« 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) | トップページ | 大阪市東住吉区女児殺害未遂通り魔事件 »

2010/05/15

仙台市男性教諭殺害事件その5(殺害の状況から考える)

とりあえず、殺害時の事件の流れからこの事件を考えてみましょう。

1)退院した日に襲われている。場所は被害者の自宅駐車場
2)鈍器で頭部を執拗になぐられている。現場に血のついた金属バットがあった。
3)犯行時刻は19時から20時30分頃と推測される。
4)犯人は遺体を引きずり、目立たない場所に隠している。
5)犯人の逃走経路に足跡が残っていたが、V字に折り返す不自然な経路だった。

このぐらいかな。
1)ですが、犯人が被害者を殺害しようとして待ち伏せする場所は3箇所考えられます。
確実なのは自宅と職場である学校ですね。それから、確率は落ちますが趣味にしていたゴルフ練習場あたりでしょうか。
被害者が事件前の2ヶ月間入院していた事を考えれば、待ち伏せ場所としては自宅しかないでしょうね。退院した日に学校やゴルフ練習場に行く事は予想できなくても、自宅に帰る事は予想できますからね。

しかし、問題はなぜその日なのか?なんですよね。
入院中ならば、それらの場所での待ち伏せに意味はありませんが、退院後ならばいつでも、それらの場所での待ち伏せ襲撃は可能でしょう?

この日を実行日に選んだ事は偶然かもしれないし、一刻も早く殺害したかったからかもしれない、あるいはその日でなければならない特別な理由があったかもしれません。
とりあえず、理由として考えられるのは

1-A)恨みが強く、早く殺害したかった為、退院当日を選んだ。
この退院日とそれ以降で変化する内容としては
1-B)被害者を家や社会に戻したくなかった。
1-C)被害者を学校に行かせたくなかった。

2)についてですが、凶器が鈍器である事は計画的な犯行であるならば、鈍器で被害者を殺害する自信が犯人にはあったと言う事ですよね。
殺害できない凶器を選択する理由はないでしょう。
問題は現場に残された金属バットです。

犯人にとって凶器を現場に残す理由は基本的にないはずです。
凶器に重要な証拠が残されているかもしれませんし、入手経路なども気になります。
逃亡するのに邪魔だったと言う現実的な理由もあるでしょうし、特別な理由があったのかもしれません。このあたりの理由を考えると

2-A)住宅街を血のついたバットを持って逃亡するのは目立つ為
2-B)バットをあえて現場に残した場合
2-B-1)バットは凶器では無く捜査かく乱の為の偽装の場合
2-B-2)バットは誰かに対する何らかのサインの場合

4)の遺体を隠す理由ですが
遺体自体を運び出し、事件を隠蔽しようとはしていませんね。
なので、短時間の時間稼ぎだと考えていますが、実は犯人は遺体を運び出し事件を隠蔽する事もできました。

なぜなら、事件現場には被害者の車と鍵があったからです。
被害者の車を使って遺体(この時点では死亡していないかもしれませんが)を運び出し、事件を隠蔽する事もできました。
犯人はなぜ、隠蔽しなかったのか?その理由としては大きく二つ
4-A)犯人は事件を隠蔽する必要が無い場合
4-A-1)犯人は事件が発覚し捜査されても捜査線上に浮かばない、被害者との繋がりがない人物の場合
4-A-2)犯人は事件を大きく報道してもらう目的があった場合。

4-B)犯人は遺体を運び出す事が出来ない場合
4-B-1)短時間で車に乗せる事ができない場合
犯行時間が19時から20時30分と考えると、密集した住宅地ですから周囲の家が在宅かどうかは家の照明で分かるでしょう。なので目撃される可能性は十分にあります。
この場合、単独犯の可能性がより高くなりますね。

4-B-2)体力的に遺体を車に乗せる事ができない場合。
この場合は犯人が女性などの場合になりますが、しかし凶器がバットだった事と矛盾しそうです。

5)の逃走経路の件は上でも書きましたが、周囲の家に明かりがあって、在宅だった家が複数あったのではないでしょうか。
この為、目撃される可能性を考慮して直接、移動手段の車等に移動するのを避けて迂回したのだと思います。

問題はここなんですが、これは周囲の状況を冷静に観察できなければできない事だと思います。4)の遺体を隠した件といい、犯人は意外に冷静です。
以前の愛知クレーン事件でも、偽装の電話を被害者の家族にしたりする事例もあるので特別な理由があるかどうか分かりませんが、可能性として

5-A)犯人は直接被害者を恨んでいない場合。
恨んでいないので、冷静でいられたと言う事ですね。

最後に単独犯か複数犯かと言う点を考えてみましょう。
有力な手がかりは足跡です、今の所、一人分の足跡しか見つかっていないようです。
でも、見張り役は居なかったのか?と言う疑問はでますよね。
ここを考えるには
4-B)で遺体を車に乗せる事ができなかった事

それともう1点が足跡が一人分しかない点で、頭部を殴打していますので、飛沫血痕は意外に広い範囲に広がっていると思います。
なので、見張り役が居た場合にも、目に見えない足跡を残している可能性が高くなります。
逃走経路として、犯人と同じ経路をたどったのなら更にこの可能性が高くなりますね。

この2点から単独犯の可能性が高いと考えています。

しかし、共犯者、あるいはこの事件を直接意図せずに犯人に恨み節を聞かせた人物はいるかもしれませんね。

参考リンク
仙台市男性教諭殺害事件その4(続報と整理)、仙台市男性教諭殺害事件その6(3月の事件を考える)

|

« 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) | トップページ | 大阪市東住吉区女児殺害未遂通り魔事件 »

コメント

恨みですかぁ。男を恨んだ女がいたとする。その女を好きな男が恨み節を聴いて同じく恨む気持ちになる。
殴るものはバットでなくても工具とかもある。
憶測ですが、被害者を職場に行かせたくなかった人物がいた。すなわち学校に何かがあるのかも。謎です。

投稿: 明智困五郎 | 2010/05/16 00:39

サンダルと靴に関してなんですが。

被害者が普段サンダルで運転していた場合、帰宅したら
サンダルのまま車を降りて玄関に進むでしょう?わざわざ靴に履き替え玄関に向かう訳がありません。そして出発する時は玄関でそのサンダルを履くだけでいいのですから。

普段、靴で運転していた場合、帰宅時、玄関までの数歩の為にサンダルに履き替える訳が無いと思います。

では、その日はたまたまサンダル履きで靴を手に持って車を降りたのでしょうか? サンダルと靴が両方車外にある理由がわかりません。


凶器についてですが、 被害者の血が付着した金属バットを持ち去っても、それは証拠となる訳ですから直ぐに処分したいところでしょう。処分するといっても何処で?
自分の車(?)に戻す訳にはいかないし。犯人が冷静で頭の切れる奴なら元々バットは放置する予定で、勿論滑り止めの手袋装着かな?バットからは指紋もDNAも出て来ない予感。

投稿: 書庫 | 2010/05/16 02:11

一部週刊誌によると、1)ゴルフ同好会の教え子を妊娠させた過去があると言う。また2)怪しい会社の未公開株の取引でなにやらトラブルがあったと言う。この2つが動機の可能性なのかもしれません。来週の週刊誌をチェックします。何故最初の襲撃を警察に通報しなかったのかも謎です。

投稿: | 2010/05/16 07:08

みなさん、こんにちは
書庫さんへ

サンダルは常時、車に乗せていたと思います。
なので、車に乗る時に車中のサンダルと履き替え、降りる時に靴に履き替えて、サンダルを車の中に置いていた。
車中で履き替えるのは窮屈なので、車外で履き替えていたんでしょう。

投稿: ASKA | 2010/05/16 14:38

サンダル運転はなぜですか?
①水虫だから
②靴のヒールが片方だけ減るから。
③便所ではサンダル。と同じ。

水虫の場合は。サンダルが常用履物。靴は国分町で飲むときだけ。靴のヒールが減るぐらい乗る人は、4ナンバーのライトバンに乗って下さい。便所サンダルの人は。これは何も横手まで行かなくても、埼玉や千葉にもいるいる。ツマリハ未舗装のところへ出入りするのね。

仙台でサンダル履き運転が必要?雪降るから。学校で未舗装部分があるから。練習場のPが未舗装だから。でも、サンダル運転の人は、あまり車好きじゃないネ。便所サンダルに履き変えるって、美しい光景?

投稿: ナガイ | 2010/05/16 17:36

サンダル運転って不思議ですか?
クロックスなら一年中履けますし、カカトを固定できるので運転だってできます。
被害者はゴルフ練習場に行ったそうなので、運転→フロントまでサンダル・練習場内ではゴルフ専用シューズなのが普通だと思います。
帰宅後、シューズの手入れをしようとして手に持って車を降りたところ襲われたのでは。

投稿: 栃木県人 | 2010/05/16 19:19

松本さんが玄関先で倒れて発見された際、片方の靴が脱げていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。泉署捜査本部は、靴が片方の足だけ脱げていたことから、松本さんが家に戻ってきたところを襲われた可能性もあるとみて、松本さんの当日の行動や発生時の状況について、捜査を続けている。  (2010年5月4日 読売新聞)

------
少なくとも片方は履けていた訳ですね。


投稿: 書庫 | 2010/05/16 20:13

便所サンダルは便所の中に限って履くものですが。ときどき便所サンダルのまま食堂に戻るおとう様もいて。
昔、某国の政治家さんが件の神社参拝。お帰りに靴を履くシーン。紐靴を、さっと結ぶ。あれを料亭の玄関でやったら。お見送りのおね-様方はぐっとこられたかな。
ところで片足靴履き。どういうことですか。車サンダルのまま、外に出ちゃって。車のドア陰で靴に片足を入れた。ところを、がーん。すると、そもそも、犯人さんは引き込み線の植え込み陰にいた?
道路面の低い植え込みは角刈り。レッドロビンは枝が伸びている。低い方は管理会社が床屋さんしているからかな。

投稿: ナガイ | 2010/05/16 23:59

第一発見者が始めから第一発見者を装う計画ならば、被害者を移動させる必要は無い訳です。他の誰かに発見して貰った方が良い訳で、そのまま放置するのが原則ですね。
犯人が、被害者を移動させたのは、そこが目立たない場所であり、犯人が潜んでいた場所だからではないでしょうか。逃走時間を稼ぐ為に被害者を隠したと考えています。

投稿: 書庫 | 2010/05/17 19:50

待つ。待てば帰ろの人よあり。と言ってもねえ。病欠してたくせにゴルフへ遊びに行っちゃうし。2ヶ月も入院すれば。溜まった文書もあるだろうに。退院当日ぐらいは家であれこれ点検確認して過ごそう。などという気はさらさらないみたい。あんぐり口開けての治療へ向かうのは必要としても。スケジュールいっぱいみたいで。家族揃ってメシ食うわけはなし。いつ帰ってくるんだか。んなもの。待っていられるものか。でも、待っていたんだすぺ。外さない距離にいた。車降りて、すたすたと歩いて行っちゃったら。玄関扉のカギをガチャガチャ間にがーんするわけね。通りを人が通ろうが、近所の家の窓から見下ろされていようが。もし全快祝いにでも出かけちゃって帰ってこなかったら。ずーっと待つわけ?便所にも行かずに。それとも・・・?

投稿: ナガイ | 2010/05/18 01:57

38°20'27.69"N140°51'54.13"E
ここからのストリートビュー。
被害者はこの道路を北上して来たはず。
向かいのお宅とは玄関が向き合っているんですね。
被害者が襲撃された時、
向かいの住民が玄関から出て来てくれていれば、
又は二階の窓からちょっと顔を覗かせてくれていれば、
と考えると、犯人にとっても危険な状況だった様です。
いつ帰って来るのか判らない被害者を
外さない距離で待ち続けた犯人には


「待てば待つほどアリバイが無くなる」訳で、


被害者の足取りと帰宅時刻は最重要事項でしょうね。

投稿: 書庫 | 2010/05/18 04:03

最初は、
被害者宅北側の遊歩道で、それとなく待ち伏せしてたのかな?と思ったんですけど。

書庫さんupのストリートビュー拝見すると、
北西にある集会所の物陰あたりで待っても、(襲撃)間に合いそうな感じですね。
(金属バットを凶器に使ったのは、「公園に素振りに来た人」風を装ったのかな。。)

それと
足跡が消えた公園南西の角。
ここって、車を路駐できるんでしょうか?
(公園の北から南西に通ってる道。2,3台留まってはいるけれど、この角地はどうなんでしょう。)

バイクや自転車の方が、無理がない感じがします。。

投稿: Mark | 2010/05/18 22:58

>V字に折り返す不自然な経路
これなんだけどね。報道記事だと思うのですが。不自然って言われても。左に曲がると道がV字なのだから。じゃあ自然な経路は何か。右折か直進か。それがなんで自然なのか。ニュータウンではこういう道が多いわけです。たとえば東京都大田区の田園調布。あそこの西側はくもの巣道路で。ぼけーっと歩いていると元に戻っちゃうんだから。
現場周辺は戸建て住宅ばかり。それ以外はだめーってことですか。地方都市の戸建てですから、60坪以上はあるでしょ。建蔽率は。4割ってなものかな。バットぐらい自分んちで振れば。

投稿: ナガイ | 2010/05/19 01:07

 金属バットにグローブを持てばなお自然。帰りはグローブだけ。公園に自転車かと思います。車やバイクはナンバーで足がつきます。路駐はリスクもある。逆にチャリは顔や身体が見えてしまいますが、チャリで普通に走れば怪しくはない。

投稿: 明智困五郎 | 2010/05/20 23:26

>4)犯人は遺体を引きずり

コレね。バッターがボックスに向かったのは20時半前(?)。発見は22時ごろ。110番。捜査員急行(当然、救急車も)。意識不明。病院搬送。23時ごろ死亡。だとしたら。引きずったのはご遺体ではない。しかし、引きずってから、走った。三角ベース。2塁打かホームランか。

KOしてリング外へ引きずった対戦相手は、死亡確定ではない。後に冷気で意識を取り戻すかも。いや、2塁ベースに辿りつくまでの間に。起き上がって家に転がりこんだかもしれないではないか。なぜ殺したと確信できたのか?へたすると。殺しは目的ではなかった?

新卒で4月に出身地の村の小学校へ赴任し、三ヶ月後の7月7日に殉職した女性教諭がいました。遠い遠い昔の宮城県での出来事です。死ぬまで頑張ったおねえちゃんは、芋のような田舎の小娘でした。
努力や献身が結果的に美談にはならず世論(を称する渡世の方々)では不祥事扱いになってしまう場合もあることです。それはそれで。どっちが。なにが。正義だったんだか。そういうことは、いつの時代にもある話ですから黙していかざるを得ないことです。しかし、教員の本分とは何か。このところの宮城県の教職員の事情は。自浄があるのでしょうか。

投稿: ナガイ | 2010/05/22 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) | トップページ | 大阪市東住吉区女児殺害未遂通り魔事件 »