« 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) | トップページ | 埼玉県富士見市中3失恋殺人未遂事件 »

2011/02/15

神奈川県平塚市1歳男児死亡事件

2月15日、内縁関係にあった女性の1歳児に暴行を加えて死なせたとして、神奈川県警平塚署は平塚市徳延、会社員男性容疑者(42)を傷害致死容疑で逮捕する事件が起きている。

発表によると、容疑者は2009年11月18日午後6時20分頃から同日午後7時半頃までの間、同市明石町のビジネスホテル客室の浴室で、同県厚木市に住む内縁にあった女性(24)の長男(1歳9か月)に、頭を殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれているよらしい。
調べに対し、容疑者は「やっていない」と供述しているという。

容疑者は同日午後7時40分頃、「一緒に風呂に入っていた子供が、1分間目を離したら、浴槽に浮いていた」と、ホテルのフロントを通して119番した。
男児の全身に複数のアザがあったため、司法解剖した結果、頭の骨が折れていることが判明し、同署が捜査していたとの事。

事情聴取に対して女性は、男児が容疑者と入浴後、「体につねったようなアザができていたことがあった」と話しているという。同署は、日常的に容疑者が虐待していた可能性があるとみて調べているらしい。

今の所なんとも言えませんが、全身に複数のアザと言うのは気になる所です。

続報を待ちましょう。

|

« 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) | トップページ | 埼玉県富士見市中3失恋殺人未遂事件 »

コメント

この手の事件でいつも思うんだけど…
『体につねったようなあざができている事があった』と気づいた母親は、その時点で何らかの対処はできなかったのかな…

相手に対する愛情や恐怖が邪魔するのか…

子供に対する愛情より?

…何ともやりきれない話ですよね。

投稿: バツイチママ | 2011/02/16 06:38

児童虐待について議会で提案できる機会が今度あります
こどもたちが苦しみ亡くなっていくのをみたくありません
このような虐待 虐待死を減らすには何をすればいい何を変えていけばいいのか一緒に考えてください
一つでも多くASKAさま みなさまの意見を質問を含め議会に持っていければと思います
よろしくお願いします
どうかよろしくお願いします

投稿: こんにちわ | 2011/02/16 22:07

応急処置は通報するよう通報があればすぐに現場にかけつけ安否の確認
一度通報があるような家庭からは今後目を離さず何かあればすぐにかけつける
状況によっては保護等引き取りを思いきる判断が必要だと思います
親の生活 仕事など受け入れ体制が整うのを確認するまで帰さないという事ができるようにした方がいいと思います
それを判断するのは児童相談所のようなので仕事を任せておける状態なのか

保護された後の施設は整っているのか

子供虐待 通報専用のすぐに対応し現場にかけつけられる体制の整った119番通報みたいなのがあってもいいと思う

投稿: あさ | 2011/02/16 23:49

虐待が起きてしまう状況や家庭の状態
虐待をしてしまう親の負担そんな精神状態にしてしまう環境を改善する事が大事だと思います

これに具体策があれば投稿して下さい
虐待を減らし子供を救うために
先ほど書いた応急処置とこの根本の改善どちらも同時進行に取り組んでいくべきだと思います

投稿: あさ | 2011/02/16 23:57

みなさん、こんにちは
虐待の理由は色々な要素があると思いますが、母親が子供の異変に気づいても見て見ぬふりをする理由の一つは女性の経済的自立の難しさがあるのだと思います。

子供を抱えて自立して生活するには仕事をしなければならないけれど、子供をあずける事ができない待機児童の問題なども一つの遠因だと思います。

更に、仕事自体が無いとか、賃金が安いなども有るでしょうね。

投稿: ASKA | 2011/02/17 07:08

この件は冤罪の可能性も低くありません。
当事者からは距離が遠いので、詳しい事情はわかりませんが、平塚警察及び一部メディアが結託して事件化している可能性も否定できません。
メディア報道をうのみにしないよう事実を追っかけます。
なお、メディアの書いていることイコール警察のリーク及び発表であり、それが事実と断定できるものではありません。

投稿: たけし@かながわけん | 2011/02/17 12:28

ASKAさんの言われた事の改善に取り組めば虐待を減らすと言う事に繋がりそうですね
このようなご意見の投稿お待ちしております
よろしくお願いします

投稿: こんにちわ | 2011/02/18 02:42

働く場所がない 賃金が安い この問題は確かにあると思います
待機児童もいますが一つだけ気になる事があります
虐待が疑われた時優先的に保育園に通う環境ができると思うのですが そこから母親が自分で働く事もできますしがんばろうとはならないのでしょうか
虐待が疑われるような状況になってからではおそい
という事でしょうか

働きやすく 預けられる場所も整い 仕事がみつかれば 自立した母親が増え虐待が少しは減るのでしょうか
母親自体の問題はないと言えるのでしょうか
どんな整った環境でも虐待をする周りを言い訳にする親がいるんじゃないでしょうか
私の考え方は人に厳しいのでしょうか

でも確かに虐待のニュースはお金に満たされていないような家庭が多く
この問題は考えていかなくてはいけないと思います

投稿: あさ | 2011/02/18 02:57

自分の行為に責任もてない40過ぎのおっさんが よーエラそうにやってないいえるわなーこんなアホは死刑や

投稿: | 2011/07/19 01:38

交際女性の1歳9カ月の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死罪に問われた平塚市徳延、元会社員、男性被告(43)の裁判員裁判で、横浜地裁小田原支部は15日、「日常的な虐待が繰り返される中で暴行があった」として、懲役10年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡したとの事。
長男は09年11月18日、平塚市内のビジネスホテル浴室で暴行を受け、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などで死亡したとされたが、被告は一貫して無罪を主張。弁護側は
1)頭蓋骨骨折には、足を持って振り回すなどの力がいるが狭い浴室では無理
2)長男の泣き叫ぶ声が周囲に聞こえなかったのは不自然
などとしていた。
しかし裁判長は「被告が長男の後頭部を浴槽の床に打ち付けるなど、故意に傷を負わせたことが強く推認される」と指摘。
被告の供述は合理性のない変遷があって信用性が認められないとし、「反省の態度がまったく見られず、動機に酌量の余地は皆無」と断じた。

投稿: ASKA | 2012/02/16 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) | トップページ | 埼玉県富士見市中3失恋殺人未遂事件 »