« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

埼玉県加須市弟殺人未遂事件

10月30日、埼玉県警加須署は殺人未遂の現行犯で、加須市花崎、無職、男性容疑者(45)を逮捕する事件が起きている。
容疑者は当初容疑を認めていたが、その後ので調べで「殺すつもりはなかった」と否認しているらしい。

加須署の調べでは、容疑者は30日午後4時15分ごろ、自宅居間で、同居している弟(41)と口論になり、はさみで右肩と首の付け根を刺した。さらに台所から包丁を持ち出して、弟の頭を切りつけ、軽傷を負わせた疑いが持たれているらしい。

加須署によると、容疑者が弟の作った料理がまずいなどと言って食べなかったことから、兄弟げんかに発展したらしい
犯行後、容疑者は弟に包丁を取り上げられ、取り押さえられたとの事。

料理がまずいとして、それは今回だけなのか?それともいつもなのか?
今回だけなら、いつも美味しいのにどうして今日はまずいのか?と怒るのもうなずけるけど・・・でも殺意にはならないと思うんだよね。

でも、いつもまずい場合は日頃の不満が爆発してしまったのかな?
しかし、それならまずいと分かっている料理をどうして食べ続けるのか?そちらも疑問ですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

福岡市中央区女性殺人未遂事件

10月31日、午前7時35分頃、福岡市中央区天神2の県道で、横断歩道を歩いていた同市早良区の女性(34)を徐行程度のスピードではね、女性が倒れたところを2度はねた事件が起きている。

福岡県警中央署は横断歩道の歩行者を軽乗用車ではねて殺害しようとしたとして、同県宗像市田熊4、無職男性容疑者(20)を殺人未遂容疑で逮捕したとの事。

被害者と面識はなく、動機を調べている。 容疑者は容疑を認めているらしい。
女性は治療中だが、意識はあるらしい。

現場は九州最大の繁華街、天神地区の一角。通りかかった同署の車両が目撃し、逃げる軽自動車を約250メートル追跡して停車させ、容疑者を取り押さえたとの事。

横断歩道で徐行程度の速度ではねて、倒れた所を更に轢くってのは、殺意満々に見えますね。
面識が無いですか・・・
誰でもよいから、あるいは女性ならだれでもよかったのか、動機が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

横浜市中区63歳強盗事件

10月31日午前5時40分ごろ、横浜市中区伊勢佐木町6丁目の路上で、東京都世田谷区在住の風俗店従業員の女性(27)が、男にいきなり背中を刺され、持っていた手提げバッグ(現金約7千円在中)を奪われる事件が起きている。

女性は1~2週間のけが。

男は逃走したが、近くで作業中の男性2人が取り押さえ、伊勢佐木署員に引き渡した。同署は強盗傷害容疑で自称横浜市旭区上白根町、無職の男の容疑者(63)を現行犯逮捕したとの事。

同署によると、同容疑者は、勤務を終えて帰宅中の女性に後ろから近づき、無言で刺したらしい。
同容疑者は「風俗で働く女性は金を持っているので狙っていた」と供述しているらしい。

風俗で働く女性がお金を持っているかどうかは別にして、63歳の無職男性が強盗した理由は何だろうね。
単純にお金に困ったから?
家族も無く仕事もできなければ経済的に困窮すると思うが、生活保護とかはどうなんろうね。

続報を待ちましょう。



| | コメント (1)

2010/10/30

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その24(犯人との接触場所)

情報が少ない事件では数少ない情報をどう判断するかで事件の方向性が大きく変わってしまいます。
この事件もそんな事件の一つですね。
今回は事件の方向性を大きく変える犯人との接触場所について考えてみます。

前提条件は
・被害者は徒歩だった。

被害者が犯人もしくは犯人グループの一員と接触したと考えら得る場所は3箇所ですね。
A)アルバイトのショッピングモールから出た直後
B)靴が発見された場所
C)それ以外の場所

A)のショッピングモールを出た直後と言うのは、被害者がドアを出た1分後に出た人間が被害者を見ていない事を考えると、車で短時間に連れ去った場合が考えられます。
ここで場合分けすると
A-1)被害者の意志で車に乗った場合。
 車を運転していた人物、あるいは他に車の中に居た人物と被害者は顔見知りである場合ですね。あるいは被害者の知り合いの知り合いと言う可能性もあるかな。

 A-1-1)実はこの段階では犯人には接触しておらず、移動の為に知人の車に乗った場合と言うのも考えられる。

 被害者の意志で車に乗った場合、タイミングを考えると待ち合わせの可能性がありますよね。

A-2)車に乗ったのは被害者の意志ではない場合。
 A-2-1)犯人が単独犯の場合
  短時間で無理やり車に乗せて、その上、犯人が車を運転する事を可能にするには、被害者が動けない状態にしなければならない。なのでこの段階で被害者を殺害、あるいは、スタンガンなどで行動不能にしている場合ですね。この場合は計画的な犯行の可能性が高いかな。ただし、場所的にリスクが高い。

このショッピングモール近くで犯人と接触した場合も靴は偽装の可能性が出てきます。

 A-2-2)犯人が複数犯の場合
  複数犯なら車に拉致して逃走と言うのも可能だと思うけど、場所的にリスクが非常に高いです。拉致現場を目撃されれば即、事件として捜査されてしまう。その意味では可能性は低いと思います。

B)の靴が発見された場所ですが、ここも可能性は広いです。

B-1)被害者の意志で車に乗った場合。

 B-1-1)知り合いの車の待ち合わせ
 待ち合わせ場所としてはおかしな場所ですね。アルバイトの帰りに待ち合わせをするなら、ショッピングモールの近くでしょうね。

B-1-2)偶然通りかかった知り合いの車に乗った場合。
 偶然の場合は最後まで否定できないでしょうね。

被害者の意志で車に乗ったのであれば、発見された靴が不自然です。この場合、発見された靴は偽装の可能性が高そうです。

B-2)車に乗ったのは被害者の意志ではない場合。

 B-2-1)待ち伏せの場合。
 B-2-1-1)単独犯の場合。
  ここもA-2-1)と同様に被害者を拉致して犯人が運転するのは難しいでしょうね。なので、なんらかの方法で被害者を行動不能にした可能性がありますね。
計画的な犯行の可能性が高いです。場所としても比較的リスクが低く、被害者がアルバイトの帰りにここを通る事を知っていれば容易に計画できるでしょう。

 B-2-1-2)複数犯の場合。
  可能性は否定できませんね。場所的なリスクも低いです。

 B-3)偶然通りかかった犯人による犯行の場合。
 B-3-1)単独犯の場合。
  単独犯の可能性は低いと思います。それは拉致と車の運転を行うのは困難だと思うからです。普段からスタンガンを車に常備しており、女性を襲おうと思っている人間であれば可能性はありますね。

 B-3-1-1)単独犯でここが暴行と殺害の場所の場合。
  被害者が死亡していれば、単独犯でも車の運転が可能ですね。この場合、暴行と殺害は車の中になるでしょうね。

 B-3-2)複数犯の場合。
  可能性は否定できないでしょうし、単独犯の場合に比べて、拉致と運転の難易度が低いです。

C)それ以外の場所の場合。
 目撃情報が無いのでまったく否定できないでしょうね。ただし、バスや電車などを利用したのであれば、目撃情報が出そうな気がします。

 この場合も靴は偽装の可能性が出てきます。
まさかと思うけど、一度自宅(寮)に戻ったと言う事は無いんでしょうね。

犯人との接触場所を考えただけでも、顔見知り、流し、単独犯、複数犯、靴の偽装と考える事が多いです。

| | コメント (9)

神戸市須磨区男性殺害事件

10月29日午前5時15分頃、神戸市須磨区南落合3丁目の路上に止まっていた車の中で、男性2人が頭を殴られ血まみれの状態で倒れているのを通行人が発見、119番する事件が起きている。

兵庫県警によると、神戸市垂水区の無職・K(19)さんが死亡し、同県明石市の専門学校生・S(19)さんが意識不明の重体。県警は殺人と殺人未遂事件として須磨署に捜査本部を設置したとの事。

同本部によると、2人は頭部を鈍器のようなもので殴られ骨折。車は、Kさんが所有するRV。Kさんが後部座席、Sさんは荷台スペースで見つかった。エンジンキーはささったままで、左後部と荷台側のドアが開いていた。

Kさんら2人は発見される前、現場で知人の女性3人と一緒にいたようだ。
発見直前には、この場所でバイクに乗った十数人の男が車を囲んでいるのを別の通行人が目撃しており、捜査本部は女性らから事情を聞いているようだ。

Kさんは発見される約2時間前の29日午前3時半頃、現場から約6キロ西のコンビニから「男に殴られた」と110番。その10分後にも別のコンビニから110番し、「(殴ってきた)相手が僕の車を運転している。逃げるから」と話して電話を切ったとの事。

Kさんは、Sさんと同じ神戸市西区の専門学校に通い、同じ自動車整備科に在籍していたが、昨年9月に退学、アルバイトなどをしていた。

現場は神戸市営地下鉄西神線名谷駅の南東約750メートルの住宅街で、市立南落合小学校のすぐ前。

場所は現場付近の航空写真

当時2人と一緒にいたものの、逃げ出して無事だった少女ら3人の証言や交友関係などを捜査。その結果、男ら数人が浮上し、暴行への関与などについて事情を聴いたらしい。

男らはKさんらと面識があるとみられ、具体的なトラブルの内容などを調べているとの事。

どんな理由があったか知らないが、殺さなければ解決できない問題だったんですか?

続報を待ちましょう。

2010/10/30追記
兵庫県警須磨署捜査本部は30日、殺人と殺人未遂の疑いで、同区南落合、無職M男性容疑者(22)を逮捕した。捜査本部によると、同容疑者は29日夜、同署に母親(46)とともに自首。「大変なことをしてしまった」と供述し、容疑を認めているらしい。
M容疑者は被害者2人と一緒にいた女性(20)の兄。「妹を連れ回されたのに腹が立った」と話している。一方、友人数人と暴行したと説明しているが、友人らは関与を否定。捜査本部は慎重に調べを進めるらしい。

捜査本部によると、被害者Kさんら2人はかつて専門学校の同級生で、28日夜にM容疑者の妹や16歳の少女2人と明石市で飲食していた。同容疑者は母親から妹がいないと電話を受け、妹と連絡を取り、29日未明にKさんらといるところを見つけたらしい。 

激怒していたM容疑者は仲間にKさんの車を運転させ、神戸市西区方面に向かったが、身の危険を感じたKさんらが「トイレに行きたい」と懇願。同市西区のコンビニエンスストアでいったん車から降りた際、トイレ内から「男が駐車場にいて出られない」と110番したとみられる。

しかし、Kさんらは逃げ切れず、そのまま車で同市須磨区南落合の小学校前まで連れて行かれた。そこでM容疑者らが集めた仲間ら数人に車外で殴られ、その後車内に押し込まれて放置されたらしい。

警察のその後の調べで、M容疑者が事件の3時間前に妹とKさんらが一緒にいるのを見つけ、車でKさんらを無理やり連れ回していたことがわかった。Kさんは途中、コンビニエンスストアのトイレから警察に助けを求めたが、その後、連絡が途絶えたらしい。

2010/10/31追記
司法解剖の結果、Kさんの死因は外傷性脳くも膜下出血であることがわかり、警察は傷跡やM容疑者の供述から、頭や顔を十数回素手で殴ったり、足で踏みつけたりしたものとみている。また、M容疑者の拳は腫れ上がっていたという。

警察は、複数の人間が暴行に加わったとみて、当時、M容疑者と共に行動していた男性らから事情を聴いている。

| | コメント (3)

大阪府高槻市淀川女性殺害事件その6(死体遺棄で容疑者逮捕)

同居していた女らが遺棄に関与した疑いが強まったとして、府警高槻署捜査本部は10月28日、死体遺棄容疑で無職女性UH容疑者(36)=大阪狭山市茱萸木=ら3人を再逮捕した。

被害者は首を絞められ殺害されており、捜査本部は被害者死亡の経緯についても何らかの事情を知っているとみて調べるようだ。

ほかに再逮捕されたのは、同府豊中市庄本町、無職男性SK(42)と、高槻市須賀町、元トラック運転手男性IM(36)の両容疑者。

捜査本部は、UH容疑者と、その夫で被害者の養父(39)=自殺=が主導したとみているらしい。

捜査本部によると、UH容疑者は「身に覚えがない。夫がやったとも思わない」と供述し、SK容疑者も否認している。

IM容疑者は「養父に50万円で頼まれた。遺体をSK容疑者から受け取って捨てた」と供述しているらしい

再逮捕容疑は4月28日午後11時40分ごろ、養父と共謀し、高槻市東上牧の淀川堤防に、数枚のポリ袋に入れた被害者の遺体を遺棄した疑い。

UH容疑者ら3人は別の保険金詐欺事件で起訴されていた。(上で再逮捕となったのはこの為)
養父らは交通事故を偽装した保険金詐欺を繰り返しており、捜査本部は保険金詐欺グループの中に遺体事件について事情を知っているメンバーがいるとみて捜査を進めていたとの事。 

「バイトをしないか。死体を運ぶだけでいい」

府警によると、4月下旬、IM容疑者(36)にかかった養父からの電話が死体遺棄事件の始まりだったらしい。
養父は報酬として50万円を提示し、「警察沙汰(ざた)にはならないから」と説得したらしい。IM容疑者は着手金10万円を受け取ったとの事。

養父から遺体の受け渡し場所や時間を指示されたIM容疑者は4月28日夜、1人で車に乗って大阪府北部の待ち合わせ場所へ行き、SK容疑者(42)からポリ袋に入った遺体を受け取ったらしい。

遺体を車に積み、その場を離れたIM容疑者は「少しでも早く捨てたい」という思いにかられ、当初の予定より早く、自宅から5分ほどの淀川堤防の草むらに遺体を捨てたらしい。

捜査関係者によると、被害者の遺体が高槻市東上牧の淀川堤防の斜面に遺棄されたのは4月28日午後11時40分ごろ。養父は当時住んでいた同府豊能町の自宅近くの居酒屋にいてアリバイを作り、電話でIM容疑者に具体的な指示を出していたらしい。

遺棄の場所については、「できるだけ遠い場所でポリ袋から出して捨てろ」と指示したらしい。
IM容疑者は養父から提示された報酬50万円の現金が欲しくて引き受けたらしい。

府警は養父やUH容疑者らから任意で事情を聴いていたが、5月18日早朝、養父が京都府舞鶴市の路上に止めた車内で練炭自殺した。
養父は同11日の任意聴取で「SKにやらせた。処分しろと言った。SKから河川敷に捨てたと聞いている」と殺人や死体遺棄を認めたらしい。

その後、IM容疑者は死体遺棄の報酬の残金40万円の支払いをUH容疑者に請求したがUH容疑者は6月、覚えのない現金の支払いを要求されたとして、恐喝未遂罪でIM容疑者を府警に告訴したらしい。

SK容疑者(42)が、遺棄当日の4月28日に「被害者と会った」と供述したことが29日分かった。被害者はその直後に何者かに殺害されたとみられ、大阪府警は、SK容疑者が何らかの事情を知っているとみている。

捜査関係者らによると、SK容疑者は28日夕、被害者を大阪市西成区の実家に車で迎えに行き、東淀川区のホームセンターに寄った後、西成区のコンビニエンスストアで降ろしたと話しているらしい。

これまでの捜査では、被害者の遺体が高槻市の淀川堤防の斜面の草むらに遺棄されたのは4月28日午後11時40分ごろとされる。SK容疑者が被害者に会ったという28日夕方と近接していることから、被害者殺害の経緯についてSK容疑者が事情を知っている可能性があるようだ。

府警によると、SK容疑者は死体遺棄容疑の調べに「否認します。ノーコメント」と黙秘しているらしい。

無職UH容疑者(36)が、「住み込みで働けば貯金ができる」などと、被害者に同居を持ち掛けた疑いが強いことが29日分かった。同居から遺体で見つかるまでの約3カ月間で、被害者が実際に働いたのはわずか3日で、計約1万5000円のアルバイト代を受け取っただけだったらしい。

捜査関係者などによると、被害者が同府豊能町にあったUH容疑者宅で同居を始めたのは、今年1月20日ごろ。それまでは同府松原市にある雇用促進住宅に住み、ハローワークに通うなどして職を探していたとの事。
被害者は「派遣切り」で失職しており、家財道具も少なく、失業保険や金融機関からの借金で生活していたらしい。
同容疑者も被害者の生活ぶりを知っていたとみられ、捜査本部は、「貯金ができる」との甘言で、生活にゆとりがなかった被害者を同居に引き込んだ可能性があるとみて調べているらしい。

府警が、死体遺棄容疑で逮捕された無職SK容疑者(42)の車から、遺棄当日にポリ袋を購入したことを示すレシートを発見、押収していたことがわかった。

鑑定の結果、このポリ袋は、被害者の遺体が入れられていたものと同じ種類と判明。
SK容疑者は否認しているが、府警は容疑を裏付ける証拠の一つとみているらしい。

捜査関係者によると、レシートは4月28日午前、大阪市東淀川区のホームセンターで発行され、容量90リットルの黒いポリ袋10枚の購入記録が記載されていたとの事。

店の防犯カメラには、この時間帯にSK容疑者が1人で来店し、ポリ袋を購入する様子が映っていたらしい。

自殺した養父=当時(39)=が、遺棄を実行したIM容疑者(36)に「袋から出して捨てろ」と指示していたことが29日分かった。大阪府警は、養父が被害者殺害の事実を隠し、事故死にみせかけて保険金を手に入れようとしたとみているようだ。

被害者は養父と養子縁組した後、3つの生命保険計2160万円をかけられ、1つは遺棄前日の4月27日に解約されていた。残りの保険額は計1160万円だったが、事故死など不慮の死と判定された場合には通常の病死などと比べて支払額が増え、養父らに4千万~5千万円が入る可能性があったとの事。

府警の司法解剖で、被害者は遺棄当日に首を絞められて殺されたとみられるが、首にあったひも状の跡は極めて細く、判別しにくいものだったらしい。

さて、事件の流れもかなり分かってきたね。
ここの情報だけでは分かり難いのがこの容疑者グループの関係です。
養父らとこの容疑者たちは実は保険金詐欺グループだったようです。
交通事故を偽装して保険金を騙し取ったとしてIM、IMの妻、SKの初公判が10月22日大阪地裁であり、罪状認否で3人とも起訴内容を認めている。

この事件の起訴状によると、3人は他の2人と共謀。昨年4月、高槻市内で共犯の男がレンタカーを運転し、入江被告らが同乗する乗用車に故意に追突、保険会社から保険金約280万円を詐取したとしている。

さらに、IMは借金を踏み倒す為に養子縁組をする。
IM容疑者の借金を知った養父が持ちかけたのが、養子縁組で改姓し、借金を逃れる方法。養父自ら経験があり手口を熟知していた。IM容疑者は、養父の紹介で2度養子縁組し、旧姓の「T」から「I」という姓になったようだ。
養父への謝礼は10万円。IM容疑者は逮捕前の取材に「養父にはいろいろしてもらって感謝している」と語っていたらしい。

まあ、日本には人知れず殺人をビジネスにしている人達がいるんでしょうね。
それは、過去の数々の保険金詐欺事件が証明しているでしょう。

この事件では養父が任意聴取で自供していたので、自殺後も捜査を進める事ができたんでしょうね。

しかし、興味深いのはグループ内のトラブルです。遺棄担当のIMは50万で遺体遺棄を引き受けたけど、怖くなって近くに遺棄した。それも、養父の指示に従わずにポリ袋まで残して・・・
それが元でこの事件は事件として捜査される事になった。いわばこの事件解決のキーマンですね。
そして、被害者周辺を捜査すれば当然のように生命保険金や養子縁組が浮かんでくる。
その結果、任意の聴取で自白、養父は自殺してしまう。

そこへ、IMは残金の40万を亡くなった養父に代わり妻のUH容疑者に請求するが拒絶された挙句に恐喝で告訴される。
妻のUHにしてみれば「養父が自殺したのは誰のせいだ!」って気持ちもあったかもしれない。

そして、ポリ袋だけど打ち合わせ段階で、「ポリ袋は遺体に残らないから気にしなくて良い」なんて事になっていたかもしれないが、これもIMの臆病風のおかげで犯行の証拠となりそうです。

複数犯と言うのは難しい物ですね。

参考リンク
大阪府高槻市淀川女性殺害事件その5(被害者が警察に相談していた)
大阪府高槻市淀川女性殺害事件その7(全容解明へあと一歩)

| | コメント (1)

2010/10/26

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その23(1年目報道)

広島県の山中で昨年11月初旬、島根県立大1年の女性、当時(19)、の遺体が発見された事件は、被害者が行方不明となり、事件に巻き込まれてから26日で1年がたつ。
捜査本部は地道な捜査を続けているが、有力な目撃証言や物証もなく捜査は難航しているらしい。

被害者は昨年10月26日夜、島根県浜田市内のアルバイト先のショッピングセンターから大学近くの学生寮の方向に行く途中、行方が分からなくなり、11月6日、島根県に隣接する広島県の臥龍(がりゅう)山の山頂付近で遺体の一部が発見された。

以降、島根、広島両県警の合同捜査本部が捜査を続けているが、現場からは被害者の血液が付着した袋片以外は、携帯電話や衣服などの遺留品は見つからないまま。情報提供を呼びかけるフリーダイヤルを設置したり、公的懸賞金制度の適用も受けたが、有力な情報は得られていないらしい。

発生から1年の節目報道です。
事件発生当初、私はあまりのショッキングさにいつものように冷静な目でこの事件を見ていなかったかもしれません。
1年が経ち冷静に見れるようになった今、もう一度この事件を考えてみましょう。

・・・・とは言え、情報が殆ど無いんですよね。
失踪、遺体発見、事件として捜査の流れの中で出てきた情報は
失踪直前の様子、被害者の物と思われる靴の片方、解体された遺体の一部。

とりあえず、いつものように少しずつ進めましょう。

参考リンク
島根県警のこの事件についてのページ

| | コメント (29)

2010/10/24

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その5(続報)

被害者と一緒にいた市立中3年の女子生徒(15)が兵庫県警の調べに、「男は馬乗りになって被害者を襲った」と証言していることがわかったらしい。

男は、起き上がって逃げようとする被害者をさらに追いかけたらしい。
県警は22日、犯行状況を確認するため、女子生徒を立ち会わせ、現場で実況見分したとの事。

女子生徒が県警に行った説明によると、4日午後10時40分頃、道路脇の自動販売機前で、被害者と手をつないで座っていると、右隣にいた被害者のさらに右側に男が立っていた。
男は、小型ナイフ(刃渡り約10センチ)を振り下ろしたらしい。

どうも、違和感があるんですけど・・・・
とりあえず、続報を待ちましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その4(あれこれ思う事)

| | コメント (6)

長崎県対馬市17歳女性放置死事件

10月24日、重度の感染症の次女を放置し、死なせたとして、長崎県警対馬南署は対馬市美津島町鶏知(けち)、会社員女性容疑者(44)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕する事件が起きている。

発表によると、次女(当時17歳)に適切な医療を受けさせず、重症の呼吸器感染症で死亡させた疑い。

次女が両脇に湿疹(しっしん)を患ったため、容疑者は昨年6月中旬、病院で診療を受けさせたが、その後はそのまま放置したらしい。
次女は今年2月頃から寝たきりで、食事も取れなくなり、3月16日頃死亡。同月20日、女性容疑者の父親の知人が同署に通報していた。

容疑者は数年前に離婚し、次女と一緒に実家の民宿の2階で暮らしていた。

容疑者は「食事は与えていた。(ひどい状況になっているのを)非難されるのが怖かった」と供述しているらしい。

奇妙な事件です。
常識的に考えればわが子が病気で苦しんでいたら病院に連れていくでしょう。
連れて行けない理由は限られてくるよね。
その一つは経済的な理由があると思うけど、容疑者は会社員なので、収入はあったはず。
住んでいるのも実家の2階だし、親族も近くにいたんだよね。

何か病院に連れて行けない理由があったのかな?

理由としては「酷い状況になっているのを非難されるのが怖かった」と話しているいるようだけど、1日で悪くなるはずがないでしょ?
重篤な症状になるまでに半年以上も時間があった。その間に病院に連れて行けば問題なかったはずなんだよね。

それに、次女は17歳、学校の話題が出てないね。次女は学生ではなかったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (2)

2010/10/23

世田谷一家殺害事件再考その96(印刷と染料)

実は読者の方で印刷経験者から染料とフィルムはシルク(スクリーン)印刷に関係するのではないか?
とメールをいただきました。

印刷と言うキーワードはこの事件には以前から出ていました。
・ガラスビーズが印刷に使用される物ではないか?
・複数の染料を使うのは印刷関係ではないか?

と言うところですね。

でシルク印刷について調べてみるのですが・・・
シルクスクリーン(wiki)シルクスクリーン印刷のメリット、デメリット印刷の基礎知識が参考になります。
色々なメリットがありますが、水と空気以外なら何でも印刷できると言われる手法のようです。

で、色々と気になる点はあるのですが、行き詰ったのが、印刷に使われるのは殆どの場合、顔料であると言う事です。
染料と顔料の違い
印刷インキの90%は顔料が使われる。

だけど、捺染と言うのもあります。
捺染とは
これを見ると、染料をバインダー(糊)で生地に落としている。

私は印刷工場で使うのは染料ではなく、顔料で染料を使うのは特殊な場合だと考えてました。
だけど、捺染などでは、染料も使うのではないか?

染色加工と言うのもあります。

繊維を染色する場合には染料も使われるようです。

だけど、正直なところ良く分かりません。
印刷業界や染色加工では染料は使われるのでしょうか?
使われるとしたらどんな場合に使われるのでしょうか?

それから、印刷業界ではインクが服に着くと落ちない為、現場では作業服を着るのが一般的なようですね。

今年も恒例の年末情報公開が近づいてきましたが、捜査の進展に期待したいですね。

| | コメント (33)

2010/10/21

コメント内容についてのお願い。

ASKAの事件簿は日々の事件を記録する事が主な目的です。
なので、酷い事件も記録します。
そんな事件の記録を読めば、怒りも湧いてくると思います。
だけど、感情にまかせて容疑者や被告人に危害を加えるような事をうかがわせるコメントの書き込みはしないでください。

例え犯人であったとしてもそんな事は許される事ではありません。

例のお宅芸能人が書類送検された事を忘れずに、よく考えて冷静にコメントしてください。

以上のような理由から、コメント内に誰かに危害を加えるような事をうかがわせる内容があれば削除します。

| | コメント (0)

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その4(あれこれ思う事)

とりあえず続報。
捜査本部によると、ナイフは10日午前に、被害者が襲われた現場の南西約100メートルの側溝で近くの住民が発見。ナイフには目に見える血痕はなく、ごく微量の血液を鑑定した結果、被害者のDNA型と一致したため凶器と断定したとの事。

捜査本部が事件発生の翌日に凶器が発見された側溝などを捜索した際にはナイフは発見できなかった。まとまった雨は8日夕方以降しか降っていないことなどから、男がナイフを犯行後にいったん持ち帰るなどし、血痕をふき取るか、洗い流して捨てた可能性が高いらしい。

凶器をあえて現場に戻って遺棄する理由があるのかな?
極端な話をすれば、もし犯人が捜査線上に浮かばない存在と確信しているなら、凶器を処分する必要もないからね。

以前にも書いたけど犯罪を計画する場合のポイントは二つですね。
・目的の達成
・逮捕されない事

事件によっては逮捕されてもかまわないと言う場合もあるけどね。

この事件の場合、被害者を殺害する事を目的とするのは普通だとしても、「逮捕されない事」はあまり意識されていないように思うんだよね。
それは、一緒にいた女性に顔を見られている点です。
これは致命的と言って良いですね。もし、逮捕されない事を強く意識したのであれば、被害者が一人になった所や顔を見られないように顔を隠して犯行を行う事を選んだと思います。

事件当時、犯人は逮捕される事をそれほど重要視していなかったのかな?と考えています。
それから、一緒に居た女性に顔を見せるのも、変だけどもっと変なのは「被害者にも顔を見せている事」です。
もし、被害者が犯人を知っていて、危険を感じればその場で逃げ出すでしょう。
それでは目的を達成できない。
その意味では被害者は犯人を知らないか、もしくは知っていても身の危険を感じていなかったのだと思います。

そして、今回報道の凶器の遺棄した場所と時期ですが、捜査済みの場所に遺棄すれば、捜査済みの場所は2度捜査しないと言う事を狙ったんでしょうね。

逆に発見させる為に遺棄した?
それなら、凶器の血痕を消す必要は無いでしょう。捜査を撹乱する為の偽装なら、凶器として発見されて欲しいはずですよね。

そう考えれば、この遺棄場所と時期の選定は凶器を発見されない事を狙った物かと思う。
だけど、場所が側溝なので警察が発見しなくても住民が発見するかもしれない。
たとえ発見されたとしても、犯人は自分の手元に置くよりも手放した方が安全と考えたんだろうね。
その意味では、凶器は特殊な物ではないし、入手経路から犯人にたどり着く事は無いと犯人は考えているんだろうな。

犯行時に逮捕される事に無頓着なのは「目的の達成」がより優先順位が高かったと言う事だと考えています。
目的が殺害なら、どうして、凶器は「小型のナイフ」なのか?
これは、具体的な犯行状況を想定していなかったか、または、携帯性を優先した場合だと考えています。
つまり、犯人は誰をいつ何所で殺害するかを決めていなかったのではないかな?

事件発生から2週間以上が過ぎています。
いつ容疑者逮捕の報道があってもおかしくないと思っているのですが・・・・

容疑者逮捕に期待しましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その3(凶器発見)兵庫県神戸市高2男子殺害事件その5(続報)

| | コメント (1)

2010/10/19

茨城県水戸市1歳女児遺体遺棄事件

9月24日午後4時半ごろ、水戸市千波町にあるアパートの男性(31)方で、タオルケットに包まれた1歳くらいの女児の遺体が放置されているのを水戸署員が発見する事件がおきている。

死体遺棄事件とみて捜査を始めた。男性は同日午前、市内の病院に搬送され入院中。
男性の妻(25)の行方は分かっていないらしい。

水戸署によると、水戸市内の病院から同日、男性の父親(59)に「午前中に男性が体調を崩し搬送された」と連絡があったらしい。
父親が男性の妻に電話をかけたがつながらなかったため、アパートの管理会社に「息子の

嫁と子供の姿が見えない」と相談したところ同社から通報を受けた水戸署員が8畳間で女児の遺体を発見した。
遺体は裸のままで腐敗が進んでおり、同署は司法解剖をして死因を調べるとの事。

水戸署によると、女児に目立った外傷はなく、同署は、男性の回復を待ち、行方不明の妻(25)の所在や女児死亡の経緯を聴く方針。

同署によると、男性は妻と娘の3人暮らし
病院には24日午前0時過ぎに搬送された。複数の住民によると、22日夜まで部屋の明かりがついていたが、23日夜は消えていた。24日未明にアパート前の駐車場で救急車が目撃されている。

水戸市消防本部によると、24日深夜、男性から携帯電話で119番があり署員が駆け付けると、男性はアパート駐車場で「苦しい。胸が痛い」などと訴えたという。男性は水戸市内の病院に救急搬送され、入院した。

女児は首を圧迫されたことによる窒息死の可能性が高いことが28日、水戸署の司法解剖で分かった。

同日までに女児の母親(25)の所在も判明。母親は「数カ月前から家を空けていた」などと説明している。

同署によると、女児は同所、女児(1)と確認された。死後約1カ月とみられる。女児の遺体はタオルケットにくるまれた上、ビニールに包んで段ボール箱に入れられ、押し入れの中に置かれていたとの事。

同署はDNA鑑定などから女児と断定。女児の生活状況などについて母親から引き続き話を聴いているらしい。

アパートの別棟に住む男性(40)は「8月中は(現場の)部屋から女児のような泣き声が聞こえた。特に気にならなかった」と話したようだ。

現場近くの住民によると、女児の父親とみられる同居の男性が8月末ごろ、「子どもの泣き声をめぐって近所から苦情を受け、それが原因で妻と子どもは岐阜に帰っている」などと話していたらしい。

茨城県警水戸署は10月18日、死体遺棄容疑で、父親の無職男性容疑者(31)を逮捕した。
同署によると「隠したことは間違いない」と話しているらしい。
逮捕容疑などによると、容疑者は7月中旬ごろから9月24日までの間、三女(1)の遺体をタオルケットとビニール袋で包み、段ボール箱に入れて自宅アパートに遺棄した疑い。

さてと、この事件も良く分からない事件です。
女児と父親、母親の3人暮らしで、母親は数ヶ月前から家を出ていた。
そして、9月24日に女児の遺体が発見される。
ここから推測すると、女児が死亡した時期には母親は家に居なかったのかな?

死亡の原因は今の所分からないし、母親が家を出ていた理由も分からない。
1歳児を抱えて仕事は出来なかったと思うけど、父親は生活資金はどうしていたのかな?
なぜか、母親の話はまったく出ていないし・・・・
容疑者が入院した時の病名も分からない。

続報を待ちましょう。

2010/10/19追記
捜査関係者によると、容疑者は足がやや不自由で、定職はなく、妻は長女と次女を連れて事件の数カ月前から家を出ていた。妻は同署の事情聴取に対し、7月中旬に生存を確認したと説明。「死んだことは報道で知った」と話したらしい。
司法解剖結果によると、女児は外部からの力が加わったことによる外因死で、死後1カ月前後とされた。

長女と次女を連れて母親は家を出た。どうして1歳の3女は連れていか無かったのかな?

| | コメント (2)

2010/10/18

山口県宇部市ウサギ惨殺事件

10月18日午前7時20分ごろ、山口県宇部市松山町2の見初(みぞめ)小学校で、飼育小屋で飼われていたウサギ2羽が殺されているのを出勤した男性教頭(51)が発見する事件が起きている。

刃物で切られた跡があり、うち1羽は頭部が切断され、見つかっていない。宇部署は悪質な器物損壊事件として調べているとの事。

同署によると、発見時に小屋は施錠されており、壊された形跡もなかった
教員が17日午後4時にエサをやった時は異常はなかったらしい。
同校では4月、プールに隣接した女子更衣室の出入り口のガラス2枚が割られる事件があったとの事。

犯人はどうやってウサギを殺したのかな?
夜に忍び込んでウサギを殺したんだと思うけど、何のためにそんな事をするのか?
憂さ晴らしか?嫌がらせか?

犯人逮捕に期待しましょう。

| | コメント (2)

2010/10/14

栃木県那須塩原市少年殺害事件

10月14日午前5時20分ごろ、栃木県那須塩原市鳥野目の市立鳥野目河川公園駐車場で、「男性が倒れている」と通行人の男性が110番通報すうる事件が起きている。

県警那須塩原署員が駆け付けたところ、男性があおむけに倒れており、既に死亡していたようだ。

捜査本部によると、男性は20~40歳で、身長約170センチ。黒いTシャツと靴下を身に着けただけで、全裸に近い状態だった。近くに灰色のジャージーが落ちていたらしい。

県警那須塩原署捜査本部は14日夕、男性は同県那須町高久甲、職業不詳、男性(18)と判明したと発表した。捜査本部は別の場所で殺害され、運ばれた可能性があるとみているとの事。

調べによると、男性はあおむけで倒れており、頭や顔などに殴られたような傷があったらしい。
靴下のみを着用しており、黒いTシャツは胸の上に置かれた腕に巻き付いていたという。

付近のアスファルトには数滴の血痕があったらしい。
遺体の状態などから死後1週間以内とみられるという。 

靴が見つかっていないことなどから、別の場所で殺害され、運ばれた可能性があるとみて、不審車両の洗い出しや交友関係を中心に捜査しているらしい。

13日午後4時ごろ、河川公園管理事務所の職員が駐車場を確認したときは異常はなかったらしい。

場所はこちらを参照願います。現場周辺の航空写真
周辺は林や田畑かな?が広がり、一般的な田舎の風景と言ったところでしょうね。

それに、ちょっと移動すれば山林なども多い場所です。
あえて、人が集まる、公園の駐車場に遺体を遺棄する理由は無いと思うけどね。

被害者の住所と遺体発見現場の公園までは直線距離で約2kmぐらいかな、車で10分と掛からないと思います。
死因と死亡時期はもう少し後で出ると思うけど・・・死後1週間以内と言うのは、キーワードになりそうですね。

続報を待ちましょう。

2010/10/15追記
県警那須塩原署捜査本部は15日、傷害致死の疑いで、同県矢板市に住む県立高校1年の男子生徒(16)ら16~19歳の少年4人を逮捕した。いずれも、大筋で容疑を認めているらしい。

逮捕されたのは、男子生徒のほか、那須塩原市に住む土木作業員の少年2人(いずれも19歳)と、住居不定、無職の少年(18)。

調べによると、少年らは14日午前0時ごろから午前1時ごろにかけて、遺体の見つかった駐車場で被害者の顔や頭を手で殴るなどし、鼻からの出血で窒息死させた疑いが持たれている。少年らは暴行後、被害者を現場に放置したまま逃走したとみられるとの事。

一部の少年は調べに対して「被害者とトラブルがあった」と供述。少年らが犯行前に被害者を呼び出していることから、捜査本部は計画的な犯行の可能性もあるとみて、トラブルの原因や事件の経緯などを詳しく調べているらしい。

犯行現場には少年4人以外にも複数の少年が車2台に分乗して出入りしていたもようで、捜査本部は運転手役の少年らからも話を聞くなど、犯行への関与を調べているらしい。

そのトラブルは被害者を殺さなければ解決できないトラブルだったのかな?
逮捕された4人以外にも現場には人間が居た、それだけの人数がいて誰もその事を考えなかったの?

続報を待ちましょう。

2011/05/26追記
傷害致死などの罪に問われた同市の土木作業員の元少年(当時19歳)に対する裁判員裁判の判決公判が20日、宇都宮地裁であった。裁判長は求刑通り懲役10年を言い渡した
判決によると、元少年は他の少年3人と共謀。昨年10月14日午前0~1時ごろ、同市鳥野目の鳥野目河川公園駐車場で、被害者の頭や顔を殴るけるなどし、顔面打撲に伴う鼻の出血で窒息死させるなどした。

県内2例目の少年事件の裁判員裁判。裁判長は判決で、無抵抗の被害者を4人がかりで約1時間暴行した点を「執拗(しつよう)かつきわめて悪質」と非難した。
元少年が当時19歳6カ月の未成年だったことについては「最長でも10年以下の不定期刑の限度でしか処罰しないという少年法の趣旨は考慮せざるを得ない」と述べながらも、求刑通りの刑が相当とした。

う~ん、法律だから仕方が無いけど、なぶり殺しにしておいて懲役10年は軽いような気がするね。被害者は18歳でしょ、生きていれば軽くあと50年ぐらいは生きたはずだよね。

| | コメント (5)

2010/10/12

岐阜県中津川市冷凍庫事故

10月12日午前10時5分ごろ、岐阜県中津川市苗木の宗教法人の中津川研修所で、屋外の大型冷凍庫内で職員の女性(45)が死亡しているのを同僚が見つける事故が起きている。

県警中津川署は、女性が中に入った後、誤ってドアが閉まり、開けることができずに死亡したとみて死因を調べている。
同署によると、冷凍庫は高さ、幅、奥行きとも2メートルの箱形。内部は零下20度に設定され、鍵を開けて出入りする。中からも鍵を開けることが可能だが、発見時には内部の照明が点灯しておらず、同署は女性が真っ暗な中で鍵を開けるボタンを探すうちに死亡したとみている。発見時、鍵は掛かっていなかったらしい。

零下20度で人間はどの程度の時間、活動する事ができるだろうか?
5分ぐらいは大丈夫かな?
職員でいつもこの冷凍庫を使っていたのであれば、内部から開ける方法は知っていただろう。
そうなら、内部の照明があれば、短時間で外に出る事ができたんだろうね。

構造的に内部から携帯電話などは使えないだろうな。
インターフォンとかは無かったのかな?

原因が分からない時点で再発防止もどうかと思うけど・・・
1)職員、関係者に対する内部からドアを開ける方法の教育
2)内部に内部からドアを開ける方法の掲示
3)照明の定期点検、電球が切れる前に定期的に交換ですね。
4)非常用の懐中電灯の設置(暗闇でこれを探す事ができるか?と言うのは問題だけどね)
5)非常時に外部と連絡を取れる方法の設置

考えられるのはこのぐらいかな。 

| | コメント (6)

島根県東出雲町金属バット両親殺害事件

10月12日午前3時20分ごろ、島根県東出雲町揖屋町、無職、男性(72)の親族から「男性の長男から『両親を殺した』と電話があった」と松江署揖屋駐在所が通報する事件が起きている。

同所員が駆けつけたところ、男性と妻の無職、女性(68)が1階居間で頭から血を流し死亡しており、自宅にいた無職の長男(40)が犯行を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。

同署によると、被害者夫婦は長男と3人暮らし。
長男は「両親を今月8日に金属バットで殴って殺した」と話しており、台所から凶器とみられる金属バットが発見された。長男は統合失調症の入院歴があり、現在も通院中らしい。

現場は閑静な住宅地のようだ。

理由は何だったのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

千葉県浦安市障害ホームレス虐待事件

口と耳が不自由なホームレスに熱湯をかけ、大やけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と神田署は傷害容疑で、千葉県浦安市の区立中学3年の男子生徒(14)を10月12日までに逮捕する事件が起きている。

同課によると、生徒は容疑を認め、「ホームレスは仕事もしないので、良く思っていなかった。驚いて大きな反応をするのが面白かった」と説明しているらしい。
約1週間前から、男性に石を投げたり、消臭液や水を掛けたりしていたらしい。

逮捕容疑は9月18日午後7時25分ごろ、東京都千代田区西神田の公園で、ベンチで寝ていた当時ホームレスだった無職男性(67)の首に紙パックに入れた熱湯約500ミリグラムをかけ、首や肩などに約1カ月の大やけどを負わせたとしているようだ。

同課によると、事件3日前、ベンチの回りを掃除していた男性が、遊んでいた男子生徒らに身ぶり手ぶりで、そこをどくように指示したが、言うことをきかなかったためほうきを振り回したことについて、男子生徒が腹を立てたという。男子生徒は事件の約1週間前から男性に石や洗剤を投げるなどの嫌がらせをしていた。

男子生徒は近くのコンビニに設置されていた電気ポットで、空の紅茶パックに熱湯を入れていたらしい。

こんな事件ですね。
「他人の痛みが分からない」と言う事なんだろうね。
自分が同じ事をやられたらどれだけ苦しいか、痛いかとか考えれば、そんな事できないのだが・・・

結局、根底に「ホームレスだから」と言う意識があったんだろうな。
同じ事を別の障害者にはできなかったろう。

あるいは、無意識にストレス解消をしていたのかもしれないけどね。

誰だって人生を生きる事は辛く苦しいんだよね。
ホームレスの人たちだって懸命に生きている。
そんな事は学校じゃ教えないだろうけどさ。

中学3年生、14歳。人生80年ならこの先の人生も66年ぐらいはあるかな。まだまだ先は長い、反省して更正して欲しいですね。

| | コメント (8)

2010/10/11

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その3(凶器発見)

続報です。
1)現場近くの側溝から凶器の刃物が見つかったことが10日わかった。
捜査関係者によると、凶器は全長20センチ(刃渡り10センチ)の片刃の調理用小型ナイフで、10日午前10時40分ごろ、現場から南西方向の同区筑紫が丘の住宅街で見つかった。付着していた血液を鑑定したところ、DNA型が被害者と一致し、凶器と断定した。掃除をしていた住民が側溝の鉄板のふたを開けて発見したとの事。

2)捜査関係者によると、被害者は頭や首、背中にかけて7~8カ所を刺されており、深さ約8センチの首の刺し傷が致命傷らしい。

このうち、頭蓋骨(ずがいこつ)には刃物をはじき返したような傷があったことが判明。両手には男と争った際にできたとみられる傷も確認されており、捜査本部は、男がまず刃物で頭を狙ったが刺さらず、その後抵抗する被害者の首や背中を執拗(しつよう)に刺したとみているとの事。

さて、刃渡り10cmは意外に小さい凶器でしたね。
頭を狙い、逃げる被害者を70mも追いかけて背中を刺し、首を刺して殺害・・・と考えると、明確な殺意があったとしか思えないけど・・・・

それなら、どうしてもっと殺傷力のある凶器を使わなかったのかが疑問ですね。
調理用の小型ナイフ・・・家庭で使っていた物を使った?それなら、調理に使用した形跡があるだろう。

もし、殺害用に調達したのなら、やはり小型だと思うのだが・・・
携帯性を重視したのかな?
もしそうなら、殺害目的なのに、主要目的を優先しないとは、小型のの凶器でも殺害できる自信があったのかな?
あるいはそうしなければ成らない理由があったのか?

続報を待ちましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その2(続報)兵庫県神戸市高2男子殺害事件その4(あれこれ思う事)

| | コメント (3)

2010/10/10

富山県富山市犬生き埋め事件

10月9日午後、富山市興人町の運河の土手で犬が顔だけ出した状態で土に埋められているのが見つかり、通報で駆けつけた消防署員と警察官が保護する事件が起きている。

同署によると、犬は体長約1メートル、体重約30キロの雑種とみられる雄。全身を横向きにされ、体の上に高さ70~80センチの土が山のように盛られていた。
9日午後2時5分ごろ、犬が盛んにほえる声に通行人が気付き、通報した。ぐったりしていた犬は現在、署でドッグフードを食べ、元気に回復しつつあるらしい。

犬を殺すつもりなら簡単にできたはずだね。
その意味では犬は死んでもかまわないと思っていたのかもしれないけど、直接殺そうとは思ってなかったのかな。

体重30km、体長1mもある犬だから、自由に動ける状態で生き埋めにするには一人では難しいだろう。
なので複数犯の可能性が高そうだけど、薬剤で動けなくしたのなら一人でも可能か・・・しかし、そんな薬剤は一般人では簡単に手に入らないだろうね。

複数犯と言うのは意外な所でほころびがでる物で・・・
でも、1mぐらいなら一人で押さえながら、土を掛ける事ができるのかな?

犯人逮捕に期待しましょう。

2010/10/12追記
同署の発表によると、同日午前9時頃、同市内の男性(73)が「私の犬ではないか」と同署に申し出たため、保健所などに照会し、男性の飼い犬と確認した。男性方は犬が見つかった現場から約1キロ離れた住宅街にあり、男性が9日朝、犬を散歩させようとしたところ、首輪を残していなくなっていたという。

男性はニュースを見て同署に連絡、夕方、同署を訪れ、犬を引き取ったとの事。

保護された犬が保健所送りにならなくてよかったね。

| | コメント (5)

2010/10/08

京都5歳女児虐待事件

10月7日、5歳の長女を虐待して大けがを負わせたとして、京都府警捜査1課と宮津署は傷害の疑いで、宮津市鏡ケ浦、無職女性容疑者(24)と内縁の夫で無職男性容疑者(26)を逮捕する事件が起きている。

長女は現在、意識不明の重体。腹部や背中など数カ所にあざがあり、府警は継続的に虐待を受けていた可能性もあるとみて調べているようです。
逮捕容疑は、7月11日午後7~10時ごろ、自宅で長女の頭や顔などを素手で複数回殴り、脳挫傷などの重傷を負わせた疑い。

府警によると、2人は容疑を認め、「食べ方が早かった」「しつけでたたくことはあった」との趣旨の供述をしており、夕食が終わるころに暴行を受けたようだ。

府警の説明では翌12日午前2時40分ごろ、同居する女性容疑者の母(54)から「子どもが階段から落ちた」と119番があったらしい。
救急隊が駆け付けると、長女は自宅1階居間で布団に寝かされていた。意識はなく呼吸は止まっていたらしい。

複数のあざがあったため搬送先の医師が同日、府警に虐待の疑いを伝えた。当時、男性容疑者は「階段の2階から見下ろすと長女が落ちていた」などと第一発見者を装って説明していたという。
両容疑者は長女と次女(4)、女性容疑者の母の5人暮らしで、今年4月ごろに大阪府松原市から転居。次女の体にもあざがあり、現在、府福知山児童相談所で保護されているとの事。

両容疑者が、暴行によりぐったりとしていた長女を約5時間にわたって放置していたことが8日分かった。
この間、両容疑者はテレビゲームをしたりしており、同居の祖母が救急搬送を要請したころには、長女はすでに意識を失っていたらしい。

府警の調べに対し両容疑者は「平手で殴っているうちに意識がなくなって、1階の居間に寝かしつけた。夜遅くまで2人でテレビを見たり、テレビゲームをやっていた」と供述しているらしい。

府警では、両容疑者が長女がぐったりしていたにもかかわらず、通報を含めた適切な処置をしていなかったとみている。

また、酷い事件が起きてしまった。
ぐったりした長女に2人の容疑者は関心がなかったのかな?

5時間の放置ね・・・倒れた直後に救急搬送していれば、ここまで重篤な状態にはならなかったのかもしれない。

病院に連れて行けば虐待が発覚すると思ったか?それとも、ゲームに夢中だったのか?
放置した理由が知りたいね。

それから、同居していた祖母は54歳なのでまだまだ、この家の中で影響力があると思うけど、虐待には気付かなかったのかな?

あと、「食べ方が早かった」と言っているけど・・・「食べるのが遅い」と言う事で暴行される事があるけど、「食べるのが早かった」と言って暴行される例は初めて聞くような気がするね。

続報を待ちましょう。

2010/10/12追記
傷害容疑で逮捕された母親(24)と無職で内縁の夫の男性(26)の両容疑者が、お仕置き部屋と呼ばれる6畳間で「40分から1時間かけて背負い投げや頭上から落下させるなどの暴行を加えた」と供述していることが12日分かった。

府警の調べでは、一家は7月11日午後7時ごろから夕食をとっていたが、長女だけが別室の6畳間のお仕置き部屋で食事をとらされていたらしい。
男性容疑者が様子を見に行った際に、すでに長女が食事を終えていたことに腹を立て、女性容疑者とともに暴行を加えたとの事。

府警によると、男性容疑者は「頭上から長女を落とした後に、いびきをかき始めて、けいれんし始めた」と供述している。長女は現在も意識不明のままで、両容疑者とも反省の言葉はないらしい。

なるほど・・・長女の異変には気付いていてそれでも、放置したんだね。
未必の故意の話も出てきそうですね。

しかし、5歳の子供に一本背負いや頭上から落下って、常識的に判断して「しつけ」では無いだろうね。
それに、お仕置き部屋で食事を取らせて、食事を終えていたから腹を立てたって・・・犬に「おあずけ」してるわけじゃないんだからさ、そんな事で腹を立てるってのもなんだかな・・・

家族で食事をするなんて家族の幸せな時間だと思うんだけどね。

子供はさ、親の立場とか考えていたずらするわけじゃないし、注意した事も忘れるし。
基本的に親の思い通りになる事なんて無いと思ってよいでしょうね。

自分が5歳の頃、どんな子供だったか思い出してみればいい。

この2人は親になるべき人間ではなかったんだろうな。あるいは親になるには早すぎたのかな?

だけど、周囲にこの2人を注意する人間は居なかったのか?
同居していた54歳の祖母は子供のアザとか、泣き声には気付いたと思うけど・・・
2人には何も言えなかったのかな?

続報を待ちましょう。

2010/10/19追記
内縁の夫、男性容疑者(26)(同)が「長女(6)は暴行後に気絶したが、(いつものように)また、起きると思った」と供述しているらしい。

府警は、激しい暴行が常態化していたことを裏付ける供述とみて調べている。

捜査関係者によると、事件があった7月11日夜、男性容疑者らは、長女が夕食を急いで食べるのに腹を立て、背負い投げで床にたたきつけるなどして40分~1時間にわたって暴行。長女はけいれんし、意識を失ったが、「朝になったら、また、目を覚ますと思った」と、テレビを見たりゲームをしたりして数時間、放置していたらしい。

さて、酷いな、平凡な私はこれまでの人生で一度も失神した事は無いです。
多分、これが普通な事だと思う。
6歳の子供が暴行されて何度も失神するなんて想像もできませんね。

もはや、サンドバッグや人形のような存在になっていたのかな?

2010/10/22追記
府警捜査1課などは22日、暴行容疑で、長女の祖母(54)を書類送検した。

送検容疑は、7月11日夜、宮津市内の親類宅で、孫娘である長女の腕や太ももなどを約2センチ角の角材(長さ約50センチ)で殴ったとしている。

調べに対し、祖母は「暴行を止めようと思ったが、(自分も)孫の態度に腹を立てて手を出した。深く反省している」と容疑を認めているらしい。

普通のおじいちゃんやおばあちゃんは孫を角材で殴ったりしません。
この家の中に女児の逃げ場所は無かったんだろうね。

| | コメント (32)

2010/10/07

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その2(続報)

続報です。
1)一緒にいた交際相手の市立中学3年の少女(15)が、犯人の男が持っていた刃物について「20センチぐらいの長さだった」と話していることが6日分かった。
被害者の首や頭には複数の刺し傷があり、深さは最長7~8センチに達していたらしい。

2)警察によると、一緒にいた女子中学生は「道路の向かいに座っていた小太りの男が襲ってきた」と証言しているが、事件が通報される直前の4日午後10時30分から約10分の間に、女子中学生の証言と特徴が似た不審な男が複数目撃されていることが新たにわかったらしい。

警察は、この目撃証言から、犯行時刻は4日午後10時半からの10分間である可能性が高いとみて、6日夜も同時刻に現場付近で検問を行い、捜査を進めているとの事。

3)その後の調べで、女子生徒は「事件前、自分たち2人が座っている目の前をその男が通過した」と警察に説明していることが新たに分かったようだ。
 
男は、車止めに座って様子をうかがった後、被害者を刃物で切りつけたということですが、最初に男が通過た際、被害者とやりとりはなく、警察は、面識がなかったとみて調べているようだ。

4)一緒にいた交際相手の市立中学3年の少女(15)が、兵庫県警神戸北署捜査本部に「犯人は最初から被害者を狙っていたと思う」と話していることが7日分かった。
捜査本部への少女の説明などによると、男は事件の数分前から、道を挟んだ車止めのポールの上に座って2人を見ていた。2人が自動販売機の横に座って話していたところ、男は右側から近づき、いきなり無言で持っていた刃物で被害者に襲い掛かったという。

5)一緒にいた女子中学生が「犯人の男は、被害者の正面から刃物を振りかざした」と話していることがわかり、警察は男が被害者を狙っていた疑いがあるとみて調べているらしい。

とりあえず、ここまでの情報を整理しよう。
場所はこちら2人が座っていた場所周辺の航空写真
ここの上側の白い四角屋根の北東側の建物の軒下と言うあたりかな。

10月4日の22時30分頃、被害者と女性が自動販売機の横で座って話していた。
この前に2人の前を犯人が通り過ぎて交差点の向かいの車止めに腰掛けて2人の様子を数分間眺めていた。
その後、2人のところに歩いて来て正面から少年を襲った。
この時、少年は一緒にいた女性に逃げろと声を掛けて、その後70m離れた交差点で血まみれで発見される。

こんな感じかと思うけど・・・
2人の前を通り過ぎた時にも当然ながら、凶器は持っていたんだろうね。
刃渡り20cmとなると柄の部分も含めれば30cmを超えるかな。
ポケットには入りそうもない。ジャージ姿だったようだからズボンのウエスト部分に挟んでいたかな。

容疑者の風貌や顔も分かっているし、徒歩で移動していたのなら半径2km圏内に住居がありそうな感じで逮捕は時間の問題のようにも思えるね。

しかし、不審な男の目撃情報が犯人の物ならば、逆に言うと被害者達以外にも、その目撃した人達が犠牲者になる可能性があったと言う事だよね。(無差別な通り魔事件ならば)
その中には女性やお年寄りや一人で歩いていた人間も居たと思うけど・・・

あえて2人でいた、男性側を狙った理由が何か?ですよね。
川崎の通り魔事件でも被害者が一人でいる所を狙っているよね。
常識的に考えれば、二人組みの一人を殺害しても、残った人間に証言されれば致命的ですよね。
そう考えると、この犯人は犯行後はどうなってもかまわないと思っている人間なのかもしれないね。
そうでなければ、自分は逮捕される事は無いと変な自信を持っているタイプなのか・・・あるいは、何も考えていないのかな。

犯人逮捕に期待しましょう。

2010/10/11追記
凶器の長さが20cmとの情報があり、私の早合点で柄の部分を含めると30cmかと思ってましたが、発見された凶器の情報だと刃渡り10cm、全長20cmだったようです。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件兵庫県神戸市高2男子殺害事件その3(凶器発見)

| | コメント (2)

2010/10/05

大分県別府市女性殺害事件その10(複数犯の可能性と殺害の理由)

さて、複数犯の可能性について考えてみるのですが、結論から言うと私は「単独犯」だと考えています。その理由は以下の2点です。かなり根拠は薄いです。

1)被害者の頭部の陥没骨折は何のためか?
 最初から被害者を殺害するつもりで頭部を殴打したのならば死亡するまで殴打を続けるんじゃないかな?今の報道では頭蓋骨が粉々だったとかの報道は無いので陥没骨折は1箇所だったと考えています。

陥没骨折が1箇所なのは、これより前に犯人に殺意が無かったからだと思います。
なので、私は犯人の目的は被害者の殺害ではないと考えています。

話を元に戻しますが、もし犯人が複数犯であったならば、被害者の自由を簡単に奪うことができたでしょう。そうなら、動機がどうあれ、被害者は陥没骨折をする事も無かったし、殺害される事も無かったのではないかな?

2)犯人の行動のちぐはぐさ。
 遺体を現場に遺棄したのも犯人の行動としてはちぐはぐです。それは遺体は斜面に隠し、持ち物を持ち去ったけど被害者の車は現場に残したままです。

もし、複数犯ならば犯人グループが車で現場に来ていると言う前提ですが、遺体を別の場所に遺棄する事ができたと思うわけです。

犯人の車が入り口方面から進行し被害者と接触したならば容易に入り口にあった車は被害者の物だと想像できたでしょう。逆に駐車場方向からならば、逃走する時に被害者の車の前を通過するはずです。

遺体は見えないように隠したし、被害者の身元が分かる物は持ち去ったけど、被害者の車は放置したままです。

なので、私は犯人は車を移動する事が出来なかったのだと考えています。
すくなくとも、犯人グループには車を運転できる人間は1人しかなかったと言う事だと思います。しかし、それでも、遺体を車に乗せて移動する事はできたはずですよね。

これらの事から非常に根拠は薄いのですが、単独犯だと考えています。
現場を離れる事を優先したとも考えられますけどね。

で最後に殺害の理由なんですが、私は「口封じの為」だと考えています。
1)でも書きましたが、最初から殺害が目的なら凶器を用意したりもするでしょう。
殴り殺すつもりなら陥没骨折も1箇所ではないはずですし、他にも傷があると思います。

なので、犯人の目的は殺害ではないと思います。殺害は結果として追い詰められた犯人が咄嗟に行ったのだと思います。

陥没骨折は致命傷ではなかった。これより前には犯人に殺意はなかった。
陥没骨折によって犯人に殺意が生じたと私は考えています。

どう言う事かと言うと
陥没骨折の原因が犯人にあり、救急車を呼んだり病院に運んだりして被害者の意識が戻れば、「犯人にやられた」と証言されてしまう。あるいは、その場で被害者は「警察に訴える」と叫んだかもしれません。

そこで、口封じの為に被害者を殺害したのではないかと私は考えています。

その意味では、通り魔的な犯行ならそのまま犯人は逃亡すれば、捜索は難しかったでしょう。今回の事件では犯人は逃亡しても「逃げられないと思う何か?」があったのだと思います。
A)被害者に顔を見られている。
B)被害者に住所や氏名を教えている。

これらの場合ですね。特にB)の住所や氏名が被害者に知られている場合は逃げられないでしょうね。

陥没骨折の原因や理由は今の所わかりません。(想像はできますが)
陥没骨折は犯人が望んだ物ではなかった、偶発的な物だったと思っています。

そんなわけで、もし犯人がここを読んでいたら、自首してください。

参考リンク
大分県別府市女性殺害事件その9(犯行手順と多重被害の可能性)
大分県別府市女性殺害事件その11(容疑者逮捕へ)

| | コメント (2)

広島県広島市2児殺害事件

10月4日午前3時50分ごろ、広島市東区牛田本町のマンションで「子供の意識がない」と父親(33)が110番通報する事件がおきている。

広島東署員が駆けつけたところ、長女(4)と長男(1)が寝室の布団の上で倒れており、長男はすでに死亡、長女も搬送先の病院で死亡が確認されたとの事。

2児には首を絞められた跡があり、家にいた母親(32)が「タオルで2人の首を絞めた。私が殺したことに間違いない」と認めたため、同署は殺人容疑で母親を逮捕したようだ。

同署によると、前夜から家族4人が同じ部屋で寝ていたが、夫が目覚めた時には隣で寝ていた妻がおらず、別の布団で寝ていた長男の首にタオルが巻き付けられ、長女もぐったりしていたという。母親は「子育てに自信をなくした」と供述しているらしい。

母親は精神的に不安定で、長女を出産したころに通院していたこともあり、夫は「妻は何日か前から様子がおかしかった」と話しているらしい。

2児にはほかに目立った外傷はなく、過去に虐待されたような跡もないという。同署で動機や状況を詳しく調べているとの事。

マンションの住人によると、容疑者は積極的に話しかけるタイプではなかったが、まじめそうに見えたという。1階の主婦(31)は子育てについて話した際、容疑者が「全然苦にならない」と笑顔だったのを覚えているといい、事件を知って絶句していた。

亡くなった長女(4)は今春から週1回、近くの育児サークルに通い始めた。責任者によると、母子ともに楽しそうで、9月の音楽会では容疑者は演奏を買って出たという。

9月22日に容疑者は「気分が悪い」と帰宅。翌週は無断欠席したため、心配して連絡を取ると、夫(33)から「体調が悪く休んでいる」と説明があった。その後も様子を尋ねるファクスを送ったが、返事はなかったらしい。

・・・それだけ子育ては難しいと言う事でしょうね。
予兆はあったのかもしれないけど、まさかこんな結果になるとは予想できないでしょう。
旦那さんにしても、昼間は仕事だったでしょうから、その間、子育ては母親に任せきりでしょ?おまけに期末で仕事も忙しい。仕事を終えて家に帰宅してから寝るまでの数時間で異変を感じ取れと言うのも酷のような気がします。

もし、核家族でなかったら?家に祖父母と同居していたら?この事件は防げたのか?
と言っても、どの家庭でも祖父母と同居する事ができるわけでもなし、やはり家の外からのアプローチしかないのかな?

でも、この母親は育児サークルに通っていたからね。孤立していたわけでもないと思うけど・・・急激に病状が進んでしまったと言う事なのかな?気分が悪いと帰宅したの9月22日、その後も体調が悪かった。そして12日後に事件発生。この12日間が分岐点だったんだね。

続報を待ちましょう。

2010/10/07追記
広島東署は6日、長女(4)と長男(1)の死因について、首を絞められたことによる窒息死と発表した。同署によると、容疑者は「かわいそうなことをした」と供述しているという。

2010/10/21追記
広島地検が精神鑑定のため鑑定留置することが分かった。20日に容疑者を医療施設へ移送する。
県警の発表などによると、容疑者は「育児に疲れた」と供述したとされ、「産後うつ」での通院歴があった。事件前にも精神的に不安定な状態が続いていたとされる。
県警の調べに対し、「子どもがいなくなれば楽になれると思った」と供述していることが分かった。

| | コメント (5)

兵庫県神戸市高2男子殺害事件

10月4日午後10時40分頃、神戸市北区筑紫が丘4で、通行人が「路上で若い男性が倒れている」と110番通報する事件がおきている。

兵庫県警神戸北署員が駆け付けたところ、同区小倉台、私立神戸弘陵学園高校2年、男性(16)が市道交差点の横断歩道で頭や首から血を流して倒れており、搬送先の病院で5日午前0時25分ごろ、死亡が確認された。

被害者は、知り合いの同市立中学3年の女子生徒(15)と会話中、刃物を持った男にいきなり刺されたといい、県警捜査1課は殺人事件として同署に捜査本部を設置、逃げた男の行方を追っているとの事。女性は、「知らない男だった」と話しているらしい。

県警によると、被害者の頭や首に数か所の刺し傷があり、首筋の左右には長さ10センチ以上の傷もあったようだ。

男は20~30歳代で、身長1メートル60~1メートル70。ジャージー姿だったようだ。
被害者らが横断歩道の南東約70メートルの自動販売機前で話していると、男が近づき刃物を振りかざしたらしい。

被害者は自販機の西約70メートルの横断歩道で大量の血を流して倒れていた。
被害者と15歳の少女が2人で話していたところに、男が近づいてきて、被害者は、少女を逃がしたあとに刺されたという。
男子高校生は、北区の路上で、男に突然刃物で刺された。そして、およそ70メートル先の交差点まで、逃げる男を追いかけたらしい。

現場は神戸電鉄山の街駅の東約1キロの新興住宅街。

検視の結果、被害者の頭と首の周りなどに、いずれも長さ10センチ程度の傷が3カ所あったことが分かった。兵庫県警は神戸北署に捜査本部を設置。上から下に刃物を振り下ろすようにして強く切りつけられたとみられ、捜査本部は強い殺意のあらわれとみて調べているとの事。

捜査本部によると、被害者の体には殴られたような跡もあったが、刃物からかばう際に腕などにできる防御創はほとんどなかった。5日に司法解剖し、死因を調べるとの事。

被害者の所持品を確認したところ、奪われたものがないことも判明。
使われた凶器は刃物とみられるが、現場周辺から見つかっていないらしい。

さてと通り魔なんでしょうか?
通り魔の場合は動機が色々で「イライラしていたから」とか「誰でも良いから殺したくなった」とか「悪魔に殺せと命令された」とか色々あるので、容疑者が逮捕されてみないとホントの所は分からないね。

顔見知りの怨恨の線と言うのも一緒にいた女性に顔を見せているので可能性は低いのではないか?と思うけど・・・

続報を待ちましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その2(続報)

| | コメント (10)

2010/10/04

大分県別府市女性殺害事件その9(犯行手順と多重被害の可能性)

今回は犯行の手順について考える。
この事件の犯行を4つの行動に分けてその行動の順番について考えます。
A:バッグ窃盗
B:スカート窃盗
C:殺害
D:遺体遺棄(斜面に転がす)

ここで制約条件があります。
1)殺害は遺体遺棄よりも前である。遺体周辺に犯人と思われる足跡があったと報道が無い事から考えられる。

2)スカート窃盗は遺体遺棄の前である。これも上の条件と同じで遺体周辺に犯人と思われる足跡が無い事から考えられる。

3)バッグ窃盗については二つの可能性がある、
 3-1)殺害時に被害者はバッグを持っていた場合
   生前に窃盗被害にあった場合は引ったくりか強盗しかないでしょう。
   しかし、この場合は被害者は当然、警戒状態になるはず。
   そう考えると、殺害後に窃盗したと考えた方が自然かな。

 3-2)殺害時にバッグは車の中にあった場合
   当然、被害者は車に鍵を掛けたはずです。その鍵は被害者が身につけていた。
   遺体を遺棄する前に鍵を奪わないと車の鍵を開ける事はできない。
   ただし、車上荒らしの場合も考えられるけど、それなら鍵をこじ開けた痕や窓を割った痕があるはず。

これらの事から生前にバッグが盗まれた可能性は低いと考えています。

4)スカートはいつ盗まれたのか?
 これも3-1)と同様に生前の場合は強盗もしくは強姦目的で犯人に脅された場合になると思う。

でこの事件で一番難しい所になるんですが、強盗や強姦目的なのか?
犯人が凶器を持って被害者を脅した場合も考えられるのですが、その場合、被害者の頭部の陥没骨折が発生した理由が分からない。
凶器で脅しているのでそんな重症を負わせる必要は犯人には無いはずです。

さらに場所が悪い。寂しい場所とは言え、路上で温泉目当ての人間がいつ来るか分からない場所ですよね。

根拠は薄いのですが、私は凶器を使った強盗、強姦目的ではないだろうと思っています。

これらの事から、生前にバッグやスカートが盗まれた可能性は低いと考えています。

で最後に多重被害の可能性について考えます。
つまり、バッグを盗んだ犯人と被害者を殺害した犯人は別人なのか?と言う事です。

まず、スカートは金銭的な価値があるとは思えないので、わざわざ、遺体からスカートだけを剥ぎ取るなんて事は無いと思います。
その意味でスカートを盗んだ犯人は殺人犯と同一人物だと思います。

しかし、バッグには金銭的な価値があり、別の人物によって盗まれた可能性はありますね。
しかし、この場合も条件があります。被害者のバッグが車の中にあったのだとしたら、車の鍵は被害者が持っていたわけだから、その鍵を見つける事ができるのは遺体遺棄前の状態の時だけでしょう。

つまりこの場合は、殺人犯は遺体を路上に放置した状態で逃走し、後から来た窃盗犯が遺体から車の鍵を盗み、窃盗犯が遺体を斜面に転がした場合になります。

・・・だけど、窃盗犯にしてみれば、殺人事件には関わりあいたくないでしょうね。遺体に触ると言うのはなさそうな気がしますけどね。それに、浮浪者やホームレスが通りがかるような場所でもないでしょうし。

あとは、殺人犯が遺体を遺棄後に現場にバッグだけを放置した場合ですね。
だけど、これも現在の報道からすると無いと思います。それは、あるべき報道が無いので事実その物が無いだろうと言う論法ですが。(つまり誰かが盗んだのなら現金化されているはずだけどその報道が無いと言う事ね)

で、色々考えてきて気づくけど・・・被害者が車の鍵を身につけるとしたら何処だろう?
バッグを持っていればバッグの中だけど、バッグを持っていなければ、ポケットの中しかないと思うけどな・・・・

犯人がスカートを盗んだ理由はスカートのポケットにあった車の鍵が目当てだったのかもしれないね。しかし、それなら車は放置したが、バッグは盗んだと言う事になるね。
車は移動できなかったのかもしれないね。

あとはコメントで指摘されていたように、犯人の証拠が残っている場合とかね。

No Step1 Step2 Step3 Step4 備考
1 A B C D 可能性低い
2 A B D C 不可能
3 A C B D 可能性低い
4 A C D B 不可能
5 A D B C 不可能
6 A D C B 不可能
7 B A C D 可能性低い
8 B A D C 不可能
9 B C A D 可能性低い
10 B C D A 可能性低い
11 B D A C 不可能
12 B D C A 不可能
13 C A B D
14 C A D B 不可能
15 C B A D
16 C B D A
17 C D A B 不可能
18 C D B A 不可能
19 D A B C 不可能
20

D

A C B 不可能
21 D B A C 不可能
22 D B C A 不可能
23 D C A B 不可能
24 D C B A 不可能

参考リンク
大分県別府市女性殺害事件その8(被害者と犯人の移動経路)
大分県別府市女性殺害事件その10(複数犯の可能性と殺害の理由)

| | コメント (1)

2010/10/03

大阪府池田市少年放火殺人事件

10月2日午前7時25分ごろ、大阪府池田市井口堂2のアパート(25室)から出火、木造2階建て延べ約700平方メートルを全焼する火災が起きている。
焼け跡から、2階に住む無職、女性(78)とみられる女性の遺体が見つかった。23歳と63歳の住人女性2人も気分が悪くなるなどして軽症。大阪府警池田署は同日夜、同じ2階に住む、府内の私立高校1年の少年(15)が「自分の部屋に火をつけた」と供述したため、殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕したとの事。

逮捕容疑は、自分の住む部屋に火をつけて、3人を死傷させた、とされる。池田署によると、少年は先月中旬から、このアパートで1人で暮らしていた。調べに対し、「学校をやめたかったのに親がやめさせてくれなかった。恨んでいる親の借りた部屋に火をつけて困らせようと思った」と供述しているらしい。

池田署によると、男子生徒は9月中旬、同府豊中市の両親のもとを離れてアパートに引っ越したようだ。

少年は「学校を辞めたかったのに親が辞めさせてくれず、勝手に部屋を借りてきて1人暮らしをさせられた。仕返しをして困らせたかった。アパートに火を付ければ人が死ぬのは分かっていた」と供述したようだ。
また「教科書を部屋の真ん中に集めて火を付けた」と説明しているらしい。

アパートには計25室あり単身者向け。ほかの住民約20人は避難して無事だった。

近所の住民によると、少年の部屋が最も激しく焼けており、女性の遺体は、崩れ落ちた屋根瓦に埋もれていたという。少年の両親は昼前に現場に駆けつけ、土下座して声を上げて泣きながら謝ったという。

78歳女性は2階に住み、両足が不自由だった。観葉植物や花を栽培し、子供好きで、近所の子供たちから「白髪のおばあちゃん」と慕われていたらしい。

どんな事件もそうだけど、犯人が悪いと言うのは間違いない。
だけど、それだけで終わりにして良いのか?と思う事件も沢山ある。

この事件でも、両親が健在なのに15歳の少年がアパートで一人暮らしをしなければならない理由はなんだろう?
なぜ、少年は学校を辞めたかったのか?なぜ少年は親を恨んでいたのか?

続報を待ちましょう。

2010/10/05追記
捜査関係者によると、少年は2日朝、6畳1間の自室に教科書などを重ねてサラダ油をまき、その上にロウソクを立てて火を付けたと供述。油やロウソクは事前にコンビニエンスストアで購入していたという。
少年は火災の様子をアパートのそばで眺めており、住人の安否確認をしていた警察官に、「僕がやりました」と名乗り出たという。

関係者によると、少年は府内の中高一貫教育の進学校に在籍している。中学2年のときに両親が離婚。その後、父親と再婚相手の継母と暮らしたり、親類の家を転々としたりしたが、表面上は生活態度に変化はなかったらしい。

高校進学後も成績は普通で、ごく普通に見えたが、6月中旬から不登校になり、担任教諭に「親とうまくいっていない」と打ち明けていたらしい。

父親は9月初旬、少年を1人暮らしさせると学校側に電話で連絡。「家で継母と2人きりにさせると継母に暴力をふるうかもしれず危険だから」と説明したようだ。
さらに「実母の家でも暮らしたが、暴力をふるって追い出され、戻ってきた」とも話したとの事。

一人暮らしの理由は少年の家庭内暴力のようだが・・・「暴力をふるうかもしれず」と言う事は継母に暴力を振るった事実は無いのかな?
少年の問題行動が出始めたのは両親の離婚後のようだね。

学校を辞めたかったと言うが、実際に登校していないのであれば実態は辞めたのと同じだよね。それが事件の原因だとは思えないな。

何と言うか、親は子供より先に死にます。それが自然ってものだと思う。
親が悪いと親の責任にしてみたところで、親がいなくなれば自分自身で自立して社会で生きていかなくてはならない。そうなれば「親が悪い」なんて言い訳は誰も聞いてくれないよね。
自分で行った事は自分で責任を取らなきゃならない。

と厳しい意見も出ると思う。
だけどね・・・実際に少年の生活環境がどうだったのか?と言うのは気になるね。

| | コメント (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »