« 福岡市中央区女性殺人未遂事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その25(運搬方法と解体の理由) »

2010/10/31

埼玉県加須市弟殺人未遂事件

10月30日、埼玉県警加須署は殺人未遂の現行犯で、加須市花崎、無職、男性容疑者(45)を逮捕する事件が起きている。
容疑者は当初容疑を認めていたが、その後ので調べで「殺すつもりはなかった」と否認しているらしい。

加須署の調べでは、容疑者は30日午後4時15分ごろ、自宅居間で、同居している弟(41)と口論になり、はさみで右肩と首の付け根を刺した。さらに台所から包丁を持ち出して、弟の頭を切りつけ、軽傷を負わせた疑いが持たれているらしい。

加須署によると、容疑者が弟の作った料理がまずいなどと言って食べなかったことから、兄弟げんかに発展したらしい
犯行後、容疑者は弟に包丁を取り上げられ、取り押さえられたとの事。

料理がまずいとして、それは今回だけなのか?それともいつもなのか?
今回だけなら、いつも美味しいのにどうして今日はまずいのか?と怒るのもうなずけるけど・・・でも殺意にはならないと思うんだよね。

でも、いつもまずい場合は日頃の不満が爆発してしまったのかな?
しかし、それならまずいと分かっている料理をどうして食べ続けるのか?そちらも疑問ですね。

続報を待ちましょう。

|

« 福岡市中央区女性殺人未遂事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その25(運搬方法と解体の理由) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡市中央区女性殺人未遂事件 | トップページ | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その25(運搬方法と解体の理由) »