごく生活は苦しいです。受けている本人も、皆さんの税金で暮らしていることに負い目を感じているため、ぼろい服をまとって最低限の暮らしをしています。

身内が援助をしたことが民生員の方へバレてしまいますと、保護を打ち切られたり、援助した分の生活費が減らされてしまいます。また、援助を受けたことを役所へ報告する義務もあるようです。よって、助けたくても、私たちも生活があるので助けることができません。

事件があったここの地域をよく知っているのですが、工場が多くトラックの横行が激しいので空気が結構悪いです。昔は暴走族がよくふかして通っていました。治安は良いとは言えません。

本当に怒りがこみあげてくる事件ですね。

投稿: | 2011/01/20 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道北見市両親殺傷事件 | トップページ | 大阪府堺市堺区男児虐待死事件 »