« 大阪市生野区2歳女児暴行事件 | トップページ | 仙台市男性教諭殺害事件その10(動機) »

2010/08/26

岐阜県中津川市一家心中放火事件

8月26日午前1時35分ごろ、岐阜県中津川市駒場の男性会社員(48)方から出火したと長男(21)が110番する事件が起きている。

約4時間後に鎮火したが、木造2階建て民家を全焼し、焼け跡から1遺体が見つかった。
男性会社員の次女(11)の行方が分からなくなっており、県警中津川署は、遺体は次女とみて身元の確認を進めるとともに、出火原因を調べている。長男、次男(19)と長女(22)は病院で治療中らしい。

県警中津川署は同日午後、この家の男性会社員容疑者(48)が一家心中しようと火を付けたのが出火原因として、現住建造物等放火と殺人の容疑で同容疑者を逮捕したとの事。

遺体は同容疑者の次女で同市立小6年(11)と確認されたようだ。

同署によると、容疑者は放火は認めているものの、殺意についてはあいまいな供述をしているらしい。
逮捕容疑は、26日午前1時すぎ、自宅に灯油をまいてライターで火を付け、次女を殺害した疑い。

容疑者方は6人家族で、当時1階には容疑者と妻(44)、次男(19)、2階には長女(22)、長男(21)、次女がいた。
力士の次男が同日午前0時半ごろ帰宅し、容疑者と将来を巡って口論。容疑者は次男が「相撲をやめたい」と言ったのに激高し、「一家心中だ」と言って灯油缶を持ち出したらしい
長男が騒ぎに気づき、1階に下りて110番したとの事。

長女、長男、次男の3人も煙を吸ったり、やけどなどで治療を受けた。次男は約1カ月前、相撲部屋から自宅に戻ってきていた。

消防隊員によると、次女はいったん避難したが、「猫を助けにいく」と言って再び家の中に戻ったらしい。

しかし、次男が相撲を辞めたら、そんなに困る事があったのかな?
続報を待ちましょう。

2010/08/28追記
容疑者(48)が「こんな結果になるとは思わなかった」と供述していることが27日分かった。
容疑者は調べに対し、火をつけたことは認める一方で、殺意については否認しているという。

県警は、家族が寝静まっていない時に火をつけたことや、消火活動に参加していたことなどから、明確な殺意はなかったと判断。しかし、人が死亡する可能性が十分に予測できる未必の故意にあたるほか、次女が焼死しているため、殺人容疑にあたるとしている。

2010/09/17追記
17日午前1時ごろ、岐阜県中津川市の病院で、殺人などの容疑で逮捕され、体調不良による検査入院で拘置が停止された会社員男性容疑者(48)が病室からいなくなっているのを、見回りの看護師が気付いた。県警捜査1課と中津川署が付近を捜索したところ、約8キロ離れた同市の橋で病院の検査着や衣服が見つかった。
 「娘が亡くなって残念」「申し訳ない」といった家族や勤務先にあてたメモが衣服から見つかっており、同課などが行方を捜しているとの事。

容疑者は先月26日、自宅に放火し、次女(11)を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕された。
県警によると、容疑者は今月11日、取り調べ中に体調不良で病院に搬送された。脳内出血の可能性があり拘置を停止。入院を条件に釈放し、検査結果を踏まえ17日に再度拘置する予定だったようだ。
同日午前0時半、看護師が点滴を交換した時に異常はなかった。病室は個室で窓があり、外には非常階段につながるベランダがあるらしい。容疑者が姿を消した後、窓は開いていたという。病院には中津川署員2人がナースステーションに常駐していた。
県警の刑事部参事官は「対応に問題はなかったが、結果については残念だ」と話しているようだ。

2010/09/23追記
入院先の同県中津川市の病院から姿を消した父親の男性容疑者(48)を隠れていた同市内の公園トイレで発見、身柄を確保したと発表した。17日に不明になった際、遺書らしき手紙を残していたが無事だったとの事。

県警中津川署によると、22日午後7時40分ごろ容疑者を捜していた捜査員が、中津川市苗木の苗木公園の身体障害者用トイレに潜んでいるところを見つけた。現金3300円を所持し、紺色のTシャツと作業ズボン姿だった。現場は同容疑者が姿を消した病院から北に約5キロ。

容疑者は捜査員に対し「病院を抜け出して3日間は裸で近くの山中にいた。寒かったので落ち葉を身にまとった。ヘリコプターの音が聞こえたので捜索されていると思った」と話したらしい。

22日午後4時ごろ、容疑者の妻(44)から同署に「前日夕、夫から『迷惑をかけた』とわびる電話があった」と通報があった。公衆電話からだったといい、市内の公衆電話周辺を捜索していたらしい。

|

« 大阪市生野区2歳女児暴行事件 | トップページ | 仙台市男性教諭殺害事件その10(動機) »

コメント

一度避難したのに、猫を助けに火の中に飛び込んで行った。父親が、次女を火の中に放り投げたのでは、有りませんでした。次女の、「自殺行為」ですよ。父親に、殺人罪を適用するべきではない

投稿: ツインカム | 2010/08/28 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市生野区2歳女児暴行事件 | トップページ | 仙台市男性教諭殺害事件その10(動機) »