« 大阪市淀川区通り魔事件 | トップページ | 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) »

2011/02/12

東京都目黒区夫婦殺傷事件その5(容疑者の供述)

容疑者の供述が出てきているようです。
1)被害者方を訪問時、大手老舗百貨店の配送を装った理由について「有名で高級なイメージがあるので、ドアを開けてくれると思った」と供述しているらしい。

容疑者は昭和43年から約10年間、東京都に隣接する川崎市に住んでおり、捜査本部は、目黒などの高級住宅街に抱くイメージに合わせ、玄関ドアを開けさせる方法を考えたとみている。

2)容疑者は「東京の高級住宅街といえば目黒か田園調布。どちらかに行こうと思ったが、田園調布への行き方が分からなかった。目黒には初めて行った」と供述しているらしい。

3)いわき市常磐西郷町の無職、男性容疑者(65)が殺人・殺人未遂容疑で逮捕された。2月11日、警視庁は自宅を家宅捜索した。周辺住民は「温厚で優しい性格で、事件を起こすような人物とは思えない」と口をそろえるて話しているらしい。

4)容疑者は「高級住宅街に行って金が欲しかった。被害者は面識がなく、抵抗されたので刺した」と動機について供述しているらしい。
容疑者は百貨店を名乗ってインターホンを押し、ドアを開けた大原さんにいきなり襲い掛かり、馬乗りになった。
妻(81)や通行人の男性ら4人が助けに入るなどし、同容疑者は果物ナイフで被害者を刺して逃走した。
金目当てに襲ったと話し、「妻や男性らが助けに来たので、何も金品を取れずに逃げた」と供述しているらしい。「被害者に申し訳ないことをした」と反省の態度も見せているらしい。 

5)容疑者は「知人らに数百万円の借金がある
「事件後、中目黒駅のトイレで着替え、靴もはき替えて帽子をかぶって逃げた」
「着替えを済ませた後、中目黒駅を出てタクシーで東京駅に行き、その後、バスを使っていわき市に戻った」
犯行当時に着ていた服などについて、「事件の数日後に自宅近くで捨てた」などと供述しているらしい。

6)被害者宅を襲った理由は「たまたま目に付いたのでその家に入った」などと話しているらしい。

こんな所ですね。
計画的では無かったようです。とりあえず東京の金持ちを狙った犯行でしょうが、被害者は偶然襲われたと言う事になりそうですね。

金目当ての強盗と言う事になりますが、どうも容疑者の思考の流れにずさんな点が目に付きます。
百貨店を名乗ってドアを開けさせた時、その後どうするつもりだったのかな?
容疑者自身も65歳で体力的には筋肉隆々とはいかないでしょう。ドアを開けたのは50代やあるいは20代の青年とかって可能性もあるわけでしょ?

今回はたまたま、自分よりも年上の人物だったから押し入ろうとしたのかもしれないが、それでも抵抗されている。
時間もまだ日没前で明るい時間だし、田舎とちがって人は沢山いるからね。
悲鳴や騒ぎを聞けば集まる人間もいるだろう。

確かに着替えなども用意しているようだし、自宅からは遠く離れた場所で犯行も行っているけれど・・・
全体的に思慮が足りないと思われる点が多い。
容疑者は正常な判断力があったのかな?
それに、事件の原因と思われる借金がどうしてできたのか?も疑問です。

逮捕当初、黙秘していたのは家族がいたからなのかな?
それなら、もっと別の合法的な解決策を考えるべきだったでしょうね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
東京都目黒区夫婦殺傷事件その4(容疑者逮捕)東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2)

|

« 大阪市淀川区通り魔事件 | トップページ | 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) »

コメント

大胆な《推測》をすれば。「交換殺人、または、殺人依頼」によって、
「報酬を得るため、見知らぬ人を殺害した」とも、とれる状況ですね。

「ネットの闇サイトで犯罪共謀」なんて、有り得なかったのは昔の話。
今は、映画やTVドラマをヒントに見知らぬ人間が「犯罪を図る」話は
強姦共謀、振り込め詐欺、自殺志願者幇助サイトなど、ありふれた話。

犯人の《供述重視》なら「単なる窃盗」だが、客観的事実に合わない。
どこでも良かったなら、犯人のいた「恵比寿周辺」だって、良かった。
恵比寿駅から中目黒駅(上目黒)にだって、歩いて行ける距離だろう。
「暗くなるまで待つ」ならともかく、帰宅者の多くなる夕方4時半迄、
待つことはない。「4時半頃に依頼者のアリバイが出来る」ならある。

交換殺人なら「完全な殺害動機がある人に、完全なアリバイを与える」
ため、隣の「恵比寿駅で3時間も時間をつぶしてた」とも考えられる。
同じ理由で「殺人依頼者が殺害時間を指定した」からとも考えられる。

金に困っての強盗なら「はるばる東京まで出てきて、カネも盗らずに、
いきなり殺し、駅で着替えて。東京駅までタクシーで逃げ、航空機で
海外逃亡を図るのは、借金を返すために殺人する人間の行動じゃない。

タクシーに乗ったり、飛行機で海外に逃げるだけのカネがあるのなら、
土地勘のない東京にきて、強盗殺人したあとの行動として、頷けない。
カネを盗らなかった強盗目的でなく、殺人目的だったとしか見えない。
その後の「人生を棒にふる」ことになる「人を殺す」理由があったか?

もし「殺人依頼」だったら。犯人逮捕で金が振り込まれることはない。
逃げるのに失敗したのは自己責任。「交換殺人」なら周辺の人が死ぬ。
そうしないと「裏切られた犯人が、殺人依頼者が誰と自供する」から。

あくまでも《推測》で妄想の類だが。何しろ、事件は「謎だらけ」だ。

投稿: あんぐらー | 2011/02/14 21:10

確かに矛盾だらけです。物取りならそれが装いならなおさら、ほっかぶりをして出刃包丁を突き出して金を出せ、が昭和の強盗の基本です。それすら出来ていないのが違和感!

書きにくいですが、いっぽうで高齢者である被害者を狙う怨恨も考えさせられます。

投稿: 明智困五郎 | 2011/02/14 23:03

みなさん、今晩は
そうですね、色々と違和感が多い事件ですが、私が一番違和感を感じているのが、容疑者が簡単に逮捕されてしまった事です。(簡単と言っても捜査員の方々は大変ご苦労された事だと思います)
顔も隠さず、カメラにも無頓着で高速バスは乗客名簿に実名残して逮捕してくれといわんばかり・・・
容疑者はあえて逮捕されたのでは?と疑いたくなる程です。(全ての罪を被ると言う契約も有りかな)
なので、私は容疑者は正常な判断力があるのか?と言う事も疑っています。

投稿: ASKA | 2011/02/15 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市淀川区通り魔事件 | トップページ | 東京都目黒区夫婦殺傷事件その6(容疑者の供述2) »