« 連続教会消火器投げ込み事件 | トップページ | 長崎60歳女性暴行事件 »

2010/07/07

沖縄県西原町中学生集団暴行事件

沖縄県西原町で14歳の中学生2人が集団暴行を受け、鼻などを骨折させられる事件が起きている。
県警浦添署は7日までに、18歳の少年を暴行容疑で、ほか9人を傷害容疑で逮捕したとの事。
別の少年1人についても同容疑で逮捕状を取り行方を追っている。同署によると、3人が容疑を否認、7人は認めているとの事。

18歳の少年の逮捕容疑は5月17日夜、「態度が悪い。生意気だ」と中学生2人を西原町の小学校に呼び出し暴行した上、同町のスーパー駐車場でも暴行を加えた疑い。
ほかの10人は後から加わり、ゴルフクラブで殴るなどして、1人に鼻骨骨折、もう1人に左眼窩(がんか)底骨折の重傷を負わせた疑い。 

沖縄で中学生に対する集団暴行事件が多いのは土地柄なんでしょうか?
昨年11月にも沖縄県うるま市中2男子集団暴行死事件が起きている。
このうるま市の事件と同じ時期に同じ市内では中二の女子による同様の集団リンチ事件も起きている。

沖縄県全体で子供の教育を考えた方が良いかもしれませんね。

|

« 連続教会消火器投げ込み事件 | トップページ | 長崎60歳女性暴行事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連続教会消火器投げ込み事件 | トップページ | 長崎60歳女性暴行事件 »