« 静岡県磐田市両親焼殺事件 | トップページ | 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) »

2010/05/13

「もんじゅ」再開後トラブル続出

高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が14年5カ月ぶりに運転を再開して13日で丸1週間となる。この間、装置故障やトラブルの公表遅れ、原子炉の制御棒操作ミスなどが頻発し、国が注意、指導したり、検証を指示する事態になっているとの事。

中でも驚いたのは「操作方法を知らない」と言う、ミス以前の問題。

10日夜には制御棒操作でミスが発生。電力会社からの出向で、もんじゅの制御棒を初めて動かした運転員が方法を熟知していなかった。制御棒は3種類あり、操作方法も異なる。ミスのあった制御棒は全挿入の4ミリ手前からゆっくり落ちるため、最後にボタンを長押しする必要がある。だが操作マニュアルにその記載はなく、運転員は知らなかったとの事。

日本の原子力関係者なら誰もが忘れられない1999年9月の東海村JOC臨界事故で2名の死者と666人の被爆者を出した事故がある。

私はあの事故以来、原子力関係者は相当な緊張感を持って仕事をしていると思ってました。
でも、あの事故から10年以上が過ぎてあの事故の事も忘れられてしまったのかな?

そういえば、あの東海村JOC臨界事故の原因も作業員が正規の作業方法では無い方法で作業した事だったよな・・・・

|

« 静岡県磐田市両親焼殺事件 | トップページ | 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) »

コメント

もんじゅさんは性能試験中で、本格運転は平成25年度っていうから。気長な話ですのー。

5月8日性能試験実施状況
保安院 根井審議官から早瀬本部長へ機構の広報体制について注意喚起

5月11日性能試験実施状況
5月10日に発生した運転員による制御棒のボタン操作不十分については、当日のうちに、反応度測定検査制御棒操作手順書を改訂し、FCR操作に係る注意事項を追記した。本日、不適合報告書を発行し、原因究明と対策を検討することとした。
なお、昨日、プレシピテータC計数率指示上昇の件について、不適合管理として保修票を発行し原因究明を行うこととした。

と、あります。原子炉運転はスタートボタンを押せばあとはすべてオートかと思いきや。けっこうけだらけマニュアルだらけなのね。それはいいことじゃのー。回路がいかれているのもしらずに待てば日和見の頼りはどうなんだか。

投稿: ナガイ | 2010/05/14 03:31

CO2を排出しない「クリーンな」エネルギー資源っていうけど、ひとたびミスがあれば自然も人体も破壊される可能性があるのに何がクリーンなんだろって思ってしまう。電気が使える暮らしは必要だけど、そんな事までしてリスク負ってまで電気使うことが大事かな~。ミスや誤作動なんかのリスクが全くないなら原子力もありだけど事実起きてる。作るのも動かすのも人間だから…人間が人間を過信したら罰が当たりそう

投稿: りさりん | 2010/05/15 07:09

人や自然を破壊しないエネルギー供給なんて「理想郷」ですよ。

その方向に「ハマってしまう」と、北朝鮮やポルポト政権のカンボジアとかの
農村型共産主義を目指すことになりかねない。
その社会では弱者(子供と高齢者と障害者)が犠牲になります。

街の灯りを節約すると、事故や事件も増えます。

今のまま、より効率の良いエネルギー供給に向かう社会に乗っかるしかないです。

投稿: | 2010/05/15 12:38

35°34'2.46"N139°19'54.30"E
国産の戦車ですね。戦時中でもないのに開発が続けられていますので優秀です。
18°12'10.09"N109°41'40.35"E
支那の原潜地下秘密基地です。平時でも人殺しの道具の研究はされています。

技術研究は継続することが大事なんですね。
国産戦闘機なんて、欧米に金輪際追いつけません。
平和利用の原子力設備を閉鎖するとは、間違っています。

投稿: 書庫 | 2010/05/16 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡県磐田市両親焼殺事件 | トップページ | 大阪府高槻市淀川女性殺害事件その4(養子縁組の経緯) »