« 北関東連続幼女誘拐殺人事件その2 | トップページ | 北関東連続幼女誘拐殺人事件その3 »

2011/04/29

大阪市都島区3人殺傷事件

4月27日(水)午前2時35分ごろ、大阪市都島区都島本通のアパート住人から「男が何かを振り回している」「人が倒れている」などと110番する事件が起きている。

大阪府警都島署員が駆け付けたところ、2階廊下で、このアパートで同居していた男性Oさん(44)と女性Sさん(39)が刃物で刺され死亡していた。
同階に住む男性Kさん(68)も上半身を切られ、重傷という。

Kさんは「男にやられた」と説明しており、現場で凶器が見つかっていないことから、府警は殺人・同未遂事件として同署に捜査本部を設置し、逃げた男の行方を追っている。
捜査本部によると、OさんとSさんの上半身には複数の切り傷や刺し傷があり、ほぼ即死状態だったという。
Kさんは騒ぎを聞きつけて、廊下に出たところを男に襲われたという。

亡くなったOさん(44)とSさん(39)の上半身に深い傷が複数あり、他にも多数の切り傷などがあったことが27日分かった。

大阪府警都島署捜査本部は、28日午後に司法解剖し詳しい死因を調べるとともに、同居していた2人に恨みを持つ人物が関わった疑いがあるとみて、交友関係などを捜査している。

捜査関係者によると、亡くなったOさんとSさんはアパートの2階廊下に倒れており、辺りには大きな血だまりができていた。2人は普段着姿で、自室で襲われ廊下に逃げたが、犯人からしつこく追い掛けられた可能性もある。室内を物色したような形跡はなかったという。

2人は元夫婦で約4年前に離婚したが、1~2カ月前からこのアパートで同居していた。いずれも耳が聞こえず、Oさんは生活保護を受けていたという。

捜査本部によると、事件は27日未明に発生。Oさんら2人が殺害され、2人と同じ2階に住むKさん(68)が重傷を負った。Kさんは男に襲われたと話しているという。 

さて、情報を整理すると
4月27日(水)午前2時35分ごろ、アパートで元夫婦の男女が男に刃物で襲われた。
元夫婦は複数の傷があり、ほぼ即死状態だった。
元夫婦はいずれも耳が聞こえず、生活保護を受けていた。
騒ぎを聞きつけた同じアパートの男性は廊下に出たところを男に襲われた。
現場から凶器は発見されていない。

こんなところだね。
事件の発生時刻から考えれば、就寝時間、起きていてもドアの鍵は閉めている時間だね。

続報を待ちましょう。

2011/04/30追記
大阪市都島区のアパートで男女3人が殺傷された事件で、大阪府警は30日、殺害された元夫妻の知り合いの同市東淀川区菅原6、無職、男性容疑者(59)を殺人と殺人未遂の疑いで逮捕した。「三角関係がもつれ、(元夫妻に)数年前から脅されていた。最初から2人を殺すつもりで現場に行った」と認めているという。

逮捕容疑は、4月27日未明、都島区都島本通3のアパート「翠苑(すいえん)」で、住人の男性Oさん(44)と、同居の元妻の女性Sさん(39)=いずれも無職=を包丁で殺害。別の部屋に住む男性Kさん(68)の首を刺し、重傷を負わせた、としている。

府警捜査1課によると、容疑者はOさんとSさんと同じ聴覚障害者。Oさんらとは十数年来の知り合いという。目撃情報などから、容疑者が浮上した。
凶器とみられる包丁は都島区の路上で見つかった。Kさんを襲ったことについては「急に部屋から出てきたので刺した」と話している。

供述の裏付け捜査は慎重にお願いします。
容疑者が常にホントの事を話しているとは限らない。罪を軽くするための作り話と言う可能性もありますからね。

続報を待ちましょう。

|

« 北関東連続幼女誘拐殺人事件その2 | トップページ | 北関東連続幼女誘拐殺人事件その3 »

コメント

はじめまして。
都島区の事件のアパートに住んでるものです。
あのあと、
事情を知っている知人宅と仕事場に泊めてもらい、
部屋には昼に空気を入れ替えるしか戻っていません。
それほどショックでした。

事件発生時、大きな音で目覚めてドアを開けると
人がうつぶせで倒れており
廊下は血だらけでした。

あとで気付きましたが
自室のドアにも血が飛んでいました。

>容疑者が常にホントの事を話しているとは限らない。罪を軽くするための作り話と言う可能性もありますからね。

そうなんです。
ずっと怖くて考えないようにしていたのですが
落ちついてくると、なんだかしっくりきません。

ろうあ者で、臆病な人
(脅されていたという供述から)が
追いかけてまで あんなにひどいことをするのかな
と、考えていました。

眠れないので(今夜も仕事場で寝ます)
いろいろ検索していて
偶然こちらに来ました。

私の勝手で申し訳ありませんが
一人でもこの事件のことを考えていてくださることに
救われました。
ASKAさまが
だれかを救うためではないとわかっていますが
本当に、気持ちが楽になったのです。

連休が終わり、明日からは自宅で寝なければなりません。
その前に、
ただ怖がるだけでなく
客観的に自分の周りを見ることができました。
感謝致します。

投稿: kyon | 2011/05/08 23:01

亡くなったOさんの
実の娘です
今でもショック受けています
まだ忘れられません

投稿: Kanae | 2017/04/08 12:15

Kanaeさんへ
時折このサイトでコメントしているつれづれと申します。
ASKAさんより先に言葉を掛けるのは出しゃばり過ぎでしょうし、おそらくは周囲の方々にも色々言われていることとは思います。ですが言いたくなってしまいました。
親御さんの事件、ショックでしたね。忘れられないのも無理ないことと思います。
こうした顔も見えない匿名の場で心中の辛い気持ちを吐き出すのも、一つの方法です(顔が見えない分、誤解されたり好き勝手言われたりしやすいですが)。
しかし、画面越しでは共に泣くことも実際に助けることも出来ません。もし辛い気持ちが続くようであれば、周囲に助けを求めて下さい。
身近な人に重い話をするのも気が進まないならば、話を聞く専門家(いわゆるカウンセラー)もいます。
少しでもKanaeさんの心が穏やかでいられますように。

投稿: つれづれ | 2017/04/09 02:44

連投すいません。追加情報を見つけたので。

とあるサイトより
>2012年11月15日、大阪地裁の裁判員裁判で求刑通り一審無期懲役判決。2013年7月5日、大阪高裁で被告側控訴棄却。
とのことです。

一審の判決については福井新聞webサイトに記事が残っていました。以下引用です。
>大阪市都島区のアパートで住人3人を殺傷した殺人と殺人未遂の罪に問われた無職築男性被告(60)の裁判員裁判で、大阪地裁は15日「強固な殺意に基づく残虐な犯行」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
>判決理由で岩倉広修裁判長は「ナイフで首や胸を何度も刺して知人2人の命を奪い、犯行の邪魔になると考え無関係の男性も負傷させた責任は重い」と指摘。男性1人に対する殺人未遂罪について「殺意はなく傷害罪にとどまる」とした弁護側の主張を退けた。
引用終了

死刑判決もありえた事件ですが、同年に東日本大震災があったこともあり、報道が少なかったようですね。

一部訂正by ASKA

投稿: つれづれ | 2017/04/09 02:45

Kanaeさんへ
犯罪被害者で有名な方だと、世田谷一家事件の入り江さんがいますね。
入り江さんも、事件の傷を癒すのに、相当な時間がかかったようです。
つれづれさんの言うように、つらい事があったら弱音を言っても良いと思いますよ。
自分の中に閉じ込めてしまうのは、よくないような気がします。

つれづれさんへ
いつも、フォローありがとうございます。
事件の結果どうだったかな?と調べようと思っていました。ありがとうございます。
震災のドタバタで、報道を見逃してしまったようです。

投稿: ASKA | 2017/04/09 10:37

亡くなって約9年になりますが
父の事は忘れないようにしてます
今でも犯人を憎んでます
確かに父は悪いと思いますが
父はそんなに悪くありません

投稿: Kanae | 2017/05/11 20:59

父が悪いかもしれませんが
うち的には犯人が悪いと思います
まだ犯人の事恨んでますし憎いです
良き父ではありませんでしたが…。

投稿: Kanae | 2017/05/11 21:07

Kanaeさんへ

一般論ですが、父親の印象は自分が子どもの時と、大人になってからでは、だいぶ印象が違いますね。
大人になると、いろいろな事情が分かるようになって、父親も大変だったのだろうな、親の苦労が分かるようになるからかもしれませんね。

事件には何か事情があったのかもしれませんね。
いまとなっては、分からないかもしれませんが・・・

投稿: ASKA | 2017/05/12 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北関東連続幼女誘拐殺人事件その2 | トップページ | 北関東連続幼女誘拐殺人事件その3 »