« 新潟県村上市バラバラ事件その3(続報) | トップページ | 京都府舞鶴市悪ふざけ殺人事件 »

2010/06/24

広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件その2(続報)

続報です。
1)逮捕された容疑者が、広島県警の調べに対し、「大変なことをしたと思っている」と、事件を反省するような供述をしていることがわかった。

容疑者は犯行直後、「マツダに恨みがあった。秋葉原事件のようにしてやろうと思った」などと話していたが、県警によると、弁護士を通じて事件を報道する新聞を見た際に、「うわっ」と驚くような反応を示したという。捜査関係者は「ことの重大さにようやく気づいたのでは」と話している。

2)県警は、事件による負傷者が1人増えて、計11人になったと発表した。新たな負傷者は、マツダの男性社員(22)で、本社府中工場の歩道で左肩が容疑者が運転する乗用車と接触、その時はけがに気づかなかったが、その後、痛みが出て受診し、左肩打撲と診断された。

3)容疑者が事件の数日前、車の雑誌やカタログなど約200冊を捨てていたことが24日分かった。また、容疑者が事件前日に包丁を購入していたことも判明。広島南署捜査本部は、車好きの容疑者が一気に趣味の本を捨てていたことから、事件数日前に犯行を決意して身辺整理した可能性があるとみている。

関係者らによると、容疑者は事件の2~3日前、広島市安佐南区の自宅アパート前のゴミ捨て場に、10~20冊ずつ粘着テープで束ねた雑誌など約15束を捨てていた。

新車や中古車の販売情報誌や高級スポーツカーなどの写真を掲載した専門誌のほか、市内の複数の自動車販売店に置いてある国産車のカタログも含まれていた。雑誌の回収日は事件翌日の23日だったという。

容疑者は最近約5年間で4回ほど車を買い替えており、「車好き」として知られていた。雑誌の中には、10年近く前に発売されたものもあり、容疑者が長期間保管していたとみられる。

4)捜査本部によると、容疑者は事件前日の21日、広島市内のホームセンターで、刃渡り18・1センチのステンレス製洋包丁を購入。22日朝、乗用車の運転席側のドアポケットに裸のまま包丁を入れ、工場内に侵入した。

5)被害者のほとんどが、工場内の道路端に設けられた歩行者専用エリアを歩いていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。県警広島南署捜査本部は、マツダの元期間社員、容疑者(42)=殺人未遂容疑などで逮捕=が、歩いていた従業員を狙って道路端に車体を寄せながら暴走を続けたとみている。

6)捜査関係者によると、工場内の道路は端の方が色分けされており、歩行者専用エリアとなっている。捜査本部が負傷者や目撃者から事情を聴いたところ、はねられた従業員らは、ほぼ全員がこのエリアを歩いていたと証言したという。

捜査本部は同日、容疑者が走った経路を捜査車両で走行して再現。その結果、容疑者が工場敷地内を走行した距離は約9・3キロと分かった。平均速度は50~60キロだったが、曲がり角が多く、直線での速度は60~70キロに達していた可能性がある。

7)死亡した男性(39)の遺体を司法解剖した結果、死因は後頭部を強打したことによる延髄断裂と判明。遺体の状況から、男性は後方から猛スピードで乗用車にはねられた後、ボンネットに乗り上げ、フロントガラスで後頭部を打った可能性が高いという。男性がはねられた道は直線だったことから、男性は最大速度の60~70キロではねられたとみられる。

8)容疑者(42)が「秋葉原の無差別殺傷事件をまねようと思った」と供述していることが分かった。容疑者は高校卒業後、派遣社員として勤務先を転々としており、2008年に17人の死傷者を出した東京・秋葉原の無差別殺傷事件で公判中の元派遣社員、男性被告(27)に共感を抱いていた可能性も出てきた。

9)容疑者は県警の調べに「マツダには恨みがあった。秋葉原事件のように包丁でむちゃくちゃにしてやろうと思った」と供述。犯行車両のマツダ・ファミリアからは刃渡り約18センチの包丁が発見された。秋葉原事件でも、男性被告は車で人をはねた後、用意していたダガーナイフで通行人を刺している。

10)人をはねた現場にはブレーキ痕がまったくなかったことから、県警は強い殺意を持っていたとみている。

11)1986年に広島市立広島工業高校電気科を卒業した容疑者は、マツダが取引先の部品メーカーに就職。車の内装部品を製造する業務を担当したが、92年9月に「一身上の都合」で退職。その後は、派遣会社に登録し、複数の会社に勤務していた。

色々な話が出てきました。
だけど、肝心な部分の話が出ていない。
どうしてマツダを恨んでいたのか?
そこの理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件
広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件その3(続報)

|

« 新潟県村上市バラバラ事件その3(続報) | トップページ | 京都府舞鶴市悪ふざけ殺人事件 »

コメント

ハンバーガー。
これが。あんぐり口開けても入らない。これ、どうやって食うのよ。だからー。押し潰して。ひっくり返して。ちょっと痴漢まがいに、お尻めくって。辛し塗って。で、ガブ。
興奮冷めやらずいりやまず。不入斗ってなんだ。谷口のことか。あんた、あいつのなんなのさ。って言われても。普通に税金納めて、普通に働いている市民です。
書庫タン。源泉納期が迫って忙しいかな。チトカラもご多忙。たぶん多忙、きっと多忙。企業多忙。


投稿: ナガイ | 2010/06/26 02:10

ナガイさんの。コメントは。いつも。奥が深く。感心。しながら。見させて。もらって。ます。

投稿: | 2010/06/26 11:31

普通に労働できる男の、突然の乱。
こういうのって、何とかならんの。
孤独に生きるって、別に悪いことじゃない。
職場の不満憤懣怪談奇談。どこにでもあるって。
借金がどうのこうの。んなもの。誰だって。たとえば?
住宅ローン。進学ローン。リボ払い。
田んぼだって、根抵当ついてない?
税金も後からくるしねえ。
正直言って。ぼくは、さーっぱり。わからん。
わからんものは。考え続けるしかなし。うーん。

投稿: ナガイ | 2010/06/26 19:06

わからんのは、原因じゃなくて。何とかならんの、の方です。
こういうタイプのやつって、いますよ。一言で言えば、おとなしい。一見、付和雷同。突出することはなく、その場その場で相手合わせ。嫌われるタイプではない。趣味もちゃんともっている。ところが、裏もちゃんともっている。
裏とはなにか。そもそも、表の色が相手合わせで適当に変化する。すると、なんと。裏の色も変化する。表の変化の色と同じだけ補色をもっている。表も忙しいけど、裏も忙しい。
職場で人と対立するのは。それはそれで。それが楽しみで通勤している人もいる。昨日はちょいやられたなあ。今日は返したるで。勇気りんりん。電車の中で、ぶつぶつ練習している。表も裏もあったもんじゃない。白一色で、あのー係長代理、二案ではーだめでしょーか?などと言ってればいいんだから。
ところが、相手の数×2(表+裏)の変げさん。これは身も心も疲れるでしょう。おめーよ、すこしは会社生活をたのしめよ、とか勧めても。それがまたストレスになるのよね。気がつけば40何歳。先になにがあるの?

投稿: ナガイ | 2010/06/27 01:40

書庫さんへ
誤解されそうな内容のコメントだったので削除しました。コメント内容にはご注意願います。

投稿: ASKA | 2010/06/30 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県村上市バラバラ事件その3(続報) | トップページ | 京都府舞鶴市悪ふざけ殺人事件 »