« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その26(点と線の妄想) | トップページ | 福島県福島市女児熱湯事件 »

2010/11/15

兵庫県神戸市高2男子殺害事件その6(犯人はいつ逃走したのか)

以前として容疑者も逮捕されていないのですが、続報と合わせて犯人の逃走の疑問を考えてみたい。

まずは続報ですが、続報と言うほどの物でもなく、事件後1ヶ月以上が過ぎてのまとめ報道と言う所でしょうか。
これまでの報道と合わせて私が考える事件の流れですが。

1)10メートルほど離れた車止めの支柱に男が座っていた。
2)数分後、近づいてきた男が無言で被害者を刺した。男は馬乗りになって被害者を襲った。
3)被害者はとっさに女子生徒をかばいながら「逃げろ」と叫び。必死に男の襲撃をかわそうと抵抗し、なんとか逃走するが、犯人も被害者を追っていった。
4)数分後、心配になって現場に戻った女子生徒は血まみれで倒れている被害者を発見し、「彼氏が刺された」と110番通報した。
5)刺された後、被害者は現場から北に向かって逃げた。この途中、通りかかった車の男性が血まみれで倒れかかってきた被害者を目撃し110番通報した。さらに女子生徒が現場に戻る前に、被害者が横断歩道で倒れる様子も目撃されている。

6)凶器の小型ナイフが発生から約1週間後、現場の南西約100メートルの側溝内で見つかった。

今回の報道で気になったのは5)の部分です。
被害者が倒れる所が目撃されている。
しかし、被害者を追って行った犯人と思われる人物は目撃されていない。
(犯人の目撃情報が報道されていないのでこの時点で犯人は目撃されていないと考えています。)

ここが疑問な点です。
現場付近の航空写真を拡大してみて、Aの北にある交差点が被害者が倒れた交差点と思われるのですが・・・
被害者が襲われた自販機からこの交差点まで一本道です。
とは言え、交差点の右下の部分は空き地のようなので、こちらから逃げる事も可能だったかもしれません。

しかし・・・殺そうとして襲った人間を目の前にして、犯人が逃亡する事があるだろうか?
もちろん、一般論として通行人に目撃されるのを嫌ったと言うのは有りだと思うのですが・・・
事件の発生時刻は夜だから、通り掛かった車のライトの光は犯人にも見えたでしょう。逆に車の運転手からはライトに当たらない部分は良く見えないので、逃走する犯人が見えなかったと言うのも有りだと思います。

この事件の場合、被害者と一緒にいた女性に顔を見られているので、目撃されるのを嫌ったと言うのは、どうも説得力がありませんよね。

あとは、被害者が死亡すると思ったと言うのも有りなんですが・・・
交差点で倒れるまで被害者は走って逃げていたわけで、犯人から見たら被害者の状態は分からないじゃないかな?
だから、犯人が被害者を追うのを止めた時点では被害者が死亡するかどうか犯人には予想できなかったと思います。

考えられる可能性としては
通行人に取り押さえられるのを嫌ったと言う見方も有りますね。

犯人は被害者を襲ったけれど、確実に殺害する程の殺意は無かったのか?
しかし、馬乗りになった時点で被害者が逃げ出せなければ、犯人は被害者をその場で殺害していたでしょう。
それなのに、一緒にいた女性に顔を見せている。
さらに、犯人の足跡も残っていない。

犯人の足跡は以前にも書きましたが、この事件では犯人の行動を考える上で重要な証拠になると思います。
もし、犯人が逃げる被害者に追い着く事なく、被害者が死亡したのであれば、最初の馬乗りになった時の傷が致命傷となったと言う事になると思います。

つまり、かなりの出血だったはず。かならず、血の雫はこの70mの間に複数落ちていたはずです。
それを犯人が踏まなかったのか?
もし、そうなら、犯人は実はかなり早い時期に追いかけるのを止めていたのかもしれませんね。

そして、数分後に戻った女性は犯人を見ていない。
犯人が戻って女性を襲うと言うのも確実性が無いですよね。
女性が現場に戻るかどうか分からないし、女性がその場で通報すれば、警察が駆けつけるのは最初の自販機の場所になりますよね。

しかし、数分あれば、来た道を戻って逃走する時間は有りますね。
あるいは、現場近くに留まって、野次馬にまぎれて逃走したか?
でも、返り血を浴びた犯人は目立つと思うし、なかなか実行できる選択子ではないだろうね。

ちょっとまとまりませんが、ポイントは一つです。
犯人は被害者が倒れる前に逃走しているのではないか?と言う事ですね。

犯人逮捕に期待しましょう。

参考リンク
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その5(続報)
兵庫県神戸市高2男子殺害事件その7(続報)

|

« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その26(点と線の妄想) | トップページ | 福島県福島市女児熱湯事件 »

コメント

一つ抜けてました。被害者の足が速くて追いかけるのをあきらめた可能性もありますね。

投稿: ASKA | 2010/11/15 11:57

情報が欠落してるのか?事実と異なる情報が混じってるのか?なんだか辻褄のあわないストーリーになっています。彼女が戻ったあとに被害者が移動してるのでしょうか?ナイフを捨てた場所が近すぎるのも気になります。犯人を目撃した第三者はいないのでしょうか?今書けませんが辻褄のあうストーリーなら憶測できますが。

投稿: 明智 | 2010/11/15 21:13

犯人は地元の人間である。
若い男性である。
と推測できますが、この推測自体が犯人の思う壺です。

投稿: 名無し | 2010/11/16 09:29

そ、そうなんですか?
ではジモティーでもなく年配って事なんですか??

ケド犯人の容姿を女子学生がある程度見てるから、年齢だけはだいたいは解ってそうですょね・・・

投稿: うさぎ | 2010/11/17 14:56

以前「犯人は被害者の命を確実に奪う行動をとっている」と,コメントさせていただいたのですが。110番通報された目撃者の証言を参考にさせてもらうと,犯人はトドメを刺す前に逃走している可能性がでてきましたね,(夜間なので犯人が視界に入らなかった?)
倒れかかった被害者にトドメを刺す行動に出たとすれば,目撃者の方は被害者に襲い掛かる犯人の姿を見ていると思われます。
犯人は身を潜めていたか立ち去っていたのか気になるところです。

皆様方のコメントはとても参考になっています,たいしたコメントはできませんがヨロシクお願いします。

投稿: ユッキ | 2010/11/17 17:07

携帯電話の普及したこの世の中で、目の前で人が刺されて逃げたら…


まず携帯から110番なり、大声で助けを呼ぶ、近所の家に飛び込むのが普通かなという感想をもってます。

さらに数分後に犯人がいるかもしれない現場に戻り彼が倒れているのを発見してから110通報。

情報が揃っていないのか正確ではないのか…。

カツアゲしようとして反撃を受けた、または犯人は知っている人間だった、組織に脅されたなど通報が遅れた理由、すべてを伝えられない可能性もあるかもしれないと考えます。

投稿: 私的詩的ジャック | 2010/11/19 08:56

妄想ですが現場にいた女の子は何か隠してる気がします

もしかしたら警察はわかってるのかな??

投稿: 緋燕 | 2010/11/19 12:40

皆様,お疲れ様です。
内定捜査=約2ヶ月(一般的な意見)です
捜査員は犯人を特定できていないか手を出せないのか,怪しくなってきましたね。報道機関は興味が無いのでしょうか?
気になります。

投稿: ユッキ | 2010/11/26 20:41

2000年6月
新潟県 殺人事件 

投稿: 名無し | 2010/11/27 07:44

以下の流れを妄想しました。
・一人で二人を相手にすることをいとわず、また顔をさらしながら向かっていく。(最大の謎。)
・近づく間、刺すそぶりを見せず、被害者に接触した瞬間にメッタ刺し。(被害者がもしかして殴られるかもと感じていれば、もう少しまともに声や行動で抵抗できたと思う。)
・ある程度刺したら、死んだことも確認せず、凶器を持って現場~自販機近く~から立ち去る。(血まみれだっただろう。)
・郊外の新興住宅地(←現場近辺)の自宅に戻る。そして血の処理。
・後日、血と指紋を拭きぬぐったナイフを、自宅とは異なる方向に捨てる。

犯人が一人で二人を相手にしていること、被害者は刺されることを全く警戒していない、金銭目的でない殺人なのに解決までの期間が長すぎる、警察及びマスコミが静かにしている、といったところが不思議です。
内偵されているなら、不思議でもなんでもなく、地域住民のだれかということなのだろうけど、内偵されていないなら、とんでもなく不思議な事件だ。

投稿: しきなみ | 2010/11/27 21:30

確実に、その彼女が事件の黒幕に絡んでる…

辻褄が合わなさすぎます。

もうすぐ、答えば出ると思ってるんですが!

投稿: 北区 | 2010/12/01 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件その26(点と線の妄想) | トップページ | 福島県福島市女児熱湯事件 »