« 東京都町田市2歳長男虐待事件 | トップページ | 君は一流の刑事になれ »

2011/04/24

千葉東金市女児殺害事件その39(賠償命令)

女児殺害、男性被告に賠償命令=被害者母が申し立て―千葉地裁
千葉県東金市で2008年9月、女児=当時(5)=が殺害された事件で、殺人罪などで懲役15年の判決を受けた無職勝男性被告(24)=控訴中=に対し、千葉地裁が慰謝料3000万円を被害者女児の母(40)に支払うよう命じる決定をしたことが4月19日、分かった。
決定は3月30日付。異議申し立てはなく、今月14日に確定した。遺族側代理人の弁護士が明らかにした。

この事件の関連情報としてメモしておきます。
被害者遺族の感情としては色々な物があるんでしょうね。

|

« 東京都町田市2歳長男虐待事件 | トップページ | 君は一流の刑事になれ »

コメント

私も知的障害をもつ父親です
今回の事件にやりきれ無い空しいさがあります
うちの息子と同級生な
勝木君が殺害者だと信じられ無かったです悪い事をすれば罪と罰を受けるのがあたりまえです
しかし知的障害である勝木君が幼児殺害を何故したのか計画的な犯行では無く
とつさ的な犯行では
殺害をしようとした訳では無く自分自身がパニックになってしまい結果的には
殺害してしまったのでは無いのでしょうか
知的障害でも無い人でも
カ〜ットなると自分の行動を抑制が出来無くなる事があると思います
勝木君は殺害をしたくて
した訳では無い自分自身の抑制が出来無かったのだと思います

投稿: TT | 2011/05/21 21:18

TTさん、こんばんは
多分、障害者の殆どの方は犯罪とは関わる事なく一生を終えると思います。
むしろ、被害者になる場合の方が多いのではないでしょうか?
私は今回のケースは数字の上では稀なケースなのかと考えています。

投稿: ASKA | 2011/05/21 23:55

控訴審判決公判が9月29日、東京高裁で開かれた。裁判長は「精神遅滞に伴う判断能力や行動制御能力の低下の影響が著しいとはいえない」として、懲役15年を言い渡した1審千葉地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

1審は今年3月の判決で、被告が「合理的な思考のもと、一貫して目的に即した行動をとっていた」と判断、犯行時の責任能力や裁判手続きの意味を理解する訴訟能力を認定した。弁護側は「犯行時は心神耗弱の状態だった」などとして減刑を求め、控訴していた。

投稿: ASKA | 2011/10/01 19:37

殺人、死体遺棄などの罪に問われた無職被告(24)が、1審通り懲役15年とした東京高裁判決を不服とし、最高裁に上告した。上告は7日付。

 1、2審判決によると、被告は08年9月21日、自宅近くの路上で幸満ちゃんを連れ去り、自宅の浴槽に沈めて殺害し、遺体を近くの資材置き場に遺棄した。被告側は公判で、被告に知的障害があることから、犯行時は心神耗弱の状態だったなどと主張したが、1、2審とも完全な責任能力を認めた。

投稿: ASKA | 2011/10/14 06:54

女児殺害事件で殺人と死体遺棄、未成年者略取罪に問われた無職、男性被告(25)に対し、最高裁第1小法廷は27日付で、被告の上告を棄却する決定を出した。懲役15年とした1、2審判決が確定する。

1、2審判決によると、被告は08年9月、自宅近くですれ違った女児(当時5歳)を抱えてマンション自室に連れ込み、浴槽に沈めて水死させ、遺体を近くの路上に放置。女児と友達になろうとしたが「帰る」「ばか」などと言われ腹を立て殺害したと認定した。

被告に軽度の知的障害があり、弁護側は責任能力と、裁判手続きを理解して自身の権利を守る訴訟能力を争った。1審・千葉地裁は障害の影響を「判断能力などが一部損なわれていたが、著しく減退している状況ではなかった」とし、懲役20年の求刑に対し懲役15年を選択。2審・東京高裁も支持したようだ。

上告審でも弁護側は、訴訟能力が低いことを考えずに刑罰を科すことは公平な裁判を受ける権利を定めた憲法に反すると主張したが、小法廷は上告理由に当たらないと退けたとの事

投稿: ASKA | 2012/03/28 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都町田市2歳長男虐待事件 | トップページ | 君は一流の刑事になれ »