« 大分県別府市女性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大分県別府市女性殺害事件その4(足取り) »

2010/09/08

大分県別府市女性殺害事件その3(続報)

続報です。
1)ガソリンスタンドの防犯カメラに被害者女性の車とよく似た車が映っていることがわかった。
現場から約4キロ離れたガソリンスタンドの防犯カメラに映っていることがわかった。先月31日午後6時15分ごろ、遺体発見現場の方に走っていく車の様子をとらえているとの事。

2)警察によると、九州を1人で旅行していた被害者は、先月31日夕方に大分県内に入ったとみられているが、先月31日の宿泊記録などは確認できていないらしい。ほかの県ではビジネスホテルなどに泊まっていることなどから、被害者は先月31日夕方から夜にかけて殺害された可能性が高いとみられているらしい。

3)首の骨の折れ具合などから、犯人は手が大きく力の強い人物である疑いの強いことが分かった。
捜査関係者によると、被害者の死因は正面から手で首を絞められたことによる窒息死。首の舌骨など3カ所の骨が折れていたが、骨折個所を調べた結果、大きな手の人物の可能性が高いという。また、手で若い人の首を絞めて窒息させ、首の骨まで折るには相当強い力が必要らしい。

4)県警は現場周辺で被害者の目撃情報や接触した人を捜しており、20~30代のスウェーデン女性が別府市内の旅館などに泊まった形跡がないか調べているようだ。被害者を目撃した可能性があるらしい。被害者の遺体発見現場の近くにある「鍋山の湯」は、外国人観光客もよく訪れるらしい。

さて、
被害者は他県ではビジネスホテルに泊まっていたようだ。所が大分県ではビジネスホテルに泊まっている事が確認できないようだ。この為、31日の夕方から夜に掛けて殺害された可能性がある。

だけど、それはちょっとおかしいよね?
前回の情報だと
31日夜、「明日、別府の山の上にある温泉に行く」と電話で連絡していたようだ。
これをどう説明する?電話の時刻は夜としかないけど、大分県には午後6時15分には入っていたとしたら。
夜と言う表現からすれば、午後6時は夕方でしょ?
31日の夜に温泉に行くならこれから温泉に行くと話すんじゃないかな?

私はやはり、31日は大分県内のどこかで宿泊(車中泊も含む)してから翌日(9月1日)に温泉に出かけた可能性を疑っています。

死亡推定時刻は8月31日夕方~9月1日午後1時だとすれば、31日夜も可能性はあるんだけど・・・

とにかく被害者の目撃情報ですね。
もし、31日の6時に大分県に入っているなら夕食はどうしたのか?
1日の朝食、昼食はどうしたのか?車中泊だとしてもトイレはどうしたのか?洗濯はどうしたのか?
携帯電話の記録もあるだろう。

続報を待ちましょう。

参考リンク
大分県別府市女性殺害事件その2(続報)大分県別府市女性殺害事件その4(足取り)

|

« 大分県別府市女性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大分県別府市女性殺害事件その4(足取り) »

コメント

>、骨折個所を調べた結果、大きな手の人物の可能性が高>いという。また、手で若い人の首を絞めて窒息させ、首>の骨まで折るには相当強い力が必要らしい。

外国人観光客が多いということで、一瞬、白人や黒人といった平均的なアジア人より大きい人種を想像してしまいました。
まあ日本に観光に来てくれた方々がこんな犯罪を犯すとは思えないし、手の大きい人なんて幾らでもいるので可能性は限りなく低いと思いますが。

でも、首の骨はかなり頑丈に出来ているみたいなので
それを折るって事はかなりの怪力なのは確かですね。

投稿: | 2010/09/09 20:28

激務からの束の間の解放に命を奪われるという何ともやり切れない事件です。
ASKAさんの仰る通り情報と警察の見立ての時系列が合いません。千葉でよくやるカムフラージュではないとは思いますが。

風呂釜的局所秘湯については最近かなりテレビや雑誌で紹介されるほどブームで、
多忙な人は女性でも独りで巡るのが普通になっているそうです。
案外通りがかりの人に見られそうな場所に設置されたりして、それが逆に安全になっていると言われます。
そのため、心理的にある程度暗くなってからの入泉も理解出来ます。
人の少ない観光スポットを襲うというのは、心霊スポット暴行事件が浮かびます。

宿泊巡りなら下見に来た可能性もあると思います。宿から遠いのなら共にブームの車中泊も当然考えられます。
秘湯が沢山あるのなら、一先ず1つ2つ入ってから宿探しというのも考えられます。

犯人は徒歩や車からの乗り降りの瞬間を狙っていたのでしょう。
しかし更に酷いのは、近隣で事件が多発していたというのを、死亡被害者が出てから一斉に明らかにしたことです。
うちの町・村には犯罪が一切ないと飾りたがる田舎住人特有の心理、
犯人を確実に捕まえるため、事件を伏せ続けて次の事件を待望する田舎警察らしい行動を感じます。
地名が出るとそのまま観光客減少に繋がりますが、地名伏せての注意喚起はもっとあって良かったのではないかと思います。
それを承知で行くのと、事件の存在を全く知らず無防備で行くのは違いますから。

投稿: 世田谷&東金&松戸&島根浜田 | 2010/09/09 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大分県別府市女性殺害事件その2(続報) | トップページ | 大分県別府市女性殺害事件その4(足取り) »