« 群馬県渋川市女児虐待事件 | トップページ | 大阪市平野区母娘殺害事件その2(続報) »

2011/06/27

大阪市平野区母娘殺害事件

6月24日(金)午後9時10分ごろ、大阪市平野区加美北のマンション2階の部屋に住む女性が「妹が血だらけで倒れている」と近くの交番に届け出る事件が起きている。

警官が駆け付けたところ、女性の20代の妹と50代の母親が室内で死亡していたらしい。
大阪市消防局によると、妹の腹部には刺し傷があり、死後しばらく時間がたっていたという。大阪府警は殺人事件とみて捜査を始めたとの事。
府警によると、女性は仕事から帰宅して遺体を発見したという。
妹は台所、母親は和室で倒れており、着衣にみだれはなく、室内に物色した跡はなかったようだ。

2人に刃物による多数の刺し傷や切り傷があったことが25日分かった。大阪府警捜査1課は何者かに殺害されたとみて、平野署に殺人事件として捜査本部を設置し、交友関係やトラブルの有無などを詳しく調べる。
死亡していたのは、同区加美北、無職で韓国籍の母親(61)と娘の派遣社員(27)。
娘(27)の姉(28)と3人暮らしで、24日夜、仕事から帰宅した姉が2階の部屋で2人を発見した。

捜査関係者によると、2人には刺し傷のほか、抵抗した際にできたとみられる傷もあり、遺体のそばに血だまりができていたらしい。
凶器は見つかっていないとの事。 

捜査本部によると、2人はいずれも普段着姿で、母親は和室に横向きの状態で、娘は台所にあおむけでそれぞれ倒れていた。2人の遺体には全身に傷があり、周辺には大量の血だまりがあったらしい。

傷の形状から、刃体の幅が狭い刺し身包丁や小型のナイフのようなもので刺されたり、切られたりしたとみられる。抵抗した際に腕などにできる防御創もあったらしい。
捜査本部は25日午後に遺体を司法解剖し、詳しい死因や死亡時期などを調べるとの事。

室内には目立った物色の跡はなく、ベランダの窓は施錠されていたらしい。

被害者方は、2人と長女(28)の3人家族で、十数年前から同マンションに居住していた。
長女が24日午前8時ごろ、仕事で外出した際には、2人は家にいたらしい
娘はこの日は仕事が休みだったとの事。

長女(28)が出勤した後の24日午前、マンションの住人が母娘の部屋で大きな物音がするのを聞いていたことが25日分かった。
大阪府警平野署捜査本部は、何者かがこの前後に被害者宅に侵入した可能性もあるとみて調べているらしい。
捜査関係者によると、被害者宅はマンション2階で、住人が物音を聞いたのは24日午前8時45分ごろ。長女は同8時ごろに出勤したようだ。

娘の遺体には、背中などにも刃物で刺されたり、切られたりしたような傷があったことが25日分かった。
犯人が、逃げる娘を執拗に追いかけて刺した可能性があるようだ。

また、娘が先月、何者かに顔を殴られたと周囲に訴えていたことも判明したらしい。
平野署捜査本部は、娘の交友関係をめぐるトラブルの有無について調べている。

捜査関係者によると、娘の遺体には、腹や胸のほか、背部にも多数の傷があったようだ。小型の鋭利な刃物で何度も強く刺すなどしたとみられ、犯人の強い殺意をうかがわせるらしい。

娘は台所で倒れており、周辺にも血痕が点在していることから、犯人は逃げる娘を追いかけて刺した可能性があるようだ。
和室で倒れていた母親も、全身を刺されていたらしい。
警察が司法解剖を行った結果、2人とも、胸と背中両方を鋭い刃物で数十カ所刺されたり、切られたりしていて、中には10cmにも及ぶ深い傷もあった。
部屋の中には、倒れていた場所以外にも血痕が点在していて、2人は執拗に襲われたとみられるようだ。

司法解剖の結果、2人は頭や胸など数十か所を刺されて即死状態だったことが新たにわかったようだ。
死亡推定時刻は、長女が2人を確認した24日午前8時から昼までの間らしい
また、現場では24日昼頃に、被害者宅の隣の空き部屋のベランダで不審な人物が目撃されていたとの事。
警察は、隣の部屋の鑑識活動も行うとともに、強い恨みによる犯行とみて2人の交友関係などを調べている。

娘が当時勤めていた金属加工会社の同僚によると、5月中旬、午後10時から始まる夜勤に向かう途中、男に顔を殴られ顔から血を流していたが、男については「知らない人」と話しており、被害届は出していないという。
2月か3月ごろ、歩行中に知らない男にいきなり帽子を奪われたとも話していたらしい。

2人は24日午前8時から午後9時ごろの間に襲われたとみられているようだ。

こんなところだね。時系列情報をまとめると
24日 8時ごろ    長女が家を出た時には2人は在宅だった。
24日 8時45分ごろ  周辺住民が物音を聞く。
24日 昼頃      被害者宅の隣の空き部屋のベランダで不審者が目撃される。
24日21時10分ごろ 帰宅した長女が遺体を発見

その他の情報としては
1)ベランダは施錠されていた。
2)娘は腹、胸、背中など複数の傷があり、更に防御創もあった。
3)母親も全身に傷があった。
4)死亡推定時刻は24日の8時から昼の間。

こんな所だけど、ちょっとこの事件はおかしな点がありますね。
一番の疑問点は単独犯では2人の被害者を同時に襲う事ができないと言う点です。
単独犯だとしたら、声も出せずに母親を瞬殺し、その後、娘を追いかけて殺害した事になるのかな?
ただし、母親の傷の状態によっては矛盾が出るかもしれませんね。

2番目の疑問はベランダの目撃情報が状況に矛盾してますね。
ベランダの鍵は施錠されていたので、ベランダから出たとは思えない。
さらに、時刻は既に事件後と思われる事を考えると、目撃された人物が事件に関わっていたとしたら、事件後に被害者宅を監視していた事になります。
被害者宅の住人3人の内、2人を殺害しているのに、さらに監視する必要があるとは思えません。

可能性があるとしたら、3人目の住人の帰宅を待っていた場合ですよね。
しかし、それなら目立つベランダではなく、被害者宅の中で待ち伏せすると思うんですよね・・・

とりあえず、初動は広く網を張った方がよさそうな気がしますね。

続報を待ちましょう。

|

« 群馬県渋川市女児虐待事件 | トップページ | 大阪市平野区母娘殺害事件その2(続報) »

コメント

第一印象はすぐ捕まりそうなストーカー的犯人かと思いましたが、意外にも難しそうな状況ですね。

投稿: 明智 | 2011/06/27 23:12

明智さんこんばんは
でも、情報の殆どは怨恨やストーカーに繋がりそうですね。
ベランダの件もベランダ側の窓から侵入して中から施錠したとすれば矛盾しませんし、時間もぎりぎり死亡推定時刻内になるでしょうし。

その場合は警察は既に情報を掴んでいるでしょうね。

投稿: ASKA | 2011/06/28 00:28

初めまして。ASKAさん。はじめてかきこさせていただきます。
実は、昨日と一昨日、直接現場を見に行きました。
そしたら、一昨日の場合、ネットでの記事のとおり、マンションにブルーシートや、犯人が逃亡したルートの正面玄関あたりに、「立入禁止」のテープなどがされていました。ちなみに、北側出口の駐車場あたりまで来た時に、両手を合掌して、簡単な祈祷をしました。
また、裏手にある向かい側のマンションの住人の高齢の男性(杖ついて散歩されてた時に)に尋ねたら、毎○新聞の記者からも取材として聞かれたことや、また現場付近で遊んでた子供たちも、その事件のことで、不思議そうな感じで見に来てました。そして、昨日は、もう捜査が終わったのか?ブルーシートや、「立入禁止」のテープが無くなってましたが、その不審な男が携帯操作しながら座り込んでた公園も見に行きましたが、確かに、目撃者の言う電話ボックスやら電柱やらを発見したときに、正直、怖いのとクソッ腹立ってきた思いで、一刻も早く犯人を逮捕してほしいです。
それと、ネットでこんなのを発見したのですが、以下のとおりです。
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-fb64.html
その「元交際相手」がインタビューに出てたし、しかも
上半身だけで、テレビをみたら、8時6分の字幕がでてますが・・・・(石原○純さんが、左下に小さく移ってました。)もしかしたら、警察は、すでに把握して、その「元交際相手」を探してるのでしょうか?

投稿: 金田一成年 | 2011/07/04 11:02

実際にあった事件で探偵のような悪ふざけ。
許せません。人の不幸でも他人ならかまわないと言う
最低な人達の書き込みです。
あなた達のような方はネットを利用する価値ありません。

投稿: 無記名 | 2011/07/11 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬県渋川市女児虐待事件 | トップページ | 大阪市平野区母娘殺害事件その2(続報) »