« 東京都品川区高1女子殺人未遂放火事件 | トップページ | 大阪市生野区2歳女児暴行事件 »

2010/08/25

大阪西区姉弟育児放棄虐待死事件その2(精神鑑定請求)

女性容疑者(23)について、大阪地検は正式な精神鑑定を行うための鑑定留置を大阪地裁に請求する方針を固めた。

子供を放置した後の行動に不可解な点がみられるためで、請求が認められれば、容疑者の拘置は停止される。

容疑者は6月9日に2人を置いて家を出た後、7月に海水浴に出かけたり、同月29日の帰宅後に2人の死亡を確認したにもかかわらず、翌30日には知人男性の誕生日を祝う電話をかけたりしたとされている。地検は、容疑者が善悪の区別はできたとみているものの、これらの行動時の精神状態を詳しく調べる必要があると判断したようだ。

さて、精神鑑定については私も賛成です。

児童虐待については幾つかのパターンがあると思います。
1)ストレス発散タイプ
知らない内にストレス発散の為に虐待してしまうタイプかな。比較的正常な判断力がある為、病院に連れて行くと虐待が発覚すると考えて、最悪の事態になってしまう。

2)感情爆発タイプ
感情を抑えられずに、突発的に暴力をふるってしまうと言う所でしょうか、我に返って慌てて救急車を呼んだりする。

3)欲望に支配された確信犯

今回の場合はちょっと珍しいタイプなのかな?と思います。
それは、「子供が死んでもかまわない」と思いながら「事件が発覚してもかまわない」と思っているらしい所ですね。
それは、子供の遺体を放置しておけば、いずれ事件は発覚するでしょう。それを容疑者は認識していたと思います。死亡している事を確認しながら、遺体を隠す事も隠蔽する事もしていません。

これは、どこかで「逮捕されてもかまわない」と思っているからだと思います。
しかし、自暴自棄と言うわけでもなく、どこか人生を謳歌していると言うか楽しんでいるようにも見えます。

なんだろう、全てを捨てて、辛い人生をリセットしてやり直したかったのかな?

このような事件を防ぐ意味でもなぜ、この事件が起きたのか?その理由を考える必要があるでしょうね。
その為にも、精神鑑定を行う必要があると思います。

2011/02/05追記
2009年5月の離婚直後から始まり、食事は当初からコンビニ店のおにぎりなどを与えるだけで、2人の発育状態は悪化していたという。府警は、1年以上にわたる育児放棄で、姉弟が昨年6月の放置時、すでに相当衰弱していたとみている。

 大阪地検は勾留期限の4日、殺人罪で起訴する。

捜査関係者や名古屋市などによると、容疑者は当初、長女(当時3歳)と長男(同1歳)を大切に育てていたという。母子手帳には、長女が08年12月の1歳半、長男は09年2月の4か月までの、乳幼児健診の継続受診記録があり、2人とも身長、体重が平均を上回る発育ぶりだった。

しかし、健診はそこで途絶えた。容疑者は調べに「離婚後、育児が嫌になった」と供述したらしい。

2012/03/16追記
殺人罪に問われた母親の無職、女性被告(24)の裁判員裁判の判決公判が16日、大阪地裁で開かれた。裁判長は被告には殺意があったと認定、懲役30年(求刑無期懲役)を言い渡したとの事。

検察側は論告で、「被告は幼い子供に食事を与えず、部屋の扉に粘着テープを貼って閉じこめたまま約50日間帰宅しなかった」と指摘。被告には殺意があったとし、「わが子2人を飢餓状態にさらし続けた前例のない事件で、2人の絶望感は筆舌に尽くしがたい」と非難した。

一方の弁護側は最終弁論で、「被告は幼いころに受けた育児放棄などが影響し、恐怖を無意識に避ける特殊な心理状態にあって死ぬことに意識が働かなかった」と反論。殺意はなく、保護責任者遺棄致死罪にとどまると主張したらしい。

被告は最終意見陳述の際、涙を流し「もう一度2人を抱きしめたい。こんなひどい母親ですが、私はこれからも2人の母親でいます。一生2人を背負って、罪を償って生きていきます」と述べていた。

判決によると、被告は必要な食事を与えなければ長女=当時(3)=と長男=同(1)=が死亡することを認識しながら、平成22年6月9日、大阪市西区の自宅マンションに閉じ込めて外出。帰宅せずに放置し、同月下旬に餓死させた。

さて、判決が出ましたね。一審、懲役30年です。
求刑は無期懲役だから、何か減刑されるポイントがあったのかな?
被告の育成環境などが考慮されたのかもしれないね。

印象としては妥当な判決かな。もし、家族でない人間を二人殺したなら、死刑か無期懲役だった事を考えれば、減刑されて懲役30年と言う所かな。

一つ気になるのは
「恐怖を無意識に避ける特殊な心理状態にあって死ぬことに意識が働かなかった」
こんな事があるのだろうか?
幼児期の被虐待経験がPTSDになったと言う事なのか?
でも、この場合、生命の危険に晒されているのは子供達であって、被告人自身では無いんだよね?それなのに正常な判断ができない状態になるとはちょっと思えないのだけど・・・
専門家の意見を聞きたいですね。

参考リンク
大阪西区姉弟育児放棄虐待死事件
大阪西区姉弟育児放棄虐待死事件その3(懲役30年確定)

|

« 東京都品川区高1女子殺人未遂放火事件 | トップページ | 大阪市生野区2歳女児暴行事件 »

コメント

容疑者のブログの最後を見て 最悪なことがあったもうどうにでもなれ とありました この後から書かれなかったのは離婚したからかな 時期的にも
そのままなんじゃないかな
もうどうにでもなればいいと思ってそれを本当にしてしまえる人間気質だったって事
子供が死んでしまっても自分が捕まっても もう何もかもうまくいかなくなればどうにでもなれとなってしまう思考回路

一人だったらこれで誰も困らないだろう
だけど親になれば子供の為にその今までそれでなんとかきた思考回路も変わる努力をして変わらないと

子供たちを巻き込んだ事
ゆるされる事じゃないね

こんななのに親になってしまう人間はいるみたいだから 保護して子供を守りたいね

投稿: 23才お母さん | 2010/08/26 00:58

私も色々と考えました。
やはり、精神鑑定は必要だと思います。一人で育てるには
あまりにも無理が、ありすぎたと思います。
手を差しのべてあげる人が、いれば又
親子3人は、違う人生を歩んだじゃないでしょうか。
二人の冥福を心より祈ります。

投稿: | 2010/08/27 20:10

精神鑑定の結果がどうなるか分からないけど、例えば責任能力がなかったとされた場合、尚更に行政の介入の必要性が見直されてくると思います。

世の中にはいろんな母親がいて、みんなが健康ってわけじゃない。
精神病、発達障害などなど色々な人が当たり前に存在するのが人間社会なんだから。

だからといって、今回の事件は容疑者が責任能力なしとは言わないで欲しいと思います。
心神耗弱とかそんな事言ってたら、犯罪者全員が無罪になってしまう!と思うのは私だけかな。きりがない。

明らかな障害とかが診断される場所は別にしても、精神がどうあろうと殺された人には関係ない…

逆に、人殺しても構わないと思うほど病んでるなら、死刑も本望ってケースも少なからずあるんじゃないかあ。

投稿: りさりん | 2010/08/27 21:19

精神鑑定の結果でも絶対に無罪にはならないでしょうね
例えば畠山鈴香の『死刑』が、無期懲役になりましたよね、それと同じ位でしょうね
ただただ子供達が、あまりにもふびんで悲しいくて悔しさ残念さでいっぱいです。

投稿: | 2010/08/27 21:50

心神耗弱でホストにいけないよね
子供をなんだと思ってるんだろう
悲しすぎる 殺された子供たちには本当関係ないよね生きたかったのに
苦しい死に方なんて絶対にしたくない
こんなことをした人は何があってもゆるされないんだよ
ゆるされるときはこの子たちの苦しみを取り除いてあげて 生き返らせてくれた時だけ

投稿: | 2010/08/27 23:22

>心神耗弱でホストにいけないよね
について。ぼくは関心をもっています。

鑑定請求の原因は。
>放置した後の行動に不可解
ということですが、前の行動も十分に不可解。

前の行動とは。
離婚原因。その後、風俗営業店、性風俗特殊営業店への転職。

勤務先は永年勤続を気楽に考えられる職場ではないでしょう。だとすれば。公私に渡り男どもから金を巻き上げて将来の生活に備えるのが正常なおつむというものだと思うのです。

世の中。金さえあれば、何とかなるものです。生来の無精者であったとしても。金があれば、子どもを預けることぐらい思いつくでしょう。預け所なんか、どこにだってあるでしょ。うちの近くにもいくつかあるぐらいですから。

ところが。どうみても。男どもから金を巻き上げるのではなくて。金を巻き上げられる。その仕組みの渦中へ。

金を巻き上げることを考えるのは、どちら様もですから。要りもしない資格制度をつくって、金を巻き上げる仕組みをつくるとか。なにごと協会をつくらせて会費を集めさせるとか。それが合法社会のものは可で、非合法社会に関わるようであれば不可と断言できるどうか。はー、いささか難しいところもありますが。

しかし。金を巻き上げられる仕組みに陥ったことが、放棄原因の一部をなしているとしたら。それは正常なおつむなのか。非正常なのか。そこのところも。ぜひ鑑定をお願いしたいところです。

投稿: ナガイ | 2010/08/28 01:36

そもそも、この容疑者は生活のため、子供たちを養うためと言うより、最初から遊ぶ金欲しさに、より給料の高い風俗を選び、そして、邪魔になった子供たちをペットのように部屋に閉じ込め、放置した。死んでしまうのはわかっていたけど、そんなのどうでもいいや。今を好きに生きるんだ、みたいな感じで…。そこに深い真相心理なんてないと思う。

投稿: | 2010/08/28 02:58

> ナガイさん


子どもも財産だと考えれば、この母親は禁治産者のようなものではないでしょうか。
病気ではなく異常でもないが、おさめる能力が欠如しているような。

正気だったかどうかの責任能力と、母親としての責任能力の両方の結果をみたいです。

でも、その結果が社会にフィードバックできるとは思いません。
母親としての責任能力がない人が、母親になることを防ぐ手立てなど
ありませんから・・・。

投稿: アヒル | 2010/08/28 03:48

アヒルさん。ぼくも感覚優先派なんだけど。でも、ちょっと内容を見直して下さいね。
それと。母親のところが。ただの「人」に置き直すと。どうでしょう。

ところで。この事件を、ぼくはコメントの皆様とは少し違った視点で眺めてきました(残ったコメントも、実はありました)。つまり、ぼくは一般的なシングルマザーさん全員に関わる問題としては考えておらず、個別のケースで眺めているわけです。

事件の起点は。どうやら、離婚にありそうです。
離婚届けを出すとき。親権を書く。そこは、関係者はどうみていたのか。そもそも疑わしかったとしたら。

その後は、どういう金の支出と調達が行われたのか。

投稿: ナガイ | 2010/08/28 07:54

アヒルさんの前の名無しさん。

そもそも・・・みたいな感じで...。だとして。(したいとしても)ふつうの女性はそれを実行しない。だから、した女は変わり者だと。浅い真相、浅い心理がむしろ珍しいわけで。あまりに浅い、という場合は、へん。

投稿: ナガイ | 2010/08/28 08:43

片付けが出来ないというのは、何等かの脳機能障害の一種だと言われます。
普通の人の出来る事が出来ない。
しかしその人にとってはキャパ一杯なので、些細な事にパニックになり、身内に当たるケースも増えます。

知り合いの奥さんもやはり驚くほど家事が出来ない人で、子供や大人しい知人に異常に当たっていました。
この奥さんは親が離婚し、再婚相手から一日中怒鳴られ意地悪されていたらしく、今も軽いパニック状態です。
他の方も片付けがイマイチの奥さんで、旦那さんから怒鳴られると、翌日子供に3倍ぐらい返し、
一日中追い回し罵声を浴びせたり、子供の幼少時代は直ぐに手や顔をつねってねじ回したり投げ飛ばしたり浴槽に沈めたり酷かったようです。

容量オーバー型虐待も、親や夫からの罵声、暴力育ちと複合するパターンとして知っておきたいものです。

しかし全く家事育児が出来ない子なのを知りながら、甘やかしに繋がると見たのか父親と継母は社会に出してしまった。
しかし世の中には見た目普通でも著しく能力の欠ける人が居るという事実を認めないといけません。

投稿: 世田谷&東金 | 2010/08/28 10:18

この犯人、夏休みの宿題を後回しにする子供的思考が、あったのではと感じます。
そんな可愛らしいものではないのですが、なにか『幼い』という言葉がちらつきます。
あと、誰かに相談もしない、自らの手で直接殺害もしない、遺体の隠蔽もしない、やりたい事以外は極度に面倒臭がる人物、という印象も受けたのですが。

投稿: | 2010/08/28 15:17

待った。をされるご意志がないようなので。一応書いて置きます。民法7条。

なに。二手続けて指しちゃってんじゃないの?って程度のことですから。お忘れ下さい。

投稿: ナガイ | 2010/08/28 19:23


もっともっと理由を分析、行動を分析、
あらゆるパターンで分析解析。

だけど、とりあえず「精神鑑定」。
普通の、一般には、理解できない行動での殺人事件。


幼い考え方の男女が子供を持つことなんてたくさんあるだろうに。
「子供が子供産んだ」なんて良く言うし。

視野狭窄。思考狭窄。感情狭窄。
だけど、寂しかったんだろう。
まずは、自分が寂しかったんだろう。
離婚したからなぁ。

たくさんいるでしょ、そのような方も。
だけど、そうでない方ももっとたくさんいるでしょう。

みなさん、24時間テレビなんか、どんな思いで見るんだろう。


投稿: ケロ | 2010/08/28 20:58

精神鑑定とは何も関係ないことですが。

被疑者さんの生活の背景についてです。巻き上げ。
今までのところは、うわさのちらほら。報道されたものが少なかったのですが。そろそろ出てくるでしょうか。

そのひとつが、MSNに出ていました。
家賃が天引き9万5千円とあります。1Kですから、6坪内外でしょう。それが。やっぱり。いや、駄賃、謝礼、手数料、利息などなどは。この世の常識ですから。

投稿: ナガイ | 2010/08/31 09:53

僅か1カ月で既に話題にもならなくなったこの事件、
父親が身元引受人を拒否だそうです。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100903/dms1009031144000-n2.htm
被疑者の素行不良や人格歪曲性の背景に、
父親の家庭内暴力や浮気、家庭無関心があったのではないかという一連の報道を踏襲しての「この期に及んで」という表記なのでしょう。
昔でいう勘当か。父親も古い教育を受けた方なんでしょうかね。
成人したら、幾ら育ちが悪くても万人共通の法律ルールの中で生きて行かなくてはなりません。
しかし一方で、大人であっても出来ない事、苦手な事というのが個人個人あります。
事件を踏まえて、親不在時の対応、育児、託児の拡充、幼少期検診を利用した虐待早期発見など、
対策は進んだのでしょうかね。騒ぐだけ騒いで、また24時間テレビのマラソン観て忘れてる人が大半か。
虐待は密室でのストレスの捌け口ですから、子供が倒れたり死ぬまで止まりません。
今この瞬間に、子供は親に怯え、一方的な虐待を受けています。
背景や対策とかは関係ないと感情荒げていた人は逆に虐待の恐ろしさを知らないんだと思います。
事件が発覚してから死んだ子供に同情して、親を幾ら厳罰にしたって全く意味が無いんです。
ちなみにうちの地域では、元々暴走族らの巣窟でしたが
親にその子を積極的に誉める事で不良化や虐待を低下させています。
虐待する親の多くは、子供の存在そのものがストレスになっていますから。

投稿: 世田谷&東金 | 2010/09/03 16:43

拒否されて少しは育児拒否された二人の子供の気持ちが分かったかな?
自分がされたからを理由にするなら産む権利なんかないよね
産もうと決めた時からどんな理由があれちゃんと育ててください
自分がされた事を誰かにしたくて産んだんですか?

神経をうたがうね
気持ち悪い

投稿: | 2010/09/03 23:06

この事件が突然話題になったのは、
取材記者が捜査員から聞いた部屋や遺体の状況を詳細に書いたブログが、
あちこちネット掲示板に貼られたからのようです。
それを読んだ人は勿論、それを見たテレビ番組ディレクター等が似た表現でテレビ番組で放送し、
それを見た人が感化されたので史上最悪の事件とか言っているのでしょう。
未だに足立コンクリート詰め殺人が語られていますが、
それは事件が至上最悪だからではなく、それの詳細を綴ったライターの文才と繰り返しネットでコピペされているのが大きい。
コンクリート詰めなんて数々ありますし、強姦ハンマー殴打、強姦火炙りもあります。
ライターが綴った文章には感情移入して、綴られなかった事件は忘れ去る。
同じような事件が繰り返される背景には、国民のこのような、能動的気質があるように思われます。
第三者が悲惨だと語れば悲惨だと思い、美味しいと語ればおいしくなり、明らさまな国策捜査でも一緒に叩く。自分で考えられない。
国民が自分で考えてしまうと、世論操作に嵌める事が出来なくなるので、広告料金搾取業者は騒いで盲目的に注目する風潮を創り上げたいのです。
これの一番怖いのは、裁判員裁判。
検察官は遺体の状況や殺害方法などを故意に映像や証言から、裁判員に印象操作をしています。
幸い現在のところ大変優秀な方々のようで、犯人の酌むべき事情を考慮しようとしていたり、印象操作に飲まれていませんが。
一般の大手掲示板は事件の背景や経緯なんか会話出来ない、ライター洗脳の場所。
史上最悪の事件とか言っていた人は、早くも忘れているんでしょうかね。

投稿: 世田谷東金松戸浜田 | 2010/10/28 10:00

離婚して子育てが嫌になったからやめて育児放棄した気分ですか?気分で子育てするな。子供たちだけがかわいそうな限りです。

追記の検診はそこで途絶えたという失敗を忘れてはいけないと思います
なので検診の強制をできるようにした方がいい
検診に来なければ子供の 発育を確認できるまでさがす 訪問を当たり前にしてほしいと思います
この事件ではこの教訓を生かさなければいけないと思います

投稿: きあら | 2011/02/18 03:14

虐待をされ亡くなってしまった子供たち 虐待に苦しんだ子供たち 今この瞬間も虐待されている子供たち私がまだ大人になりたてで最近こんな現状を知り
今力がなく あなたたちを救えなくてごめんなさい
私が生きているかぎり救っていきたいできる事をしたいと考えています
ごめんなさい

投稿: きあら | 2011/02/18 03:18

控訴審判決で、大阪高裁(森岡安広裁判長)は12月5日、有期刑上限の懲役30年を言い渡した1審・大阪地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却したとの事。

控訴審で被告は「2人を放置することが危険なこととは思わなかった」と述べたらしい。
弁護側は、幼少期に受けた虐待のトラウマから被告には現実逃避の傾向があり、子ども2人が餓死するという具体的な認識を持てなかったとして、保護責任者遺棄致死罪にとどまると主張したらしい。
検察側は控訴棄却を求めていたとの事。

今年3月の1審判決は、ごみや汚物などが散乱した自宅で、被告が子ども2人の姿を最後に見た10年6月9日の時点で、相当衰弱して生命の危険が生じていることを認識しながら、救う手立てを講じず放置したとして殺意を認定したとの事。
「子どもらは絶望の中、空腹と渇きにさいなまれ、命を絶たれた」と非難したらしい。

判決によると、被告は10年6月9日、食事を与えなければ死亡する可能性が高いと認識しながら、長女、長男を自宅マンションから出られない状態にして放置し、同月下旬ごろに餓死させたとの事。

控訴審も一審の懲役30年を支持しましたね。
しかし、この事件は記事を読んだだけで涙が出てしまいますね。

投稿: ASKA | 2012/12/05 11:50

子育てに問題のある親元(家庭)に生まれ落ちた子供は成人するまでその親の元から基本的には逃れられないのですよね。

精神的、肉体的に苦痛を強いられても、この事件のように放置されても、誰かが公的な手段で助け出してくれなければ、未成年の子供はそこに居る事しか出来ないのですよね。


特に小さい子供であればあるほど...。


仮に、耐えかねて家出したとしても、発見されれば連れ戻されてしまう可能性が高いでしょうし、或いは発見されなくても悪い道に入って生きてゆくことになる場合もありますね...。


多方面から問題のある(ありそうな)家庭に育つ子供たちが守られるような社会になっていって欲しいと、切に願わずにはおれません。

投稿: K | 2012/12/06 04:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都品川区高1女子殺人未遂放火事件 | トップページ | 大阪市生野区2歳女児暴行事件 »