« 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その13(2審判決) »

2010/06/17

横浜市港北区女子高生殺人未遂事件その2(続報)

続報です。
1)凶器の刃物について「13日にJR鶴見駅(同市鶴見区)近くのホームセンターで万引きし、翌日から学校カバンに入れ、機会を見計らっていたらしい
(事件当日は)『今だ』と思い、取り出して刺した」と供述しているとの事。
県警は計画的に被害生徒を襲ったとみて詳しい動機を調べているようだ。

2)凶器は刃渡り約12センチのペティナイフ。被害生徒の傷は1カ所で、肝臓を突き抜けて腎臓に達していたとの事。
依然として意識は戻らず、集中治療室に入っているようだ。

生徒は右脇腹に刃物が刺さった状態のまま病院に搬送されたが、刃物は柄の部分まで深く入り、傷は肝臓を貫通するほどだった。同級生は座ったまま生徒を刺したとみられる。

3)逮捕された女子生徒は睡眠や食事を取り、県警の取り調べに素直に応じているという。「席替えで被害生徒の周辺に元気な生徒が集まり、先生の声が聞こえなかったり、勝手に机の上に荷物を置かれた。他の同級生のことを『きもい』『暗い』と言った」などと供述する一方で「自分でもとんでもないことをしたと思う」と動揺した様子を見せることもあるようだ。

4)港北署によると、事件のあったクラスでは5月下旬に席替えがあり、加害生徒と被害生徒は窓際で隣同士だった。同署が学校関係者から事情聴取したところ、事件の前にも、2人はカーテンの開け閉めを巡ってトラブルになったとみられ、席替え後には被害者側から教諭に、「また席替えをしてほしい」と頼んだこともあったようだ。


少し情報がでてきたけど、まだ動機につながるような情報は無いような気がする。
授業中にちょっとうるさかったり、他の同級生の悪口を聞いたぐらいで刃物で刺すほどの理由になるとは思えないんだよね。

それから、被害者側が席替えを教諭に要求していたので、容疑者に対して間接的にアクションを起こしている。

問題は一方の容疑者がなにかアクションを起こしていたのか?が分からない。
例えば、親しい友人などに何か相談などしていなかったのだろうか?
あるいは、被害者と同様に教諭に席替えを要求する事は無かったのだろうか?

他に容疑者のストレスになるような事はなかったのだろうか?

凶器のナイフはなぜ、万引きしたのだろうか?
なぜ、教室で授業中に刺したのだろうか?

分からない事ばかりです。
続報を待ちましょう。

2010/06/20追記
殺人未遂の疑いで逮捕された加害生徒が「5月末に席替えがあったのに(被害生徒と)また隣同士になり、憎くなってしまった」と供述、さらに席替えするよう担任教諭に求めていたことが17日、港北署の調べで分かった。同署は同日、加害生徒を送検。入学直後に、被害生徒(15)に不満を抱くきっかけがあったとみて、慎重に調べているとの事。

同署は同日、加害生徒宅の部屋を家宅捜索し、凶器の果物ナイフが入っていたとみられるプラスチックケースと日記を押収。日記は1~2ページしか書かれていないが、今月上旬の心情などがつづられていたという。

同署の調べによると、2人が在籍しているクラスで5月末に席替えが行われ、2人は窓際の一番後ろの席で隣同士になった。その後、加害生徒が教諭にもう一度席替えを求めたが、教諭は「みんなで決めたことだから」と諭し、応じなかったという。

さて、また、情報が錯綜しているのかな?
再度の席替えを要求したのは、被害者か?加害者か?
それとも両方なのか?

もし両方ならお互いに不満を持っていたと言う事になる。とすればそこにはトラブルがあった可能性が高いような気がするけどね。

|

« 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その13(2審判決) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件 | トップページ | 杉並親子殺害事件の謎!その13(2審判決) »