« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/28

兵庫県須磨区男児虐待事件

7月26日、須磨署は4歳男児の顔をたたいてけがを負わせるなどしたとして、男児の継父で神戸市須磨区禅昌寺町1のパチンコ店員、男性容疑者(23)を傷害容疑で、男児を蹴るなどしたとして、母の女性容疑者(22)を暴行容疑で逮捕する事件が起きている。

同署は、日常的に虐待があったとみて詳しく調べるとの事。
逮捕容疑は、男性容疑者は23日午前1時~24日午後6時の間に、男児の顔を左手で殴り、全治3週間のけがを負わせたとされる。また女性容疑者は5月中旬、同区永楽町2の市道上で、男児が「ママ嫌い」などと言ったことに腹を立て、男児の腰を蹴ったり、自宅で腹を踏みつけるなどの暴行を加えたとされるらしい。

24日夕、男児の顔が腫れているのを、家を訪れた男性容疑者の友人女性が発見、同署に相談に訪れて発覚したようだ。
同署によると、両容疑者は5月に入籍していた。男児は今月22日午後11時ごろ、家から約2キロ離れた路上で1人で歩いているところを同署に保護され、男性容疑者に引き渡されていたらしい。

2人は調べに対し、たたいたことなどは共に認めているものの、「しつけだった」と説明しているらしい。

両親から暴行されていたとしたら、家の中にこの子の居場所は無かったかもしれないね。
続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2011/07/21

広島県三原市3人殺傷事件

7月20日午後5時50分ごろ、広島県三原市宮沖の不動産会社で、刃物を2本持った男が男女3人を刺す事件が起きている。

3人は病院に運ばれたが、78歳と63歳の女性2人が死亡し、社長の男性(71)も重傷を負ったらしい。
県警三原署は殺人未遂容疑で、現場にいた同市皆実、無職男性容疑者(36)を現行犯逮捕したようだ。
駆け付けた署員に容疑者は、3人を刺したことを認めたらしい。

容疑者は自分の腹を刺しており、病院に運ばれたが重傷。同署は容疑者をいったん釈放し、回復を待って殺人容疑で逮捕する方針らしい。

同署によると、死亡したのは容疑者の母親(63)=三原市皆実=と、不動産会社の共同経営者女性(78)=同市宮沖=。重傷の社長は、命に別条はないらしい。
共同経営者の女性と社長、容疑者の母親は知り合いで、母親は不動産会社の顧客だったとの情報もある。3人は事務所で話している最中だったようだ。

容疑者は現場近くの路上に軽自動車を止め、包丁2本を持って事務所に侵入。突然包丁を振り回して母親を刺し、止めに入った男性と共同経営の女性を次々に刺したらしい。

事務所には当時、容疑者を含め6人いたが、無事だった女性2人が助けを求め、交番などに駆け込んだらしい。

同署によると、男は自分の腹も刺しており、釈放されて市内の病院で緊急手術中。調べに対し容疑を認めているが、2、3年前まで精神科に通院しており、同署は責任能力の有無を含めて慎重に調べているとの事。

刃物2本を準備し、迷わず犯行を実行、最後はその場で自分の腹を刺すと・・・・
動機が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (1)

2011/07/20

群馬県太田市9歳女児骨折虐待事件

7月20日未明、群馬・太田市で父親が9歳の長女の右腕をけり、骨折させた疑いで逮捕される事件が起きている。

傷害の疑いで逮捕された太田市のトラック運転手・男性容疑者(33)は7月9日、小学3年生の長女(9)の右腕をけって、骨折させた疑いが持たれているらしい。
容疑者は容疑を認めているらしい。
児童相談所には以前、「母親と娘が、父親に家から閉め出されている」などと、匿名で通報があったことなどから、警察は児童虐待の疑いで捜査しているとの事。

蹴った理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2011/07/19

東京都渋谷区母子殺害事件

7月18日(月祝日)午前8時20分ごろ、東京都渋谷区元代々木町5のマンション302号室で、住民の看護師、女性(35)と長男の区立小3年の男児(9)が死亡していると、無職の夫(33)が大家の男性を通じ110番通報する事件が起きている。

2人の首には絞められた痕があり、警視庁捜査1課と代々木署は殺人事件として捜査を始め、夫から発見時の状況などを聴いているらしい。

捜査1課によると、2人は和室の布団の上で普段着姿であおむけに倒れていた。検視の結果、目立った外傷はなく、窒息死とみている。18日未明から早朝に殺害されたとみられ19日に司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

室内を荒らされたり、ドアがこじ開けられたような形跡はなかった。

一家は3人暮らしで17日にレンタカーで北関東に墓参りに行き、18日午前1時ごろ帰宅。夫は1人で同4時半ごろレンタカーを渋谷区内の業者に返したといい、家の鍵は掛けていたらしい。

色々と気になる点がありますね。
1)死亡した場所は布団の上なのか?
ただね、被害者2人を単独犯が同時に絞殺する事はできないよね。

2)死亡した時期は何時なのか?遺体の服を着替えさせるなんて事を犯人がするとは思えない。なので遺体の服装は死亡時の服装だろうね。
だとしたら、普通に考えて普段着になるチャンスは2回だよね。就寝前と起床後だね。
それは死亡推定時刻ではっきりするだろう。死亡推定時刻がこの事件の鍵になるかもしれないね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (3)

2011/07/17

鳥取県境港市福定町女性殺害事件

7月16日(土)午後6時ごろ、鳥取県境港市福定町にある旧ガソリンスタンドの屋根の上に、人間の遺体があるのを、隣の会社に勤める男性(52)が見つけ、110番通報する事件が起きている。

県警境港署によると、遺体は女性で、20~30代とみられる。首にはナイロン製のロープが巻かれており、同署は身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

同署によると、女性は身長約163センチ。周辺に所持品はなく、白色のTシャツにジーンズ姿だったらしい。
死後数日経過しているとみられる。男性は会社の2階から窓越しに、地上から約3メートルの屋根の上に遺体があるのを見つけたらしい。

可能性は二つ考えられるね。
1)殺害場所と遺体の発見場所が同一の場合。
2)別の場所で殺害し遺体を屋根の上に遺棄した場合。

いずれにしても犯人の生活習慣に理由があるのかもしれないね。
続報を待ちましょう。

| | コメント (11)

2011/07/13

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)

以前に人格障害かもしれないと言う本を読んで「境界性人格障害」に興味を持ちました。
ちなみに、「境界性人格障害」と言う言葉は古い呼び方で今は「境界性パーソナリティ障害」と呼ぶようです。
実際の事件でも2件ほど、境界性パーソナリティ障害と思われる人物が殺害されている事件が別の書物で紹介されているのを読みました。確かに対人関係ではトラブルになりそうです。

この本はその境界性パーソナリティ障害をメインテーマに取り上げています。
具体例も豊富で読みやすいです。
この障害を理解する上で大変参考になると思います。
どんな症状なのか、そしてどうしたら治療できるのかそういった事が分かりやすく書かれています。

ただ、私はこの障害を理解するだけでなく、別の見方もできると思いました。
それは「子育ての参考書」としてです。

この障害はどうやら幼児期の育成環境に大きく影響を受けるようです。
子育てをする親からみると、「こう育ててはいけない」と言う反面教師的な要素もあるように見えます。
また、この障害は虐待の後遺症の一つと言う見方もできるかもしれませんね。

それから、この本を読んで気付いたのですが、斉藤学さんの「アダルトチルドレン」の原因の考え方とこの障害の原因が似ているように思えました。
境界性パーソナリティ障害の一種が「アダルトチルドレン」なのか?と少々疑問に思ったりしています。

| | コメント (1)

2011/07/11

兵庫県明石市猫惨殺事件

7月9日午前5時ごろ、明石市魚住町金ヶ崎の民家の玄関前に、頭部と前足が切断された猫の死体が放置されているのが見つかり、住人女性(29)が明石署へ通報する事件が起きている。
同署は悪質ないたずらとみて、県動物愛護条例違反などの容疑で調べているらしい。

正確な位置が分からないけど、加古川女児殺害事件の現場から東南に約10kmぐらいの場所だろうか?
以前から兵庫県とその近県では動物虐待事件が多かったのだけど、特に小さいお子さんをお持ちの家庭やご近所の方は注意してください。

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

2011/07/08

福岡市南区1歳児死亡事件

7月6日夜遅く、福岡市のアパートで男児がぐったりしているのが見つかり、その後、死亡した。警察は、男児の母親を殺人の疑いで緊急逮捕する事件が起きている。

7月6日午後11時50分頃、福岡市南区のアパートで「孫がひ孫を殺した」と女性から警察に通報があったらしい。
警察が駆けつけると、別のアパートの一室で男児(1歳7か月)がぐったりしているのが見つかり、病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認されたとの事。

この事件で、警察は7日未明、男児の首を絞めて殺害したとして、母親(20)を殺人の疑いで緊急逮捕した。
容疑者は「憂鬱な気分を晴らすためにやった」と容疑を認めているらしい。警察は、動機などをさらに詳しく調べているとの事。

別の報道では
逮捕されたのは、福岡市南区の無職・容疑者(20)。警察によると、容疑者は6日午後9時半頃、自宅のアパートで、長男の首を絞めて殺害した疑いが持たれている。容疑者は犯行後、近くの河川敷に男児を放置したが、話を聞いた家族が警察に通報し、事件が発覚した。

さて、容疑者が嘘をつくならもっともらしい動機を話す事ができただろう。
なので、今の話はホントの事なんだと思う。
そして、遺体も隠す事ができ、事件を隠す事もできたが、家族に告白している。

もしかしたら、メンタル面に問題が無いのか?気になる所です。

子育てだけでも大変ですが、無職なので、子育て以外にも生活の問題や、家族の問題などあると相当なストレスでしょうね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (4)

2011/07/06

大阪市生野区女性変死事件

7月5日午後0時10分ごろ、大阪市生野区勝山北の平野川で「女性が浮いている」と通行人の男性が110番通報する事件が起きている。

連絡を受けた市消防局が川から引き上げたが、女性はすでに死亡していた。生野署は身元の確認を急ぐとともに、遺体を司法解剖して死因などを調べるとの事。

生野署などによると、女性は20~40代で、チェックのシャツに短パン姿で黒のスニーカーを履いていた。遺体に目立った外傷はなく、着衣に乱れもなかったが、所持品は見つかっていないらしい。

現場は、JR大阪環状線桃谷駅の東約1キロ。

とりあえず最近の気象情報は
大阪市の7月の気象データを見ると4日に雨があったようです。
河川情報としては
平野川、巽橋の水位情報ではそれほど水位が上昇したわけでもなさそうです。
夜になると水位は2mを超えるみたいなので、誤って転落すれば溺れても不思議ではないね。

場所は良く分からないけど、多分このあたりかな。
現場周辺の航空写真

とりあえず司法解剖の結果を待ちましょう。

| | コメント (0)

2011/07/05

佐賀県唐津市男性殺人事件

7月4日午後4時50分頃、佐賀県唐津市浜玉町浜崎に帰省した女性から、「実家前の市道で男性が血を流して倒れている」と119番する事件が起きている。

消防隊員が駆け付けたところ、近くの電気工事業、TSさん(65)が倒れていたため、病院に搬送したが、間もなく死亡を確認。約20分後、県警唐津署員が、同所のFKさん(72)が自宅の寝室で倒れているのを発見し、病院で死亡が確認された。
同署は2人の腹部に刺し傷があったことから、殺人事件とみて捜査を始めた。

TSさんは妻と、FKさんは40歳代の息子と、それぞれ2人暮らし。同署はFKさんの遺体発見時に家にいた息子から当時の状況を聞いているようだ。

警察は、FKさんの息子が2人の殺害に関与しているとみて4日夜から事情を聴いていて、5日にも殺人の疑いで逮捕する方針らしい。

息子さんが疑われる理由が報道されていないですね。
隣の家の人が敷地内で殺害される理由を考えると・・・・

続報を待ちましょう。

2011/07/05 一部訂正

| | コメント (1)

2011/07/03

千葉大女子大生殺害放火事件その25(一審死刑判決)

6月30日、判決が出ました。死刑です。
ここまでの経緯を書くと

1)放火の理由を被告は「下半身の衣服を脱いでいたので、体毛や体液が残っていないか気になり、掃除するより燃やした方が早いと思った」と話した。

2)被告が酒々井町で起こした強盗強姦(ごうかん)未遂など3事件について審理された。被告は弁護側の被告人質問で、犯行時の認識について「女性は常に『強姦されたい』という思いがありながら、殺されるのが嫌だから拒むのだと思っていた」と話した。

3)検察側は強盗強姦未遂事件の被害女性の供述調書を朗読。それによると、犯行時、被告は包丁を突きつけながら、「以前に同じように脅したとき、『殺せるものなら殺せ』といわれ、本当に刺したことがある」と女性を脅迫したという。

4)被告は「(被害者の)事件以降、『捕まったらどうせ死刑になるから、もうどうでもいい』という気持ちになっていた」と証言し、奪った金でキャバクラに行っていたことも明らかとなった。

5)被害者の左胸3カ所と首2カ所に刺し傷があったとされる。被告は「最初は奪われた包丁を取り返そうともみ合いになり(胸に)刺さった」と述べ、さらに「包丁を抜くと被害者が腕にしがみついて自分がバランスを崩し、被害者に覆いかぶさるように倒れて包丁が刺さった」と説明し、殺意を否定。首の傷やもう1カ所の胸の傷については「知らない」と証言した。

6)司法解剖を担当した医師が証人として出廷。致命傷の胸の傷について「もみ合いの際に一度のけぞった被害者の上半身が元に戻ってきたとき、包丁が胸に刺さった」とする被告の説明に対し、医師は「(実際の傷のようになるには)相当なスピードと強い力が必要で難しい」と否定的な意見を述べた。

7)6月30日、住所不定、無職、男性被告(50)の裁判員裁判で、千葉地裁は求刑通り死刑を言い渡した。
裁判長は「犯行は執拗で冷酷非情。更生の可能性は乏しく、殺害された被害者が1人でも死刑をもって臨むのが相当」と述べたようだ。

被告は公判で「包丁を取り返そうともみ合いになり、被害者に刺さった」と殺意を否認した。弁護側は「一生をかけて償わせるのが相当」と死刑回避を求めていた。

判決は「被害者の左腹部を包丁で3回突き刺し、包丁が根元で折れるなどしており、優に殺意を推認できる」と認定した上で、「(以前に同様の事件を起こしながら)短期間に犯罪を反復し、反社会性も顕著。刑事責任は誠に重い」と断じた。

22日の最終陳述で「死刑という極刑を望み、おわびしたい」と述べていた被告は死刑判決の宣告後、表情を変えず「ありがとうございました」と頭を下げたらしい。

判決は「供述は客観的な事実関係に整合していないばかりか、その内容も不自然不合理極まりないもので、到底信用するに値しない」と証言の信用性を真っ向から否定した。

とこんなところです。
死亡した被害者は一人だったけど、死刑判決となりました。
だけど、事件の内容を考えれば死刑も仕方が無いと思う。
裁判長の指摘したとおり、以前にも同様の事件を起こし、服役し出所してわずかな期間に数々の事件を起こした。

印象が一番悪いのは「真実を話していない」と思われる事。
「死人に口無し」とばかりに自分に有利になるような証言をしている。
更正の望みが無いと言われても仕方が無いだろうね。

もし、被告人が真実を話していたなら、死刑判決は出なかったかもしれないと思う。

コメントにもありましたが望み通りの死刑判決です。控訴する理由は無いと思う。
控訴するならその理由が知りたいですね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (9)

福岡県嘉麻市矢ガモ事件

6月30日、福岡県嘉麻市上山田の山田川で左羽にボウガンの矢が刺さったアイガモ(体長約40センチ)が県職員らに保護される事件が起きている。

治療した福岡野生動物保護センター(同県直方市)によると矢は長さ約15センチで羽を貫通しており、折れた骨の治り方などから撃たれたのは20日ほど前とみられるらしい。
捕獲に協力した県警嘉麻署によると、10日ほど前から情報が寄せられていたという。

ボウガンは狩猟の方法としても認められていない。

ボウガンは動物も撃てるが人も撃てますから、注意が必要ですね。

| | コメント (1)

千葉県木更津市育児放棄虐待死事件

7月2日午前10時20分ごろ、千葉県木更津市大久保の民家から「1歳5カ月の男の子を6月28日から部屋に閉じ込めている」と、女の声で110番する事件が起きている。

駆け付けた県警木更津署員が2階の一室で死亡している男児を発見した。
駆けつけた同署員が現場で死亡している長男を発見、部屋の温度は約30度だったという。体重は約7.6キロで、標準体重を下回っていたらしい。


同署は保護責任者遺棄の疑いで、母親の無職女性容疑者(24)を逮捕した。
調べに対し容疑者は「6月28日から無気力状態で自分のことも子供のことも考えられなくなっていた」と話しているらしい。
同署は熱中症や餓死の疑いもあるとみて、長男を司法解剖して詳しく死因を調べる。

逮捕容疑は6月28日正午から2日午前10時ごろの間、自宅2階の8畳間に長男(1歳)を閉じ込め、水や食事を与えず放置した疑いがもたれている。
同署によると、長男はタンクトップに半ズボン姿であおむけに倒れ、痩せ細っていたらしい。目立った外傷はなかったようだ。
容疑者は昨年9月に離婚、長男と2人暮らしだったとの事。

気象情報は(木更津市の最高気温)
6月28日 32.4度
6月29日 34.7度
6月30日 34.1度
7月01日 32.7度
7月02日 10時の気温は29.2度 署員が発見した時の室温はこの時間帯の温度だと思われる。

エアコンがあれば発見時に室温が30度になってはいないだろうから、エアコンが無い状態で放置したんだろうね。
1歳児が飲まず食わずで耐えられる温度ではないだろうな。

放置した理由は今の段階では分からないど
昨年9月に離婚しているという事で物心両面で影響があったのではないかと思います。
1歳児を抱えて自立して生活と言うのもかなり厳しいとは思うのだけど、容疑者の周囲の人は離婚の事を知らなかったのかな?
そして、離婚したとはいえ、子供と縁が切れたわけではない父親はその後の子供の様子など知っていたのかな?

ただね・・・昨年の7月30日起きたあの
大阪西区姉弟育児放棄虐待死事件
の報道は容疑者も見聞きしていたと思います。
その時、容疑者はどう感じたのかな?

続報を待ちましょう。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »