« 東京都目黒区夫婦殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その99(過去の一家殺傷事件) »

2011/01/15

東京都目黒区夫婦殺傷事件その2(第一印象)

また、謎の多い事件ですが、第一印象を書いてみます。
今の報道だと計画的な怨恨による事件と思われる内容が多いのですが、どうもこの点が気になります。
とりあえず、事件ポイント簡単に列挙すると

1月10日(月)16時40分頃、被害者の自宅玄関で発生。
被害者は87歳男性(死亡)とその妻81歳女性(軽傷)。配達を装った犯人に対応に出た男性が玄関で襲われた。
悲鳴を聞いた通行人等により犯人は取り押さえられようとするが、この時、胸ポケットから新品のナイフを出して更に男性を襲おうとした。この事からターゲットは男性と思われる。

最初の襲撃に使われたのは玄関脇に置かれていた被害者宅の鎌の可能性が高そうだ。

犯人は現場に縦40cm、横50cmぐらいのボストンバックを持ち込んでいた。
逃亡する時に、バッグを取りに戻っている。

疑問点を列挙すると
1)最初から殺害するつもりなら、どうして用意したナイフを最初に使わないのか?
あるかないか分からない、現場の鎌を使う理由が無いだろう。

2)現場に犯行の邪魔になる大きなボストンバッグを持ち込む理由が無い。

3)被害者の年齢が87歳と高齢で現在の活動範囲は相当狭いような気がする。

怨恨については相当以前の恨みによる物の場合も動機になり得るのでなんとも言えないが、計画的?と言う点については疑問があるな。

参考リンク
東京都目黒区夫婦殺傷事件東京都目黒区夫婦殺傷事件その3(犯人の足取りと時間調整)

|

« 東京都目黒区夫婦殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その99(過去の一家殺傷事件) »

コメント

私は逆に、顔を隠さない、無表情、ボストンバックから、ある種の計画性を感じます。顔を見られても、十分逃げられる要因が隠れているかも知れません。

投稿: プロファイラー | 2011/01/16 09:19

こんばんは。
犯人が百貨店の宅配員を装い、また、被害者が搬送される際に『百貨店の配達があった』と話していることから、犯人は被害者が百貨店で買い物をしたことを知っていた人物となるのかな…。(見当違いかな)

投稿: マクリ狼 | 2011/01/17 01:05

 犯人は、被害者のクレームによって、つい最近クビになった人物なのではないか?
 例えば、道路工事等でいい加減な誘導を行っていて、歩行者としての被害者に怖い思いをさせ、怒った被害者が工事の元請けにクレームを入れて、その警備員が仕事をクビになったようなことは無かったか。
 或いは、店での対応が非常に悪い店員に怒った被害者が店側にクレームを入れて、その結果クビになった者はいなかったか。
 最近は解雇が簡単になったので、クレームに対して謝罪よりも、問題となった者をクビにして口に糊する雇い主が多くなったので充分あり得ると思うが。
 では、加害者はどうやってクレーム主を知ったのか?これも簡単。クレームを入れた場合「後での連絡・謝罪のため」としてクレーム主の氏名・住所・電話番号を聞くことはよくある。そこでクビになった者が「自宅を訪問して謝罪したい」と言えばペラペラと全部の情報を漏らす雇い主は実は多い。

 犯人はクビになり、社宅とされていた部屋を追い出された。その彼の全財産はボストンバッグひとつ。だから現場にも持って行ったわけ。このつらいご時世、やっとありついた仕事を「どこのくたばりぞこないか分からないジジイの文句で失ってしまった」、本来その恨みは自分をクビにする雇い主か、いい加減な仕事でクレームを入れられた自分に向けるべきなのだろうが、その責任の矛先がクレーム主に向かった。

 犯人が日焼けしていたのは、屋外で日中作業していた人物を示す。そしてクレームがあれば真っ先に切られる最も弱い立場はどんな仕事かということで工事現場での警備員だと推理したが、他にもあるかな。

 犯人が実行後堂々としていたのは、もう失うものがなく、別に逮捕されても三食屋根付きの環境に行くだけで現状より悪くならないと腹をくくっていからではないかと思う。

投稿: あすな郎 | 2011/01/20 09:49

あすな郎さんの推理は、的確ですばらしい。もし、短期間で逮捕された場合、これに近い人物像であると考えられます。ただひとつ、ひっかかるのは、着替えて逃走する事を考えていたのならば。なぜ犯行時にマスクなどで顔を隠さなかったのか、ということです。もし、被害者と犯人に面識があれば、犯行が失敗したときにすぐに顔がばれてしまいます。夜ではなく、人通りの多い夕方を選んだのは、犯人はむしろ、顔を見せる為とも考えられます。つまり、変装して、架空の犯人像をつくりあげた計画的犯行かも知れません。犯行時、犯人は無表情であった理由は、これかも知れません。

投稿: プロファイラー | 2011/01/24 15:47

あすな郎さんの推理は、的確ですばらしい。もし、短期間で逮捕された場合、これに近い人物像であると考えられます。ただひとつ、ひっかかるのは、着替えて逃走する事を考えていたのならば。なぜ犯行時にマスクなどで顔を隠さなかったのか、ということです。もし、被害者と犯人に面識があれば、犯行が失敗したときにすぐに顔がばれてしまいます。夜ではなく、人通りの多い夕方を選んだのは、犯人はむしろ、顔を見せる為とも考えられます。つまり、変装して、架空の犯人像をつくりあげた計画的犯行かも知れません。犯行時、犯人は無表情であった理由は、これかも知れません。

投稿: プロファイラー | 2011/01/24 15:47

1)最初から殺害するつもりなら、どうして用意したナイフを最初に使わないのか?
あるかないか分からない、現場の鎌を使う理由が無いだろう。

犯人の「危機管理」として、現場に鎌があると知っていれば、
わざわざ凶器を用意する必要がないですね。
胸ポケットのナイフは緊急避難用等、主たる武器ではないのでは?

2)現場に犯行の邪魔になる大きなボストンバッグを持ち込む理由が無い。

中には着替えが入ってそうです。襲って、汚れて、着替えて、逃走…。

3)怨恨については相当以前の恨みによる物の場合も動機になり得るのでなんとも言えないが、
計画的?と言う点については疑問があるな。

事件以外のニュアンスを含んで訪問したとは思いにくいです。

投稿: アヒル | 2011/01/25 00:28

例えば、左手にナイフを持っていたが、現場に鎌があったので、思わず右手でそれを利用した。利き手は右手だが、左ききの犯人の犯行に見せかけたかったが、本能的に右手も使ってしまった。とか、他に理由が思い当たりません。

投稿: | 2011/01/25 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都目黒区夫婦殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その99(過去の一家殺傷事件) »