« 兵庫県加古川市猫斬首事件 | トップページ | 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その6(犯人はいつ逃走したのか) »

2010/11/07

島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その26(点と線の妄想)

この一週間ほど、胴体が山頂に遺棄された理由を考えていました。
その結果、一つの妄想にたどり着きました。これから書くのがその妄想です。
で、この妄想を読む前に一つ書いておきたい事があります。

紙の上に3つの点を書き、その点を線で結んだ時、3角形を書くのが正しいのか、円を書くのが正しいのか、正解は出題した人間だけが知っています。
結果がいくら正しく見えても、それが正しいとは限らないと言う事は忘れないでください。

さて、では本題に入りましょう。
胴体を山頂に運んで遺棄する事に私は合理的に犯人が有利になる理由を見つける事ができませんでした。
遺体を遺棄するパターンを考えてみると
A)遺体が発見されないように積極的な行動を行う場合。穴を掘って埋める等
 例、大久保清事件、香川3人殺害事件など

B)遺体は発見されない事を望んでいるが、それほど積極的な行動は行わない場合。人気が無い場所に遺棄等
 例、神奈川男性殺害事件、解決はしてないが栃木小1殺害事件もそうかと考えています。

C)遺体は発見されてもかまわないと考えている場合。発見されても犯人にたどり着けないと考えている場合や遺棄場所自体に意味がある場合。
 例、新潟県村上市バラバラ事件

D)遺体をあえて発見させる場合。
 例、酒鬼薔薇事件

今回は遺体は放置したままなのでA)は除外です。
D)は発見させるのが目的ならもっと目につく場所、例えば回転場でもよかったはずなので除外です。
で残るのがB)とC)なんですが、犯人は道に迷ってこの場所に遺棄したとは思えないのです。
つまり、予備知識があって、この場所に遺棄したのであれば、臥竜山が多数のブログなどでも紹介される有る程度有名なスポットである事は知っていたはずです。

なので、遺体が発見されない事を望んでいたとは思えないのです。この点でB)も除外です。

で残るがC)ですが・・・
別の視点で、犯人が逮捕されない為の行動だとしたらどうか?
この視点で見ても、意味が感じられないですね。一つだけあるとしたら、それはこの行動に意味があると考えさせる為の罠と言う事ですが、それにしては、何かを象徴するような行動がありませんよね。

で、私は逆に、山頂に遺棄する事自体に意味があるのでは?と考えたわけです。
例えば、生贄の儀式とか・・・しかし、古今東西で生贄をバラバラにして供えるといった事は聞いた事がありません。
では、主従を逆にして、犯人が山頂に登る事に意味があるとしたら?と考えました。

それで考えついたのが、「物事を登山に置き換える例え」があるなと言う事。
例えば、「今がプロジェクトの8合目だ」なんて事。

そう考えると、これは遺体を遺棄する為ではなく、犯人が一連の殺人計画を完了する為の自分自身へのアピールではないか?と考えました。
一番重い、胴体を背負って山頂に登る事はそれだけ困難な事だった事を成し遂げた事を自分へアピールする為。

そして、麓から続くパーツの遺棄は遺棄工程の経路を示す為のマーカー。
ここまで考えると、もう一つのマーカーが浮かんできます。靴です。
あの靴は偶然ではなく、犯人が拉致現場のマーカーとして残した物ではないのか?

もし、そうなら、未発見の腕はこの事件の残る重要な場所、つまり暴行と殺害の場所、解体した場所のマーカーとして現場に残されているのではないか?

私のこの妄想の通りなら、この事件は計画的な犯行でさらに、犯人は変なコダワリを持っている事になるんですが・・・・

とりあえず、ホントにこのマーカー説が正しいのならば、犯人はもう一つ重要なマーカーを残している可能性があります。
殺人計画の開始を示す時間的なマーカーです。
つまり、ネット上に犯人にしか分からない方法で事件が予告あるいは、記録されているのではないか?と言う事です。

まったく、根拠の無い妄想ですが、私の妄想が正しいのであれば、遺体の損壊にも意味があるのかもしれません。

なので、遺体の状況をもう少し詳しく報道して欲しいと思います。

|

« 兵庫県加古川市猫斬首事件 | トップページ | 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その6(犯人はいつ逃走したのか) »

コメント

そんなこだわりの犯人ならば、臥龍山の標高1223mには何か謎かけはないのでしょうか?12月23日?天皇誕生日ですが。ゴロは・・・わからんですなぁ。23で兄さん?IT'S兄さん。どこの兄さんだ?
 犯人に撹乱する意図があったなら、何か隠したいことがあったはず。そうれであればひとつひとつの行動に意味が出てきます。臥龍山は広島県。犯人は他県に遺棄したと思わせるために自分の住む広島に遺棄したとか。出てきていない部位は何故でないか?諸説ありますが、遺棄した人物が違ってたら別の場所に遺棄したかもしれません。つまり複数犯でそれぞれ別の場所に遺棄。でも臥竜山役の人が重いでしょうかね。

投稿: 明智 | 2010/11/07 21:32

マーキングを考えていると、犯人は広島側から山に入ったような気がしてしまいます。

被害者の拠点側から山に入ったことを前提としているのが大方の推理ですよね。
そう思わせることが犯人の目的だったとしたら、マーキングが成功していることになります。

投稿: アヒル | 2010/11/08 00:42

同じような事を今日考えてました。
想像力こそが重要と、とりあえず
自分がこういう事件の犯人になったつもりで
想像してみました。

もし自分が女の子を誘拐して
殺害し、遺棄したとしたらと考えてみました。
想像しやすいために、あくまで行動圏の範囲は
ひとつの町中で完結する。
移動は自転車のみ、女の子は小さいので
リュックなどで見えなく運べるとしてです。
で、考えてみましたが…

「拉致」ー「自宅」ー「遺棄」

…の間隔にはしませんね。
これだと警察の捜査網の中に
自宅が入ってしまいます。
できるなら…

「拉致」ー「遺棄」ーー「自宅」

…ぐらいの間隔にはしたいです。あるいは…

「遺棄」ー「拉致」ーー「自宅」

…でもいいんですが。これだと、遺棄する際に
(かなり迂回しないと)拉致現場付近を通らないと
いけないのでやっぱり怖いでしょう。
非公開捜査で警察の見回りが
強化されてる可能性がありますし。

そう、考えると拉致現場から
46km離れた場所に遺棄したと考えるよりは、
遺棄に(拉致現場から)46km以内に近づかなかった
…と見るべきでしょうか。

そう考えるとより広島寄りなのかな?っと。
あるいは、犯人も人生かかってる訳ですから
もっとずっと遠いところから着てる可能性もありますね。
計画性と覚悟さえあれば、
移動に何時間かけてもいいでしょう。
少しでも安全になるのなら。

逆にこれが突発的な犯行なら
ほとんど計画性なく行動してるでしょが…。
広島小1女児殺害事件とか
奈良小1女児殺害事件とかあたりみたいに。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/11/08 01:09

犯人 捕まって欲しいです。

投稿: ママ | 2010/11/09 21:08

私も、この事件の遺棄の方法は、通常の観点からみると多くの非合理性があると思っています。
臥龍山に捨てるは、あまりに危険が大きかったのではないでしょうか。
「もう少し細分化して、山のなかを走る大きな道路から投げ捨てれば、より見つかりにくいのでは。」
「回転場までの山道で行きまたは帰りに他の車にすれ違ってしまったらというリスクを考えなかったのか。」
「回転場で降りてわざわざ胴体を運ぶ。目撃されるのを避けるため、一刻も早く臥龍山を抜け出したしたいという恐怖は感じなかったのか。」
という疑問が残ります。
犯人の中でしか成り立たたない、何かしらの理論。
ここで推察できることは、単独犯ということだけか…

投稿: しきなみ | 2010/11/10 10:12

中国の動画サイトにまた動物解体がアップされたようですね。
犬を撲殺し、皮を剥ぎ、内臓や肉を取り出し、骨を外し、骨を削り。
人体で行われた事件で記憶にあるのは中国と台湾(被害者は日本人の若い女性)、そして日本の宮崎事件。
宮崎事件の場合、今で言うスナッフ、スプラッターという人体傷付け、手足切断趣味。
江東区の星島事件や福岡中国人事件は、骨にバラしたが、それを処理しており、
骨そのものに興味があったのとは少し違うような。
中国人の解体事件の多さは、バラバラにして捌く調理の食習慣が影響していると思いますが、
どうもこの事件は過去の日本人の猟奇殺人とは異質な印象があり、
動画ニュースを見てふとこの事件を思い出しました。

投稿: 世田谷東金松戸浜田 | 2010/11/12 09:00

うーん、正直あまり儀式殺人とかは思いにくいのですが…
島根でバラバラに切り刻まれたといえば
八岐大蛇伝説のが先にイメージされますね。
あれは文字通り、大蛇がヅタヅタに切り刻まれてますし
臥龍山の名はちょっと臥せてる大蛇を連想します。

ほか、神話のバラバラ殺人といえばヤマトタケルは
兄がトイレに入る所を襲い、手足を引きちぎって
遺体をムシロ(こも)に巻いて捨ててます。
(古事記のみの記事、日本書紀のタケルは
もっときれいな人物像にされてる)

よそのサイトで旧約聖書・士師記の「ベニヤミン族の討伐」の
くだりの話もあがってますが。多分、関係ないでしょう。
唯一神ヤハウェは「人間の生贄をとらない」と
何度も聖書に書いてあるからです。
特殊な事例以外、人間の生贄はささげられません。
(例外は、同じく士師記に登場するエフタの娘の例)

自分的にベニヤミンの話は以前から知ってたのですが
そういうわけでこの事件とは無関係と思ってました。
わりと趣味で神話や宗教関係の本は読んでたりするんで
旧約聖書も新約聖書も岩波訳聖書で
一応、一通り読んでました。古事記と日本書紀も。
(ちなみに今読んでるのは
寿岳文章訳の神曲・天国編だったりします。
その十二歌目を読み終えたところ)

別に神も仏も信じていませんが
この手の神話とかは結構好きだったりするんですね。

投稿: 神秘の格闘技バリツ | 2010/11/12 22:57

バリツ殿の意見をまっていました

投稿: 明智 | 2010/11/12 23:46

捜査員は先ずセオリー通りに確率の高い顔見知りから当たった。
事件直前に接点のあった地元少年は徹底的に犯人扱いの取り調べを受け、気が滅入ってしまったのか、
今度は自分を疑う書き込みを見付けては徹底罵倒するネット工作活動を始める始末。
同じ大学の顔見知りは、最初は書き込みがあったが、程なくピタリと止んだ。
外国人についてはどうか。
マスコミ取材で教授、交換留学生、船舶イベント、など判って来たが、途中で警察に配慮したのか、ピタリと触れなくなった。
これでは全く進展しない。歯がゆさか、浜田で捜査情報知る立場にあると思われる人が、
非常に詳しい話を一般人の振りしてボソボソ書き込んでいた。
地元に関しては、事件の年に精神を患った女性による狂言通り魔事件があったように、
民家を一軒一軒廻るのが躊躇われる地域という雰囲気。
ここで指摘された解体可能な場所探しもさして行われていないように思われる。
他の山は本当に見て回ったのだろうか。
人の通る道なら登山客や地元から情報が入るだろうが、
隠す意図がない、かといって目立たせる事に拘っていないこの犯人は
やや見にくい場所に半端に棄てているだろうから、それこそ動物に処理されてしまうだろう。
しかし骨は残っているはず。
見付からない遺体箇所は、私もどこかに遺棄されているように思った。
強いて無い場合を想像するなら、片足、片腕を砕いてみたが面倒になったか、
ちょうと早めの雪が降ったので発見が遅れる、動物に喰ってもらおうと思って半端な場所に遺棄、
一度に運搬出来なかった、
骨フェチで(海外では多数マニア事件あり)片腕片足は個人的コレクションとして調達したので、他が不要になった、ぐらいか。
初期の遺棄物捜査がかなり狭かったのが悔やまれる。

投稿: 世田谷東金松戸浜田 | 2010/11/13 18:26

なぜ被害者だったのか,なぜ被害者が選ばれてしまったのか。
妄想ですが,乳房と秘部を損壊している状況から,達磨に興味があった・猟奇的犯行に見せ掛けた・そもそも殺害する気は無かったが運搬もしくはなんらかの理由の為にバラバラにした。しかし犯人は確実に遺体を隠す行動にはでていないと思われます。
ある意味,事件の発覚を恐れるにしては遺体を遺棄する行動が(適当)安易な感じを受けます。(メッセージの意味も含まれている可能性も否定できません)が,逆に事件が発覚しても犯人が捜査線上に浮かばない人物なのかも知れません。 (そう思わせる事が狙い?)考えられる事は,犯人は遺体を確実に隠さなかった事だけは間違いないと思います。(埋めていない理由から)あくまでも事件の発覚を恐れているのであれば,あえてキノコ狩り等が出来る山に遺棄する事は避けると思うのです,でなければそのような山菜採り等の常識がない人と思います。
夏から秋の山といえばキノコです
自分は北海道なので秋口には近所の防風林や山にキノコを採りに行きます,ラクヨウ=ボリボリとか言います。
札幌ですがキノコ採りの時期や取れる場所ぐらいは30代の自分でも分かってます。 爺さん婆さんが山にキノコ採りに来ないとでも思ってたのでしょうか?疑問です。犯人は遺体を隠したのでしょうか?それともキノコ採り等の概念が無い人物なのか気になります。
長々とすみません。

投稿: ユッキ | 2010/11/19 01:10

犯人は文字どおり遺体を棄てています。埋めて隠すほどの慎重さがないともとれます。宮崎元死刑囚と似たような遺棄パターンです。かの事件では、犯行声明がでてなおも捕まらず。あのまま犯行を重ねなければつかまらなかった。誘拐殺人遺棄はそもそもが解決しにくい事案なんですかね。
かつての羊たちの沈黙のように監獄にいる同種犯に島根の犯人の行動を聞いてはいかがか?女性を解体して遺棄した同種犯とは。なかなかいませんね。福岡のバラバラ事件も捕まってないし。

投稿: 明智 | 2010/11/19 07:19

もし死刑を廃止して凶悪犯を生かすとしたら、明智さんの言うようなフィードバックができる場合ですかね・・・

犯罪(者)のデータ、一次ソースとしてストックしておく。
上申書保険金殺人事件の後藤死刑囚とかは、ある意味、捜査協力になっているわけで
後藤の弁護人が言うように、新たな犯罪が闇に埋もれないために生かす、という発想は
従来の人権頼みの美辞麗句よりは、よっぽど大義名分があるように思えます。

まぁでも、パリ人肉事件の佐川氏のように、刑罰を受けなくていい人もいますから、
生存を許された人(無期懲役含む)のデータから優先して、死刑囚を生かすのは
二の次にするべきでしょうが・・・。

また、栃木の犯人が先に捕まれば、遺棄の「レシピ」を聞いたらいいです。
逆もしかり。島根が先に捕まれば、栃木にデータを提示してあげればいいのです。

投稿: アヒル | 2010/11/19 08:00

皆さんはじめましてヨロシクです。
その25でも書いたのですが、
バイクは無いでしょう。
何故なら遺体は、ほとんど右側に遺棄されています。
国産車で単独犯ですな。
複数犯なら運転手が遺棄しないですから。日本は左側通行だし。

靴は偽装ならば、そこでは拉致しなかったという事ですが、犯人からのヒントだとしたらココから捜査が進むはず。しかし進まなかった。

山側に住む者は海側へ、海側に住む者は山側へ遺体を遺棄する傾向があるようですよ。

近くても遠くても遺体は切った方が持ち運びが楽でしょう。

遺体を少し燃やした訳ですし広い敷地に住んでるのかな。40才50才位の中年のイメージだな。

今回事件に隠される謎ですが私は薄いと思います。
それは、死亡推定時刻で拉致されてから殺害までが長かった事と拉致報道から殺害、遺棄までが短かった事です。
行き当たりバッタリの犯行で被害者との接点が無い事が事件を難しくしています。

しかし犯人は捕まりたくないものの自分の犯行だと誰かに話したいし知って欲しいはずです。
拉致報道から遺棄まで短いのがソレです。(メディアに反応する。)

つまり警察の情報の出し方によっては犯人を引き寄せる事が出来るのではないかと思うのです。

あとは島根広島は勿論、隣接する県の海側の変わった人物の徹底した捜査が鍵ですね。

投稿: フリフリ | 2010/11/20 08:34

なぜ?他の部位が未発見なのか…。

シンプルに考えると未発見の部位は先に処理済みであったのでは?左大腿骨の処理方法と同じく。

失踪10/26〜11/6遺体発見
公開捜査11/2〜
犯人は時間を掛けても遺体を細分化して処理しようとしたが、状況が変化した。
おそらく公開捜査開始により自身にも捜査が及ぶのではと急ぎ、あの様な雑で中途半端な遺体の状態と遺棄方法になったのではないかと。

そう考えると犯人は被害者に近い人物に思えてなりませんが…。

投稿: 美華L | 2010/11/21 21:14

> 美華Lさん
失踪10/26~公開捜査11/2~11/6遺体発見
ですが、県警の見方だと遺棄は10月中のようですね。

> あの様な雑で中途半端な遺体の状態と遺棄方法
ASKAさんも引っ掛かってる部分で、犯人なりの理由があったのでは? と推理されていましたね。
犯人が、雑でも半端でもいいやと思ったなら、道中かロータリーの奥の一箇所に一度きり、
遺棄すれば手っ取り早いのです。
バラバラ事件の遺棄方法の多くが、この雑で半端な遺棄方法になっています。
それに比べて、この犯人は少し手間をかけてますよね。

雑で半端な事件の場合、犯人に余裕がないことが多いのですが、この事件の犯人には余裕があります。
特に山頂付近のロータリーで車から離れて茂みに入って、ある程度の時間をかけて胴体を遺棄した
点。時間的に夜中の暗闇では茂みには入れないでしょう(灯りもなく前が見えないはず)。
そこに余裕を感じます。

この余裕などから、「土地勘がある」と感じる人も多いと思います。
しかし、土着的な意味とは違った意味で、山に詳しかったのかもしれません。
地元ではないけど、浜田に出るために何度も山を越えたから辺りの山道には詳しい、とか。

おそらく犯人は女性と、この山に入ったことが過去にあるでしょう。その相手が平岡さんかは
わかりませんが、その可能性もあると思います。

投稿: アヒル | 2010/11/21 22:40

遺棄は10月中→×
殺害は10月中→○

投稿: アヒル | 2010/11/21 23:09

>おそらく犯人は女性と、この山に入ったことが過去にあるでしょう。その相手が平岡さんかは わかりませんが、その可能性もあると思います。

アヒルさん、この点もう少し解説できますか?興味深い考察です。

拉致が月曜日でしたか。私は翌朝までには殺害されたんじゃないかと思います。翌日犯人は仕事等を休んで解体。早ければその翌朝早くに遺棄。
遅くともその週末には遺棄したでしょう。ですから10月中の遺棄だと思います。

最初は焦った犯人が靴の発見後に慌てて遺棄したのかと思えましたが、今はアヒルさん説の「余裕」を感じます。遺棄を早く完了させることで通常の生活に早く戻ったような。

投稿: 明智 | 2010/11/21 23:25

報道で死後一週間と言って
なかったっけ?

つまり31日か1日辺りに殺害されたと観れるでしょう。
2009年は土日ですから。

3日が文化の日ですから2日も有給か病欠で3連休だったのでは?

この前の発言と矛盾したね。ごめん。
拉致から一週間殺害から遺棄まで一週間ってとこだね。

公開捜査で焦ったというよりは計画どうりだったのかな。
唯一燃やした事が失敗で、燃やす時に何か犯人にトラブルが起きたのかも。

投稿: フリフリ | 2010/11/22 16:07

あっ遺棄から一週間っていうのは
発見の前の日5日にキノコ狩りの人が
同じ場所を通っているからです。頭部は無かったと。

それと命日の時の報道で5日の夕方不振な車の目撃があった。黒いワゴンタイプだという報道です。

投稿: フリフリ | 2010/11/22 16:25

> 明智さん


> おそらく犯人は女性と、この山に入ったことが過去にあるでしょう。
その相手が平岡さんかは わかりませんが、その可能性もあると思います。

> アヒルさん、この点もう少し解説できますか?興味深い考察です。

遺棄行動の中で、犯人が恐怖を感じるのは、逃走姿勢が取れていない時、つまり車を降りた時だと思います。
しかし犯人は、ロータリーで車を降りて茂みに入る時間を割いて、胴体を遺棄していますね。
茂みの手前側の平地(ロータリーの奥端)から投げて、急いで車に戻ったわけじゃない。

このことから、犯人は以前そこに来たことがあり、人目を避けながら時間を割いた経験があるのではないかな?
と思いました。車でそんな場所に来るのは、家族か友人か彼女か、でしょう。
山はトイレに不自由します。もよおしたら、男なら立ち小便。女性なら茂みに分け入るでしょう。
転じて、同行した女性が茂みに分け入った経験が犯人にあるのではないか?と。

トイレくらいどこでもできる、と考えるのは男目線。車を停めて、ある程度時間を費やした頃にもよおして
くるのは、ありがちな「山、あるある」だと思います。

もしかしたら山頂付近にトイレがあるかもしれませんが、バラバラにした胴体を持った犯人にとっては、
トイレより山林のほうが安全だったでしょう。 トイレを目指して来る人はいても、山林を目指して来る人は
まず、いませんから。

投稿: アヒル | 2010/11/22 16:58

目撃されたのが犯人なら
ワゴン車で来るという事は
以前にこの山に来た事は間違いないでしょう。
初めてなら通れるかどうかも分からないし。
さらに夜ではなく夕方に来るという事は
かなりこの山について知っている事を意味してます。

しかしここで夕方に来たというのが気になります。
もしかしたら、すでにこの時、犯人宅に行方不明事件の捜査員が来たり、もしくは近所に来ていたのかな。

とすると犯人は浜田市内在住なのかもしれません。

投稿: フリフリ | 2010/11/23 16:09

http://netpower1.blog14.fc2.com/?mode=m&no=177&cr=49c933713a48c8426a104397e1a6f59a

投稿: | 2010/11/28 09:11

前に国産車で右側に遺体を捨てていったと書いたけど。

頭部発見前日5日の夕方の不振な車の目撃情報の黒いワゴンタイプの事が気になり、それを元に考えていたら
実は逆なんじゃないかと思い始めた。

夕方に山頂付近に行って明け方に捨てながら降りてきたのではないかと。
しかしそうなると遺棄現場が逆に左となり、助手席にはもう一人犯人が居た可能性が高くなる。
(外車の可能性もあるけどね)
胴体も二人で運んだのかな。

ここから妄想だけど犯人が車の整備などをしていたら
お客の車を預かる事も多い訳で、ナンバーを付け替えて
犯行に使っていたなんてあるのかな。
結局はナンバーから会社にたどり着く訳だが。
それを嫌って靴を置いて偽装して
駅付近の目撃情報を信憑性の無いものにしようとした。
なんてあるかなーと妄想した。

投稿: フリフリ | 2012/09/05 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県加古川市猫斬首事件 | トップページ | 兵庫県神戸市高2男子殺害事件その6(犯人はいつ逃走したのか) »