« 福岡県大牟田市旅館経営者殺害事件 | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その5(続報) »

2010/07/15

新潟県村上市バラバラ事件その4(容疑者逮捕)

村上署捜査本部は14日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、山形県酒田市錦町の店員、男性容疑者(32)を逮捕したと発表した。
遺体は弟=当時(31)=とみられる。車の目撃情報などから容疑者が浮上したとの事。

捜査本部の調べでは、容疑者は5月23日夕、自宅で弟の頭部と両手首、太ももを刃物で切断。25日午前2時ごろ、切断した胴体と両脚を車で運び、村上市蒲萄の国道7号の側溝に遺棄した疑いが持たれている。容疑者は殺害も示唆しているらしい。

容疑者は「頭部は海岸沿いに埋めた」と供述し、殺害をほのめかしている。捜査本部は、被害者の行方が分からなくなっていたことから、容疑者を任意で調べていたようだ。

遺体は、容疑者の弟(当時31歳)とみられ、DNA鑑定して確認を進めているとの事。

さて、容疑者が逮捕されましたね。
私が前回の新潟県村上市バラバラ事件その3(続報)で書いた二つの可能性とは
1)本来、捜索願を出すべき人間による犯行
2)ヤクザ、暴力団など暴力のプロの犯行

の二つを考えていました。
今回は1)のケースのようですね。
なので、身元が判明すれば逮捕は時間の問題かと考えていましたが、どうやら情報提供があったようですね。

で2)を考えた理由ですが、遺体の解体に無駄が無かった事が理由です。
必要な作業を淡々を行うようなイメージがありました。
それでいて、遺体を発見させているのは、誰かに対する間接的な報告やアピールなのかと考えていました。

あとは、殺害の状況と解体の目的、そして遺棄現場選択の理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
新潟県村上市バラバラ事件その3(続報)
新潟県村上市バラバラ事件その2(続報とあれこれ)
新潟県村上市バラバラ事件その1

|

« 福岡県大牟田市旅館経営者殺害事件 | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その5(続報) »

コメント

被害者とは同級生でした。みじかにこんな事件が起きた事にビックリしてます。

投稿: たか | 2010/07/15 23:33

みじかな方の書き込みがありましたので、日をあけました。

酒田から葡萄まで。この距離。そして、県外へ。山中(と、海?)へ。山へといっても、羽黒山、月山、鳥海山はなし。最低でも県外。でも、秋田へはなし。
距離は浜田より遠く、今市と同じぐらい。ピースサイズが一番細かいのは潮見。で、自宅内から遺棄。次は井の頭公園の1kg未満、ゴミ箱。ピースが大きくなるにつれて、距離が伸びる。けれど、100kmまでは伸びない。100km超は弁護士一家など。カットはなし。組織犯罪。
この距離とピースサイズとの関係は、遺棄の手段や遺棄の空間との関係が先でしょうが、作業の総時間にも関係しますか。1日で完了とか。商売でやっているわけじゃなし。ふつうの日々の暮らしというものがあることですから。車で日当・超勤手当がつかない8時間労働の中で完了しようとすると、100km未満ってことになるのでしょうか。

投稿: ナガイ | 2010/07/17 05:58

右七三と左六四。みじかな方のビックリは頷けます。
この事件は、尾ひれのつけようもない簡素さでした。道路際で遺体が発見されました。以上です。ほかに?ほかはありません。
七三と六四のお住まいが、これがまた凡百の共同住宅で。公営住宅ですかね。
なんなの。エデンの東?理由を知りたいですね。


投稿: ナガイ | 2010/07/19 02:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡県大牟田市旅館経営者殺害事件 | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その5(続報) »