« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) | トップページ | 京都除霊殺人事件 »

2010/07/27

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その10(解体の理由)

この事件を考える上でもっとも重要の部分の一つが遺体を解体した理由です。
今回はこの理由を考えます。

解体の理由はいろいろあります、wikiのバラバラ殺人のページを参照願います。
大きく分けると
1)怨恨
 解体する過程で恨みが晴らされるらしい。

2)性的快感
 酒鬼薔薇事件では解体時に性的興奮があったとか・・・

3)遺体消滅
 遺体をほぼ完全に消滅させる為に細分化

4)遺体運搬
 運搬する為に小さく分割する必要がある。

とこんな感じかと思います。

で、今回の事件のポイントは胴体を切断している点だと考えています。

最近の事件で胴体を切断した事件をピックアップすると
江東区女性バラバラ事件(神隠し事件)、茨城バラバラ事件、渋谷短大生バラバラ事件、新宿バラバラ事件
この内、江東区女性バラバラ事件(神隠し事件)と渋谷短大生バラバラ事件は全身を解体しているので、ちょっと今回の事件とは方向が異なるなる為、除外すると残る茨城バラバラ事件、新宿バラバラ事件の共通点をかんがえる。

時間が無いので手短に書くと
この二つの事件は運搬の為に解体している。そして、犯人は二つの事件ともに女性でした。
これは、遺体を持ち上げるだけの腕力が無い為に運搬できる重さに遺体を分割した物だと思います。

今回の解体の目的も遺体の運搬の為だと考えています。
その方向で考えた場合の犯人像ですが
A)腕力が無い場合
 女性、老人、子供など。

B)運搬に車が使えない場合
 上の事例には加えていませんが、お台場女性バラバラ事件では遺体を細かく分割して、男性が徒歩で運搬していました。つまり、犯人は車がない、あるいは使えない状態で徒歩、自転車、バイク、電車などの交通機関などで遺体を運搬した場合ですね。

このあたりなんですが、以前に書いた目撃証言の方向が違うというのはこのA)B)の両方からはずれる為です。

|

« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) | トップページ | 京都除霊殺人事件 »

コメント

…なるほど、胴体ですか、そこは思いつきませんでした。

ただ、もし運搬方法がバラバラの目的だとしたら
被害者の殺害場所は、遺体の解体場所と同じ場所で
おそらく、犯人の家になるんでしょうね。
別の場所で殺害して、遺体を解体場所まで
一括で運ぶのが無理な犯人な訳ですから。

そう考えると、被害者が犯人の家まで
自分からついて行ったか、呼び出されたかした
ケースになるんでしょう。
実際、その可能性も十分あると思います。


個人的に自分では、この犯人は
「男」で「車持ち」の可能性が高いと思っていました。
例の深夜の目撃情報が根拠というわけでなく、
被害者を遺体か・生きたままかは抜きに、
解体場所まで自力で運んでる点で、そう感じてました。

(プラス、どうも警察の目星が付かなすぎると言う点で
顔見知りの犯人の可能性を除外すると、犯人の家まで
被害者が自分からついていった可能性は低いと思ったのです)

…と言っても、ASKAさんの説を否定するわけでなく
あくまで、自分の考えの範疇でって判断です。
自分の考えも根拠としては弱く、なんとも言えないです。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/07/27 08:36

目星でメシ食う人々もいますが、
逮捕を託されてメシ頂く人々は目星を公表ってわけには。
逃げられたら、ドジマヌケだけで済まないかもで。
この事件簿も、関心を高める一方で、
書きすぎないようにという配慮があると思っています。

投稿: ナガイ | 2010/07/27 08:52

「運搬目的のバラバラ」をもう少し考えてみると
運搬目的で遺体をバラバラにすると言う事は
『運ぶ時間もバラバラに出来る』からというのが
根源的な理由なはずです。

(逆に言えば、バラバラに運ばない限りは、
遺体をバラバラにするメリットもないわけですし。
同じ質量を一括で運ぶならバラバラでも一体でも変わりません)

さらに逆に考えれば、『遺体を細かくした分だけは
遺棄場所に行き来する回数も増えてく』とも言えるわけです。

その遺棄でも、
・同じ遺棄場所に何度か足しげく通うか
・運べる距離で遺棄場所を変えていくか
…で、犯人の判断が分かれますが。

たぶん、前者のが若干、発見されにくくなると思います。
でも万一、1度目の遺棄後に遺体が発見されてしまっていたら、
2度目の遺棄時に警察とぶつかっちゃう危険があるんで
(犯人にとって、そういう出会いは心理的にも怖い以上)
遺棄場所をいちいち変えるケースのがたぶん多いと思います。

で、どうも島根の事件にしても、福岡の事件にしても
同じ山や同じ海に遺棄するには
運搬目的でバラバラにするのにはメリットが弱いと感じました。

島根の事件では、車で運び、同じ山に遺棄するのに
分割して運んだ様子がありませんし。
(車に遺体をちょっとずつつんで
何往復するのも無駄だし、かえって危険でしょう。
結局、遺体をバラバラにしたメリットなんて、せいぜい
胴体を山道の少し奥まで歩いて運べたぐらいでしょう)

正直、同じ山で遺棄して、見つかる確率を下げたいなら
あえてバラバラにせず、解体しない遺体をそのまま
適当な場所で遺棄し埋めた方が、ずっとマシだったはずです。

福岡の事件にしても海に捨てる以上、
バラバラにした方が部分部分が個々で見つかりやすくなり
結局、デメリットの方が大きいと思います。
(もっとも、浮かんでこなくする目的の解体だったかも知れませんが)

どうも、どっちの事件も運搬のためのバラバラと言うよりはが
バラバラに捨てるのを楽しんでる印象すら感じます。
同じ犯人でないにしても、メンタル的に
どこかつながる部分があるんじゃないかな?…って印象で。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/07/27 08:58

運ぶのが一括でも捨てるのが一括でなければ、捨てるときだけバラバラには犯人にはメリットありですよ。逆に殺したあと運ぶのも飯食うのもくそも味噌も一緒に移動移動せねばならぬ、遺棄するまでは、たぶん短期に。と言う犯人もいるわけです。恐いことをする奴です。時効がなくなった今逃れらるのかね?

投稿: 明智困五郎 | 2010/07/27 21:08

実際、運搬目的にバラバラにも二種類あると思います。

・純粋に移動距離のためのバラバラ、と
・現地で手早い遺棄のためのバラバラ、で

前者は、本当に犯人に移動手段が限られ
徒歩や自転車・バイクなど、あるいは
公共の乗り物に乗れるようにバラバラにしとく例で。

後者は、犯人が車などは持っていて
目的地まで行くのはバラバラにする必要はないけれど
人目のあるかもしれない場所で遺棄するため
現地で少しでもすばやく終えられるために
バラバラにする例と思います。
(あるいは、各部が小さすぎて。もし人に見られても
まさか死体を捨ててるとは思わせないための工夫)

先日の新潟の事件とかは、いかにも後者の例と思いますし。
公園ゴミ箱の投入口に遺体各部の大きさを
合わせてあった井の頭公園バラバラ事件なんかも
この後者の例だと思います。


しかし、この後者の例で考えても。
やはり、海や山で遺棄する場合にバラバラにする
メリットはないんじゃないかと思います。
基本、両者とも人通りが少ない場所で遺棄できますから。

解体する手間を考えたら、むしろその時間を
どこかに埋める時間にあてた方がいいと思います。

(もっとも山の遺棄だと、夜は真っ暗すぎて、
朝方に来なければならず。結局、他の観光客が
くるまでの埋める時間が稼げないとかの理由ははあるかも?
で、、夜が明けるまではどうせ遺棄しに行けないし
その時間つぶしと、出来るうちにとりあえず
解体しといたって可能性も…一応はあるかも?)

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/07/28 06:22

考えてみると、隠蔽でバラバラにする条件は
「犯人と被害者が一緒に住んでる」くらいの
近さじゃないと、ありえないんじゃないでしょうか?

先日の新潟の事件も、
渋谷区短大生切断遺体事件も、
新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件も
「家族・同居人」というくくりが出来ると思います。

江東マンション神隠し殺人事件ですら、
同じ階の住人は、広義の同居人じゃないかと思います。

バラバラにしてでも遺体を処理しないといけない状況は
それだけ犯人が遺棄を急いでるわけでもあるわけですから…
(距離的にも本当にすぐ疑われるべき人物と思います)

・外部の人間なら遺体は被害者の自宅に置いて無視すればいい
(神隠しの犯人は警察がすでに呼ばれ、遺体を戻せなかった)

・犯人宅(一人暮らし)で殺害したなら遺体を
ほとぼり冷めるまでその犯人宅にでも隠した方がいい
(家族がいる犯人の場合、最初からバラバラにする余裕がない)

この事件でも、もし隠蔽目的でバラバラにしたのなら
犯人は同じアパートか近隣の住人で。
なおかつ、遺体を被害者部屋に戻すタイミングが
なかったタイプと思います。

でも、おそらく警察もかなり調べてるし。
そういう犯人像は今更、近隣にないんじゃないかと思います。

事件発覚まで時間があったので(鍵も犯人の手元にあり)、
遺体を被害社宅に戻すタイミングはあったと思います。
結局、消去法で考えると
この事件の動機も1の怨恨か、2の性的快感かの
どちらかかと思います。

3の遺体消滅のため、も多分ないと思います。
失踪する理由がないのに人がいなくなれば
遅かれ早かれ、どうせ事件にはなるわけですし。
なにより、遺体の隠し方が中途半端です。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/08/01 07:30

近所の方の目撃証言が事実であればその時点で被害者は生きていたと思います。被害者と口論になり暴行を加えてしまったのでしょう。車で被害者を病院に連れていく最中に「訴える・会社にバラス」などと言われ,つい殺害してしまったのかもしれません。
隣町でビニール袋を買い,人気の無い場所で解体&遺棄をしたのでしょう。
警察は証拠を掴めなかった為に逮捕を諦めたのですね。

投稿: ユッキ | 2010/11/05 21:06

この事件も懸賞ですかぁ。早い段階で解決することを期待したんですが、身元まではわかるが、そのほか中々はわからないんですね。犯人にしてみれば身元がわれて焦るのでしょうが。

投稿: 明智 | 2010/12/07 21:09

運搬目的でバラバラではないと思います。
この地域から海は凄く近いんです。

10~20分歩いても行けますし、
運搬の為のバラバラならバスか徒歩で
行く事になる訳ですが、解体しても人間一人を
運ぶのは大変だし誰かに見られるし、
血等が漏れる問題もある。
たぶん車だろうと思うし、車があるなら
わざわざバラバラにはしないでしょう。

もっと、犯人の職業柄とかそう言う個人の
事情でのバラバラ殺人だと思います。

投稿: ri | 2012/02/05 22:33

あともうひとつ。
この死体は港からでなく、近くの半島か人工島、
もしくは沖に出た船から捨てたのではないかと
思っています。港から捨てたら湾内に戻って
来る可能性が高いと思うからです。

運ぶ為にバラバラにしたと言うよりも、身元を
分からなくする為と(と言ってもすぐ
バレちゃった訳ですけどね)バラバラにして
沖で捨てれば魚の餌にでもなっておしまいと
短絡的に思ったのではないか…沖に大きな島が
あるんだから、よく考えたら流れ着く危険が
あるのに思い至らなかったのは考えが浅いと
思いますが。そういう感じの荒っぽい犯行だと
思います。

投稿: ri | 2012/02/05 22:47

遺棄(投棄)ありきのバラバラでしょうね

犯人には埋めたり隠したりするつもりがなかった。
殺害後の早い時点で、海に棄てると決めたのでしょう。

バラバラはその後でしょう。

投稿: アヒル | 2012/02/06 02:21

水に浮くものは、川だと高いほう低いほうへ、海だと水深の深い場所から
浅い場所に流れやすい。
なので、最初に発見された能古島の分は市街地沿岸で投棄されたのでは
なく、能古島か海の中道~志賀島「方面」から投棄されたと思います。
博多湾博多港から出る船のルートがそこに含まれます。

海の中道~志賀島は両岸が近いので海岸から遺棄する場合、博多湾内に棄てるか
湾外に棄てるかを選べたはずで、あえて湾外を選ばなかったことが不思議な気がします。
加えて、海岸からの遺棄は海岸に打ち戻されやすく、私はこの可能性を低く見ています。

能古島で遺棄した場合、船で渡るしかないので、釣り人を装って
クーラーBOXで遺体を持っていったのでしょう。

能古島と志賀島の間を抜ける船から投棄した場合、博多に生活拠点のある犯人なら
博多港に戻って来なければならないわけで、そうなると日帰りが容易な行き先の
船から投棄したと考えられます。つまり、志賀島行きの船が濃厚で、
遠くても玄海島まででしょう。

それより遠い船(例えば壱岐・対馬行き)に乗るのは、犯人が壱岐・対馬に縁があり
すぐに博多に戻る必要がないケースに限られると思います。

順番を付けるなら、
① 能古島にクーラーBOXで持ち込んで遺棄
② 志賀島行きの船にクーラーBOXで持ち込んで投棄
③ 壱岐・対馬等遠方行きのフェリーにクーラーBOXで持ち込んで投棄
と思います(能古島で発見された分に関してのみ)。

投稿: アヒル | 2012/02/06 13:48

能古島以外で発見された分は、やはり船上から投棄したか
市街地の海岸から遺棄したものでしょう。

どちらにしても日没後だと思いますが、日没後に出る船に乗ったとすると
当日博多港に戻れませんから、自前の船を使った可能性も見えてきます。
あるいは、志賀島方面に片道で行って帰りは駅まで歩いて電車か
友人(何も知らない)に迎えに来てもらったか。

投稿: アヒル | 2012/02/06 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) | トップページ | 京都除霊殺人事件 »