« 岐阜県中津川市一家心中放火事件 | トップページ | 愛知県岩倉市小6男児殺害事件 »

2010/08/28

仙台市男性教諭殺害事件その10(動機)

続報です。
1)被害者の妻の女性容疑者(44)が、昨年9月に離婚調停が不成立となった後、男性容疑者(38)と被害者殺害を相談し始めたという趣旨の供述をしているようだ。

2)38歳男性容疑者が実行犯として男性容疑者(27)を紹介し、今年1月と2月にも被害者を襲撃しようとしたが、27歳男性容疑者が直前にためらって失敗したらしい。仙台地検は27日、殺人罪で男性両容疑者を起訴するとの事。

3)捜査関係者によると、女性容疑者は被害者の女性関係や、株、不動産投資などに不満を抱き、約1年前から弁護士に離婚を相談していたらしい。
離婚調停を申し立てたが、被害者の反対で昨年9月に不成立になったとの事。

その後、交際相手で、被害者への不満を打ち明けていた38歳男性容疑者と「殺してしまおう」と計画したようだ。
38歳男性容疑者が学習塾の講師時代に生徒だった27歳男性容疑者を実行犯に誘い込んだらしい。

1、2月の襲撃計画では、殺害事件当日と同様、女性容疑者が38歳男性容疑者にメールで被害者の行動予定を伝え、38歳男性容疑者が27歳男性容疑者に殺害を指示したらしい。
27歳男性容疑者は帰宅途中で待ち伏せたが、2度とも犯行をためらって引き返していたらしい。

さて、動機もでてきましたが、再度、事件の流れを確認しておきましょう。
A)1年以上前から被害者の女性関係や投資などに不満があり、弁護士に離婚を相談していた。

B)昨年9月に離婚調停が被害者の反対で不成立となり離婚できなくなる。

C)この後、交際相手と被害者殺害を計画する。

D)この時、実行犯として27歳男性容疑者を計画に引き込む。

E)今年1月、2月にも殺害を計画するが、実行犯の27歳男性容疑者が実行できず失敗。

F)この計画でも女性容疑者が交際相手の38歳男性容疑者に被害者の予定を連絡、38歳男性容疑者が犯行を27歳実行犯に指示していた。

G)今年3月にも計画し襲撃するが、被害者は死亡せず計画は失敗。被害者は2ヶ月入院する重症。怪我の理由を転んだと説明していた。

H)今年5月、退院する日に襲撃を計画、襲撃を夜にする為、歯科医院の予約を夕方にする。襲撃は成功、被害者は死亡する。この時、女性容疑者と交際相手の38歳男性容疑者はアリバイを用意していた。
また、実行犯の27歳男性容疑者は第一発見者を装っていた。

こんなとろこですね。
1)の昨年9月の離婚不成立から最初の襲撃計画の1月までざっと3ヶ月でしょうか。この間に殺害を決意し計画したんでしょうね。

殺害計画はどうも一つだけのようですね、同じ場所、同じ方法で計画しているように見えます。
結局4度目にして計画は成功する事になります。

3度目で失敗しておきながら、再度4度目を実行するあたりは明確な殺意があったとしか思えませんね。

多分、4度目の成功がなければ、被害者が死亡する事がなければ3度目の事件を警察が捜査する事もなかったでしょうが、しかし、事件となるべく計画した事件ですから、捜査の手から逃れる事はできなかったでしょうね。

だから、3度目が失敗した時がこの計画を中止する最後のチャンスだったんだと思います。

実行犯が止めると言ったとしても元々の発案者である女性容疑者と38歳男性容疑者は別の計画を立てたかもしれませんね。

直接の動機を持つ女性容疑者には計画を中止したとしても、持っている不満を解消する事ができないわけですから、計画を中止する理由が無いですね。

27歳の実行犯は従属的な立場だったようですが、弱みがあったのか?それともなんらかの報酬があったのか?はこれからの供述を待つしかないでしょう。

私が気になるのは38歳男性容疑者です。
この人にはどんなメリットがあったんでしょうね。

被害者が死亡する事は当然の目的なんですが、それを公の事件の形にした目的は何か?なんですよね。
可能性を挙げると
あ)離婚を成立させる為。失踪ではすぐに離婚する事ができない。
い)遺産を相続する為。これも失踪ではすぐに相続できない。

どちらも女性容疑者が望んだ可能性もありますね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
仙台市男性教諭殺害事件その9(続報)仙台市男性教諭殺害事件その11(起訴)

|

« 岐阜県中津川市一家心中放火事件 | トップページ | 愛知県岩倉市小6男児殺害事件 »

コメント

ひらのぼせつかあらしやま。男は度胸女は愛嬌山で鳴くのはほーほけきょ。

起訴ですか。
(殺害を)・・・した、という感じのまま。
裁判で、ちぎりきなー末の松山ー、とか言い出さないのかな。

と思ったら。とりあえず。
山でなくのはほーほけきょ。でしたか。

離婚って、調停で不成立だと、もうだめですか。裁判やって、相手を徹底的にうんざりさせてから、もう一度調停にとか。だめなのかな。悪男について悪女について。ですからねえ(悪は強いという意味です)。

投稿: ナガイ | 2010/08/29 01:09

裁判の場合、不利になると思ったか?それとも時間をかけたくなかったか?理由が知りたいですね。

投稿: ASKA | 2010/08/29 05:45

 最初はよく理解できない事件でしたが、今になると骨格はしっかりしていてわかりやすい事件。ショボい推理劇場。でも27歳はこのあと命が危なくなかったのか?謎の事故死、自殺?怪死の的になった可能性も憶測されます。38歳の目的は44歳?それとももっと若い方?

投稿: 明智困五郎 | 2010/08/30 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岐阜県中津川市一家心中放火事件 | トップページ | 愛知県岩倉市小6男児殺害事件 »