« 境界性パーソナリティ障害 | トップページ | 東京都渋谷区母子殺害事件 »

2011/07/17

鳥取県境港市福定町女性殺害事件

7月16日(土)午後6時ごろ、鳥取県境港市福定町にある旧ガソリンスタンドの屋根の上に、人間の遺体があるのを、隣の会社に勤める男性(52)が見つけ、110番通報する事件が起きている。

県警境港署によると、遺体は女性で、20~30代とみられる。首にはナイロン製のロープが巻かれており、同署は身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。

同署によると、女性は身長約163センチ。周辺に所持品はなく、白色のTシャツにジーンズ姿だったらしい。
死後数日経過しているとみられる。男性は会社の2階から窓越しに、地上から約3メートルの屋根の上に遺体があるのを見つけたらしい。

可能性は二つ考えられるね。
1)殺害場所と遺体の発見場所が同一の場合。
2)別の場所で殺害し遺体を屋根の上に遺棄した場合。

いずれにしても犯人の生活習慣に理由があるのかもしれないね。
続報を待ちましょう。

|

« 境界性パーソナリティ障害 | トップページ | 東京都渋谷区母子殺害事件 »

コメント

ちょっと不思議な事件ですね。
まず遺体発見場所が屋根の上ということ。
屋根ですからその上には何もない訳で、そこに死体を遺棄するメリットはあまりないと思われます。

更に、発見場所が屋根というすぐに見つけられやすそうな場所なのに、死後数日が経っていること。
数日もそこに遺体があれば誰か気付いてもおかしくないと思いませんか?

ここから考えると死後に遺体が置かれた可能性が高いような気がします。
それにしても、高さが3mもある屋根の上に死体を遺棄するのって結構大変ですよね。
どこか高い所からおとしたんでしょうか。 それとも、何らかの手段で屋根に上ったんでしょうか。
ここは、続報で死後に出来た傷などの情報が来ないと分かりませんね。

投稿: OzONE | 2011/07/18 18:08

こんばんは
皆さん 台風の被害は大丈夫ですか?
当該事件の続報を見つけましたので投下しておきます

鳥取県境港市の廃業したガソリンスタンドの事務所の屋根で見つかった女性の遺体について、現場に争った形跡や体を引きずったような跡がない状況から、鳥取県警が自殺の見方を強めていることが18日、県警への取材で分かった。

県警によると、ひも状のもので首が絞められた跡の他に目立った外傷はなく、着衣も乱れていなかった。

女性が倒れていた場所は地面から約3メートルの高さで、「人を抱えて上るのは難しい」と県警はみている。

境港署によると、女性が倒れていた屋根より約1メートル高い所にあるガソリンスタンドの屋根には、たばこの吸い殻が数本落ちており、新しいものもあった。
県警が吸い殻に付着した唾液のDNA鑑定をする予定。

女性はたばこを持っていなかったが、100円ライターを持っていた。

県警は19日にも司法解剖し、死因を調べる。

ソース
産経新聞 ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110718/crm11071817230006-n1.htm

投稿: さすらい | 2011/07/19 21:46

さすらいさん、ありがとうございます。
なるほど、自殺と言う可能性もありますね。
自殺の場合は首をつってヒモが切れたのか?
あるいは、自分の手で自分の首を絞めたのかな?
裏づけが欲しいですね。

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2011/07/19 23:35

さすらい様

前のコメントの後、気になって私もネットで調べてみたんですが、その時にその記事を見つけました。
もう1つ、これは不確実ですが、遺体の首に5重に巻かれていたロープのもう一端が輪のようになっていて、近くにその輪がかかっていたと思われる棒があったという情報もあります。
ただ、さっき確認したらその記事が見あたらなくなっていたので、性格な情報かはわかりません。

投稿: OZONE | 2011/07/20 02:09

現場知ってますがご遺体のあった場所は回りから見えにくいです

しかも田舎なのであまり高い建物などはありません

自殺他殺どちらにしても見つかりにくいです

あと周りは海と加工工場が多く臭いが酷い時など近くの事務所などはなかなか窓も開けないと思います

なので発見が数日たったのだと思います

投稿: みき | 2011/07/22 12:33

私もあそこの位置は判りますが隣の会社の2階の透明のガラスからは容易に見ることが出来ます。遺体は外国人でうつ伏せ状態だった為一見男性だと思えた(県警の方からの情報)らしい。
15日の夜中3時頃不審車輌が近くに有ったらしい。
ただ遺体を降ろすのに上から4人でロープを使い下で4人が受ける位大変だったそうです。
確かにロープを引っ掛けた場所は特定は出来て入るようですが 私が思うに二人で上がってそこで殺害に至った可能性が大で有ると思います。
こんな田舎に車も自転車でさえ見当たらずまして靴が発見されて無い状況から推測せざる負えないと思います。

投稿: コナン | 2011/07/24 19:16

続報見つけました

まだ事件か自殺か決めかねている模様ですね…


 境港市福定町の廃業したガソリンスタンドの屋根の上で、首にナイロン製のロープが巻かれた状態で見つかった女性の遺体について県警は20日、女性が着ていた衣服の写真を公開した。県警は身元の特定を急ぐとともに、事件と自殺の両面で捜査している。
 県警によると、女性は20〜30代で身長163センチ、黒色の短髪。司法解剖の結果、死因は、首を圧迫されたことによる窒息死で、死亡推定日時は発見前日の15日ごろと判明した。首以外に外傷はなかった。着衣に乱れは無く、抵抗の形跡も見られないという。情報は境港署(0859・44・0110)へ。

ソース:アサヒドットコム
ttp://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001107210002

投稿: さすらい | 2011/07/25 21:59

ガソリンスタンドの上でタバコですか。
違和感ありますね。

投稿: 明智 | 2011/07/25 23:00

屋根の上にどうやって上がったのかも気になりますね。
はしごや脚立を使ったのなら、本人が自殺した後、それを片付ける人はいないはずですから、そのまま、残っているはずですよね・・・

他にも、身元が分からないと言うのも気になります。
性別、背格好が同じような捜索願いは出ていないと言う事なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2011/07/25 23:29

死体を運んできてクレーンで上げて屋根にそっとおろしたのでは 

投稿: もしかして | 2011/07/28 14:27

道具を使って上がったというより、
どこかからそこに「降りた」としか
考えにくいですね。

投稿: アヒル | 2011/07/28 21:23

容疑者逮捕です。
鳥取県境港市で8年前に女性を殺害したとして、県警は1月26日、岡山県高梁市鉄砲町の会社員、男性容疑者(34)を殺人容疑で逮捕したとのこと。

ひもで首を絞めたという趣旨の供述をし、容疑を認めているとのこと。

逮捕容疑は、2011年7月15日ごろ、境港市福定町のガソリンスタンドだった建物の屋上で、岡山県新見市新見の無職、女性(当時28歳)を窒息死させたとされる。

県警によると、容疑者は女性と交際していたとのこと。
遺体はうつぶせに倒れた状態で発見され、首にはナイロン製のロープ(太さ約4ミリ)が巻かれ、絞められたような痕跡があったとのこと。

容疑者は女性との交際トラブルが原因で、ナイロン製のひもで首を絞めたとの趣旨の供述をしているとのこと。

遺体にはほかに目立った外傷がなく、鳥取県警は身元を調べるとともに事件と自殺の両面で捜査していた。女性の家族が14年1月、岡山県警に行方不明者届を出し、15年9月に身体的な特徴などから身元が判明。交友関係から容疑者が浮上し、鳥取県警が事情を聞いていたとのこと。

時系列
2011年07月16日 遺体発見
2014年01月   女性の家族が行方不明者届けを提出
2015年09月   女性の身元が判明
2019年01月26日 容疑者を逮捕

こんなところですね。
交際相手と言うのは、ありがちですが、遺体の身元が判明するのに時間が掛かったのが問題だったかな。

でも、それも仕方がないのかな?
女性は岡山県の女性の様だし、遺体発見現場が鳥取県堺市、容疑者は女性と同じ、岡山県在住のようですね。

鳥取県堺市に土地勘があったのかな?

続報を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2019/01/26 22:33

解決しましたか
やはり自殺じゃなかったのですね

投稿: さすらい | 2019/01/27 15:05

続報です。

1)男が、警察の調べに対し、「交際をめぐるトラブルとなり、殺害した」と供述しているとのこと。

2)被害者が妊娠していたとのこと。
容疑者は当時、被害者とは別の女性とも交際していて、被害者が死亡した1カ月後にこの女性と結婚したとのこと。

別の報道では
容疑者の妻のものとみられるSNSによると、容疑者は被害者殺害のおよそ2週間後に妻と結婚していたとのこと。

3)これまでの調べによると、被害者の遺体は首にロープが巻きついた状態で見つかったが、ロープの先は、「輪っか」のように結ばれていて、現場には鉄製の棒が埋め込まれていた。

警察は、棒に結び目を引っ掛け自殺したように装うために、容疑者が偽装工作をした可能性があるとみて調べているとのこと。

4)近所の人によると被害者は以前、自宅近くの飲食店で働いていたとのこと。

時系列を更新
2011年
07月15日頃 殺害(被害者は妊娠中)
07月16日  遺体発見
07月29日頃 容疑者が結婚(2週間後を採用)
2014年01月 女性の家族が行方不明者届けを提出
2015年09月 女性の身元が判明
2019年
01月26日  容疑者を逮捕
01月27日  鳥取地検に送検

こんなところですね。
まー二股交際中に本命と結婚できるとなったが、もう1人が妊娠しているとなれば、かなりもめそうな状況ですね。

妊娠していて、今更他の女性と結婚なんて事を女性の立場で許せるとは思えませんね。

こんな状況になる前に、なんとなならなかったのかな?
あんな廃業したガソリンスタンドの屋上に妊婦が自ら上るとは思えないのですが・・・殺害は車の中とかかな?・・・しかし、それでも、痩せた女性だとしても40、50キロぐらいはあると思うけど・・・どうやって屋上まで運んだのだろう?

これは供述が出てくるでしょうね。

それからもう一つ、気になったのが、遺族が行方不明届けを出すまで2年半ぐらい掛かってますけど、それまで、失踪に気付かなかったのかな?

それとも、家族とはあまり連絡を取らない生活だったのか?
どんな生活だったのか、ちょっと気になりますね。

続報を待ちましょう。

さすらいさん、こんばんは
当時の報道に妊娠と言うのは無かったと思います。
もし、妊娠中と言う事が分かれば、もう少し事件の見方が変わったかもしれませんね。

しかし、容疑者は結婚しているそうで、被害者はもちろん、容疑者の家族も被害者ですね。結婚にいたる経緯も気になるところではありますね。

投稿: ASKA | 2019/01/29 20:53

たてものに鍵がされてなく屋上まで出られたか、外壁に垂直ハシゴが設置されていてそれを登ったかだと思う。

投稿: カモメ | 2019/03/14 23:30

カモメさん、こんんちは

そうですね、廃業されている建物なので、施錠などされていないとかあるかもしれませんね。

女性が妊娠しているのであれば、自分で垂直ハシゴを昇るのはちょっと躊躇すると思うので、遺体を運んだ場合は、背負ったりして運んだのかもしれませんね。

その後の続報は出てこないので、次は公判になるかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2019/03/23 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 境界性パーソナリティ障害 | トップページ | 東京都渋谷区母子殺害事件 »