« 愛知県一宮市女子高生通り魔殺人未遂事件 | トップページ | 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件その2(続報) »

2010/06/16

横浜市港北区女子高生殺人未遂事件

6月15日午後0時25分ごろ、横浜市港北区の私立清心女子高校から、「生徒が同級生に刃物で刺された」と119番通報する事件がおきている。
高校1年の女子生徒(15)が教室で同級生(15)に右脇腹を刃物で刺されていたようだ。

病院に運ばれた女子生徒は重傷だったが、その後、意識不明の重体となり集中治療室で治療を受けているらしい。
同署員が同級生の女子生徒から事情を聴いたところ、刺した事実を認めたため、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

女子生徒は刃物について「市内のホームセンターで購入した」と話しているという。

犯行当時は、国語の授業中で、女性教諭が黒板に向かっていたところ、教室の後ろ側が騒がしいため振り返ると、女子生徒が刺されていたとの事。

学校によると、2人の席は教室の一番後ろで隣同士。逮捕された生徒は席に座ったまま、果物ナイフのようなもので被害生徒を刺したという。「痛い」という声がして、周囲が刺されたことに気付いたようだ。

殺人未遂の現行犯で逮捕された女子生徒が、神奈川県警港北署の調べに対し、「日ごろからうるさかったので、けがをさせようと思った」と供述しているようだ。

こんな事件ですが、今の段階ではなんとも言えないですね。
被害者に対して、容疑者が不満を持っていたとしても、それが刃物で刺す事で解決できると容疑者が考えてしまった事が問題でしょうね。

ただし、容疑者のメンタルに問題がある可能性もあるので、今の段階ではなんとも言えないところですね。

続報を待ちましょう。

|

« 愛知県一宮市女子高生通り魔殺人未遂事件 | トップページ | 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件その2(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知県一宮市女子高生通り魔殺人未遂事件 | トップページ | 横浜市港北区女子高生殺人未遂事件その2(続報) »