« 東京都葛飾区男性殺傷事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その29 »

2010/07/01

広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件その4(続報)

続報です。
1)容疑者は、高校卒業後、マツダの下請け会社に就職。知人によると、ここでは、車のシートのデザインの仕事をしており、本人も仕事を気に入っていたという。だが、人付き合いがもともと苦手なためか、話し方が生意気そうに聞こえることも多かったとされ、マツダ側から「態度が悪いから、デザインチームから外してほしい」と要望があり、担当を外されたことがあったようだ。

また、同時期、夜通し車を走らせることなどが増加。今回の事件で逃走先になった「畑賀峠」に通うなどし、仕事中に居眠りをするなど、勤務態度が悪化していったという。

知人によると、引寺容疑者は20年来に渡って、折に触れ担当を外されたことを話していたといい、容疑者の記憶にはっきり焼き付いていたとみられる。

容疑者はこのころ、知人に「辞めてやる」と愚痴をこぼし、その後しばらくたった平成4年10月、約6年働いた会社を自ら辞めたという。

その後も、大半は派遣社員や契約社員として、おもに自動車関連の会社10社以上で勤務。同僚らは「まじめ」「車の話をするのが好きだった」と口をそろえるが、1つの職場で長続きせず、「一身上の都合」を理由に職を転々としたとの事。

2)弁護士が30日、広島市内で記者会見して明らかにした。弁護士によると、容疑者は「複数の従業員にロッカーの私物を勝手に移動された。車にいたずらされた」とし、「事件前日まで執拗(しつよう)な個人攻撃を受け、精神的に追い込まれていった」と話しているという。事件については「記憶がない」と話しているといい、弁護士は「動機と犯行が結びつかない点があり、精神鑑定の必要がある」としているとの事。

一方、広島県警の調べには「殺すつもりではねた。秋葉原事件のようにしてやろうと思った」と供述。現場にブレーキ痕もなく、県警は殺意があったと判断しているようだ。マツダは「トラブルはなかった」としているとの事。

3)元期間従業員男性容疑者(42)が調べに対し「(午前)7時半を狙った」と供述していることが28日分かった。午前7時半は勤務交代で、工場内に人が多い時間帯だった。
容疑者は借金を抱えていたことも供述。数年前に自己破産しており、捜査本部は動機との関連を調べている。

出社、退社する社員や従業員が入れ替わる時間帯で、同容疑者も人が多いことを知っていたと供述しているという。
また最後にはねられたのは、死亡した同社社員男性(42)とされていたが、その後の調べで、軽傷の男性従業員(22)だったことも分かった。 

4)容疑者(42)が事件直後、複数の知人に携帯電話をかけ、凶行を告げていたことが、捜査関係者への取材で分かった。「秋葉原(事件)を超えた」などと話したらしい。

精神鑑定は良いとして、「殺意がなかった」は難しいのではないか?と思いますが、真相究明に期待しましょう。

2011/08/06追記
広島地裁は8月2日、殺人罪などに問われた元同社期間社員、男性被告(43)=安佐南区=の鑑定留置を実施するため、身柄を広島拘置所から県外の施設へ移した。地検は約3カ月間の精神鑑定を基に「責任能力があった」と判断し、被告を昨年10月に起訴。弁護側は今年3月に再鑑定を申し入れ、地裁が認めていた。期間は約3カ月の見込み。

参考リンク
広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件その3(続報)
広島県マツダ宇品工場無差別殺傷事件その5(一審無期懲役)

|

« 東京都葛飾区男性殺傷事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その29 »

コメント

またまた、ですねー
秋葉原の悪夢がー
この男は、何を考えているのやら?
理解できますか?

投稿: 山中伸拓 | 2010/07/04 21:58

被告(44)の裁判員裁判が14日、広島地裁で開かれた。証人尋問中に被告が証人の元同僚の男性に向かって怒声を上げるなどし、裁判が中断する場面があったらしい。

これまでの公判で、被告は事件の動機として「マツダの従業員の集団ストーカー行為があった」と主張。この日は被告の主張について調べるため、被告が「首謀者」と訴えている元同僚の男性の証人尋問を行ったとの事。

男性は被告と同社の入社式で出会ったが、特に接点はなかったと証言。「集団ストーカー行為はなかった。そういう風には見えない」と否定すると、被告が突然立ち上がり、顔を紅潮させ興奮した様子で「嘘をつけ」などと大声で怒鳴り、男性に向かおうとしたらしい。

刑務官が慌てて制止。男性が法廷から退避すると、被告は裁判長に「この裁判は茶番ですか。やめてしまえ」と再び叫び、ペンを床に投げつけたらしい。公判はその後、一時休廷したとの事。

と言う事があったらしい
ストーカーってのは本文の2)の事かな?
まー本人がそう思っていたのはたしかのようだけど、事実がどうだったのか?は別だからね。
逆恨みと言うのはこういう事でおきるのかもしれないね。

投稿: ASKA | 2012/02/15 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都葛飾区男性殺傷事件 | トップページ | 栃木小1殺害事件再考、その29 »