« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その7(情報の整理) | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) »

2010/07/25

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その8(被害者の足取り)

今回は被害者の足取りについて考えてみる。
今の所、被害者の足取りは分かっていないようだけど、被害者の部屋には財布などがあり、通勤に使っていた車も駐車場にあった事などから、帰宅直後に部屋を出たと言う見方のようです。

私はこの点が気になっています。部屋に被害者の持ち物はあったようですが、かと言って部屋に争った跡は無い事を考えると、本当に帰宅したのか疑問です。

疑問の理由
1)持ち物や車は被害者本人が移動しなくても、他の人間が移動できる。
2)帰宅直後に部屋を出ると言うが、そんなジャストタイミングで呼び出す事ができるのか?

2)については、偶然で片付けてしまう事もできるけど、その一瞬は狙わないとできないと思う。
つまり、誰かが被害者の部屋の近くで待ち伏せして、帰宅したところで部屋を訪ねるとか、携帯に電話するなどかな。

そうでないと、帰宅後に部屋着に着替えたりするでしょう。このあたりの情報は報道されていないのですが・・・

そこで、二つの場合に場合わけして考えますます。

A)被害者は帰宅前に犯人に接触し帰宅していない場合。
 この場合は犯人が被害者の持ち物や車を移動した事になる。
犯人は被害者の家を知っていたか、あるいは、被害者に案内させたと言うあたりかな。

B)被害者は帰宅直後に犯人に呼び出された場合。
 やはり、偶然ではなく、帰宅を待ち伏せた犯人が帰宅直後に呼び出された場合になるかな。
しかし、財布も仕事用の携帯電話も持たずに外出するとは考えにくいんだけどね。
この場合も、犯人は被害者の家を知っていた事になる。

でA)の場合、なぜ、犯人はそんな事をしたのか?と言う事になる。
お金の為?しかし、それなら現金や銀行カードを見逃すはずが無いですよね。
つまり、これは、犯人にとってそうする事が有利に働くと考えた場合だと思います。
逆に言えば、被害者が帰宅しない場合、一番疑われるのは犯人と言う事なのかな。

|

« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その7(情報の整理) | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) »

コメント

最後の行は。
どこかで最後に会ったあんた。あんた誰?ってことですか。

夜中に何も持たずに外出した。車も置かれたまま。というのは美浦村の事件でした。ただし。こちらは置手紙なし。オトコいないから?
車は誰が停めたか。それは判ると思います。毎日やっていると。同じ位置、同じ前輪の角度になりますから。真似は無理かな。

投稿: ナガイ | 2010/07/25 15:43

本当にただの思い付きなんですけど…

島根の被害者と福岡の被害者、
ちょっと強引に共通点を考えてみると…
「両者とも、ちょっとだけお金に困っていた」って
のがあるんじゃないでしょうか?

島根の被害者は海外留学を考えて
お金をためていたのに夜道の都合でバイトを変え、
福岡の被害者はバイク男とトラブルを起こし、預金は
100万円以上ある(この事件のその2の情報から)と
言っても、年齢から言ってそこまで余裕のある生活でもないでしょう。

どちらも一人暮らしの独身女性で
バイトや職場など仕事から帰宅後の行方が不明で、
事件に出くわした当時の携帯の情報もない。

ふと、ここらから「二人がなにか記録に残らないような
バイトをしてたとしたらどうだろう?」と考えました。

仮に犯人が島根から福岡まで移動できる足と設備があり、
すごい金持ちだったとして。その潤沢な資金で
適当に事務所を借りて、適当な仕事の話をでっちあげる。

簡単で短時間のバイトでそれなりのお金が入るような仕事があると
どこかで被害者達に出会い、直接話を持ちかける。
(広告等をだしたり、ネット応募や電話応募とかはさせず)

「ただし、少しだけヤバイ仕事で警察には感づかれたくないから
ネットの日記とかには書かないでくれ、携帯も切るように」と伝える。

Hな仕事とかではないけど(相手がひいて引き受けなくなるので)、
ちょっとだけヤバイ空気を臭わし他言無用感の空気を出しつつ、
仕事を引き受けさせる。
(もし、相手が仕事を引き受けなければ、それはそれで済ます。
個人に執着せず、別の場所で次のターゲットを探し、バレるリスクを少なくさせる)

で、引き受けた娘に何度か仕事をさせて
安心させた後、結構日に豹変し襲い掛かる。

…と、まあ、ようは自分に都合のよい形で、相手を一定時間拘束し
守秘義務を守らせる分に一番、妥当な方法は
雇用してしまうのが手っ取り早いでしょう。

実際、ルーシー・ブラックマンさんの事件で
その容疑者によって強姦や死亡させられてた女性たちも
おそらく、そういう資金(仕事?)的に呼び出されてたり
してたんじゃないでしょうか?
(肝心のルーシー・ブラックマンさんの殺害が
立証できてないようなので一応、容疑者の名前は伏せときます)

あるいは、リンゼイ・アン・ホーカーさんが
呼び出されて殺害された事件も、個人レッスンとして
容疑者に自腹で雇われた形になってたでしょうし。

とくにルーシー・ブラックマンさんの事件は、
容疑者の男に何人も話を持ちかけられ
連れてこられては被害を受けてたたはずなのに、
発覚までにずいぶん、時間がかかったわけですし。
表に出てこない雇用ってのもありえるんじゃないか、と。


・…と、まあ、ここまで長々書いたものの
あくまで根拠のない妄想なんですが。

小額儲かるうまい仕事が、実は事件の真相に
つながる展開については、シャーロック・ホームズの
傑作エピソード「赤毛連盟」をイメージしてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%AF%9B%E7%B5%84%E5%90%88
これはホームズの中でも面白い短編なんで、
まだ読んでなく興味のある方にはお勧めなエピソードです。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/07/28 07:49

あ…、どうも「赤毛連盟」自体が
すでに著作権の時効が着てて
自由に読めるようですね…これは結構ありがたい。

http://www.alz.jp/221b/holmes/redh.html

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/07/28 08:09

1被害者はいったん帰宅し、私用の携帯だけもって外に出た
2被害社は自宅の中で犯人に会い、連れ出された
3被害社は帰宅できず、犯人がバッグを偽装した

1はとりあえず置いといて、2と3の場合は

・犯人が被害者を外に連れ出すのと
・犯人がバッグを中に持ち込むの
どっちが目立たないかなんですよね…。

たぶん、後者のが無難な気がするんですよ。

抵抗する女性を外に連れ出すのは大変ですし、
たとえ、すでに遺体だった場合でも
女性をかついで外に運ぶのは目立つでしょう。
(やるなら、せめて夜中まで部屋の中で待つと思います)

もし犯人が被害社宅の中にある程度長くいたら
足跡が残ると思うんです。
最初から手袋してない限り指紋とか、他にも毛髪や汗とかも。
もしそれらが検出されてたとしたら、
それらがあっててもおかしくない人物のものなはずで。
同居人とか、普段からよく出入りしてた知り合いとかでしょう。
(それならそれで、すでに警察に絞られてそうですけど)

一方、被害社宅の中にバッグを置いてくるだけなら
サッと玄関付近に行って、あたりの人目に注意して
部屋に入れば、なんとかなりそうに思えます。
バッグは玄関に置かれていたらしいので
本当にパッと入って、パッと置いて出てくれば
足跡もそう残らないでしょう。

(割れたガラスの話はちょっと置いときます。
もしかしたら被害者が自分で割って放置してたって
可能性も・・・ちょっと、ずぼら目なタイプだったならありえるかも
あとは車も…ちょっと微妙ですね。そもそも事故後も
普通に通勤で乗ってたのかな?って疑問があります)

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/08/01 08:20

カギは鍵ですね。
どうなっていたか忘れてしまいましたが。

ASKAさんに教えていただいてFRIDAYスペシャルを見ました。
風呂窓も割れてるんです。写真は残念ながらありませんが。

風呂窓の写真を出してないと言うことは、出せない理由があるのでしょうね。
勝手に撮ってアップしたらマズそうですね・・・

投稿: | 2010/08/02 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その7(情報の整理) | トップページ | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた) »