« 兵庫県宝塚市中3少女放火殺人未遂事件その2(続報) | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その4(容疑者逮捕) »

2010/07/11

福岡県大牟田市旅館経営者殺害事件

5月28日午前10時45分ごろ、大牟田市の旅館「南風荘」の2階客室で、この旅館の女性経営者(79)がベッドにあおむけで倒れているのを孫娘が見つける事件が起きている。
死因は窒息死で、幅の広い布かひもで首を絞められたようなあとがあった。

捜査関係者によると、客室には男が同月26日から宿泊。客室の状況などから、福岡県警は男が被害者を殺害した疑いがあるとみて、採取した指紋などをもとに他の警察本部にも協力を求め行方を捜していた。

県警によると、事件が発覚する直前、旅館に泊まっていた男が近くのJR大牟田駅方面に向かうのを被害者の孫娘が目撃。よく似た人物が大牟田駅や熊本県の新八代駅、鹿児島県の駅の防犯カメラに写っており、県警は男が大牟田駅から列車で南へ逃げた可能性があるとみて追っていた。

福岡県警は、事件後に行方が分からなくなっていた宿泊客の20代の男の身元を特定し、殺人容疑で逮捕状を取ったようだ。男は、車を盗んだ窃盗容疑で山口県警に逮捕されており、福岡県警は近く身柄の移送を受けて取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針との事。

福岡県警は10日、住所不定、医師、男性容疑者(26)を殺人容疑で逮捕した。容疑者は逮捕時に偽名を名乗り、事件について「知りません」と容疑を否認しているらしい。

県警によると、容疑者は南風荘について「宿泊していない」と供述しているが、南風荘には容疑者の指紋が残っていた。また、被害者が遺体で見つかった客室に宿泊し、事件発覚直前に立ち去った男に似た男がJR大牟田駅の防犯カメラに映っていたことが判明。同駅から新八代駅(熊本県八代市)に向かった特急列車の切符に残った指紋は容疑者の指紋と一致しているという。

県警によると、容疑者はその後鹿児島、宮崎、大分などに移動し、複数の偽名でネットカフェなどに宿泊していたといい、宿泊記録の照合捜査などから乾容疑者が浮上した。

容疑者は、仙台市の国立病院機構仙台医療センターに勤務していたが、今年5月12日から行方不明になっていた。容疑者は6月23日に山口市で軽乗用車を盗んだとして山口県警に窃盗容疑で逮捕されたが、10日、処分保留で釈放されたため、福岡県警が殺人容疑で逮捕したようだ。

ちょっと謎の多い事件です。謎が多いの容疑者なのですが・・・
時系列に整理すると
5月12日 勤務していた仙台市の医療機関から失踪
5月28日 大牟田市で事件発覚
6月23日 山口市で軽乗用車を窃盗容疑で逮捕

そう、どうして仙台から失踪したのか?そのあたりが分からない。
そして、なぜ、79歳の旅館経営者を殺害しなければならなかったのか?

続報を待ちましょう。

|

« 兵庫県宝塚市中3少女放火殺人未遂事件その2(続報) | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その4(容疑者逮捕) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県宝塚市中3少女放火殺人未遂事件その2(続報) | トップページ | 新潟県村上市バラバラ事件その4(容疑者逮捕) »